Menu
 >
 >
 > ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク

Dancer in the Dark
2000年【デンマーク・英・独・米・和蘭】 上映時間:140分
平均点: / 10(Review 794人) (点数分布表示)
ドラマミュージカル
[ダンサーインザダーク]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
公開開始日(2000-12-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ラース・フォン・トリアー
キャストビョーク(女優)セルマ
カトリーヌ・ドヌーヴ(女優)キャシー
デヴィッド・モース(男優)ビル
ピーター・ストーメア(男優)ジェフ
ジャン=マルク・バール(男優)ノーマン
カーラ・シーモア(女優)リンダ
ジョエル・グレイ(男優)オールドリッチ
ジェリコ・イヴァネク(男優)地方検事
シオバン・ファロン(女優)ブレンダ
ウド・キア(男優)ポーコルニー医師
ステラン・スカルスガルド(男優)医師
玉川紗己子セルマ(日本語吹き替え版)
鈴木弘子キャシー(日本語吹き替え版)
内田直哉ビル(日本語吹き替え版)
大川透ノーマン(日本語吹き替え版)
森田順平サミュエル(日本語吹き替え版)
納谷六朗検察官(日本語吹き替え版)
辻親八刑事(日本語吹き替え版)
滝沢ロコ工場の女(日本語吹き替え版)
楠大典工場の男(日本語吹き替え版)
小島敏彦ボリス(日本語吹き替え版)
伊井篤史オールドリッチ(日本語吹き替え版)
脚本ラース・フォン・トリアー
音楽ビョーク
作詞ラース・フォン・トリアー“I've Seen It All”
主題歌ビョーク“I've Seen It All”
撮影ロビー・ミューラー
ラース・フォン・トリアー(カペラ・オペレーター)
製作総指揮ラーシュ・ヨンソン(共同製作総指揮)
配給松竹
アスミック・エース
字幕翻訳石田泰子
その他松竹(提供)
アスミック・エース(提供)
角川書店(提供)
フジテレビ(提供)
あらすじ
1960年代アメリカ。チェコから移住し、「遺伝性の病気」で視力をほとんど失っているテルマ。工場勤務と内職のわずかな稼ぎの中から、息子には内緒で、彼の目の手術費を蓄えている。余裕のない生活の中、テルマには、息子と、大好きなミュージカル映画と、彼女を支えてくれる暖かい友人や隣人がいた。しかし、その隣人に秘密を漏らしたことが、裏切りと悲劇を呼ぶ…。アイスランドの歌姫ビョークの熱演と、技工をこらした撮影が光る異色ミュージカル。テルマの失明の原因→エピソード・小ネタ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
794.《ネタバレ》 最近ビョークにハマっていたので、意を決して2度目の鑑賞を決行。

1度目の鑑賞では余り良い印象をこの映画に持てなかった。
最後の死刑のシーンを目的とした不自然なストーリーがどうしても腑に落ちない。
理論を優先してこの作品を鑑賞してしまうと主人公の不可解な行動に怒りすら感じてしまう。

この作品はひたすら感情的なのだ。
そういう意味でもビョークはまさに適役。
そしてミュージカルという形を取ったのも納得できる。
記事で読んだところミュージカルのシーンは約100個のホームビデオカメラを同時に回して撮影したらしい。
監督としてはこれでも足りなかったというのだから、相当思い入れは強かったのだろう。

ビョークに対する好感がこの映画の評価に相当左右することを今回の鑑賞で感じた。
あの主人公に感情移入することが出来ればこの作品を十分に楽しむことができそう。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 10点(2017-04-30 22:24:59)
793.《ネタバレ》 自分の光を失っても、仕事を首になっても、殺人犯に仕立てられても、死刑の判決が下りても、息子の手術のために堪え忍ぶ姿に後半はもう号泣しながら観ちゃったよ。死ぬのは怖い。取り乱すのも分かる。でも息子の手術成功が分かって落ち着いて歌い始めるシーンは最高に胸を締め付けられた。良いところのなかったかのような彼女の人生だが空想シーン(ミュージカル)では心からの笑顔が観られたのが救いだ。そのミュージカルシーンも、他のミュージカル映画と比べたら十分寂しげであったが…好み45/50、演出11/15、脚本12/15、演技9/10、技術8/10、合計85/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 9点(2017-04-26 23:38:46)
792.《ネタバレ》 今まで観た映画の中でトップクラスの暗さを誇る本作品。しかもミュージカルときた。ミュージカルと言えば意味もなく明るく、ただ眺めてるだけでも楽しめるはずなのに。後味が悪いとは少し違うけど、観て後悔はしています。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-01-06 22:08:50)
791.《ネタバレ》 ○結果的に殺人罪になるとして、ビルはそこまで殺してほしかったのかね。○絞首刑でラストを迎えるので救いのない結末の映画として知られるが、そこまでかね。息子の目が助かるのであれば。○なんか自分のことしか考えていない人ばかり出てくるのであまり気持ちよくはない。○ミュージカル映画だがこれくらいの尺くらいがちょうどよかった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-01-04 22:19:25)
790.《ネタバレ》 想像以上に楽しめた。後味悪さNo.1の呼び声が高い本作。観賞後、そうでもないでしょというのが感想。
救いが皆無とは思わない。そりゃカルマの冤罪晴れて息子の眼も治ってが理想だけど1つでも救いがあるじゃない。セルマは息子を助けるために死刑を選んで希望を息子に託した。たしかに運は悪かったがミュージカルを愛し障害にも負けず直向きに生き、愛してもらえる家族や仲間がいる。圧倒的に人権を無視しているような映画よりもはるかにマシに思える。
障害が遺伝する可能性が高くても赤ちゃんを抱きたかったから産んだ。人間の道理。母親としての愛。感動すら覚える。
UFC196.さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-29 22:50:38)
789.《ネタバレ》 言うほどバッドエンドと感じない。むしろ107歩のミュージカルのために話しが進んでいくのがわかってしまうので、どれも必要な筋だなと思ってしまった。本来意識されるはずのないカメラマンが手ぶれによって執拗に意識され、うまく言えないドキュメンタリー感?があるか。ミュージカルのための物語であった。
なさんなさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-17 01:00:58)
788.《ネタバレ》 あらすじは簡単。
馬鹿な母親が悪人に騙され、子供のために死刑になりました。
主人公の母親は、犯人を確かめた後にすぐ警察に向かえば良かった。
犯人の金の入手経由。主人公の貯金。お札の指紋。調べればすぐに分かるはず。
給料は手渡しだったから。

主人公の母親は、工場で真面目に仕事をしていなかった。
台本を作業場に持ち込んだり、機械を壊したりして解雇。
危険な工場で、一番困るタイプ。同情の余地がない。

ミュージカル部分が楽しめる人には、たぶん良い映画なのだろう。
だが私には、自己チュー馬鹿女の自己陶酔、現実逃避にしか見えなかった。

金を盗んだビル(警官)のために、小学男子を残して死刑にされる母親。
なぜ戦おうとしないんだろう。ふだんは、こだわってばかりの性格なのに。
小学生の息子には、母親の存在は大きい。それが死刑。
貯金が警官のビルに盗まれたことは、いずれ息子にも分かるだろう。
たぶん息子ジーンは、ビルの妻との縁が続くだろう。
「戦えよ、セルマ」と思うが、私はこの戦わない女性が嫌いなようだ。
パルプンテ未遂さん [DVD(字幕)] 0点(2016-01-28 17:07:37)
787.《ネタバレ》 映画を見始めた頃、ほぼリアルタイムで接して、バッドエンド一直線の物語に怒りを感じたものだった。時を経て、鑑賞経験を重ねてから再見すると「そこまで悪くないんじゃない?」と思えるようになった。映画の作りとしては、これはこれで悪くないか。とにかく独創的。母の無償の愛を描いたと世間的には言われているが、どこかの映画雑誌でトリアー監督は真っ向から否定しており、薄幸で頭の弱い女性がひたすら苛め抜かれる姿を通して、理不尽で身勝手で愚かなアメリカをただ批判したかっただけだったんじゃないの、と思えてしまう。主人公にとって厳しい現実から勝ち逃げしても、息子を始めとする周囲の人たちはそのエゴを押し付けられて不幸になっただけ。監督も登場人物も誰も責任を取らないから、メッセージ性に重みもないし本末転倒だ。反面教師的にはアリかもしれないけどね。
Cinecdockeさん [地上波(字幕)] 5点(2015-12-25 20:41:50)
786.「観たら必ず後悔する後味最悪な映画BEST30」の堂々1位に輝く本作品。そういう括りで語ると他のレビュワーの皆さんに失礼かもしれませんが、これは確かにきっついわー。なに?アメリカって死刑見学できんの?これ観た後、第2位の「ドッグヴィル」見た。なんの予備知識も無しで観たら「これまたきっついわー。」後で調べたら同じ監督。さすがというか何というか。
S.H.A.D.O.さん [DVD(吹替)] 6点(2015-12-01 00:19:36)
785.何を評価基準にするか。何度でも観たい作品を高得点にするのであれば零点に近いし、インパクトの強さで採点するのなら満点に近い。なんたってビョーク主演映画という知識のみで鑑賞したもんでインパクト絶大だし二度と観たくないし。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-28 17:52:46)
784.評価がまっぷたつに別れることで有名なこの映画。せっかく貴重な時間を費やして映画を見るからここまで救いようのないものは気分が滅入る。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 1点(2014-09-28 01:28:11)
783.普通、映画を観ていると主人公を応援したくなりますが、勘弁してくれと思いました。ラース・フォン・トリアーは出演者を精神的に追い込んで撮るタイプの監督だと普通は知りませんから、本作はこれからも何も知らない人を捕まえて、不快をばらまいていくのでしょう。映画というのはウイルスをばらまく実験に似てるのかも。歌のシーンは物悲しくて良いです。
DAIMETALさん [DVD(字幕)] 1点(2014-08-17 08:11:18)(良:3票)
782.悲惨。絶望。不快。理解不能。でも見入ってしまう。音楽も良い。しかし、何よりもイライラする、この話。
ラグさん [DVD(字幕)] 0点(2014-06-21 01:50:40)
781.《ネタバレ》 とにもかくにも負のインパクトを与えるために作っている感じがしました。
警官殺しにより死刑になるわけですが、この警官を殺す流れがあまりに不自然で唐突すぎるように思います。
唯一の収穫は主人公の表情です。美人ではないが切なさを倍増させる何とも言えない風貌が心に残りました。
ハッピーな映画を見ても現実に戻されたら空しいだけ。
この映画は現実に戻ってきたらホッとします。
クリスマスシーズンの今お薦めです(^^;
牛若丸さん [DVD(字幕)] 5点(2013-12-23 17:57:59)
780.《ネタバレ》 「見た後落ち込む映画」などなどネガティブなランキングの常連さんであるこの作品。
しかし私の中では「母の愛情・強さ」を感じることができる作品として心に残る作品です。
ビョークが演じる主人公息子対する究極の愛情を感じ、初見で嗚咽が出る程号泣してしまいました。(というか何度観ても毎回号泣です。笑)
重い題材ですが、ミュージカルを織り交ぜることで若干観やすくなっていると思います。
音楽が素晴らしい!サントラも必聴です。
多くの人に「オススメ!」という訳にはいかない作品ですが、毎回ふっと観たくなる作品。
まりおんさん [DVD(字幕)] 10点(2013-07-24 19:41:12)
779.パワーはあると思いますが、とにかく暗過ぎてダメでした。
nojiさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-04 10:08:57)
778.嫌いじゃない。

ミュージカルは好きじゃないけど、歌う必然性があって、ストーリーもしっかりしていたと思う
amierさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-08 05:07:07)
777.映像も音楽もすばらしく内容も衝撃的。
良かった部分は手ブレ映像の現実世界と固定カメラの妄想世界の切り替えやダンスシーン。
ビョークのファンになりました。
ただ不満点も多くありラストに話を持っていくためにいろいろ強引な部分が目に付きました。
音楽や演技などに重きを置けば名作。話のテンポや盛り上がりに重きを置けば駄作。
好き嫌いが分かれる作品だと思います。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 8点(2013-02-07 00:38:17)
776.《ネタバレ》 全く持って、理不尽だし、残酷で不愉快。ただでさえもミュージカル系映画は苦手なのにこのどうしようもない暗さ…最後までみるのに恐ろしい程エネルギーを使った。。。頑張った俺(苦笑)  今までいろいろ映画を観てきたケド、これほど暗ーい気持ちになったのは無いなぁ。おまけに手持ちカメラのブレがすごくて気分が悪い。内容が内容なだけに全くのれないが、現実と妄想場面での切り替えとしてのダンスシーンは独特のものはあります。しかしまぁこんな後味最悪の映画をつくるこの監督さんは相当悪趣味で、確信犯的だ。強烈なインパクトがあることは認めますが、こういう「気が滅入る」映画は嫌いです。お歳を召されてもお美しいカトリーヌ・ドヌーヴの出演に1点献上イタシマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2013-01-30 18:52:34)(良:3票)
775.《ネタバレ》 鑑賞後あまりのやりきれなさと憤慨で気の滅入ること100%の暗黒映画だこれは。友人に息子の後見を託し、息子に光を与える選択をしたセルマが間違っているとは思わない。間違っているのは制作サイドだろーっ(怒)自分の命か息子の手術か、って二択?それも、そもそもが冤罪で。このあまりの理不尽にセルマを追い込む脚本に憤慨せずにいられない。「ちょっと待てやー」と何度叫んだことか。「この人冤罪なんですよー」と陪審員に訴える私の声は(当然ながら)むなしく画面に当たって砕け散る。完全にストーリー負けしているこのレビューは、映画の観方として根本的に間違っていると自分でも思う。でも感想としてはこんな話大嫌いだ。嫌いだけどビョークのはまりっぷりや観客を引きずり込む作品の暗黒パワーに敬意を表して真ん中の点数で。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-27 20:40:10)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 794人
平均点数 6.15点
0627.81%
1303.78%
2435.42%
3445.54%
4516.42%
5789.82%
6708.82%
78110.20%
89411.84%
910513.22%
1013617.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.83点 Review31人
2 ストーリー評価 4.17点 Review45人
3 鑑賞後の後味 2.78点 Review52人
4 音楽評価 7.59点 Review52人
5 感泣評価 5.50点 Review34人

【アカデミー賞 情報】

2000年 73回
オリジナル主題歌ビョーク候補(ノミネート)”I've Seen It All”
オリジナル主題歌ラース・フォン・トリアー候補(ノミネート)”I've Seen It All”

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS