Menu
 >
 >
 > ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク

Dancer in the Dark
2000年【デンマーク・英・独・米・和蘭】 上映時間:140分
平均点: / 10(Review 794人) (点数分布表示)
ドラマミュージカル
[ダンサーインザダーク]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
公開開始日(2000-12-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ラース・フォン・トリアー
キャストビョーク(女優)セルマ
カトリーヌ・ドヌーヴ(女優)キャシー
デヴィッド・モース(男優)ビル
ピーター・ストーメア(男優)ジェフ
ジャン=マルク・バール(男優)ノーマン
カーラ・シーモア(女優)リンダ
ジョエル・グレイ(男優)オールドリッチ
ジェリコ・イヴァネク(男優)地方検事
シオバン・ファロン(女優)ブレンダ
ウド・キア(男優)ポーコルニー医師
ステラン・スカルスガルド(男優)医師
玉川紗己子セルマ(日本語吹き替え版)
鈴木弘子キャシー(日本語吹き替え版)
内田直哉ビル(日本語吹き替え版)
大川透ノーマン(日本語吹き替え版)
森田順平サミュエル(日本語吹き替え版)
納谷六朗検察官(日本語吹き替え版)
辻親八刑事(日本語吹き替え版)
滝沢ロコ工場の女(日本語吹き替え版)
楠大典工場の男(日本語吹き替え版)
小島敏彦ボリス(日本語吹き替え版)
伊井篤史オールドリッチ(日本語吹き替え版)
脚本ラース・フォン・トリアー
音楽ビョーク
作詞ラース・フォン・トリアー“I've Seen It All”
主題歌ビョーク“I've Seen It All”
撮影ロビー・ミューラー
ラース・フォン・トリアー(カペラ・オペレーター)
製作総指揮ラーシュ・ヨンソン(共同製作総指揮)
配給松竹
アスミック・エース
字幕翻訳石田泰子
その他松竹(提供)
アスミック・エース(提供)
角川書店(提供)
フジテレビ(提供)
あらすじ
1960年代アメリカ。チェコから移住し、「遺伝性の病気」で視力をほとんど失っているテルマ。工場勤務と内職のわずかな稼ぎの中から、息子には内緒で、彼の目の手術費を蓄えている。余裕のない生活の中、テルマには、息子と、大好きなミュージカル映画と、彼女を支えてくれる暖かい友人や隣人がいた。しかし、その隣人に秘密を漏らしたことが、裏切りと悲劇を呼ぶ…。アイスランドの歌姫ビョークの熱演と、技工をこらした撮影が光る異色ミュージカル。テルマの失明の原因→エピソード・小ネタ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

714.これ程レビューが書き難い映画は今までにありませんでした。なぜって映画のエンディングはセルマにとっては兎も角、観客にとっては余りにも辛い終わり方ですし、別段、観客に何かのメッセージ、テーマをはっきりと投げかけてくる映画でも無い。そこにあるのは憐れで不幸な一人の盲目のダンサーの人生だけです。
しかし日常に溢れるリズムに合わせ、妄想の中で踊るセルマは美しく、素晴らしいビョークの歌声、名演は私の胸を打ちました。どれだけ人生が酷くとも、そこに音楽と息子が存在すれば彼女は生きていけたのでしょう。良い映画か悪い映画か意見が分かれるのは当たり前だろうけど私はこの映画は傑作だと思います。この映画に出会えて良かった。
民朗さん [DVD(字幕)] 9点(2008-10-26 14:47:51)
713.《ネタバレ》 この映画が何を訴えたいのかわからないし、ストーリーも雑です。「ビルがセルマの金を盗んだこと」「セルマがビルを殺したこと」「再審のために弁護士を雇うためには手術費用を使わなくてはいけないこと」という、3つの「物語の核」すべてに、必然性がありません。ストーリーの展開に必然性を持たせて、「どうしようもなく、こうなった」と思わせてくれれば、どんなに不幸な結末でも、感動できるはずです。
コウモリさん [DVD(字幕)] 3点(2008-09-09 03:18:11)
712.《ネタバレ》 絞首刑の瞬間を見せたのにはびっくり。でもその冷徹な姿勢に拍手。
評価が分かれる作品だとは思ったけど、このサイトの点数分布を見て納得。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 8点(2008-08-05 17:56:55)
711.ビョークを堪能できる愛情あふれる悲劇です。とにかく救いがない!暗い!欝だ!といわれまくってますが、最後に子供の目が治ったなら救いはあったんじゃないかなぁ、と思います。というか、そう思いたい。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-06-10 18:01:26)
710.《ネタバレ》 ビョークの歌声は圧巻の一言。バッドエンド自体には何も言う事は無いものの、主人公の言動にはひたすら苛立つばかり。ただ、映画の登場人物にここまでムカつき、鑑賞後もスッキリしないというのも今まで経験したことはないので、ある意味では傑作なのかもしれません。
njldさん [DVD(字幕)] 2点(2008-05-05 19:55:47)
709.超絶鬱映画として有名なこの作品、オチを知っている上で観たのですがやっぱり憂鬱になりました。というかむしろ主人公にさえ腹が立ってしまいました… 映像がドキュメンタリーみたいになってる割合が多めでまた憂鬱度をアップさせますね。気分は良くないですが、映画なのでこういうのもありでしょーか。
えむぁっ。さん [DVD(字幕)] 6点(2008-04-11 06:19:10)
708.こういう絶望的な展開で、引き込まれる映画はとても貴重だと思う。
普通の娯楽映画に観飽きてしまった人に観て貰いたい作品。
eurekaさん [DVD(字幕)] 10点(2008-03-29 13:40:15)
707.《ネタバレ》 映画自体は、ミュージカル仕立てじゃないと、とても救われない薄幸の親子の話。でも無理矢理にでも悲劇に引っ張ろうとする作りはどうも鼻につく。失明していく自分の遺伝子を持った息子を救おうとする気持ちは分かるが、無実に近い罪で絞首刑になってまでもとは・・。

重たい話だけに、ミュージカル部分も明るめの曲にならないから、いまいちミュージカルとしては見れないし、処刑場までの歩数をわざわざミュージカルにしたり、最後のアカペラも何か冷めてしまう。
でも、一番気に食わないのが、撮影においてハンディカメラを多用し過ぎる事。かの「ブレア・ウィッチ・・」もそうだったが、リアル感は出るが、画面揺れが始終なので酔っ払っちゃう><

監督のラース・フォントリアほか、ハリウッドに対抗すべく、「ドグマ・・」にて取り決めた中に、「手持ちカメラを使う・・」というものがあります。ドグマでなくても、ハリウッドみたいに多額な予算が取れない欧州映画は、手持ちが多いのですが、画面揺れなどのマイナス要素がどうしてもあります。そのかわりにアートな雰囲気の作品になります。「ダンサー・・」では列車のミュージカルシーンは100台の固定カメラを使ったということですが、ほかも含め、ミュージカルシーンは固定です。やはり撮影範囲が広くなるし、動きのあるダンスで手持ちはキツイでしょうし。通常の会話シーンなどはほとんど手持ち。ただ、この作品の場合、ちょっと動かし過ぎでしたね。

無理に二者択一しなくても、セルマもジーンの目もどちらも救う手だてはあったと思います。ただそれをしては映画としては非常に甘口になってしまう。カンヌをとるんだったら、当然死しても息子を救う筋の方がいい。そういう事だとは思いますけど、それにしても、カンヌっていうのはこういうのが好きなんですねぇ・・。
尻軽娘♪さん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-15 13:45:41)
706.《ネタバレ》 カメラワークや話の展開、また独自の雰囲気がとても新鮮で今までに無い感じの映画だと思います。アメリカでうける作品ならエンディングは例えば「いろいろあったけど一攫千金して大逆転したんですよ。めでたしめでたし」となるべきでしょうが、バッドエンドになったのは大変良かったです。エンターテイメントでその場だけ楽しい映画ではなく、人生について深く考えさせられた印象深いエンドでした。
ClocheRoseさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-31 10:45:46)
705.《ネタバレ》 バッドエンドは嫌いじゃないです。より深く考えさせられることがあるから。
母の愛情の深さがとてもよく伝わってきました。
自分の命よりも子供の目の手術を。同じ立場になれば多くの人がそうするかもしれない。
自分ならきっとそうする。
茶畑さん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-22 22:14:18)
704.高校生のとき観たのですが、あのラストにはびっくりさせられたのをはっきり覚えている。その時二度と観ないと心に誓った。
くーちゃんさん [ビデオ(字幕)] 0点(2008-01-21 22:51:48)
703.《ネタバレ》 ラストはちょっとしたトラウマ。自分は、セルマ自身の幸せは?と考えた場合、彼女の選択をまるっきり否定することはできません。
バムセさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-01-20 22:56:18)
702.《ネタバレ》 この映画を観ている間だけは、セルマは確かに存在していたのです。セルマの行動に、どうして、そう自分を追い込むんだ!と本気で心配し、音楽を思い出せてくれた看守さんに、本気で感謝し、そしてセルマが死んだ時、大切な人を本当に亡くしたような気持ちになりました。架空の人物とはいえ、忘れられない人です。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 10点(2008-01-14 22:21:38)
701.《ネタバレ》 ◆久しぶりに、胸がしくしくと痛んで、もう二度と見たくないと思える映画を見ました。◆この映画のいい点は、映画の中での事実とセルマの空想とをしっかりと区別しているところだと思います。セルマに起こる悲劇的な事実は、色を抑え目にして手持ちカメラで撮影しているのに対して、セルマの空想は色をはっきりと使い、固定のカメラで撮っています。それによって事実と空想との区別をはっきりとつけています。◆その区別が生きてくるのは、後半です。セルマが独房に閉じ込められ、無音の中で刑の執行延期の連絡を待つシーン。セルマにとって空想をかきたてるような音は聞こえてきません。彼女はその中で自ら独房の中で音を出し、空想の世界に無理やり浸ろうとします。しかし、死刑への不安と、独房の静けさによって、彼女は自ら歌うことによって空想に浸らなければならなくなってしまいます。この時、撮影手法と色の明るさとが不安定になります。そして、不安に駆られながら『My Favorite Things 』が歌われます。これほど、この歌の持っている雰囲気と現実とのギャップを感じ、また、これほど歌の内容と事実とが調和していることを感じたことはありませんでした。◆このシーンを見れただけでも、この映画は十分に主張していると思います。◆そして最後の刑執行のシーン。現実の中で彼女は歌います。事実と空想とがカオスとなって、彼女の最後から二番目の曲が中断されます。その後はただ事実だけが淡々と続いていく。◆正直、二度と見たくない映画の一つとなりましたが、無駄なシーンが無く、撮影手法も練りこまれており、ストーリーも最後まで飽きさせませんでした。
もりたろうさん [DVD(字幕)] 9点(2008-01-04 06:37:51)
700.《ネタバレ》 ミュージカル映画が苦手な私が何度見たことでしょうか。
なんか好きなんですよね。

まずミュージカル映画って、
突然前触れもなく町中で歌い出したり踊ったりするのが基本じゃないですか
あれに一気に冷めたりするタイプなんですよね。

しかしこの映画は踊るシーン、歌うシーンは主人公の脳内のことなのでなんの矛盾もありません。
楽興も素晴らしいし、ミュージカル部分の意味が本当良く現れてるなと思います。


また他の方々が言うような矛盾を自分は感じませんし。
カメラの手ブレを気になりませんし、ラストも納得です。


ただ、
刑務所に入るまでの展開の遅さだけは不満です。
特に前半お金を盗まれるとこまでの部分。
もう30分くらい短く出来たんじゃないかなと。

前半のテンポが良ければ個人的には10点かもしれません
非映画人さん [DVD(字幕)] 8点(2007-12-20 16:26:38)
699.この映画、あまり好きではありません。話の内容が暗くて、あの隣人の警察官に腹が立つし観た後に嫌な気持ちになりました。ビョーク自身にも興味はないし、歌声も好きではないのですが、ミュージカルの部分は綺麗で良かったかなと思います。
ぽじっこさん [映画館(字幕)] 4点(2007-11-09 11:17:30)
698.《ネタバレ》 いったい何を伝えたかったのか? 盲目の知的薄弱者がたった一つの希望である子供への愛がかなって幸せ? この内容は疑問でたまらない! 不幸を共感すると自分の為にならないのは自分自身の偏見かもしれないが、ここまで「お涙頂戴」といわれても腹が立つだけで涙も出なかった。 エレファントマンを思い出すがまったくの別物。 映画の趣向的にはメリハリが利いていて秀逸。 ミュージカルの「光の部分」が本当によく出ていてあの描写は本当に綺麗だと思えた。 それゆえにあの内容はひどすぎる。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 3点(2007-11-03 14:19:47)
697.《ネタバレ》 確かに不幸で救いようのない話。親友も主人公が貯めた金を弁護資金に使うのではなく、自分でカンパ集めて弁護資金を用立てようぐらいの努力は出来ないもんかね。最後の文章は、死刑に対するものなのか障害者差別に対するものなのか判りづらい。前者とすればそれを主張するには映画の内容がずれているし、後者とすればこんどは文章内容が微妙にずれている。字幕が不出来だったのかもしれませんが。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-08-09 22:51:14)
696.悲しすぎる。可哀想過ぎる。作品の存在意義がわからない。
FIGO777さん [DVD(字幕)] 3点(2007-08-03 18:22:30)
695.この映画視聴後、ご都合主義ってやっぱり大事なんだなぁって思った。
最後の無音が今でも嫌。
ヘルメスさん [DVD(吹替)] 4点(2007-08-03 14:06:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 794人
平均点数 6.15点
0627.81%
1303.78%
2435.42%
3445.54%
4516.42%
5789.82%
6708.82%
78110.20%
89411.84%
910513.22%
1013617.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.83点 Review31人
2 ストーリー評価 4.17点 Review45人
3 鑑賞後の後味 2.78点 Review52人
4 音楽評価 7.59点 Review52人
5 感泣評価 5.50点 Review34人

【アカデミー賞 情報】

2000年 73回
オリジナル主題歌ビョーク候補(ノミネート)”I've Seen It All”
オリジナル主題歌ラース・フォン・トリアー候補(ノミネート)”I've Seen It All”

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS