猫目小僧のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ネ行
 > 猫目小僧
 > (レビュー・クチコミ)

猫目小僧

[ネコメコゾウ]
2005年【日】 上映時間:104分
平均点:4.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-06-10)
ホラーミステリー漫画の映画化
新規登録(2006-08-24)【Monochrome Set】さん
タイトル情報更新(2016-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井口昇
キャスト石田未来(女優)藤崎まゆか
田口浩正(男優)藤崎勝
竹中直人(男優)ギョロリ
つぶやきシロー(男優)関根信男
津田寛治(男優)
諏訪太朗(男優)
緋田康人(男優)
清水宏(男優)(男優)
廣田朋菜(女優)
矢島晶子猫目小僧
石川ひろあきナレーション
原作楳図かずお
脚本安田真奈
撮影喜久村徳章
製作松下順一
配給アートポート
松竹
美術藤原カクセイ(特殊造形)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 肝心の猫目小僧が出てくるまでが長いし、出てきたら丸々被り物でガッカリ。
ちょっと可愛い男の子に特殊メイクしてほしかった。
でも、アテレコはさすが上手で良かったです。

内容も、突っ込みどころが無いところが少ないので、もう突っ込むのも深く考えるのも放棄しました。
人を見かけで判断しちゃいけない、とか言いたかったのとか、その辺ももう別にいいです。

あまりにチープ過ぎて憎めなくなったので、この点にしました。
nanapinoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-11-02 18:06:57)
4.《ネタバレ》 なに、これ。相当おもしろいんですが。
なにかといちいちエロエロしんですが。
50近いオッサンが17の小娘捕まえといて俺の嫁になれだとか犯罪感がハンパないすね 青少年だって見てるというのに。
してさ、なんか太くて長くてキチャナイもんを少女の口に無理矢理押し込むんでないってば。せめて入れるんだったら一気に入れて済ませてござれよ 変に入口付近で微妙に出し入れするんでないってば 青少年だって見てるのに (^^;)。
最後、その包帯男の正体はきっと平泉成だと思っていたのに意外や違うのが出て来た ブテナロックが出て来た まさか意外。

でもこの後、残念ながらブレイクする事なかったんだね石田未来ちゃん  
その純和風のもろ日本人的女子体型が微笑ましくて素敵だったのに。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-09-16 22:22:17)
3.《ネタバレ》 これ本当に映画館で上映したんですか…?これは映画ではないです。学生の自主制作フィルムや、関西深夜にやってるお色気コメディドラマの方がまだマシなんではないだろうか。ダサい、臭い、チャチい、唐突、意味不明、加えて下品。唾吐くゲロ吐く屁こく、猫目が何か食うたびに汚い音がグチャグチャと、大変不愉快。そもそも表題からして間違ってる。これは猫目小僧ではなく「猫目小太りおじさん」だ。子役にメーキャップを施せばまだキャラ萌え要素を獲得出来たかも知れない。内容に関してはもう突っ込む気すら失せる頭の悪いシナリオ。肉玉の顔をした猫目をただの変質者認定したと思ったら、素顔の猫目を肉玉扱いする村人。しかも彼ら、唐突に「肉玉を見なければいい」と言い出して自らの目を潰す。いつの間にそんな対症療法が沸き出てきた??こうして下手に原作をなぞって説明不足で辻褄合わせすら出来ていない上、猫目の情が垣間見える名シーン・妖怪ないないとの別れが省略されてるし。謎のおばさんが唐突に通りがかりの男を呼び止めて「肉玉を封印してくれ」と懇願し、どんな方法を指南するのかと思ったら思い出話だけ語って「肉玉を封印する方法は無い」って何だそりゃ。直後に肉玉と愛し合い始めるし…もう挙げたらきりがない。ご都合と言うにはあまりにも滅茶苦茶。誰が許可したんだこのシナリオ。そしてこういう駄目映画に必ず挟まる余分な恋愛要素。恋愛とか人情はちゃんと描かないと臭いだけ。デートに誘った男が「出くわしちゃった」とかって無関係の女を3人も連れてくるとか有り得ないでしょ。学生が勝手に遊園地のアトラクション動かして乗ってたり、リアリティ無さすぎ。せっかく女学生が多数いるのに着替えも入浴もなく、お色気による加点ポイントも無し。0~10の11段階評価なので、真ん中の5を基準に加点・減点していますが、これはマイナス3くらいを付けたいですよ。強引に加点ポイントを挙げるとしたら、ヒロインが可愛いのと、学校で肉玉に囲まれた辺り(そもそもなんで学校に逃げ込む?)でホラー的な怖さをちょっと堪能出来たのと、ヒロインが「顔にアザがある私を好きになってくれましたか?」の後に肉玉で醜くなった男が「俺の顔が目当てだったんだろう!」と返したのは少しだけ唸った。以上3ポイント加点で強引にマイナス3点から0点に浮上。原作とは比較しないで映画を楽しむタチだが、比較しようがしまいがこれは駄目だ。
にしきのさん [DVD(邦画)] 0点(2009-10-28 12:06:47)
2.前半は、つらいなー、と呟きつつ陰気に鑑賞したが、そうね、遊園地のシーンあたりからかな、これはこれでよいのだ、という確信が兆し、そうすると、村がニクダマに襲われていく非常に牧歌的な展開の最中も、たえずニコニコしながら見ていられた。嘲笑や苦笑ではなく、すべてを許す仏のような微笑で。私が「少年ジェット」などで育った世代という前歴も関係はしていよう。しかし製作者側が、あるレベルよりは絶対に洗練させまいという一線をしっかり守っているその律儀さを褒めたい。すると前半の、姉弟と猫目小僧の三人が部屋で踊ってるしょうもないシーンですら、訳もなく懐かしく思い起こされるのだ。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 4点(2007-11-05 12:26:55)
1.猫目小僧の腰砕けのかぶりもの。もう、かぶりものでいーと思うけど、これで観たいと思った人は観ればいいと思います。突っ込み専門の人か、小さい子供だけだと思うけど。ちなみに猫目がしゃべると、口のあたりがモゾモゾ動きますけど、全然しゃべってる様に見えない、まさにモゾモゾ感の口元がせつない。内容は漫画の肉球の話をちょびっとアレンジしてやってる感じでしたが、当然、怖さは皆無。たまに、漫画と同じようなポーズで悲鳴をあげるシーンがやちゃってまして、観ててこっちが妙に恥ずかしいでした。ちっちゃな子供向けのなんの深みもない話ですけど、子供が観れるのかとゆうバカエロシーンがあったりして、これ観た子供は絶対エッチな大人に成長するトラウマな映像だと思います。女の子の口にお○ンチンみたいな肉だまが入っていって、しかも途中前後に動いてるのはあきらかに狙ってます。だって井口監督だから。だた、いじめっ子の女の子がちょっと変わった表現をしてまして、そこだけは、なんやこいつ!って感じでちょびっと楽しめました。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 3点(2007-03-26 18:55:03)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 4.00点
0120.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
4120.00%
5120.00%
600.00%
700.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS