イルマーレ(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イルマーレ(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

イルマーレ(2006)

[イルマーレ]
The Lake House
2006年【米】 上映時間:105分
平均点:5.88 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-09-23)
ドラマラブストーリーファンタジーリメイクロマンス
新規登録(2006-09-03)【みんてん】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・アグレスティ
キャストキアヌ・リーヴス(男優)アレックス・ウィラー
サンドラ・ブロック(女優)ケイト・フォースター
クリストファー・プラマー(男優)サイモン・ウィラー
ヴィレケ・ファン・アメローイ(女優)ケイトの母
ディラン・ウォルシュ(男優)モーガン
ショーレ・アグダシュルー(女優)アンナ
リン・コリンズ(女優)モナ
森川智之アレックス・ウィラー(日本語吹き替え版)
本田貴子ケイト・フォースター(日本語吹き替え版)
有川博サイモン・ウィラー(日本語吹き替え版)
小宮和枝ケイトの母(日本語吹き替え版)
咲野俊介モーガン(日本語吹き替え版)
塩田朋子アンナ(日本語吹き替え版)
内田夕夜(日本語吹き替え版)
上村典子(日本語吹き替え版)
楠見尚己(日本語吹き替え版)
長克巳(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
小松史法(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・オーバーン
音楽レイチェル・ポートマン
プリンス
編曲ジェフ・アトマジアン
主題歌ポール・マッカートニー"This Never Happened Before"
挿入曲キャロル・キング"It’s Too Late"
撮影アラー・キヴィロ
製作ダグ・デイヴィソン
ロイ・リー
ワーナー・ブラザース(共同製作)
製作総指揮ブルース・バーマン
グレッグ・シルヴァーマン
アーウィン・ストフ
メアリー・マクラグレン
配給ワーナー・ブラザース
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術ネイサン・クロウリー(プロダクションデザイン)
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトルデザイン)
アサイラムVFX(メインタイトル)
編集アレハンドロ・ブロデルソン
リンジー・クリングマン
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.《ネタバレ》 時空を超えて「手紙」という手段で愛し合う2人。切なくもあり、心温まるところもあり。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-03 13:53:06)
73.会いたいのに会えないもどかしさを味わえないもどかしさを抱えたまま終わった味気ない作品。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 4点(2017-08-13 12:07:59)
72.“スピード”の、かつての若きカップルがすっかり年輪を重ねちゃったけど、それでも観る者を惹き付ける存在感は健在で、さすがはスターだなあ。カメラは二人を綺麗に収めようとしているし、似合う色を選んで着ているサンドラの衣装も素敵。
オリジナルを未見なので、時空がハンデになる脚本は新鮮に感じたし、男も女もがつがつと肉食な慎み無き現代において、手を伸ばしても届かないもどかしさはやや時代錯誤なまでにプラトニック。キアヌとサンドラの困り顔はこちらに感情移入させるのに充分な演技力。
浮世の沙汰を一瞬でも忘れさせてくれる、ということが映画の魔法だと私は思っているのだけど、この作品はそんな意味でまさに映画。映画様。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-10-02 00:12:34)
71.《ネタバレ》 オリジナルは未見です。ストーリーも半分をすぎれば、相当鈍い人でもない限り「あの轢かれた人がキアヌに違いない」というのは気づくわけで、誰でも気づいてる「すでにキアヌは死んでいる」という状況からどうオチを付けて感動させるか…が映画としての腕の見せ所だと思うのですが…まさか一番安直なオチとか!ないわー。ハッピーエンドでももっと頭つかったハッピーエンドにしてくんないと。この安直なオチはない。
そこらの中学生にプロットを聞かせてストーリーを考えさせたみたいな超安直で思考停止したオチですべてがぶち壊されてます。
そのあたり、「まぁオリジナルは韓流映画だからなぁ」と思うと同時に、ハリウッドのネタ不足も相当なとこまできてるんだなぁ、と思わせてくれる映画ですね。まぁハリウッドの脚本でもこのレベルのものは沢山あるわけですが。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-07-17 12:45:05)
70.《ネタバレ》 よくわからないんだけど、二年前の彼に手紙が届いた、、、そのあと、時間軸は、彼だけが、現在に向かった、ということなのか。私なら、過去の人と知り合ったら、逆か、未来の人と交信できたら株価を聞きますよね、間違いなく。最近、韓国映画、ビースト、ストカーとかいう映画見たけど、本がよくかけていましたよね、見ていて、びっくり感動しました。現在では、スズヤンの事故もありましたが、知らない人と、手紙、Facebook、用心するしかないんでしょうね。手紙だから、伝わること、あるんですよね、手紙じゃないと伝わらないこと。実は、サンドラは、あまり好きじゃない、キアンヌにつられて見てしまいました、しかし、眈々と進む、映画の中、どうなるんだろう、、、て、何度も思いました。医師が偶然に事故を目撃して、手当てして助からなかったら、それなりに記憶に残るんだろうな、なんて思いました。何度か、見直さないとわからない映画なんだろうな、なんて思いました、サンドラの現実での、彼は、最近テレビドラマ、アンフォゲッタブルの刑事役に出ていました。私としては、サンドラの役を仮想世界でのキアンヌの恋人、ブーツ買えよ、の彼女でもよかったのかな、彼女とサンドラを入れ替えたい、とか思いましたね。サンドラの同僚の女医、悪役で、時々見かけます、この映画、とても楽しめ増した、面白かったです。
yasutoさん [地上波(字幕)] 10点(2013-11-16 09:31:32)
69.《ネタバレ》 文通のあげく恋に堕ちてますが、そんなに2人が「魅かれ合うほどのフィーリングのよさ」は、文通の段階では表現されていないです。
ヒロインが「こんなに心が通じる相手はいなかった」のような発言をしてますが、フツーの男女の会話しかしてないのに、どこら辺で通じ合ったの?と、不思議。

やはり恋愛では、ビジュアルの好みは不可欠。ヒロインの言いぐさは、単なるキレイ事。
映画でも、相手のビジュアルを認識して「彼(彼女)は、魅力的な異性だ」とわかるシーンがあり、その後、互いへの気持ちが加速する、という一般的な恋愛の道筋をたどっていますしね。
隠し味としてタイムパラドクスを絡めているだけなので、互いが魅かれ合ってからのストーリー展開は平凡そのものです。

ラスト、ヒロインが力技で過去を変えてハッピーエンドにしてしまいます。観客はラブ・ストーリーを期待して観ているので喜ぶでしょうが、どうなの?それ。
過去は変えちゃいけないし、変えられないからこそ物語が生まれるんでしょ。そんな簡単に解決すんな、と思っちゃいました。
結局、パラレルワールドをひとつ作ってしまっただけですもんねぇ。あのポスト、撤去した方がいいかも。

この作品は、恋愛映画としてはそれなりかもしれませんが、映画としてはマズイ出来だと思います。
というより、制作側が、恋愛映画好きな観客をなめているのかも。「こうやって不思議&綺麗なお話にして、ハッピーエンドにしておけば満足なんだろ」的な手抜きを感じる、というのは言い過ぎかな。

画面の雰囲気がとてもいいので、最後まで心地よく観れます。すれ違いや誤解、せつなさなど、恋愛映画としては必須の部分はしっかりおさえてあり、綺麗な恋愛映画を観たいという人にはオススメです。と、なんとか持ち上げてレビューを終ワル。
りりらっちさん [地上波(吹替)] 4点(2013-02-21 09:05:06)
68.《ネタバレ》 やーん、もう! ハッピーエンドで本当に良かったわー。 事故にあった男性がアレックスだって早々にわかっちゃったアタシ…時間軸を無視した不思議な恋は結局実らなかったっていうお話だと思い込んで見てたもんで、バレンタインデーが近づくにつれて「広場には絶対行っちゃダメよー!!」って思いながら見てたんだけど…なんてナイスな大ドンデン返し。 ここで彼が事故死しなかったら未来が変わっちゃうんじゃ…なんてことはこの際どうでもいいのよ!! 2人の素朴な恋がとってもステキで、アタシは純粋に応援しちゃったわ。 文通ってのもなんかキュンとくるのよねー。 …これってオリジナルは韓国映画なのね。 そっちもちょっと見てみたくなったわ。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-11-29 20:59:54)
67.いまいちー、ちょっと何かが足りないな、あと少しで胸キュンなのに!というところがあったのだがうまくはまらなかったです。おしい!
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-01 09:48:32)
66.《ネタバレ》 じわっと丁寧に進んでいく前半はなかなかでしたが、途中から似たようなシーンが重なってきて、最後はあまり焦点も絞られずに終わってしまいました。せっかくのタイムトラベルものなので、その絶対的ハードルがもたらす切なさをもっと描出してほしいところでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-04-25 00:46:23)
65.《ネタバレ》 小説を書こうとか思った人達が、たぶん一度は通るであろう道、タイムトラベルネタ。
これを手紙という手法で、ちょっと違う視点から描いた作品。
でも、まぁ、タイムトラベル的な話というか、最終的にタイムパラドックスの仕掛けを使うネタは、手垢がつき過ぎていて、今更感がすごくある。
韓国版が2000年製作だったとしても、やっぱり真新しいネタとも思えない。
韓国だから受けたんだろうなぁ、でアメリカが売れたモンをリメイクしたっていうだけの話。
そんな背景はいいとして、まぁ、そこそこ観れてしまう作品である。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 6点(2011-11-20 22:54:53)
64.《ネタバレ》 2011.1.31鑑賞。韓国のオリジナル版は未見。異なる時制の二人が愛し合うというアイデアは面白く、切ない。ただし、ストーリーがいただけない。タイムトラベルものは、ただでさえ他の映画よりも観客が粗捜ししてやろうと前のめりになって観てしまうものだ。サンドラが、はずみでキスしてしまった男性=キアヌだと思い出した後で、過去に交通事故を目撃し、介抱するという衝撃的な出来事およびその被害者=キアヌであることを思い出さないはずがない。思い出すのがストーリーの後半というのが構成が致命的だし、思い出した途端、今彼をほっぽりだして、挙句に乗り換えるというのも唐突だ。そもそも「今」に生きているというアドバンテージを持ってるのにサンドラの頑張りが足りないんだよなぁ。あとタイムトラベルというSF映画なのに、記憶に残るビジュアルエフェクトが無いというのも欠点だ。
かんちゃんズッポシさん [DVD(字幕)] 3点(2011-02-01 13:42:50)(良:1票)
63.《ネタバレ》 す・て・き...特に「湖の家」には一目惚れ、目がすっかりくらんでしまった。ど~見ても屋根裏部屋のスペースは見当たらないけどね!ショボい犬も好き!足跡つけるとこ、ナイス!全体的に抑えたムードが心地よかったです。見てる人を軽く欲求不満にさせるのは悪くないのかも。
まーごさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-21 22:49:51)
62.《ネタバレ》 素敵すぎでしょ。もうね、凄いステキ。

正直、借りるきっかけは単に、ブルーレイのラブストーリーがこれくらいしかそそらなかったって言うくらいで、あんまり面白そうにも見えなかった。ポストに過去や未来からの手紙が届くって言うのも、あまりにも飛び道具過ぎて最後の30分で空中分解するんじゃないのか?とかいろいろ文句を言うの方のが楽しみだったりした。

ところが、このギミックは抑えめで至って旧時代的な控えめな恋のお話だったりするからたまらん。呼ばれもしないのに会いに行ったり、見てる人の四分の一はドン引きになる告白の仕方もせずにひたすら少しずつ近づいていく空気感が秀逸だ。

会いに行けないような距離に居た訳でもなく、事実を知らせられないSF的な仕組みが存在した訳でもない。だけど、お互いが一方的に事実を知っている時間が流れて行ってくれることを生活と両立し待ち続けた事がこのお話を凄く上質な物にしたと思う。

おかげでパーティでのキス、イルマーレにこない、冒頭の事故。この3点のミステリー的な小技が相対的な存在感を引き出した。純粋なタイムトリップ物としては甘口に過ぎる構造も、基本になる「ありそうな大人の二人のつきあい方」の装飾として上手に機能していた。

だから建て売り住宅の現場監督に収まっているアレックスが、ケイトの職業を外科医であると知ったときの距離感がほんのりと漂っていたのが良い。イルマーレに誘ったときの覚悟や、会社の成功や建築家としてのスタートをすることができた彼の最後の覚悟は、ケイトがいつどこにいるかを唯一知っている、冒頭のあの場所に彼を向かわせるけれど。そのやりきれなさのさじ加減は凄く良い。

実は冒頭、轢かれた人が来ていたジャケットを覚えてしまっていた。イルマーレに来なかったときに死んだと気づく観客の経路でラストを迎えた。だからその後の進行は胸がキュンキュン。最後手紙が届かなくてもきっと感動したと思う。もしかしたらもっと感動してしまったかも知れない。だけど、殺してしまう飛び道具よりも届けてしまう飛び道具の方が私は好きなんだ。
黒猫クックさん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 8点(2010-09-20 01:35:26)
61.《ネタバレ》 へんに甘っちょろい、とらえどころのないラブストーリー。心地良いんだけど。互いに会いたがってるとはいえど、明らかに愛情はサンドラ>キアヌだしなぁ…
j-hitchさん [試写会(字幕)] 5点(2010-08-17 22:05:57)
60.《ネタバレ》 韓国版は見たことがあるものの、相当前であんまり覚えていなかったのが幸いしたのか、新鮮な気持ちで楽しめました。悪くないですよ。この超低空飛行な恋愛模様。全然舞い上がれないこの感じが、普通の人間の日常にとてもしっくりと寄り添うような雰囲気がありました。モーガンの存在も、誰かと一緒に居るのに孤独を感じる、そんなところを描き出すには不可欠でした。ま、別れても自分から現れるモーガンについては妥協の産物の極みって感じの関係だったし、始めから分はなかったな。
wildflowerさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-02-15 00:59:42)
59.《ネタバレ》 サンドラ 相変わらずキレイだなぁ~ キアヌとの抑えめな大人向けラブストーリーですね ちょっと時系列がわかりにくくてむづかしいとこあるけど、たまにはこういうのもいいんじゃないですか 犬もかわいかったし(チェスしてたね!) 韓国版のオリジナルがあるみたいなので、いつかそっちも観てみたいですねー 例のハックションも含みで(笑
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2010-02-12 08:10:44)
58.2年後を生きる彼女と2年前を生きる彼のすれ違いの設定は面白いが、ラストはこうでないほうがよかったのでは。オリジナルはどうか知らないが。
ととさん [DVD(字幕)] 5点(2009-08-15 05:00:53)
57.《ネタバレ》 ハリウッドらしい強引な力技。
接点が多い・・というかわざわざ遠まわしに手紙を続けずとも会えたのでは?
と言うほどに彼らの距離は近い。実際会えてたし。
遠距離恋愛と強調したりしてるけど微塵も無い。
そういう意味でも、作中で描かれる時を隔てた二人の関係は弱い。
手紙で温めたにしても、互いにあそこまで思い合うのも疑問。何故そこまで・・。
ガッカリもしなかったが、心に強く残りもしなかったかな。
犬は可愛かった、妙にみすぼらしさ漂ってたが(笑)
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-04-27 23:06:33)
56.まず、この韓国映画に目をつけたハリウッドえらい! スピードの二人で大人の恋愛にしたのはまあまあかな。途中経過はいまいちだけど、ラストはオリジナルよりこっちの方がいいな。ただ、あたりまえだけど韓国映画独特のあの空気感がないから、やっぱりオリジナルの方が魅力的。水辺の家もオリジナルに軍配かな。  ところで、初めてサンドラ・ブロックの名前を見た時、『ガントレット』 のソンドラ・ロックを思い出したのは僕だけでしょうか?
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-24 20:46:08)
55.《ネタバレ》 オリジナルは良かったと思います。会えそうで会えない感じとラブシーンがない純な感じがある意味新鮮で好きでした。ですが、ハリウッド版は比較的早い段階で出会ってしまい、しかもキスまでしちゃいます。アメリカらしいといえばアメリカらしいが・・・なんかちょっと汚された感じ。
茶畑さん [DVD(字幕)] 4点(2008-07-29 23:50:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 5.88点
000.00%
100.00%
200.00%
311.35%
41114.86%
52027.03%
61722.97%
71621.62%
8810.81%
900.00%
1011.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.12点 Review8人
2 ストーリー評価 5.55点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.44点 Review9人
4 音楽評価 7.25点 Review8人
5 感泣評価 5.22点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS