波(1952)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > 波(1952)
 > (レビュー・クチコミ)

波(1952)

[ナミ]
1952年【日】
平均点:9.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画小説の映画化
新規登録(2007-09-09)【青観】さん
タイトル情報更新(2013-12-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中村登
キャスト佐分利信(男優)見並行介
桂木洋子(女優)きぬ子
津島恵子(女優)襲子
石浜朗(男優)駿
設楽幸嗣(男優)駿(少年時代)
北龍二(男優)大垣準蔵
十朱久雄(男優)校長
坂本武(男優)君塚宇平
岩井半四郎(十代目)(男優)瀬沼涼太郎
笠智衆(男優)園田
淡島千景(女優)野々宮昂子
原作山本有三「波」
脚本中村登
撮影生方敏夫
配給松竹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.ボリューム感に満ちた傑作。冒頭、見並と昂子が語り合う浜辺シーンの美しさ。そこから回想される波瀾の半生は、落ち着いたトーンの中に見並の愛と葛藤を深々と描いている。それを演ずる佐分利信も最高。彼の出演作の中でも屈指の名演に挙げたい。一方、可憐な桂木洋子の憂い顔も忘れがたい。昨年彼女の訃が小さく報じられた際、スポーツ紙の見出しは専ら本名の黛住恵(亡夫は勿論黛敏郎)で載っていたが、引退しても映画史の重要なスターなのだから、そこは桂木洋子として載せて欲しかった。
丹羽飄逸さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2008-02-10 20:14:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
91100.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS