幸せのポートレートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 幸せのポートレート
 > (レビュー・クチコミ)

幸せのポートレート

[シアワセノポートレート]
The Family Stone
2005年【米】 上映時間:103分
平均点:4.58 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-07-15)
ドラマラブストーリーコメディファミリーロマンスクリスマスもの
新規登録(2006-11-21)【パブロン中毒】さん
タイトル情報更新(2019-08-17)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トーマス・ベズーチャ
キャストサラ・ジェシカ・パーカー(女優)メレディス・モートン
ダイアン・キートン(女優)シルヴィ・ストーン
クレア・デインズ(女優)ジュディ・モートン
レイチェル・マクアダムス(女優)エイミー・ストーン
ダーモット・マローニー(男優)エヴェレット・ストーン
クレイグ・T・ネルソン(男優)ケリー・ストーン
ルーク・ウィルソン(男優)ベン・ストーン
エリザベス・リーサー(女優)スザンナ・ストーン・トゥルースデイル
ポール・シュナイダー〔男優〕(男優)ブラッド・スティーヴンソン
ブライアン・J・ホワイト(男優)パトリック・トーマス
日野由利加メレディス・モートン(日本語吹き替え版)
唐沢潤シルヴィ・ストーン(日本語吹き替え版)
本田貴子ジュディ・モートン(日本語吹き替え版)
咲野俊介エヴェレット・ストーン(日本語吹き替え版)
土師孝也ケリー・ストーン(日本語吹き替え版)
坂詰貴之ベン・ストーン(日本語吹き替え版)
出演ジュディ・ガーランドエスター(劇中映画「若草の頃」より)(ノンクレジット)
トム・ドレイクジョン(劇中映画「若草の頃」より)(ノンクレジット)
脚本トーマス・ベズーチャ
音楽マイケル・ジアッキノ
編曲マイケル・ジアッキノ
ティム・シモネック
ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影ジョナサン・ブラウン〔撮影〕
製作マイケル・ロンドン
配給20世紀フォックス
特殊メイクマシュー・W・マングル
衣装シェイ・カンリフ
編集ジェフリー・フォード
その他ティム・シモネック(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.後々殆ど印象に残っていないであろうラブコメディドラマでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-23 18:54:06)
18.《ネタバレ》 この主人公は、気が強いとか神経質とかいうよりも、言動はむしろ人格障害とかヒステリー状態に近いんですよね。なので、話の前提の部分で説得力がありません。みんなの心理が動き出してぶつかり合う翌朝のところは多少面白いのですが、それ以外の部分は凡庸で、さりげなく豪華なキャストが生かされていません。ただ、クレア・デーンズを素直に魅力的と感じられたのは久しぶりかも。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-28 03:28:44)
17.《ネタバレ》 ラブコメというかある家族のクリスマスを描いたドタバタ劇。色々と描写が足りずに?が出る展開だが、それもまたご愛嬌。安心して見ることができたが、駄作と呼ばれる類なのは間違いない。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-01 02:53:15)
16.《ネタバレ》 危ういバランスの家庭をあっさりとぶっ壊すSJP!笑 そこがとても爽快!! 
SATCのキャリーが時折顔出しちゃって、たぶんこれがSJPの素なんだろうと思ったりしました。結構自分はこういうはちゃめちゃな軽いラブコメ好きです。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 7点(2009-08-28 16:11:36)
15.《ネタバレ》 可もなく不可もないラブコメ。ストーン家5人兄弟と両親、フィアンセのクリスマス。ダイアン・キートンはさすがにすごい。他は魅力的な登場者がいなかった。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-07-25 10:50:38)
14.いろいろなダメな人々によるギクシャクだったり面白みだったりで個人的にはかなり楽しみました
からいものさん [映画館(字幕)] 7点(2008-12-14 12:26:03)
13.観終わって一言「なんじゃこりゃ~」唯一光ってたレイチェルマクアダムスに2点。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 2点(2008-07-20 14:24:14)
12.なんともナンセンスで引いてしまった。今のアメリカではこの手のラブストーリーも「アリ」なのか?ありえない…
Arufuさん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-29 03:41:22)
11.あったかい話でした。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 8点(2008-03-16 00:22:47)
10.つまらんかったなぁ。サラ・ジェシカ・パーカーに魅力が全然なかった。
ギニューさん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-22 21:29:43)
9.《ネタバレ》 男性側のファミリーは堅い絆で結ばれているように見えます。同じ価値観を共有し、円滑に過ごすための暗黙のルールがある。ただ、その結びつきが強すぎるために他者を排除する傾向が伺えます。「あの人はOKだけど、この人はダメだ。」とすぐにレッテルを貼ってしまう。社会的マイノリティを抱え、散々嫌な思いをしてきたのでしょう。防衛意識が殊更強い。例えばジェシカが家を飛び出すキッカケ。彼女が言ったゲイに対する認識は、世間一般のそれ。配慮に欠けていたとは言え、この家族の反応は過剰です。其処にこの家族の危うさが見える。痛いところを突かれたから怒るのだと思います。もし本当に家族愛で結ばれているなら、少々の批判は受け流せばいい。彼女を軽くたしなめる程度で十分です。「私たちはもっと大事なことがあると分かっているの」と。少々気持ちが悪いです。異なる価値観を拒絶する姿は、ヤバイ宗教なんかに似ている。母親が妊娠中の写真をプレゼントされて、家族一同号泣。ますます気持ち悪い。姉妹の節操の無さも、家族の思考回路も正直よく分かりません。日本でも同じようなプロットのテレビドラマはよくありますが、こちらは決まってドロドロ系。そうならざるを得ないと考えるのが日本人の感覚なのだと思います。「ちょっといい話」風にまとめる力技は凄いです。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 4点(2007-10-13 19:52:57)(良:1票)
8.《ネタバレ》 どんな家庭でも包み隠したい事はあるし、きれい事を並べて生きていくのは至極容易だ。長く生きていれば、それなりに背負わされる出来事も多い。片目を閉じて生活して行ければ皆幸せだろうよ。でもね、やっぱり長男が選ぶ女は最高で、次男は長男の彼女はつまみ食いしたくはないけど、してみたいわけ。長女はやっぱり地雷を担いで生きていて、その背中を見て育った次女は要領が良い。地雷は素直な女にだけ設置出来、踏むのは初老ババァと、その夫だ。昔女だったはずの姑は、若さとキャリアに嫉妬し、小姑の扱いはなれていて指図するように、一番可愛い長男の下の世話なんてさせて溜まるモンですか!!とばかりにイジメが広がり陰でヒソヒソ。実に陰湿。自分の息子達がエロでつまんない事はメー一杯解っちゃいるが止められないからx'masだろうと春なんだ。さかりがついているのか?アメリカはやっぱ病気だね。まぁ、映画の上でのこととはいえ病んでしまっているのなら病の進行を遅らせるだけがテク。そんなテクを映画にしてみたわけだが、出演者全員ワガママ気まま身勝手!後半は綺麗にまとめ上げられて行くが、ちょっと待て!それで良いのか?人生こんなに玉手箱のように山盛り事件が起こりますかね?そんな風に考えながら鑑賞し終えて最初の感想は「やっぱ夫にするなら次男のベンよね…」とほざきたくなる秋の空。
成田とうこさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-09-15 13:25:49)
7.サラ・ジェシカ・パーカーを見る度に「誰かに似てる・・」と思っていたが、やっとそれが「やつれたゴリエ」だと思い至った。ああスッキリ。メレディスは私の映画視聴歴で1,2を争う「不愉快なヒロイン」確定。この強引な展開でもheart warmingってことになるアメリカさんはやっぱり病んでる。多様性を受け入れるのと節操がないのは別だろう(でも似たようなストーリーなのに「月の輝く夜に」はナゼか好感持てた。)器の大きいパパ&ママと、ポートレートの美しさに免じて3点献上。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-08-11 22:04:17)
6.《ネタバレ》 家族が気に入っていた元カノとは結婚したくなかったのに、家族に反対された彼女とはどうしても結婚したい。そう強く思ってたはずなのに、どうして、彼女の妹に恋をするんだ!!!それも、たった一日で!!!兄と弟を交換する女と、姉と妹を交換する男に、ちょっと嫌悪感を抱いてしまいました。でも、メレディスがプレゼントした美しいポートレートには感動しましたし、ゲイのカップルにも心癒されました。
リノさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-03 01:24:33)
5.えええ~~~~!なんじゃそりゃあ~~!
って思った。そんな展開はさすがにないだろう。そんなエンディング。不器用なキャリアウーマンのドタバタ劇という設定は悪くないけど、それを十分に生かしきれていないように感じました。全体的に都合のいい展開が多かった気がします。
ラブアクチュアリーとよく比較されていますが、ラブアクチュアリーの方が全然いいですね。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-11 16:55:43)
4.《ネタバレ》 メレディスもエヴェレットも結局はお互いの兄弟と結婚することになり、これでいいのか?と疑問を持ちつつも最後はハッピーエンドで終わったのでこういうのもアリなんだなと納得することにした。私が邦題から期待していたものとはちょっと違った。
PINGUさん [DVD(字幕)] 5点(2006-12-20 05:44:33)
3.《ネタバレ》 レイチェル・マクアダムス目当てで観たんですけど彼女以外観る物がなかったです。サラ・ジェシカ・パーカーをこの映画で初めて観たんですけど声と顔のギャップが大きくてお腹の辺りがムズムズして終始映画に集中できなかった。それにムカつきもしました。サラ・ジェシカ・パーカーが婚約者を捨てて弟とくっ付いたりその婚約者がサラ・ジェシカ・パーカーの妹のクレア・デーンズとくっ付いたりと脚本家は一体何考えてるんでしょうか。君らの愛とはそんな簡単に心が揺れるものなのかと聞きたいです。ラブストーリーなのに応援する気にもなれなかった。更に何の意味があるのかダイアン・キートンが病気で死亡とか果たして必要だったのだろうか。非常に不満の残る映画でした。
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 2点(2006-12-08 03:25:12)
2.下でも言われている様にこの映画はキャスティングのミスで全てを台無しにした映画だ。
パーカーはTVで人気が出たかも知れないが映画の画面を支える魅力もオーラも演技力も無い。この映画ではただの疲れた中年女性にしか見えなかった。
この役は例えばA・ジョリーのような強烈な個性と演技力を持った女優でないと話自体が成立しないと思う。
その他の配役は適役で出演者全員が集まると主演女優だけが負けて埋没してしまう。
マクアダムスは幅広い役が出来る人だがやはりコメディ系が合っていると思う。ディーンズはT3以来だが相変わらず老け顔でマクアダムスより3歳も若いとは信じられないがさすが雰囲気は有る。
主演女優さえ適材を得れば結構観られる作品に成っていたと思われるのに残念。
ハナちゃんさん [DVD(字幕)] 3点(2006-12-07 19:57:44)
1.《ネタバレ》 まるでTVドラマを見ているような安さであった。
それでもって、最初から最後まで、「だまされているんじゃないか」というヤな感じがつきまとう。
「このヤな気分の原因は何かしら」病気オチを持ってくるようなTVドラマめいた三流の脚本ももちろんイカんのだが、最大の原因はサラ・ジェシカ・パーカーである。
メレディスというのは、「美人で頭脳明晰でキャリアウーマンなのにメチャ性格が悪い」という役どころなのである。若い頃のシャロン・ストーンクラスの美貌が必要といえば分かっていただけるだろうか。よって、これが成立していないと、すべての設定が崩壊してしまうので、コントか?という気がしてくるのだ。
サラ・ジェシカ・パーカーは美人なのか?断じてNOである。
彼女が主役を張ることが許されるのは、「SATC」というお約束の中だからであって、無関係な映画に出て主役を張るような女優さんではないんである。人気が出た、ということだけで本人も周囲も大きく勘違いしている。
サラ・ジェシカ・パーカーはあくまでも〝キャリー〟として画面に映っているのであって、それはみんなが知っている「そこそこ売れているエッセイストで、田舎嫌いでNY以外のところには住めなくて、靴マニアで、浪費家で、結構いろんな男性と寝ている」女性としてである。「美人じゃないけど、親しみやすい」キャリー、なのである。
メレディスが美人じゃなかったら、なんなのか?「単に崩壊した性格の年増のキャリアウーマン」だよね。それが、三高らしきエヴェレットを射止め、なおかつ弟までとりこにするのか?ありえない。
特に、メレディスの傍若無人な振る舞い(部屋数が足りないのにエヴェレットと同室を拒否、から始まって急に大声を出したと思ったらいわくありげにうつむいて黙り込む、とかその他その他)は、美人にしか許されない行動である。これは絶対にサラ・ジェシカ・パーカーがやってはいけないんである。
なおかつ、エヴェレットがジュリーに鞍替えしてしまうことも、メレディスが美人でなければ、「性格が悪くてもあんな美人を捨ててまで」と思わせることなどできぬ。もっというとジュリーはクレア・デインズではなく、キルスティン・ダンスト程度の容貌の子にしなければ。
無駄な登場人物(妊婦のスザンナ親子とその旦那なんて、なんの必要がある)までいるし、脚本がダメなうえにキャストもダメで救いようがなし。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 2点(2006-11-21 21:25:15)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 4.58点
000.00%
100.00%
2315.79%
3210.53%
4421.05%
5631.58%
600.00%
7315.79%
815.26%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.50点 Review4人
2 ストーリー評価 3.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.25点 Review4人
4 音楽評価 3.00点 Review3人
5 感泣評価 2.75点 Review4人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2005年 63回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)サラ・ジェシカ・パーカー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS