恍惚(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恍惚(2003)
 > (レビュー・クチコミ)

恍惚(2003)

[コウコツ]
Nathalie...
2003年【仏・スペイン】 上映時間:105分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-12-18)
ドラマロマンス
新規登録(2006-12-22)【ひよりん】さん
タイトル情報更新(2010-04-20)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンヌ・フォンテーヌ
キャストファニー・アルダン(女優)カトリーヌ
エマニュエル・ベアール(女優)マルレーヌ
ジェラール・ドパルデュー(男優)ベルナール
ジュディット・マーレ(女優)カトリーヌの母
原作フィリップ・ブラスバン(原案)
脚本アンヌ・フォンテーヌ
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
製作アラン・サルド
製作総指揮クリスティーヌ・ゴズラン
配給ワイズポリシー
アートポート
あらすじ
カトリーヌとベルナールは裕福だが、会話も少ないセックスレスの中年夫婦。ある日、カトリーヌはベルナールの浮気を知ってショックを受ける。カトリーヌは会員制のクラブで出会った娼婦マルレーヌに、ナタリーという偽名を使ってベルナールを誘惑しその一部始終をカトリーヌに報告するよう依頼する。マルレーヌから聞かされる告白はしだいに過激になり、カトリーヌは動揺する。そして、カトリーヌとマルレーヌの間にも不思議な感情が生まれてくるのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ジェラール・ドパルデューは印象深い顔立ち、特に鼻。以前NHKでの海外長編テレビドラマ レ・ミゼラブルでジャン・ヴァルジャンを演じていた記憶有り。
邦題の“恍惚”には先入観が入ってしまった。なかなか興深く楽しめた。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-12-13 15:55:44)
2.《ネタバレ》 夫の浮気を調べているうちに浮気相手の女性を親しくなっていく、ファニー・アルダンが、どんどん深みのある女性になっていくのが良い感じです。口元を曲げて感情を見せずに妄想を語るエマニュエル・ベアールは良い女優だなあとあらためて思いました。ふたりの女優を見ているだけでも楽しい映画です。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-12-23 19:46:38)
1.男女3人の人間関係を描くというのはフランス映画の大きなテーマの一つだと思います。この作品の場合は女2人男一人の関係です。ドラマはカトリーヌとベルナール夫妻の描写、カトリーヌとマルレーヌ(ナタリー)の会話が中心となり物語は進行してゆきます。マルレーヌとベルナールの関係は、マルレーヌからカトリーヌに言葉で語られるという手法を用いています。ドパルデューやベアールは彼(彼女)の持ち味を十分に発揮していますし、ファニー・アルダン(とくに表情)がことのほか良いです。映画のプロモではベアールの写真がたくさん使われていますが、主演はファニー・アルダンですね。この一本の作品の中に倦怠期の中年夫婦の関係や、娼婦として働く女性の寂寥感が表現されています。トリュフォー映画のようにわかりやすく、そしてオチがあります。男女三人の関係の最後を想像しながら見るのも楽しいです。わたしは鈍いので、最後までオチがわからなかったです。邦題は、恍惚だとなんのことかわからないですね。原題がNathalieなので「彼女の中のナタリー」位の方が良かったかなあ。
ひよりんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-12-22 21:40:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS