あじさいの歌のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あじさいの歌
 > (レビュー・クチコミ)

あじさいの歌

[アジサイノウタ]
1960年【日】 上映時間:105分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1960-04-02)
ドラマ青春ものロマンス小説の映画化
新規登録(2007-01-02)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督滝沢英輔
助監督鍛冶昇
キャスト石原裕次郎(男優)河田藤助
芦川いづみ(女優)倉田けい子
東野英治郎(男優)倉田源十郎
小高雄二(男優)島村幸吉
殿山泰司(男優)木村勇造
北林谷栄(女優)元子
中原早苗(女優)島村のり子
杉山とく子(女優)葉山先生
田中筆子(女優)
南寿美子(女優)
山田禅二(男優)安田先生
高野誠二郎(男優)吉村支配人
轟夕起子(女優)長沢いく子
大坂志郎(男優)藤村義一郎
青木富夫(男優)警官
原作石坂洋次郎「あじさいの歌」
脚本池田一朗
音楽斎藤高順
作曲斎藤高順「あじさいの歌」
主題歌石原裕次郎「あじさいの歌」
撮影横山実
企画坂上静翁
配給日活
美術松山崇
編集辻井正則
録音福島信雅
照明藤林甲
その他斎藤耕一(スチール)
IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.裕次郎と芦川いづみのコンビ作はかなり久しぶりに見たが、やはり若い頃の裕次郎はアクション作品よりもこういう文芸作品で等身大の青年役のほうが個人的には好きだ。相手役の芦川いづみはこの映画でも抜群に可愛く、美しく、彼女を見ているだけでこちらの顔が自然とほころんできて、これだけでもこの映画を見てああ良かったなと思う。劇中、芦川いづみが裕次郎に自分は世間的に見て美しいのかとたずねるシーンでは思わず見ているこちらがうなずいてしまった。それくらい本当に可愛くて美人で素敵なのだ。そんな可愛くて美しい芦川いづみを何年も自宅の外に出さなかった東野英治郎がはっきり言ってすごく羨ましい。って何書いてんだ俺。脇役陣をみると轟夕起子や殿山泰司、北林谷栄なんか出てて「洲崎パラダイス 赤信号」や「わが町」を見てる身としてはつい川島雄三監督を思い浮かべてしまった。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-08-23 11:26:21)(良:1票)
2.おっと、これもまた「陽のあたる坂道」「乳母車」同様、同じ石坂洋次郎原作による映画化なんですね。今回もまたしても芦川いづみが素敵!もう、なんて言うべきか?本当に可愛い。まるでタイトルのあじさいのような華やかさ、あっ!そういやこの映画の中で芦川いづみが着ていた洋服の色も紫色でどこかあじさいの花のようでした。もう、なんかここんとこ芦川いづみのことしか書いてないような気がする。だって、本当に可愛いんだもん!話自体は大して面白くもないし、でも、こんなにも可愛い芦川いづみが見れるだけでも私は見て良かったと思う。
青観さん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-04-29 22:02:52)(良:1票)
1.原作石坂洋次郎=日活映画化主演裕次郎のコラボ、実は自分結構好き。中でも秀作は「陽のあたる坂道」(←これは原作自体も名作)、この作品もなぜかあまり有名ではないけど、気持ち良い出来の佳作だったと思います。カラーだし、お相手役は麗しの美しき芦川いづみだし、裕次郎のワルぶってるけど実は好青年っていうキャラクターももはや何本か観てれば定番で、安心して鑑賞出来ます。確かこの映画だと彼は芸術家肌の売れない画家って役どころじゃなかったかなあ・・・。主題歌は「♪あじさいのう~た♪」(←何となくうろ覚え)
放浪紳士チャーリーさん [地上波(邦画)] 6点(2007-02-04 15:26:02)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS