モンスター・ハウスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モンスター・ハウス
 > (レビュー・クチコミ)

モンスター・ハウス

[モンスターハウス]
Monster House
2006年【米】 上映時間:90分
平均点:4.37 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-01-13)
コメディアドベンチャーファンタジーアニメファミリー
新規登録(2006-08-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-08-04)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
スティーヴ・ブシェミネバークラッカー
ニック・キャノンリスター
マギー・ギレンホールジー
ジョン・ヘダースカル
ケヴィン・ジェームズ(男優・1965生)ランダーズ
ジェイソン・リー〔男優・1970年生〕ボーンズ
キャサリン・オハラママ
キャスリーン・ターナーコンスタンス
フレッド・ウィラードパパ
高山みなみDJ(日本語吹替版)
石原さとみジェニー(日本語吹替版)
泉谷しげるネバークラッカー(日本語吹替版)
朴璐美ジー(日本語吹替版)
玄田哲章ランダーズ(日本語吹替版)
高木渉リスター(日本語吹替版)
佐々木優子ママ(日本語吹替版)
田中正彦パパ(日本語吹替版)
磯辺万沙子コンスタンス(日本語吹替版)
スペンサー・ロックジェニー
ミッチェル・ムッソDJ
編曲ジョン・キュール
主題歌いきものがかり「青春のとびら」(日本語吹替版)
挿入曲オリヴィア・ニュートン=ジョン"A Little More Love"
撮影ハビエル・ペレス・グロベット
製作スティーヴ・スターキー
コロムビア・ピクチャーズ(共同製作) (presents)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・ゼメキス
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 いい感じのホラー要素が含まれていて、手に汗握る展開も。ひとつの家が人格を持ったかのように立ち振る舞う、という目新しさには謎が深まるばかりで良い。のちに伏線回収もしっかりしてくれストーリー性も良かったと感じる。
ただ、主人公&脇役女子のキャラは好きなのだが、もうひとりのチャウダーという男の子のお調子者感が度を過ぎていて、鑑賞の妨げと捉えてしまうほど非常にイライラした。
カジノ愛さん [DVD(吹替)] 4点(2017-11-25 09:39:35)
18.《ネタバレ》 あまりイケてるとは言いがたい学生生活を送る、思春期を迎えたばかりの冴えない少年DJ。彼の唯一の親友で、お調子者で太っちょな男の子チャウダー。彼らと偶然知り合うことになる、お高くとまった生意気少女ジェニー。ハロウィンを明日に控えた夜、そんな3人はDJの家の向かいに建つ、偏屈な爺さんが独り暮らしをする怪しげな一軒家のとある秘密を知るのだった。それは、この家が自らの意志を持って人を襲い食べてしまうという恐ろしいモンスターハウスだという驚愕の事実だった。「大変だ!明日はハロウィンでたくさんの子供たちがこの家にやってきちゃうよ!」と、頼りにならない大人たちを尻目に彼らはそんな恐ろしいモンスターハウスへと一致団結して立ち向かってゆく――。スピルバーグ&ゼメキスというエンタメ映画界の巨匠コンビが製作した、全編を美麗なフルCGアニメで描き出すコメディタッチのホラー冒険活劇。なんだけど、うーん、全体的に中途半端な感じが否めない作品でしたね、これ。いまいち魅力に欠ける主人公の少年少女たち(なんか顔が微妙にリアルで怖いんですけど…笑)や、モンスターハウスの全然ワクワクしない地味な造形、スケールがちっちゃ過ぎてなんとも盛り上がりに欠けるストーリー展開…。何より致命的なのは、館がモンスターと化した原因であるお爺ちゃんとその太った妻との哀しい恋物語がかなりおざなりに描かれちゃってるとこ。どうしてあんなに太った妻をあそこまで愛するようになったのかがさっぱり分からないせいで(爺さんは極度のデブ専なの?笑)、いまいちストーリーに入り込めませんでした。でもまあ、徹底的にハードルを下げて観れば、けっこうCGも綺麗だし、時間も90分とコンパクトだし、適度なヒマ潰しにはなると思いまーす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-06-26 18:35:48)
17.つまらなすぎて怖い。何でこんなもの創ってしまったのだろうか。笑いも何も無い。
真尋さん [地上波(吹替)] 2点(2013-04-26 20:04:24)
16.日本人には受け入れられないジョークがいろいろありましたね。
子供に銃を向けながらプルプルふるえる警察官にぞっとしました
あのベビーシッターも全然わらいになってない。
バックトゥザフューチャーを作った二人がこんな駄作を作ったなんて悲しいです
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 0点(2010-12-28 01:40:16)
15.《ネタバレ》 家が襲ってくるCGアニメ。家が襲ってくる話に誰も信用してくれない大人たち。この作品の大人たちはどいつもこいつもだらしがない。子供向けの作品だが親としては子供に見せる気はしない。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 5点(2010-12-26 09:51:51)
14.アメリカンキッズアニメーションの王道でしょうか。なんだかホラー系って童心に返ります。
朴モグタンさん [DVD(吹替)] 6点(2010-07-14 11:30:14)
13.《ネタバレ》 子供向けであろうと割り切って観たが、人間やモンスターハウスのCGがとてもリアルで思ったよりも面白かった。ネバークラッカー氏が実はいい人だったというのが意外だった。家=奥さんで、その家を失い悲しむと思いきや…結構喜んでましたね、やっぱり住んでる本人も恐かったんだなぁ。
N.Y.L.Lさん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-05 22:55:51)
12.スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスということだったので期待していませんでしたが、その通りでした。モンスターハウスをもう少しかわいく描けばよかったのにと思いました。主役の男の子のCG、二宮和也に似てますね。
omutさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2008-05-07 00:00:04)
11.『Mr.インクレディブル』の2年も後で、全編この画で進むのはきっついなあ…お金もかけてるし、頑張ってるのはわかるんだけどね。 (詳細はブログにて)
エスねこさん [DVD(吹替)] 3点(2008-01-01 00:26:12)
10.各登場人物は手際良くキャラ立てされていますが、それだけに好き嫌いが分かれそう。
個人的には、ベビーシッターとそのボーイフレンドに苦いものを感じました。
WATさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-23 08:58:04)
9.おいおいちっとも面白くないぞ!もうチョット笑いをいれて欲しい!いまさらこんな普通っぽいストーリーじゃダメッしょ!
みんてんさん [DVD(字幕)] 3点(2007-08-15 10:56:08)
8.けっこーハラハラ、ドキドキって感じ。久々にアニメヒット。
小さいお子様には絶対うけると思う。
bluestarさん [DVD(字幕)] 7点(2007-07-31 00:32:56)
7.《ネタバレ》 確かにストーリーにひねりもなく、登場人物にも共感できる人がいなくて、退屈だった。親も子もベビーシッターもその彼氏もみんな露骨にだめな人間たちばかりである。ネバークラッカー氏が意外によい人物らしかったのが救いであった。家を擬人化するのはいいが、部分を人間の体に対応させる必然性もないし子供だましの感じがした。
HKさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-09 23:49:01)
6.フルCGアニメなんですけど、このCGキャラ一人一人の顔の表情とか動きとかが凄くリアルで面白いんですよね。どうやって作ったからは知りませんけど、実際の生身の人間に演技させて、それをそのままCGにしちゃったみたいな、そんな感じなんでしょうか。馬鹿馬鹿しいアメリカンジョークもそれなりにグッドです。ストーリーは超シンプル。もう少し作品全体に厚みがほしかったかな。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-29 23:37:28)
5.初と言っていいと思います、人間が主人公のフルCGアニメ..技術的にまだこれからってとこですね..(髪の毛なんか最悪..) ストーリーの方は、途中から意外な展開へ..それなりに良かったのでは..映画館で観れば、かなりの迫力だったことでしょう~...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 5点(2007-06-26 12:26:37)
4.確かに登場人物はかわいくなくて愛着がもてないが、子供心に戻れる、心温まる映画だ。
しかしベビーシッターのお姉さんはお友達になりたいタイプである。
no_the_warさん [映画館(字幕)] 8点(2007-01-31 21:45:23)
3.《ネタバレ》 予告編でスティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが「怖がることを楽しもう」と言っている割には、ストーリーはスタンダードで捻りも無く怖くも無い。キャラも可愛くない!、他人が自分の家に入ることを拒む設定なんだから呪怨なテーストもあった方が面白い気がしたりする。モーションキャプチャー凄いな位しか印象に残っていません。
まにさん [映画館(字幕)] 4点(2007-01-21 06:36:57)
2.飛行機の中で観た。どうもアメリカのアニメは映像に凝り過ぎてて中身がないから面白くないんだな。子供向けだから仕方ないのか。残念。
ぺんさん [ビデオ(吹替)] 4点(2007-01-21 04:06:10)
1.海外で観ました。正直超ど級につまらなかったです。ストーリーが何ていうかひねりも何もない所謂「子供向け」な映画なんだけれど、(劇場内にいた)当の子供達も“So Boring"って映画終わった時に言ってた程だから「子供向け」にもなってないというオチでした。ジャンジャン
たいがーさん [映画館(字幕)] 1点(2006-08-24 20:12:11)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 4.37点
015.26%
115.26%
215.26%
3210.53%
4526.32%
5315.79%
6421.05%
715.26%
815.26%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 2.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review3人
4 音楽評価 1.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS