怪談昇り竜のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 怪談昇り竜
 > (レビュー・クチコミ)

怪談昇り竜

[カイダンノボリリュウ]
1970年【日】 上映時間:85分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-06-20)
ホラーヤクザ・マフィア
新規登録(2006-03-30)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2011-09-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井輝男
キャスト梶芽衣子(女優)立花明美
佐藤允(男優)谷正一
砂塚秀夫(男優)寛吉
大辻伺郎(男優)
加藤嘉(男優)三井丈太郎
土方巽(男優)丑松
柳瀬志郎(男優)川口
加原武門(男優)剛田組組長
長弘(男優)
久遠利三(男優)丸山
安部徹(男優)土橋組組長
内田良平(男優)山高帽の兄
脚本石井輝男
音楽鏑木創
主題歌梶芽衣子「仁義子守唄」「恋に命を」
製作日活
企画児井英生
配給ダイニチ映配
編集井上治
照明藤林甲
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 お、面白い…(笑)。エロ、グロ、やくざ、拷問、化け猫、見世物小屋からアヘン窟まで、何から何までテンコ盛りのエンタテインメント。テンコ盛りといっても、そこに娯楽以上の意味は皆無だし、中身もまったくマンガじみた無内容な話ですが、しょーもないギャグを交えながら、それらを面白おかしく、テンポよく見せてくれる。60年代のどこか陰気な石井作品に比べると、ある意味、陽気で分かりやすいともいえる。内容の無さといい、無駄にグロい仕掛けといい、土方巽の安い小芝居といい、端的に言えばただの「アホ映画」なんだけど、梶芽衣子のきりりとした美しさ、その歌声による泣かせの怨歌、そしてオープニングとエンディングをつなぐ女どうしの粋な戦いの格好よさと耽美性とが、全体のアホっぽさをぴしっと引締めていて上手い。そのクールさに惚れて8点つけようかと思いましたが、はやる心をおさえて7点。
まいかさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-07-12 06:06:02)
1.《ネタバレ》 仁侠映画で怪談とかいう映画。いかにもB級で悪趣味度が半端ない。怖いというか気持ち悪い・・・。土方巽がやばすぎるし、内田良平もずっと赤ふんどし姿・・・。梶芽衣子の白い肌に誘われて見ちゃったけど、この内容はちょっと引く。グロテスクっていうより気持ち悪い。ちょっと放心しちゃったもん。とか思ってたら石井輝男作品だったのね...。
バカ王子さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2006-04-08 23:40:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS