鷲と鷹(1957)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 鷲と鷹(1957)
 > (レビュー・クチコミ)

鷲と鷹(1957)

[ワシトタカ]
1957年【日】 上映時間:115分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションアドベンチャー犯罪ものミステリーパニックもの刑事ものロマンス
新規登録(2007-09-10)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2016-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井上梅次
助監督舛田利雄
キャスト石原裕次郎(男優)千吉
三国連太郎(男優)佐々木
長門裕之(男優)吾郎
浅丘ルリ子(女優)明子
月丘夢路(女優)朱実
柳沢真一(男優)おっかあ
二本柳寛(男優)鬼鮫
沢村国太郎(男優)おやじ
木戸新太郎(男優)
西村晃(男優)彦兵衛
安部徹(男優)
弘松三郎(男優)宮沢
青木富夫(男優)
小林重四郎(男優)三造
河上信夫(男優)捜査主任
天草四郎(男優)サイパンのおやじ
松本錦四郎(男優)
脚本井上梅次
作詞井上梅次「鷲と鷹」
主題歌石原裕次郎「鷲と鷹」
撮影岩佐一泉
製作坂上静翁
配給日活
美術中村公彦
編集鈴木晄
録音橋本文雄
その他斎藤耕一(スチール)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 とあるおんぼろの船。
そこに二人の六尺(181㎝)近い男が乗り込んでくる。
どうやら臨時の雇われ水夫の模様。
そして乗り込んだ途端の大喧嘩。
派手なアクション。
うーん、やはりこの作品は単なるスターの織り成すアクションものか・・・
と、当初の疑念も晴れるまま、物語は進行。
しかも石原裕次郎は相変わらずのクサい演技。
元々好きでなかった上に、今観るとイケてないファッションや髪型に閉口しながらの鑑賞。
そしてそのライバル役である三國連太郎も終始、不自然に上半身真っ裸。
これまた閉口。
まあ確かに立派な体格ではあるけれど、これはさすがになぁ・・・

そこで船長の娘が登場。
これがスレンダーでスタイル抜群。
しかもかわいい。
誰だ?
分からない。
オープニング・ロールのキャスティングに浅丘ルリ子の名があったが、まるで顔が違う。
誰だ?
若かりし頃の浅丘ルリ子は、『男はつらいよ』を全て観たことがあるので、よく知っている。
まったく顔つきが違う。
やっぱり浅丘ルリ子じゃあない。
浅丘ルリ子はもっと顔にクセがあるはず。
誰だ?
この綺麗な女優サンは・・・
観終えた後、ネットで調べると、この女優さんは浅丘ルリ子だった。
当時17歳。
そして『男はつらいよ』の初期に出た頃は20代後半。
こうまで雰囲気が変わるとは。
まさに衝撃。
本作における浅丘ルリ子は必見。
この“意外なほどに美しい10代の頃の浅丘ルリ子”を観ることができただけでも、本作を観た甲斐があった。
~~~
映画『飢餓海峡』ですっかりミクニの虜になった私。
本作では全編に渡り、不自然に上半身裸で、『飢餓海峡』で上がった私の“ミクニ熱”をすっかり冷めさせてしまった。(笑)
しかしそこは流石ミクニ。
最後はジゴロな白いスーツで登場。
「おいおい!そんな上下のスーツ、船の荷物の中のどこに隠していたんだョ!!」
というツッコミはさておき、そのあまりのジゴロ的かっこよさ(笑)に、衝撃を受けてしまった。
さすがミクニ。
かっこよすぎ!

というわけで、ストーリーよりも、豪華な出演陣の意外な魅力がいっぱいの本作。
まさにキャスティングの勝利だ。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 7点(2007-09-10 10:05:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS