ニュー・ワールドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > ニュー・ワールド
 > (レビュー・クチコミ)

ニュー・ワールド

[ニューワールド]
The New World
2006年【米】 上映時間:135分
平均点:4.82 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-04-22)
ドラマアドベンチャー歴史ものロマンス
新規登録(2006-01-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2020-09-19)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テレンス・マリック
キャストコリン・ファレル(男優)ジョン・スミス
クオリアンカ・キルヒャー(女優)ポカホンタス
クリストファー・プラマー(男優)クリストファー・ニューポート
クリスチャン・ベール(男優)ジョン・ロルフ
ウェス・ステューディ(男優)オペチャンカノフ
デヴィッド・シューリス(男優)エドワード・ウィングフィールド
ラオール・トゥルヒロ(男優)トモコモ
ベン・メンデルソーン(男優)ベン
ノア・テイラー(男優)セルウェイ
ベン・チャップリン(男優)ロビンソン
エディ・マーサン(男優)エディ
ジョン・サヴェージ(男優)サヴェージ
ジョナサン・プライス(男優)ジェームズ1世
ジェイミー・ハリス[男優・1963年生](男優)エメリー
ブライアン・F・オバーン(男優)ルイス
ロジャー・リース(男優)バージニアの会社の代表(ノンクレジット)
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(男優)
糸博クリストファー・ニューポート(日本語吹き替え版)
二又一成エドワード・ウィングフィールド(日本語吹き替え版)
脚本テレンス・マリック
音楽ジェームズ・ホーナー
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Piano Concerto No.23"
編曲ジェームズ・ホーナー
ジョン・キュール
撮影エマニュエル・ルベツキ
製作ニュー・ライン・シネマ(共同製作)
ビリー・ウェバー(製作補)
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給松竹
美術ジャック・フィスク(プロダクション・デザイン)
デヴィッド・クランク〔美術〕(美術監督)
衣装ジャクリーン・ウェスト
編集リチャード・チュウ
サー・クライン
ハンク・コーウィン
字幕翻訳古田由紀子
その他ジェームズ・ホーナー(指揮)
アンドリュー・ドミニク(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.自分にとって初のテレンス・マリック。なるほどこういう作風なのね。
美術や衣装、セットの作り込みはとても細かく、結構金も時間もかけてそう。(メイキングを観ると現地のものを使い実際に手作業であの砦を建てたらしい)特に映像は素晴らしくそれだけでぐいぐい引っ張られるが、一方で演出はやる気がないのか監督の特色なのか、淡々としていて盛り上げようとするシーンも一切無く、ジャンプカット満載なのも手伝って、元々3~4時間はある尺をズタズタにカットして2時間強に収めたような印象を受けた。なんの説明もないが一瞬だけポンと挟み込まれるカットひとつひとつから想像を膨らまして補完していく必要があるような見せ方をしている感じ。
あとヒロインのポカホンタス、第一印象は可愛らしく感じたのに話が進むにつれてだんだん不細工に見えてきた。顎が長くて地味な顔立ちだし。終盤では小雪にしか見えなかった。
eurekaさん [DVD(字幕)] 5点(2018-06-05 22:47:57)
21.《ネタバレ》 テレンス・マリックという人は、映画において題材となっている「事象」や「人間ドラマ」を描こうとしているとはどうしても思えない。もちろん、それについて語ってはいるが、また決してそこの語りが疎かにはなっていないし、むしろ丁寧に描かれているのも事実だが、私にはそこが主眼とはどうしても思えない。『地獄の逃避行』と『天国の日々』については、もう記憶がおぼろげなので何とも言えないが、少なくとも『シン・レッド・ライン』は“戦争”を描いた作品とは思えなかった。この世に生けるすべてのものは、同じ魂を源とする表象の現れであるというショーペンハウエル的な世界観が主題であると、私には思えた。そして『ツリー・オブ・ライフ』に至っては、もう、家族の物語だけに収まっていないのは誰の目にも明白。

さて、本作『ニューワールド』では、17世紀初頭のヴァージニア入植を背景に、先住民の王女ポカホンタスとイギリス人男性ジョン・スミス、ジョン・ロルフの3人による純愛物語が題材になっている。この「物語」は確かに心に響くもので、特に恋するポカホンタスの姿は感動的だ。「この恋は過ちなのか?」と自問するも即座に「もう考えるのはやめよう。私は満たされている」ときっぱり自分の心に向き合う。この若々しさと凛々しさ。結局はスミスに捨てられる彼女だが、そんな傷心の彼女を愛する男性が現れ結婚する。やがて、死んだと思っていたスミスが生きていたことが分かり動揺するポカホンタスだったが、再会の後、夫の愛を選ぶ。迷いを捨てて夫の腕をとり真っ直ぐに彼を見つめる彼女の目には一点の曇りもない。なんて素敵な女性だろう。

 このドラマだけでも確かに素晴らしいのだが、やはりこの映画は「物語」の枠に収まらないもっと大きなものを感じるし、そこを感じてほしいと言われているように思えてならない。人間も自然もすべてを包含する世界があることの不思議と、そこに生かされていることの奇跡…。上手く表現できないが、時間的にも空間的にも途方もない大きな存在があり、この映画はその世界の断片をすくいとって見せてくれた感がある。一つとして駄ショット(?)がないと思えるほど美しい画(え)と、この言い方が適切か分からないが緻密に計算された編集によるフィルムの“息遣い”、これらを味わうように受けとめることで、自分自身も世界に抱かれる。何よりもラスト・カット。風に揺れる大樹の枝葉をカメラは息をひそめるようにして見上げている。彼女の物語は幕を閉じたが、世界は今もなお、ここに、こうして、在る。そう語りかけられた気がして、涙がこぼれた。

こんな映画にはそうそう出会えないと思う。
ポッシュさん [DVD(字幕)] 10点(2017-07-30 14:23:24)
20.【ドラマ・アドベンチャー・歴史もの・ロマンス】全てが凡庸。癒し系の音楽・映像と共にダラダラと垂れ流された睡眠導入剤としては有効な作品。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 3点(2017-07-30 09:29:20)
19.むしろ、イメージ映像っぽいもっともらしい風景だけで最後まで押し通した方が、マリックらしさを発揮できたと思うのですが。中途半端な恋愛沙汰を入れたせいで、かえって勢いを足止めしてしまいました。というか、主人公の男女が絡むシーン、ほとんど同じことしかしてないんだけど。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2015-07-08 23:40:30)
18.大作ぶっているが、淡々としていて内容が薄っぺらい。とにかく眠い。
のははすひさん [DVD(字幕)] 2点(2010-07-25 00:31:28)
17.個人的にコリン・ファレルが出てる映画はかなり低い評価な場合が多くて苦笑い。この映画もそうだけど、別に彼の責任ではなくただ単に映画そのものがマズイ場合が多いだけなのだけど。というわけで、膨らましようによっては相当面白くて魅力ありそうな題材だったのにも関わらず、そのへんの主婦の自己陶酔型不倫日記を映像化しちゃった♪的などうでもいい内容に終始してて、本当にどうでもいい映画のひとつかなと。歴史モノとしても見所は無いし、ラブロマンスモノとしてもさっぱり面白くない。何の起伏も無いままに淡々と進行して淡々と終わって淡々とDVDをケースに収めて、晩メシを食いながらサザエさんにジャンケンで勝った喜びがその日の一番のハイライトでした。というわけでサザエさんの「うふふふふ」に負けた映画です。
DeVanteさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-07 20:31:21)
16.《ネタバレ》 スミス大尉のナレーションで語られるのは、現実と夢、つまりネイティヴ・アメリカンの穏やかで豊かな生活と自分たちの血と権力による荒んだ文明社会との葛藤というところに重きを置いたものだ。そこにポカホンタスとの恋が絡まる。そしてスミス大尉が去ると、この映画の主観はポカホンタスに移る。それはスミス大尉が語ってきたような葛藤ではなく、完全なる恋の葛藤である。彼女のナレーションが語るのは母への言葉だ。更にこの映画も終盤に差し掛かると、夫が主観のナレーションまでも登場する。これは完全に妻への愛、更には未来の息子へと語っているのだが、こうなると前半のスミス大尉の葛藤などどこへやら、話の取っ掛かりでしかなかったのかとすら思える。であるから、ラストもこれは文明だとか人間であるとかそんなところへ向かおうとしているのかすらあやふやで、ただのメロドラマになっていく。しかしラストの隅々まで手入れの届いた英国式庭園の中を歩むネイティヴ・アメリカンという構図などを作り、ぎりぎりメロドラマだけで終らすところを耐えている。
では本当の意味での「ニュー・ワールド」とは何か。確かに入植しようとする地はイギリス人にとって「ニュー・ワールド」だが、ポカホンタスがイギリスに初めて行ったとき、そこはまさしく彼女たちにとっては遥かに「ニュー・ワールド」であったというこの逆さまの展開こそが本意だ。人々は今までに見たことのない新しいものを見ると非常に驚嘆するし感動する。イギリス人にとって「ニュー・ワールド」と言えども所詮未開の地、ただの草原や森だ。しかし彼女たちにとってのイギリスというのは、未知の世界、 「ニュー・ワールド」なんだと。
そしてポカホンタスがスミス大尉に再会したものの、夫を選ぶという選択、そして「故郷(HOME)に帰りましょう」という台詞、「ニュー・ワールド」よりも「故郷(HOME)」という選択の様々な本意が見え隠れする。そしてあの船やら空やら港やら川やら森やらをぶつ切りに少し震撼させられる。
テレンス・マリックと言えば映像美の監督だと言われるが、この映画の凄さは、そういった映像美そのものにはなく、それを逆転的に使っているところにある。彼の映像美といえば、自然光を駆使した自然美だ。その自然美を散々見せつけ、そこにふといきなり整然とした人工美を見せる、そこではっとさせられてしまうという経験こそが本当の狙いなのだろう。
すぺるまさん [映画館(字幕)] 8点(2009-02-08 11:08:50)(良:1票)
15.《ネタバレ》 映像が詩的で美しいです。脚本とテンポも詩的で途中何度か眠りそうになりました。自然と共生しながら平和に暮らす原住民の生活を欲望のままに破壊していく先進国の人々の愚かさ、みたいなテーマだと思って観たんですが、どちらかというと、そういう歴史に翻弄された男女のお話なのですね。個人的には、コリン・ファレルの行動がいちいち事態をひっかき回しているような気がしてなりませんでしたが。そしてオチはかなり唐突…
エムラ兄妹さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2008-02-04 02:07:24)
14.一言で云えば“かったるい”。あまり好みではない。でも何とも云えない雰囲気が醸し出されている。けだるい、悠久の流れを感じさせる“愛”を時代と共に感じる。ポカホンタスの名を聞いた記憶があったので調べるとアメリカ先住民の伝説を基にしている。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-02-03 22:05:32)
13.物語に起伏がもう少し欲しい
misoさん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-16 00:50:36)
12.なんでこんなにダラダラ流れるような作品にするんだろうか?観ていてイライラする。ポカホンタスがスミスと恋に落ちる背景が薄すぎて、ハァ~いつ恋に落ちたの?みたいな感じだし、ポカホンタスが部族を追い出されるきっかけもよく判らんかった!そもそもポカホンタスへの意味の無い描写が多すぎ!彼女がたどった運命を映像だけで表したいのだと思うけどそれにしてもダラダラしすぎ。それがテレンス・マリック流と言えばそれまでだが、物語への主軸が伝わってこなかった。
みんてんさん [DVD(字幕)] 3点(2007-02-01 11:07:45)
11.《ネタバレ》 実在のポカホンタスがイギリスに渡ったのは、確かわずか12歳のころだったと聞いている。数年前に見たディズニーの「ポカホンタス」の印象がとても強くて、実写のせいかスミス大尉もポカホンタスも妙に人間くさく見えた。……新大陸に渡り、文明大国の中に放り込まれた彼女の驚きと孤独はいかばかりだっただろう。本作のように、文明社会に溶け込むことができただろうとは考えにくい。ディズニーの主題歌「Colors of the wind」の歌詞に表現されているように、先住民たちの自然と共に豊かに生きる生活がとても羨ましく感じられた。
six-coinさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-01 17:04:33)
10.あ~どういうわけか私の借りたDVDの映像がきったなくていわれているような美しい映像とやらを堪能できなかったです~残念。全体の調子がごく普通ハリウッド映画とは違い、観念的作風なもんで、一般的な映画だと思って観るとちと肩すかしかもしれません。なんせ哲学の先生をしていたあのマリックさんですから。だからといって深く考える必要もなく、ごく自然に見ればよろしいかと思います。それにしてもポカホンタス役の彼女、いい姉ちゃんだなと思ったらなんとまだ14.5歳の頃に撮影したんですね。これは驚き。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-22 15:44:44)
9.もはや老害としか思えないテレンス・マリック監督の自慰映画。雄大な自然を舞台にした愛の物語らしいが、個々のキャラクターの独白がとてもウザく、物語のテンポが皆無に等しい凡作。眠ぃー。
カイル・枕クランさん [映画館(字幕)] 1点(2006-06-04 23:10:48)
8.大自然が綺麗に撮られていて環境ビデオを観ているかのようだった。頻繁に繰り返されるぶつ切りカットが気になった。旧大陸と新大陸の陰と陽の対比は分かりやすかったかな。 ポカホンタス役の子はデビル雅美に似てますね。中盤以降文明人のカッコしたら、ますます似てきてハッスル軍のデビル夫人に見えてしょうがなかったです。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 2点(2006-05-10 20:57:56)
7.いやーこれはだめだった。すんごくロマンチックな物語なのはわかるよ。ポカホンタス役のこも、個性的ですごく美しい。でもー単純につまんない。なんかすごいテンポがおそい?かとおもいきや、いきなりジョンスミスとポカホンタスは恋に落ちてるし。映像はすゴーくきれいなんだよーだからもったいないとおもった。期待してただけにショックだった。おわりかたはいいとおもう。
ギニュー隊長★さん [映画館(字幕)] 4点(2006-05-09 17:46:45)
6.《ネタバレ》 この映画の凄い所は、新世界側の人間が旧世界を新世界として認識するドラマを前半のコリン・ファレルが新世界に触れる部分と等しく描いたことにあると思う。片方を描いた映画は沢山あるが、両方の視点をくっつけた映画はそう無いはず。ただでさえ自然光を生かした贅沢な映像や幾層にも積み重なるような編集が縦横無尽に駆け回るのに、加えて後半はポカホンタスがいっぱしのメロドラマばりに真実の愛を追究する展開が待っているのでクラクラしてしまう。この映画は前半よりも後半の方が、面白くそして新しいと思う。全てを理解したポカホンタスが最後に見せるパフォーマンスは必見必見。
Qfwfqさん [映画館(字幕)] 8点(2006-05-07 00:18:12)
5.画面は見上げたり見下げたりするショットを多用し、人物の言葉は地位や指揮権など資格に執着する。ポカンホンタスを通じて、人にカミシモはないのだ、などとは宣誓しない。<愛される>資格を描き、資格を抽象化させながら、宮廷で見上げるポカホンタス、見下ろす廷吏の視線が交わる。どこまでもつきまとう資格から逃れられない人間の、美しく生きる姿をポカホンタスが具現する。木に登る彼女から地面に這いつくばる彼女に移行する画面の落差に感動。
彦馬さん [映画館(字幕)] 9点(2006-05-06 20:38:50)
4.全く想像した通りの作品。美しい大自然の映像と、登場人物達のボソボソとした台詞とモノローグ。しかし本作は淡々としつつも、やけにサクサク進んでいく。有名なエピソードだけを盛り込み、その他には特別な肉付けや新しい解釈は見当たらない。話の流れとして「文明の衝突」的方向に持っていくのかと思いきや、映画は単純なメロドラマとして終わってしまう(ラスト・カットの木に注目)。それに、演出や編集にチグハグさも感じた。全体的には文芸調の雰囲気なのに、戦闘シーンはハリウッド風の演出、場面転換の唐突さやコマ落とし、そしてモノローグはまるでゴダール。例によって良い悪いの判断はつきかねますが、面白い映画でないことだけは確かです。楽しみたい人には私も「ポカホンタス」の方をお薦めします(本作の美しきポカホンタス、クオリアンカ・キルヒャー嬢は、絶対にディズニー・アニメ版をイメージして抜擢されたんだと思います)。そんなことで、5点献上。
sayzinさん [映画館(字幕)] 5点(2006-05-03 00:04:30)
3.なんだかもう何のために出たんだコリン・ファレルは。余談だけどパンフのウエス・ステュディーの紹介写真、まったく別人じゃないか?
mimiさん [映画館(字幕)] 5点(2006-04-26 22:55:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 4.82点
000.00%
114.55%
2313.64%
3418.18%
429.09%
5418.18%
6418.18%
700.00%
829.09%
914.55%
1014.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
撮影賞エマニュエル・ルベツキ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS