コアラ課長のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > コアラ課長
 > (レビュー・クチコミ)

コアラ課長

[コアラカチョウ]
2005年【日】 上映時間:86分
平均点:3.40 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-01-14)
ホラーサスペンスコメディカンフー動物もの
新規登録(2006-09-03)【とかげ12号】さん
タイトル情報更新(2016-06-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督河崎実
キャスト野村宏伸(男優)小野哲司
黒田アーサー(男優)野中守
西城秀樹(男優)裁判長 (特別出演)
破李拳竜(男優)田村圭一
原作河崎実
脚本河崎実
プロデューサー河崎実
配給トルネード・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.コアラ課長をめぐる物語が途中で破綻してしまい、最後はなぜか格闘映画になって爽やかに終了・・・なんだこりゃ?これを映画館で高い金払って観た人の気持ちは如何ばかりか・・・。本来なら2点なところをウサギ社長に免じて1点プラスの3点(笑)。
ライヒマンさん [DVD(邦画)] 3点(2009-05-17 22:05:11)
9.課長がコアラ。そのまんま。社長はウサギ、コンビニ店員はカエル。意味わからん。普通に日本語と韓国語とで会話が通じてしまっている。笑えるところは何もない。強いて言えば苦笑いするだけ。
茶畑さん [DVD(邦画)] 2点(2008-12-05 00:19:59)
8.笑ってしまったら負けだと思う。だから自分は負け犬です。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(邦画)] 4点(2008-01-14 22:35:22)
7.コアラ課長のちょっとした表情が微妙に笑えました。ストーリーが後半へ進むにつれ、どんどん破綻していき、観るのが苦痛に感じます。
真尋さん [地上波(邦画)] 2点(2007-12-01 22:34:51)
6.《ネタバレ》 この映画を見た・・・なんて迂闊にも人に言うのがはばかれる、出来れば黙っておきたい、記憶から消したい、本当に劇場公開されたなんて信じられない程のC級映画です。サスペンス風ですがストーリーを追って行くと後悔します。中盤は不思議とあの「エンゼルハート」を思い起こさせるような展開もあるけれど「蘇生術」の文字を画面いっぱいに出すだけで死んだ人間が生き返ったとする掟破りな手法で観る人を納得させようなんていう監督の図太い神経に呆れてしまった。
WEB職人さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2007-08-14 23:45:35)
5.「いかレスラー」よりは全然笑えました。サラリーマン映画、サイコ・ホラー、刑事もの、刑務所もの、カンフー映画、恋愛映画、韓流映画、etc.と、様々な映画のパロディを徹底してるのが良い。また、徹頭徹尾不条理を貫いた展開も良い(コアラは最初からコアラというアンデルセン的世界)。不覚にもウサギ社長が唐突に登場したシーンと、刑務所での「あしたのジョー」のパロディは爆笑してしまいました。「いかレスラー」等と違って、ヒロインがちゃんと美人だったのも良かったです。ま、それでも、どーしょーもない映画に違いはありませんが、3点では少し忍びないので、ギリで4点献上。
sayzinさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2007-04-01 00:04:17)
4.こんなところでなにやってんだか 野村宏伸の頑張ってる様ががかなり痛い その老け込みようだってかなり痛い
3737さん [DVD(字幕)] 3点(2007-03-17 21:07:33)
3.《ネタバレ》 はっきりいってくだらなさすぎる作品です、でも個人的には嫌いじゃないです。とにかく、普段は温厚そうなコアラがキレた時に赤く光る目が怖すぎて笑えます(本当にキレ具合はハンパじゃないです・・・・)。ていうかDVしてる時点でダメでしょw
 ストーリーは、まあしょうもないサスペンスなんですがコアラが主人公というだけで何となく面白く感じてしまうのは不思議ですw (夢オチ多すぎ!)
 しかし、コアラの格闘シーンは妙に様になっていて惹きこまれましたねw とにかく韓国古武術凄過ぎ!
 ラストシーンは、本当にまあ・・・(以下略 
TMさん [DVD(邦画)] 6点(2006-12-24 21:25:06)
2.もう訳が解らない(笑)終盤なんかもうメチャクチャ(終盤に限らずまともなところなんてあったか?)。あまりにの馬鹿馬鹿しさに笑ってしまうところもあったけれど、ついていけない(笑)。ある意味、製作者を尊敬する。
思込百遍さん [DVD(邦画)] 3点(2006-11-26 09:56:26)
1.《ネタバレ》 『いかレスラー』の洗礼を受けた後で鑑賞したから笑ってられますけど、この監督がこういう映画を作る人だという予備知識ナシでいきなり観るのは危険。オープニングの歌で確実に頭をヤラレます、要注意。それはともかく、まだ『いかレスラー』はギリギリ物語が「分かる範疇」にありましたが、この『コアラ課長』に至ってはそれすら振り切って大暴走。終盤のバトルまで来ると、もうそれまでのストーリー展開など全く無意味。その破壊っぷりはある意味『DEAD OR ALIVE』に匹敵しています。もはや殺人事件の真相など脇に置いといて、その場その場で起こる奇妙奇天烈な現象の数々にすかさずツッコミを入れることに専念すべきでしょう。つうか事件の真相なんかより、こういう映画に出資をする人がいて、しかもそれが劇場で公開されてしまってることの方がよっぽど謎だ。でもキライじゃないです、これ。
とかげ12号さん [DVD(邦画)] 5点(2006-09-09 13:16:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 3.40点
000.00%
100.00%
2330.00%
3330.00%
4220.00%
5110.00%
6110.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS