フリージアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フリージア
 > (レビュー・クチコミ)

フリージア

[フリージア]
2006年【日】
平均点:4.71 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
新規登録(2007-09-26)【ぽこた(ぺいぺい)】さん
タイトル情報更新(2018-07-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊切和嘉
キャスト玉山鉄二(男優)ヒロシ
西島秀俊(男優)トシオ
三浦誠己(男優)溝口
柄本佑(男優)山田一郎
嶋田久作(男優)岩嶋
鴻上尚史(男優)隅川栄一
すまけい(男優)岩崎恒夫
つぐみ(女優)ヒグチ
坂井真紀(女優)ナツミ
太賀(男優)ヒロシ(少年期)
脚本宇治田隆史
撮影猪本雅三
あらすじ
犯罪被害者による加害者への復讐を合法化する「敵討ち法」が成立した近未来の日本。同法の下では、敵討ち執行代理人もまた認められていた。そんな中、無感情に仕事をこなしていく執行代理人ヒロシ。彼は15年前のある事件によって、心の痛みも身体の痛みも失っていた。そしてある日、彼の前に現れた次の執行相手は、件の事件に深く関わる男だった…。同名コミックを映画化した近未来SFアクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 自分も「敵討ち法」がある社会に魅かれて観たクチですが、がっかりでした。この法律は街中でおおっぴらに銃をぶっ放しても良いという設定以上の意味を、この映画では持っていなかった。これはとても残念でした。敵討ちは倫理的視点も含めて数多のテーマを表現できる素材なのに、それを活用しないなんて…。ストーリーは冷凍兵器の後遺症で痛みと感情を失った男女の復讐譚という体裁。これがまた極めてパーソナルなお話で、とってもしょぼい。この男女が敵討ちの助っ人会社に勤めているんだけど、その必然も特に無い。感情は失っても復讐はしたいのか、と適当な突っ込みで八つ当たりさせてもらいます。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-09-23 01:34:29)
6.《ネタバレ》  「仇討ち法」という、現代の犯罪被害者救済問題にも絡むような近未来モノという宣伝文句だけで観てみました。
 前半の仇討ち合戦では主人公の無表情で何事にも動じない殺しのプロ的なキャラと仇討ちを請負う代理人の女性に潜む影の部分が、後半への期待感につながりました。
しかしながら後半の軍隊時代の先輩との対決シーンが盛り上りに欠けていて、物足りない感が残りました。この映画にはビジュアル的なグロさも仇討ち制度への是非といった社会に何かを訴えるといった重いつくり込みも無いと思います。逆に言えばテーマの割にはさらりと鑑賞できる映画って感じです。
 主演の玉山鉄二さんファンであれば、ヒマ潰しに観るのもイイかなあと思います。
たかたかさん [DVD(邦画)] 5点(2008-01-17 13:35:11)
5.《ネタバレ》 「敵討ち法」に惹かれて鑑賞することに。犯罪被害者が加害者に合法的に復讐することが認められている社会。それも一方的な制裁ではなく反撃(返り討ち)もアリだという。まさに江戸時代の仇討ちが現代に蘇ったという設定。被害者、加害者、助太刀、その仇討ちに関わる全ての人のドロドロ、葛藤などが見られるものと期待しました。ところが本作の焦点はそこにはなかった。冒頭のエピソード“フェンリル計画”の被害者である2人。心を凍てつかせてしまった2人が、感情を取り戻していく物語。フリーズ爆弾でフリーズしてしまった心。だからフリージアなのかな?いずれにしても、敵討ち法はあんまり関係なかった。これにはガックリ。“心が無い殺人者”という設定なら、ただの殺し屋で構わない。実際、メインのVS西島については合法ではありません。せっかく面白い設定なのだから、活かさないと。どのキャストの感情も分かりづらく、感情移入しそびれました。それなりにスタイリッシュ。でも自分の心を捉える「何か」はありませんでした。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 5点(2007-12-13 18:18:10)
4.原作は未読ですが、読んでみようかと思わせるカンジではありました。序盤~中盤は面白いのですが、その勢いに反した後半のダレダレ感が勿体無い。戦うメガネ男子に萌える腐り女子なんかには、いいかもしれませんね。
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2007-11-01 00:46:59)
3.《ネタバレ》 原作既読。設定を借り独自のアレンジを加え、限られた時間の中でまとめようとしたのは良い判断だったのかは微妙ですね。擬態の能力が無いのは勿体無い気がしますけど、感情や感覚が欠如してしまったヒロシを演じた玉山鉄二はカッコよく、ヒグチの人格改変も悪くない出来だったかな。荒廃して戦時下っぽい雰囲気も出てたし軍事実験に主要3人を絡めたのは悪くは無い。でもまぁそこら辺あやふやになっていて、結局は全くの別物として見た方が良いのは間違いなく、原作を心底愛している人はスルーした方がいいのかも。音楽良かった。 最近の世の中を見てると【敵討ち法】も必要だなと感じますね。
ロカホリさん [映画館(邦画)] 5点(2007-10-07 02:06:25)
2.ん~、微妙!原作未読なのでこの作品のみで評価するならば、「観終わって特に何も残らない、玉山君と西島君ファンのための映画」と言わざるを得ない? ただし、つまらない訳ではありません。荒唐無稽な「水戸黄門」的作品として捉えれば、私は結構楽しめました。でも、邦画嫌いな方には耐えられないかも。
ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(邦画)] 6点(2007-09-28 17:26:40)
1.《ネタバレ》 漫画を知っているので見てみた。敵討ち法が独特で面白い。敵討ちの為に戦うのは大都市や森ではなく、日本で最もありふれた住宅街が多い。普段最も目にしている住宅街が舞台なので、やけにリアリに感じた。これは映画の方がそれを感じれる。残念だったのは、漫画で斬新だと思った"擬態"能力が映画ではなくなっている点。個人的に漫画での擬態の表現方法が好きなだけに、これを抜いたら一体何の為の映画化なのか分からない!って思った。更に原作にはない冷凍爆弾による軍事実験『フェンリル計画』の設定。それを軸にした物語の展開が酷く退屈。そもそも、映画の作り方自体肌に合わない。無駄に長い沈黙、意味不明の間、同じアングルでずっと続く退屈なカット、それらが織り成すテンポの悪さ、ぼそぼそしゃべる演技、BGMが少いなどなど・・・・邦画の悪い点が目立つ映画だった。ひとえに古臭い映画の作りなのかな・・・いい題材なのに、それを活かしきれてない・・・残念だ、あ~残念だ。
六爺さん [DVD(邦画)] 4点(2007-09-27 12:42:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.71点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4114.29%
5457.14%
6114.29%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS