ゾンビーノのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ゾンビーノ
 > (レビュー・クチコミ)

ゾンビーノ

[ゾンビーノ]
Fido
2006年【カナダ】 上映時間:93分
平均点:6.24 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-10-26)
ドラマホラーコメディ
新規登録(2008-02-15)【ぽーち”GMN”ありしあ】さん
タイトル情報更新(2008-04-04)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・カリー〔監督〕
キャストキャリー=アン・モス(女優)ヘレン・ロビンソン
ビリー・コノリー(男優)ファイド
ディラン・ベイカー(男優)ビル・ロビンソン
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)ミスター・テオポリス
ヘンリー・ツェーニー(男優)ミスター・ボトムズ
脚本アンドリュー・カリー〔監督〕
撮影ジャン・キーサー
製作ライオンズ・ゲート・フィルムズ(共同製作)
製作総指揮ピーター・ブロック[製作]
特殊メイクジェフ・レッドナップ
あらすじ
今から数年前、地球に降り注ぐ放射能によって死者が生き返り人々を襲った。それに対抗すべくゾンビ戦争が勃発、世界は恐怖に包まれる。それを救ったのがゾムコン社。ゾンビを大人しく従順にさせる首輪を開発し、世界に再び平和が訪れた。ゾンビをペットとするのが当たり前の時代になり、友達のいない主人公のティミー少年の家にもようやくゾンビがやってくることになったが・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.《ネタバレ》 こういうゾンビものを観て思うことは、、、役者さんてすげぇよホント(感心)、特にファイド役の人(ほかの映画でみたことある)。ストーリー的に現代社会への皮肉が効いててよかったんじゃないですか。カラフルでPOPな世界観とゾンビの組み合わせがなかなかだったかとオモイマスハイ
Kaname🌟さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-08-09 08:10:46)★《新規》★
24.《ネタバレ》  ブラックユーモアここに極まれりといった傑作。牧歌的な雰囲気。だけどいつも『死の匂い』を感じさせる日々。その生活に順応し、感覚がマヒしてしまっている人々。なにもかもが、日常的で、非日常的。こーゆーシュールな世界、大好きです。
 『ゾーン』と呼ばれる地域と、フェンスで完全に区切られている安全な町。『進撃の巨人』のようなプロット。このゆるーい閉塞感がまた良いです。
 ストーリーはティミー&ヘレン(人間)と、ファイド(ゾンビ)の心の交流がメイン。
 だけどこの作品、『主観』と『音楽』を変えれば、かなり悲惨なホラー映画へと早変わり。
 なぜならティミーは、自分の目的のために周りの人間を犠牲にしちゃう、とんでも野郎だから。
 一番ひどいのは、『ゾンビ返却口』でのひとコマ。『連れて行かれたファイドに会いたい』という涙がでちゃうような目的のために、他人のゾンビを暴走させるという鬼畜ぶり。『ゾンビに人を襲わせて、お目当ての人に会いに行こう』、頭のネジのぶっとんだ作品。
 こーゆーモラルの崩壊した作品は、好き嫌いが分かれるところでしょうが、僕は大好きです。
 
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-09 16:58:15)(良:1票)
23.ショーン・オブ・ザ・デッドの後日譚みたいな感じですね。でも感動できない、笑えない、興奮できない、怖くない。かといって損した気分にもならない…。100円のレンタルなら、完全に感情がニュートラルな状態で鑑賞できます。
SINさん [DVD(吹替)] 5点(2012-12-31 19:36:54)
22.《ネタバレ》 なんといいますか、カジュアルゾンビ?
人間とゾンビとの距離感がたまらない佳作。
ゾンビものがお好きな方なら観ておく価値はあると思います。
(物足りないってゆーお怒りは受け付けません、あしからず)
ろにまささん [映画館(字幕)] 6点(2012-05-09 10:08:52)(良:1票)
21.緊迫感、恐怖感がないし、かといって面白くもない。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 4点(2012-02-29 00:40:33)
20.《ネタバレ》 設定からして非常に興味をそそるところで「ベートーベン」のゾンビver。今までのゾンビ映画ではない設定。残酷な描写も妙な世界観からか非常に滑稽でおもしろくみえます。たしかにいじめられっこから助けてもらったりしたら、愛犬ならぬ愛ゾンビになりますね。「あなたは最高のゾンビよ!!」というセリフには笑ってしまいました。
とむさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-22 12:27:55)
19.《ネタバレ》 当たり前の倫理観や道徳心に対する挑戦、或いは社会風刺を交えた観客への
強烈なメッセージを詰め込んだのだろう。
少年ティミーがファイドと親密になってゆく過程で
嫌味な近所のお婆さん、いじめっ子の2人、そして最後はゾンコムのエリートマンと
スコップで首を切られたり、隠れ家ごと燃やされたり、女子供容赦ない殺され方。
そして情報隠蔽&操作。また子供へのプレゼントに拳銃を贈ったりとか・・・。
とにかく普通の作品であれば逆撫でされよう表現もこの作品のもつ独特のテンポとカラーの前に妙に納得してしまう。
これがこの作品の魅力でもあり不思議なところなのかなぁ。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-11 18:46:35)(良:1票)
18.《ネタバレ》 やばい。面白かった。なにげに主人公はガールフレンドができ、世間体ばかり気にしていた母親は本当に愛する人(ゾンビだけど)を見つけ、気弱で人の気持ちに鈍感な父親は最後息子を命を張って助け、隣りのおっさんは恋人ゾンビを一度失いかけたことで彼女を心から大切にするようになる、つまり登場人物たちの成長物語になってたりします。一方でみんな結構身勝手なことをして周りの人がバタバタと殺されていく理不尽さ。このあたりのアンバランスさとのんびりしたムードが、なんともシュールというかつかみどころのない印象を与えてくれる映画でした。私はショーンオブザデッドよりもこっちが好きですね。
54dayoさん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-19 11:22:42)(良:1票)
17.《ネタバレ》 ショーンのような笑いを期待していたが
少し趣旨が違った。まぁでもテーマとしても
嫌いじゃない。
とまさん [地上波(字幕)] 6点(2009-07-16 08:48:01)
16.《ネタバレ》 「ギモン持っちゃダメ!」が大前提で見ればとってもおもしろかった。登場人物の倫理観がことごとく破壊されていることも頭の中をからっぽにして見れば心地よく楽しめた。ただ、悲しいかなカナダの知識がない自分「へーカナダの女性って60年代のアメリカっぽい感じなんだ~」と天然で思ってしまったのは痛い。夫が死んでからの妻たちの相も変わらず満足そうな顔を思うと、つくづく幸せって何かね?・・・と自分の倫理観も破壊されかけた。
りんすさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-07-14 14:22:53)(良:1票)
15.これは面白い!内容的にはちゃんとロメロの元祖「ドーン・オブ・ザ・デッド」の続きになって入る所が洒落ている。原題は日本で言う「ポチ」かな?トリニティーこんな映画にも出ているの?洒落の分かるゾンビマニアにお勧めします。
lafishさん [DVD(字幕)] 7点(2009-05-22 03:17:04)
14.タイトルからして、これなら軽いノリで観れそうだと思い観てみたら、まさに期待通りでした。カラフルな町の中にゾンビが違和感なく溶け込んでるのが面白かったです。でも飼ってるゾンビの数がステータスといっても、トロくて仕事の効率悪そうだし、首輪の管理とか面倒そうだから自分だったら持ちたくないなぁ。
Trunkさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-05-09 16:32:24)
13.まあね、管理社会というものを風刺的に描いてるのかとか深く考えようと思えばいろんな取り方できるかもしれませんが、面白ければいいんじゃない?という適当な感じがいいんじゃないでしょうか。ゆる~く観るのがいいですね。
ととさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-05-07 03:32:33)
12.単なるホラーコメディで終わらず、ドラマとして何かを伝えたいのならもっと少年の目線を大事に描くべき。シュールな世界観を描く事に力を入れ過ぎて、肝心の少年の心情がうまく伝わらない。色々とこじつけて考えれば浮かび上がるメッセージもあるだろうが、やはりもっとわかりやすくダイレクトに伝わるものが欲しかった。期待した笑いもまるでついていけず、またドラマとしても後に残らない。完全にアイデア負け。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-22 12:10:23)
11.《ネタバレ》 最近作られているゾンビ系作品の殆どがダメダメなのに、これは出色の出来と言っていいのでは?
基本的に、人間の身勝手さ、醜さを「ゾンビ」(=「弱者」?)との関係性を通じて批判した社会派作品と言えばいいのでしょうか?そのテーマは、「猿の惑星」や「地球最後の男」に相通じるのではないかと思える訳です。
異質なものは恐怖の源であって、人間は大昔からその恐怖を排除することに必死になって来たわけで、しかしながら、異質なものから見ればこちら側も異質なわけです。
その境界を越えた「愛」が全てを救うなどと言う気持ち悪い台詞は言いたくありませんけれど、少なくとも「理解」や「受容」を忘れることは自らの正当性をも危うくさせるということなのでしょうかね?
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-01 20:33:25)
10.怖くも無いしおもしろくも無い。何を伝えたいのかも良くわからない。あの子供とゾンビのせいで関係ない人々が死んでいく不条理。
ミッドさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2008-11-10 23:58:19)
9.《ネタバレ》 ホラーコメディだと思ったら大間違いでした。いつまでたっても笑えないんでかなり焦った。いくら死ぬ事が重要視されない世界とはいえ、少年がゾンビの為に他人を殺したり(完全に他人は巻き添えか事故だったが)するのは、正直引いた。
真尋さん [DVD(吹替)] 2点(2008-11-10 03:50:16)
8.《ネタバレ》 「人間とゾンビの共生」という設定は、某英国産の傑作ゾンビコメディに通じるもの。ブラックテイスト豊富な“笑える”映画を想定していたのですが、これが大違い。ずっとずっと真面目なヒューマンドラマでありました。ゾンビは死んでいるの?生きているの?少年の抱く素朴な疑問は、ある使用人いや“使用死人”ファイドとの交流を通じて観客へも問い掛けられてくる。家族の在り方とは?人間の尊厳とは?観客それぞれ、感じ取るものがあると思います。不謹慎かもしれませんが、自分は老人が家族の中にいる生活を連想しました。親と子、夫と妻、隣人。それぞれの立場で、その時の状況で、関わり方は違ってくる。正解は一つではありません。でも一緒に生活を営む上で不可欠なものが少し分かった気がします。みんな演技も素晴らしかった。とくにゾンビ2人。ファイドと(勝手に命名)カチカチ娘が抜群。極限まで抑えられた喜怒哀楽の表現がお見事でした。彼らの好演が作品の質を高めています。大好きな映画が一つ増えました。最後に不満というか気になった点をひとつ。首輪の抑制なしで“理性”を発揮してみせたファイド。だから家族に受け入れられたでしょうが、お手軽に処理してしまった感は否めない。「ゾンビのお約束」からも外れてしまう。凶暴性そのままに共生の道を模索できたら、画期的なゾンビ映画になっていたと思います。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 8点(2008-11-08 19:21:27)(良:1票)
7.ゾンビとダンスしたり、ゾンビがたばこ吸ったり、そんな映画、俺はあまり観たことない。しかもちゃんとそれなりに予算をかけてゾンビ世界観を作ってる所がバカバカしくもおもしろい。内容は昔のアメリカのホームドラマみたい。だから、そんなにすごく盛り上がるわけじゃない。最後までほぼノンビリムード。しかも、人が死んだり、殺しあったり、ゾンビに襲われたりしてるのにホノボノムードは最後までくずさない。ある意味、人が死ぬとゆう概念を超えた世界観に、なんだか、死そのものもバカバカしくなってくる。親しい人が死んでも、ゾンビになっても誰も絶望しないし、みんな幸せそーなのだ。見方を変えれば、てゆーか普通の感覚なら、当然みんな異常なのだが、この世界ではそれが普通。だからストーリー的に悲惨でも観てるこっちは、怖くもなけりゃ、悲しくもない。それどころかむしろソンビにちょっとキュンとしてしまう。そんなショーン・オブ・ザ・デッドはまた違った感じの全体的にノホホンとしたブラックで馬鹿なホームゾンビコメディー映画観たい人はどーぞ。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-12 00:29:13)(良:3票)
6.《ネタバレ》 ウイルス感染でなく放射能の影響でゾンビが増える、というのが私には新鮮でした。噛まれても感染はしないのね~、しかしゾンビの首輪が実用化に耐えられるレベルじゃなかったり、口枷くらいはめておけよ!というツッコミは止める事ができません。車運転シーンの背景合成っぷりに噴いた。主人公ティミーは可愛いようで可愛くなく、ママも世間体を気にするばかりの駄目な人。で、途中このママが唐突に「普通のいいママ」に変わってるのがよくわかりませんでした。色々と設定や描写が不条理で、ツッコミだしたらキリがない…けどまあ多分いいのでしょう。グロい部分はかなりきちんとグロいので、いたいけな子供やおばあちゃまが出演してるところにちょっとドキドキしてしまう。
えむぁっ。さん [DVD(吹替)] 8点(2008-09-01 05:32:04)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 6.24点
000.00%
100.00%
214.00%
300.00%
4312.00%
528.00%
6832.00%
7520.00%
8520.00%
914.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS