肉体の門(1988)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 肉体の門(1988)
 > (レビュー・クチコミ)

肉体の門(1988)

[ニクタイノモン]
Gate Of Flesh
1988年【日】 上映時間:119分
平均点:5.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-04-09)
ドラマ小説の映画化エロティック
新規登録(2006-01-11)【Olias】さん
タイトル情報更新(2021-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督五社英雄
キャストかたせ梨乃(女優)浅田せん
名取裕子(女優)お澄
加納みゆき(女優)菅マヤ
山咲千里(女優)安井花江
長谷直美(女優)乾美乃
西川峰子(女優)菊間町子
松居一代(女優)血桜お銀
マッハ文朱(女優)ビッグママお京
渡瀬恒彦(男優)伊吹新太郎
根津甚八(男優)袴田義男
芦田伸介(男優)彫留
汐路章(男優)青木
志賀勝(男優)大迫
光石研(男優)サブ
クロード・チアリ(男優)キャプテンフォードオフィサー
福本清三(男優)
丸平峰子(女優)
原作田村泰次郎「肉体の門」
脚本笠原和夫
作曲利根一郎「星の流れに」
主題歌八代亜紀「星の流れに」
撮影森田富士郎
製作東映
企画日下部五朗
佐藤雅夫
配給東映
美術西岡善信
編集市田勇
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 かたせのグループの娼婦たちにもうちょっとエピソードとか過去について一言だけでも語るシーンがあれば良かった(マヤの兄が戦地のボルネオで亡くなったことぐらいしかない)。戦争によって人生を狂わされた悲しさとか、「悪いとわかってるけど食べていくために体を売るしかない」みたいな怒りの気持ちとかもうちょっと欲しかったかな。かたせと名取にはそういう話があるけど、かたせの妹分に大したエピソードがないため、「その他大勢」の扱いでそれぞれに感情移入できなかった。それでもかたせが盲目の傷痍軍人を相手にするシーンやラストシーンは、切なかった。あと同じ五社監督作品の「吉原炎上」で主役級の花魁たち4人が、ちゃんと脱いでいるのに比べると同じく娼婦を題材にしたこの映画にしては、いまいち残念。西川峰子が一人頑張ってるが、かたせと加納と松岡が脱いでいるが西川に比べるとインパクトが足りない。娼婦の役なのに事務所的に許可が降りなかったのか分からんけども。
チムパニさん [DVD(邦画)] 5点(2015-09-27 15:05:09)
5.壊れたビルやリンゴの唄などでそれらしくは装ってはいるものの、戦後の貧困にあえいだ混乱期の雰囲気には思えない。それどころかどうも監督の好きな任侠映画に近いような気がして私好みではない。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 3点(2013-04-10 18:48:13)
4.《ネタバレ》 2011.1.26。2回目の鑑賞。前回は躍動する女性達のパワーにただただ圧倒されて観てしまいましたが、今回は冷静に観ることができた。初主演のかたせ梨乃の熱演もさることながら、驚かされるのが西川峰子の悪女ぶり。ぱっと見悪女顔のはずなのに、序盤おしとやかな未亡人を見事に演じてました。脱げば本格派女優と称されると勘違いしつつも、脱ぐ勇気のない今の女優さんたちは見習っていただきたい。ただ、残念なのはかたせ梨乃の後半の失速。渡瀬、名取に見せ場があるのに、かたせは呆けているだけ。もうひとこえ欲しかった。最後の爆破は脳裏に焼きつく日本映画史に残る名爆破シーン!
かんちゃんズッポシさん [DVD(邦画)] 7点(2011-01-27 19:34:52)
3. 女性による任侠映画という感じで、女優陣の迫力の凄さに圧倒されました。この豪華なキャスティングとお色気満載なところは80年代日本娯楽映画の王道ですね・・・・。 しかし、ラストの爆風に歪む顔は・・・・
TMさん [地上波(邦画)] 6点(2009-01-25 19:38:31)
2.五社監督の映画って宮尾登美子ものあたりまではまだいいんだけど「極妻」ぐらいから独特の世界観があって、あと何十年かしたらもしかしたら評価されちゃったりするのかもしれないけど、どうにも苦手。女優の表情がいちいち大袈裟で、中でも主役のかたせ梨乃のオーバーアクトは我慢ならん。振り返りざまに平手打ちするシーンなんか、なんでわざわざあんな複雑な動きをさせるのかわからん。そもそもこの監督は女優を綺麗に撮ろうとは思っていなくて、反対に醜く醜く撮ろうとしてない?『吉原炎上』の西川峰子の成れの果ても凄かったけど、この作品の西川峰子の爆風に歪む顔も凄かった。
R&Aさん [DVD(邦画)] 3点(2007-06-05 11:41:11)
1.冒頭に登場する娼婦のお姉様たちだけであまりにも強烈。加納みゆき+山咲千里+長谷直美+芦川よしみですよ。はまりすぎなキャスティングです。もっとも、気合充実のかたせ梨乃に引っ張られたのか、みんな少々オーバーアクション気味ですけどね。加納みゆきなんて、NHKの朝ドラで清純にデビューしたのに、よくぞこんな役を受けたものです。偉い!内容の方は、ほとんどかたせ梨乃の独壇場なのですが、娼婦たちの生き抜くことへの貪欲なまでの強烈な意欲がよく表現されていて、十分楽しめます。ラストはちょっと中途半端ですが。それと、根津甚八と渡瀬恒彦のキャストは逆の方がよかったと思う。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2006-01-12 02:37:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.17点
000.00%
100.00%
200.00%
3233.33%
400.00%
5116.67%
6116.67%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS