Menu
 >
 >
 > スカーフェイス

スカーフェイス

Scarface
1983年【米】 上映時間:170分
平均点: / 10(Review 171人) (点数分布表示)
アクションドラマ犯罪ものリメイクヤクザ・マフィアバイオレンス
[スカーフェイス]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-11-05)【RTNEE USA】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストアル・パチーノ(男優)アントニオ・“トニー”・モンタナ
スティーヴン・バウアー(男優)マニー・リベラ
ミシェル・ファイファー(女優)エルヴィラ・ハンコック・モンタナ
メアリー・エリザベス・マストラントニオ(女優)ジーナ・モンタナ
ロバート・ロジア(男優)フランク・ロペス
F・マーレイ・エイブラハム(男優)オマール
ポール・シェナー(男優)ソーサ・アレサンドロ
ハリス・ユーリン(男優)メル
マーク・マーゴリス(男優)アルベルト
ヴィクター・カンポス(男優)ロニー
ラナ・クラークソン(女優)バビロンクラブの女
グレッグ・ヘンリー(男優)(ノンクレジット)
ブレット・ラトナー(男優)(ノンクレジット)
ベン・フロマー(男優)
チャールズ・ダーニング入国審査管理官(ノンクレジット)
デニス・フランツ入国審査管理官(ノンクレジット)
山路和弘アントニオ・“トニー”・モンタナ(日本語吹き替え版【DVD】)
楠大典マニー・リベラ(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚理恵エルヴィラ・ハンコック・モンタナ(日本語吹き替え版【DVD】)
岡寛恵ジーナ・モンタナ(日本語吹き替え版【DVD】)
菅生隆之フランク・ロペス(日本語吹き替え版【DVD】)
牛山茂オマール(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚運昇ソーサ・アレサンドロ(日本語吹き替え版【DVD】)
樋浦勉アントニオ・“トニー”・モンタナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石丸博也マニー・リベラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
戸田恵子エルヴィラ・ハンコック・モンタナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
土井美加ジーナ・モンタナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田太郎フランク・ロペス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯部勉アントニオ・“トニー”・モンタナ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
谷口節マニー・リベラ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
高島雅羅エルヴィラ・ハンコック・モンタナ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
原作アーミテージ・トレイル(ノンクレジット)
脚本オリヴァー・ストーン
ベン・ヘクト(オリジナル脚本〔ノンクレジット〕)
ハワード・ホークス(オリジナル脚本〔ノンクレジット〕)
ロバート・イーストン(ダイアログ・コーチ)
音楽ジョルジオ・モロダー
編曲シルヴェスター・リヴェイ
撮影ジョン・A・アロンゾ
ジョン・トール(カメラ・オペレーター)
製作マーティン・ブレグマン
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ルイス・A・ストローラー
配給CIC
特撮フェルディナンド・スカルフィオッティ(ビジュアル・コンサルタント)
美術フェルディナンド・スカルフィオッティプロダクションデザイン(ノンクレジット)
衣装パトリシア・ノリス[衣装]
編集デヴィッド・レイ[編集]
ジェラルド・B・グリーンバーグ
録音ロバート・ニュードスン
スタントトーマス・ロサレス・Jr
M・ジェームズ・アーネット
ボビー・バス
デヴィッド・R・エリス
バディ・ジョー・フッカー
ゲイリー・ハイムズ
スコット・ワイルダー〔スタント〕
グレン・R・ワイルダー
その他マイケル・フォトレル(プロダクション・アシスタント)
レイモンド・ハートウィック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ハワード・ホークスdedicatee
ベン・ヘクトdedicatee
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
171.《ネタバレ》 もはや米国のギャングスタ界隈など「タフに生きることを決めた」男達にとっては聖典になっている本作。デ・パルマの演出、オリーバー・ストーンの脚本、そしてアル・パチーノの演技と、全要素の脂が乗りまくっているこの時期だから作れた奇跡のような作品。とにかく無鉄砲でself-destructive(自滅的)な人生は観ていて辛くなるものがあるが、一本筋が通っていて、曲った事はしたくない、自分に正直なこのトニー・モンタナという男は、まさに男が惚れる男なのだろう。ラストにおける主人公の死に様は、個人的に「俺たちに明日はない」や「天国の門」に並び映画史に残る壮絶なものだと思う。話は変わるが、昔TBSで放送されていた長渕剛主演の伝説のドラマ「とんぼ」は、キャラクター設定やストーリーなど殆どこのスカーフェイス(というか「暗黒街の顔役」)の丸パクリである。
rain on meさん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 9点(2017-03-18 21:32:41)
170.デ・パルマの映画には2種類あると思う。映像に凝りすぎちゃうタイプと、演出抑えめのドラマ重視タイプ。
個人的には前者のタイプが好きだが、この映画は後者の中でも特に面白い作品だと思う。
とにかく3時間近い上映時間なのに全く飽きる事がない。一人の男ののし上がる様をじっくり描いているのだが、それでもまだ時間が足りなかったのではないか。皿洗いとか雑用してたのが、急に大物になるまでが早すぎたように思う。しかし、それだけ凝縮され濃密な170分であるのでだれる事がない。
パチーノの演技はもはや語りつくされていようが、この演技は神ってるとしか言いようがない。凄い存在感。そのキャラクターの持つ熱量に圧倒される。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2016-09-07 09:53:46)
169.《ネタバレ》 アルパチーノのギャングもので1番面白い。囚人からどんどん評価が上がっていき、最終は大ボスになるという成り上がりの過程がとにかくカッコ良いです。最期は裏切られて全てを失ってしまうのですが、力を持ち過ぎたことによる過信ぶりがまた人間臭くて良い。オススメです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 9点(2016-08-29 18:41:40)
168.アルパチーノを語るうえで避けては通れない代表作。
トニー・モンタナのアルパチーノがはまり役でまあかっこよすぎですわ。
暇があれば煙草と同じ感覚で机の上にコカインを撒き鼻で吸引。裏切者や気に食わないやつがいれば直ぐに銃で乱射。
闇社会をのし上がってそして自滅していく。王道なストーリーだがドラッグ・マフィアムービーの先駆者。傑作でしょう。
UFC196.さん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-25 22:18:31)
167.《ネタバレ》 トニー・モンタナというこの男の魅力がよかった。
この男は成り上がりたいという欲求だけ強く持っているのだが、
成り上がってみたら、何をしてきたのか、すっかり分からなくなってしまい、
半ばやけくそになってしまい、そのやけくそを周りに伝播させながら、自分自身も後戻りはできず死んでしまう。
登場人物全員の疲れ方や、みんなやけくそになって
みんな死んでしまうというストーリー自体、みもふたもなくてよかった。

それにしても、あのラストシーンはちょっとやり過ぎだと思った。
麻田葉一さん [DVD(字幕)] 7点(2015-11-29 17:36:11)
166.《ネタバレ》 まさに成り上がり人生である。度胸があるというか肝が据わっているというか器がでかいというか、とにかくすごいです。でもこの主人公の人生、生と死の紙一重なことばかりです。仲間が電ノコで腕とか切られたシーン、この時点でアルパチーノも死んでたかもしれないし、そう考えるとここまで大物になれたのは強靭な運の持ち主でもあったのかもしれません。ただ、最後のシーン、ああいう散り方で終わるのはちょっと残念でした。もう少し「さすが大物」と思わせるようなエンディングだったらもっと良かったです。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 8点(2015-08-27 08:24:00)
165.《ネタバレ》  私もやっとトニーの人生を丸ごと受け入れることができるようになってきた。あんなに成り上がったことはないけれど。失うもののなかったトニーは無敵だった。しかし一度は手に入れたと思ったものがどんどん無くなっていく。疑心暗鬼にかられ、テレビカメラを何台もつけ、保身に走り、仲間をも撃つ。
 私も今ならわかる。人生は恐ろしく長い。トニーはもっと早く殺されるべきだった。長生きしすぎた。いくらかのことを手に入れて喜んでいるうちに死ぬべきだった。おかげで死ぬよりも悲しい思いをする。だからあのラストシーンは…、彼なりの自殺だ。ジャンキーになり下がったトニーの壮絶で凄惨な自殺だ。
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-05-29 10:42:17)
164.《ネタバレ》 囚人からマフィアになっていく男の話。
やがて歯車が狂い始めてすべてを失ってしまう。
アルパチーノの迫真の演技が見物。ただ内容は自業自得。
SASUKEさん [DVD(字幕)] 3点(2015-02-13 02:10:38)
163.悪人。まったく共感する部分がない悪人で、もうこういうタイプは金でしか人はついてこないだろう。そんな役をアルパチーノが怪演しており、本当にパチーノが嫌いになりそうになる。最終決戦はさすがにデパルマという感じで、安臭い仕上がりになりそうなところを、見事に演出し面白い映画に仕上がっている。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-01-26 14:51:00)
162.《ネタバレ》 トニーの壮絶な人生をアルパチーノが怪演。人殺しで麻薬密売人のトニーはまさに悪人。極悪なのです。でも何故だろう。彼の周りから一人また一人と身内が消えてゆく度に何だかとても悲しくなる。完全にこの極悪人に共感してしまっているのだ。やっている事は法にふれる犯罪なんだけど、イカれた程の巨大な野心を持ち、それに向かって決してブレずに突き進んでゆく姿に、そいつがとんでもない犯罪者なのにも関わらず不覚にも共感してしまうのである。女子供を犠牲にすることを拒否したエピソードがもし無くてもそれは一緒だったと思う。後に思えばトニーというイカれたチンピラが成り上がり、そして破滅していったという極自然なストーリーだが、それが一人の男の悲しい人生を描いた大作となり得たのは、脚本の良さもあるが、やはりアルパチーノの演技あってこそです。
ちゃかさん [映画館(字幕)] 10点(2014-10-20 15:55:37)
161.《ネタバレ》 前半の成り上がりの迫力はさすが。後半の孤独になっているところは若干冗長な気がしないでもないが、こういった「大作」としてはありか。
次々と起きる出来事に飽きること無く一気に観てしまう分かりやすい映画。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-28 17:48:48)
160.「もっと堂々としとけよ、ビクついたら心臓に悪いだろ?」トニーモンタナの凶暴な性格が現れています。(怖いよあんた) 最もキレイだった頃のミッシェル・ファイファーも見られるし、伝説のチェーンソーのシーンも凄いです。

転落人生のきっかけになった車での沈黙シーン、麻薬カルテルでのトニーの立ち振る舞い、壮絶なラストシーン、全てがギリギリのバランスで融合した凄い映画です。文句なしにバイオレンスの金字塔だと思いますが、70-80年代特有の古さが感じられて集中力が維持できずこの点数です。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-23 15:52:58)
159.《ネタバレ》 アル・パチーノがすごい。ゴッドファーザーのボスの迫力と違う、下から上がっていくギャングの迫力。まさしくアル・パチーノならではの映画。やっぱり母親は誤魔化せない。
竜ヶ沢中段さん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-23 22:45:30)
158.《ネタバレ》 再見。ハワード・ホークスの傑作「スカーフェイス(暗黒街の顔役)」のリメイク。
個人的に「アンタッチャブル」の方が密度と展開が速くて好きなのだが、本作は90分の高密度が3時間に引き延ばされて…いやブライアン・デ・パルマとオリバー・ストーンのヴァイオレンスと流血とセックスとF●ckの雨あられが叩き込まれ膨れ上がる。

ホークス版を飾ったポール・ムニのように、狂気を爆発させたジェームズ・キャグニーのように、死に全力疾走するハンフリー・ボガートのように本作のアル・パチーノは殺しの世界に染まり、野望のためにのし上がり破滅へと向かう。

女優にしてもホークス版がサイレント時代の名残りからかアイシャドウが濃すぎてちょっと不気味だったのに対し、コッチは女優レベルがハリウッド黄金期にまで回復した80年代。70年代のパルマだったらもっとエラの出た女優を使ったかも知れない。

カストロ議長、キューバの青い海、船、希望を求めてたどりつくアメリカ。
だらだらとした取り調べ、顔の疵(スカーフェイス)、手の刺青、人々が詰め込まれるバス、背景がスクリーン・プロセスなのもホークス版へのオマージュ故か。
高速道路の下に拡がるテント、殺しへの誘い。標的、収容所での暴動、騒動に乗じての暗殺、扉の向こうに待つ死。

悪友との下積み、憧れ、妬み、喧嘩腰で依頼を引き受けるやり取り、胸元の拳銃、マリファナ。エプロンを投げるのは仕事をやめることを告げるため。
かったるい会話は相手を油断させ銃を突きつけるチャンスを作るため、背後から近づく者、拳銃程度じゃビビらない、ビーチでナンパ、TVの中も大事件、こっちはチェーンソーで修羅場(あの「ファントム・オブ・パラダイス」でムチャクチャやってた男がバラバラにされる様子を映さない!)、血の雨、意地。
砕け散るガラスとともに飛び交う弾丸とブッ殺し合い、「ざまあ見ろ」。

ナイフが拳銃に、アロハシャツがスーツに代わっていく出世。
エレベーターから現れる美女、パーティー会場、兄弟や親子のような関係…それが簡単に壊れてしまうののがギャングの世界。
差別意識、葉巻、踊りながら口説き、友と語り合う「世界のすべて」を手に入れる野望。舌を出すナンパ講義大失敗、子供もドン引き、ドイツもコイツもマリファナ漬け、突然の接吻、不意打ちに弱い人々。

家族への挨拶、嘘、怒る理由、優しさ、一瞬滲み出る狂気。
電話、交渉人の交代、ヘリから吊り下ろす絞首刑、正直者、信用、ビジネス、疑心暗鬼、忠告、二人っきりで告白、妹への欲情・視線、警察とビジネスの先に映るもの、トイレ、平手打ち、ギスギスした関係・敵だらけ、机の下の獲物…を見せつけておいてそのタイミングで妹の話にするなよ気が散る。ことが終わって後でいいでしょうと。
銃撃戦と車の疾走…何だ追手が車で追いかけマシンガンの鉛玉ブチ込んだりとかはしないのか。

救援要請相手はパッキン巨乳と夜の戯れ中(ナイスおっぱい)。
電話、報復、見苦しい命乞い。

「暗黒街の顔役」がそうであったように、ビジネスとして殺しに打ち込む内はすべてが上手くいく。だが、マリファナと汚職にまみれた世界で仁義だの私情だの持ち出した時点で歯車が噛みあわなくなっていく。

増えていく札束と白い粉、幸せそうな結婚式を行う瞬間だけがキラキラと輝く。おっかない野生の虎は「獰猛な獣を手なずけてやったぞ」、伸し上がってやったぞという成り上がり根性の現れか。泡風呂に浸かってハングリーもクソもあるかw

恥さらしに仕掛ける罠、コンプレックス、欲情、車の追跡とこだわりが招く破滅、裏切り。

逆効果のサプライズ、嫉妬、力が抜け粉まみれの机に顔をうずめる。
監視カメラも見るやつがいなきゃガバガバ警備、侵入者たち、手際よく襲い掛かる報復の波、仕事人の一撃。特注のマシンガンでブッ殺しまくり叫びまくりプールにダイブして血の噴水!!

世界はあなたのもです。
殺し屋「お、おうそうだな」
ホークス&ベン・ヘクト「(゚Д゚)」
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-01-28 21:36:04)
157.最も好きな映画の一つです。アルパチーノ主演の映画の中でも一番好きです。最高にイカしてます。肉食系男子のお手本!トニーモンタナ!最高!!
でも欲張りすぎるのはよくないっすね。いくら金を稼いでも不幸にしかなれない。
南雲しのぶさん [DVD(字幕)] 10点(2014-01-12 09:42:54)
156.《ネタバレ》 アル・パチーノすごいね。でもちょっと長いし後半はくどくなってきたかな?まぁ間違いなくこの人の代表作のひとつだよね。でもドンパチシーンが多すぎてあんまり好みじゃないかな~。あまりに直情型でかつ破滅的すぎて、このテの人たちの心情はなかなか理解し難い部分が多いしね。まぁそういいつつも壮絶な最期のシーンは映画史に残るワンシーンだとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-19 11:19:12)
155.《ネタバレ》 タイトルからてっきりアル・カポネをモデルにしたギャング映画だと思い込んでいたけど全然違った。
ボスにも平気でたてつくトニーの激しすぎる気性は必然的に破滅の結末を招く。抑えがきかない激情型で、ボスの器ではなくチンピラっぽくみえる。
結婚生活も破綻し、殺伐とした空気の中、ヤクに溺れてひたすら破滅への道を進んでいったよう。相棒と妹が結ばれたことに逆上し、相棒を射殺し、妹にも憎まれながら結局死なせてしまう。触れる者すべてを不幸に巻き込んでしまうような厄介な存在。自業自得だが哀れ。
ラストでの大勢の敵との銃撃戦は迫力があった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2013-08-21 20:45:40)
154.《ネタバレ》 もうアル・パチーノの魅力全開の正統派マフィア映画。そう言うと、どうしてもあの超名作『ゴット・ファーザー』がどうしても思い浮かぶけど、これは全くの別物。良い意味で下世話で猥雑などうしようもないギャングがどんどん這い上がり、そして案の定、破滅していくまでをスタイリッシュな映像で描ききった良品。観終わったときの爽快感は格別です。『ゴット・ファーザー』とはまた違ったアル・パチーノの魅力が味わえます。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-26 13:16:34)
153.カリートの道よりは良かった。若かりしミシェル・ファイファーが綺麗。
すたーちゃいるどさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-03-07 22:44:42)
152.トニー・モンタナのキャラがまあ濃い。一代で成り上がる為にボスにも啖呵を切るほどの物怖じしない姿勢を見せたかと思いきや、自分の家を要塞化し監視カメラで逐一チェックしなきゃいられない肝っ玉の小ささもある。周りの人間を、信用せず孤独に陥り破滅していく様はギャング映画にはありがちな気がしますが、他の映画と一線を画す点は主演がアル・パチーノであるという所、彼の演技は強烈でまるでトニー・モンタナという存在が憑依しているかのようです。デパルマ監督の演出は冴え渡っていますが、所々安っぽい音楽が出てくるのだけは残念でした。
キリンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-01-27 22:44:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 171人
平均点数 7.60点
000.00%
100.00%
221.17%
310.58%
431.75%
5105.85%
62414.04%
74425.73%
83118.13%
92916.96%
102715.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.12点 Review8人
2 ストーリー評価 7.35点 Review14人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review14人
4 音楽評価 7.08点 Review12人
5 感泣評価 6.75点 Review8人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1983年 4回
最低監督賞ブライアン・デ・パルマ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS