あなたが寝てる間に・・・のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あなたが寝てる間に・・・
 > (レビュー・クチコミ)

あなたが寝てる間に・・・

[アナタガネテルマニ]
While You Were Sleeping
1995年【米】 上映時間:103分
平均点:7.23 / 10(Review 127人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-12-01)
ドラマラブストーリーコメディロマンスクリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-25)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・タートルトーブ
助監督ブルース・フランクリン
キャストサンドラ・ブロック(女優)ルーシー・エレノア・モデレッツ
ビル・プルマン(男優)ジャック・キャラハン
ピーター・ギャラガー(男優)ピーター・キャラハン
ピーター・ボイル〔男優〕(男優)オックス・キャラハン
ジャック・ウォーデン(男優)ソウル
グリニス・ジョンズ(女優)エルシー
ミコール・マーキュリオ(女優)ミッジ・キャラハン
ジェイソン・バーナード[1938年生](男優)ジェリー
マイケル・リスポリ(男優)ジョー・ファスコJr.
アリー・ウォーカー(女優)アシュレー・ベーコン
モニカ・キーナ(女優)メアリー・キャラハン
ディック・キューザック(男優)ルービン医師
ピーター・シラグサ(男優)ホットドッグ売り
日野由利加ルーシー・エレノア・モデレッツ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ジャック・キャラハン(日本語吹き替え版)
原康義ピーター・キャラハン(日本語吹き替え版)
富田耕生ソウル(日本語吹き替え版)
翠準子エルシー(日本語吹き替え版)
脚本ダニエル・G・サリヴァン
フレデリック・リボウ
音楽ランディ・エデルマン
作曲ダイアン・ウォーレン"Wherever Would Be"(主題歌)
挿入曲ナタリー・コール"This Will Be"
撮影フェドン・パパマイケル
製作ロジャー・バーンバウム
チャールズ・J・D・シュリッセル(共同製作)
ジョー・ロス
ジョナサン・グリックマン(アソシエイト・プロデューサー)
製作総指揮スティーヴ・バロン
アーサー・M・サルキシアン
配給ブエナビスタ
美術ギャレス・ストーヴァー
クリス・コーンウェル
衣装ベッツィ・コックス(衣装)
編集ブルース・グリーン[編集]
字幕翻訳戸田奈津子
その他チャールズ・J・D・シュリッセル(ユニット・プロダクション・マネジャー)
あらすじ
12月のシカゴ。電車の改札で働くルーシーには家族がおらず孤独な生活を送っていた。彼女の唯一の楽しみは毎朝同じ時間に改札を通るピーターの笑顔を見ることだった。ルーシーは密かに思いをよせており、恋が叶うことを信じていた。クリスマス・イブに奇跡は起こった。ピーターがホームで襲われ、線路に転落してしまったのだ。決死の思いで彼を救出したルーシー。病院に運ばれたピーターは意識不明。付き添うルーシーを駆けつけた家族は婚約者だと誤解してしまい、彼女も嘘をついてしまう……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
127.《ネタバレ》 ストーリー、演出、シナリオ、旬の役者と、素材全てがプラスの方向に噛み合って優れた化学反応を起こしたロマンチックコメディの秀作。それまでずっと、主役二番手あたりの、都合のいいヒロインの相手役に甘んじてたビル・プルマン氏が初めてヒロインを射止めるヒーロー役に昇格した記念すべき作品。サンドラの意思が強そうな男顔の魅力もここでは巧く引き出されていましたね。え~、でも、これもう25年前の作品なんだ・・・。
放浪紳士チャーリーさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-01-18 22:45:51)★《新規》★
126.《ネタバレ》 あ~、なんだかんだ言ってもこういう軽ぅ~いアメリカ映画が私は好きだ。ジャンクフードってやめられない。なんの栄養にもならないけど美味しいんですもん。
サンドラ・ブロックはちょっと不思議な立ち位置の女優だと思う。美人じゃないし、可愛いというのとも違う、意外にカテゴライズしにくい人。中性的と言えばいいのか、女としてというより人として魅力がある。この作品でもイイ人だけどちょっと冴えない女性という役、地味で目立たない主人公が王子様に惚れられるという少女漫画的なこの映画にはピッタリだ。

ハリウッド映画が口を酸っぱくして言ってることが「Love Conquers All」(愛はすべてに打ち勝つ)なんですが、このLoveには当然「家族愛」も入るんでしょう。この作品でもヒロインが恋をする相手の家族がやたら仲がよくて微笑ましい。ほとんどのエピソードに彼らが登場してくるので、むしろ男女の愛よりそっちの方がメインじゃね?ってくらいの勢い。ヒロインも自分の想いより彼らの気持ちを優先して行動している感じだし。なのでオハナシ自体も孤独な女性が恋によって幸せを掴むというよりは、素敵な家族を得ることでハッピーエンド、みたいに見えた。まぁ相手が今ひとつ華の無いビル・プルマンだからそれくらいのオプションは付けてもらわないとね(笑)。ピーター・ギャラガーはとんだ当て馬でお気の毒だったけど、ま、そんな役回りがお似合い。百貨店の紳士服売り場のマネキンみたいなルックスはいつ見ても笑える。よくあんな冗談みたいな眉毛を顔にのっけてられると思う。
ポッシュさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2017-07-28 18:25:09)(良:1票)
125.《ネタバレ》 序盤は言い出せなくて、家族が皆勘違いしているのは面白かったし微笑ましかったが、まさか最後まで嘘をついたままでいってしまうとは。。。ピーターは寝てるから良いが、ジャックも気の毒だし、サンドラ・ブロックにも中盤からはただの嘘つきに見えて、全然好感が持てなかった。序盤が面白かっただけに残念。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2017-05-20 19:58:30)
124.コメディであるのは十分わかるけど、これはちょっと受け入れられなかった。家族やルーシーの行動がちょっと現実離れし過ぎ。ただ、この映画のサンドラ・ブロックの雰囲気は好き。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-09-16 08:48:53)
123.《ネタバレ》 ピーターが事件に巻き込まれて意識不明なのに、家族が能天気すぎる。医者が大丈夫だと言ったとしても、もっと心配して付きっ切りになるだろうに。昏睡中にライトなラブコメディが進行しても、あまりに都合がよすぎて乗っていけない。
クリスマスも一人で過ごす孤独な女をサンドラ・ブロックのような男に引っ張りだこに見える女が演じるのも全然説得力がない。嘘つきのヒロインにも惹かれない。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2015-09-28 22:22:19)
122.なんというか、出てくる登場人物がわざとらしく不自然に感じてしまい、一気に醒めた。ストーリーもご都合主義というか、現実にはありえない展開ばかり。
ジャックのキャラクターは好感を持てるし、いい作品なんだろうけど、「八月のクリスマス」を観てしまったせいか、やたらとセリフがくどく感じてしまったのは疲れているせいか。DVDのジャックの吹替は声質がぜんぜん合っていないのも残念だった。
mhiroさん [DVD(吹替)] 4点(2015-03-08 21:56:36)
121.爽やか、後味よし、おまけにヒロインのサンドラブロックはキュート、三拍子そろったロマコメの名編だと思います。軽快なテンポ、それと全編通してコメディタッチであることがよいですね。実はツッコミどころがいくつかあったが、このコメディ寄りな作りこみのおかげで、なぜか本気でツッコむ気がなくなりました。彼氏の家族たち、みんなキャラもルックスも漫画チックで微笑ましかったです。ちなみに、ロマコメは残念な邦題が多い中で、本作は成功の部類でしょう。って、ただ直訳しただけなんですけどね・・。
タケノコさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-04 16:23:55)
120.《ネタバレ》  嘘をつきつづけるってのが凄く苦手なんです。いつばれるのかってハラハラすると、そっちが気になっちゃって他のことが頭に入ってこないんですよね。だから、高評価につられて見てしまったわけですが、やや苦手なシチュエーションでありました。
 サンドラブロックは好きな女優さんですが、個人的にイメージができすぎちゃっているところがありました。スピードやデンジャラスビューティ、最近ではゼログラビティ。だから、ラブコメ?って感じにはなりましたね。ところが、見ているうちにどんどん可愛く見えてくるから凄いです。彼女の演技の幅って広いんですねー。
 正直、恋愛は一途ものが好きです。弟君が好きだと上司に告白しちゃったときはもうびっくり。あっさり乗り換えちゃうんですね。その辺りもふくめ、普通だったら共感できないはずなんですが、脚本の出来が良いのか、役者さん達が良いのか、なんか知らず知らず見入ってしまいました。
 極めつけは結婚式での告白のシーン。ここはもう素直に感動しました。特に、「家族のみなさんを愛してしまったのです。一人ぼっちだった私が・・・」のくだりは涙ものです。そして、料金所で小銭の代わりに出される指輪。ラストのナレーションの有名すぎるフレーズでのしめ。ラブコメとしては普通の良作の域を出ていないかもしれませんが、ラスト10分でただのラブコメから感動できる味わい深い作品へと昇華されましたね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2014-02-24 05:27:38)(良:1票)
119.サンドラ・ブロックが本当に可愛い映画。今回は吹替版で鑑賞しましたが、サンドラの声優さんもとても良かったと思います。典型的ラブコメではありますが、常に家族がいて、いつもワイワイガヤガヤとやっている。両親を早くに亡くした主人公の女性が、恋した男の家族の温かさに触れ、家族もまた彼女を温かく受け入れる。ラストのプロポーズも家族同伴。ほのぼのと明るく幸せな映画で、クリスマス映画らしい良さがある作品です。
とらやさん [DVD(吹替)] 7点(2013-09-25 15:50:18)
118.《ネタバレ》 最近気が付いたんだが、家族愛まるだしの作品に弱いらしいです。転勤先で一人ぼっちのせいでしょうかね。嫌味がなく気持ちの良い作品でタイトルの意味はラストでわかるんですね。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 8点(2013-01-27 13:40:33)
117.《ネタバレ》 『予期せぬ人生が人生』

本当に私なんかも、まさか二度も結婚して二度も離婚するなんて全く予期しなかった訳で・・・
今現在独り身の私には、ホッコリ心暖まる映画でした。

好きなシーンは、昏睡状態のピーターに語る場面・・・
確かにテレビのリモコンは独占出来ても、一緒に笑える相手が欲しいよなぁ~と、今の自分の境遇とダブりウルッと。

そして何より惚れた相手のファミリーが、あれだけハートフルだったら素敵だなぁ(結婚って相手だけじゃなく家族間の結びつきでもある訳だし)。

そんな訳で、ヨシっ私も相手を見つけて、もう一度結婚を“三度目の正直”ってことで・・・なんて勘違いしそうになり“二度あることは三度ある”と我に返った次第です。

おっと、脱線したレビューでゴメンナサイ。

何はともあれ、この時期にピッタリの映画だと思います。


ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2012-11-19 14:43:07)
116.ラブコメって好きなジャンルだけど、その中でも好きな方。サンドラ・ブロックと言えば、かわいいという分野に縁のない女性だと思っていたのだけど、これが見事にかわいいと思えるほど。最初のうちはいつばれるのか、はらはらしてみていたけど、独り言をきいてしまったソウルが味方になってくれて本当に良かった。家族の温かみがとっても良い。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2012-09-26 17:42:57)
115.《ネタバレ》 ○ここでの評価の高さから興味を持ち観賞。しかし評価ほどの作品だとは感じられなかった。○アイデアはそこそこ良いのだが、展開の問題なのか入り込めなかった。○どうも主演の3人がいまいちなキャラばかりで、予定調和の結末への演出が若干あざとく感じた。○ただ、ラストに映画一の笑顔を見せてくれたサンドラ・ブロックは素晴らしかった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2012-02-04 23:37:32)
114.サンドラ・ブロック主演のロマコメ作品。
序盤の設定がもの凄い乙女チックで、この映画どうなっちゃうんだろ?
と心配したのだが、家族愛を絡めてこられちゃって、ほのぼの路線のほうで鑑賞する羽目に。
本音をいえば、ヒロインには初志貫徹して欲しかったのだが、なんか軽いなぁと思いつつも、
ラストを小ぎれいにまとめてくれたので、印象は良かったです。
ロマコメとしては、いい出来のほうの部類かと。普通に面白い映画だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-12-06 10:06:12)
113.《ネタバレ》 これ好きです。妄想気味の独り言を偶然聞かれ、思いがけない展開に…。てのが「そんなに都合よく何度も起こらねーだろ!!」と、ツッコミどころ満載の、まあ荒技多用である事は否めないんだけど。登場人物みながみな、ルーシーならずとも失いたくない愛すべき人々ばかりで…。ホンワカ、ホロリとさせられるんだよなあ。寒い冬には必ず観たくなる優しい作品。しかしルーシーのファッションはいくら何でもひどい。洗濯したモノを順に着てるだけでしょーそりゃー。
りゅうちゃくんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-04-06 03:13:59)
112.勘違い系でおもしろい。悪い人が出てこないのでホッとする。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-22 15:39:48)
111.笑えるところもあってたのしかった。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 8点(2011-01-10 20:08:19)
110.サンドラ・ブロックが可愛すぎるーーーー!!最初は人任せに誤解を解いてもらおうとしてるルーシーにちょっぴりイライラしてたけど、確かに自分がルーシーでもそうかもなぁ・・とか思ったりしました。そして、あのタイミングで謝っちゃうなんて。そして、何よりジャックの目と声がかっこよすぎる。余談:ジャックは「インデペンデンス・デイ」で大統領になりましたね。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 8点(2010-09-27 12:25:48)
109.ラブコメの王道、ハッピーエンディングも予想通り。ファッションが古い!
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-10-08 15:10:51)
108.《ネタバレ》 この作品って不思議な魅力があるんですよね~。
今までにみた映画のトップ10に入るようなタイプでは無いのに、
ケーブルや地上波、色々なところでもう数回見ました。
見終わった後のなんとも言えない心温まる感じ、これはやっぱり
名作なんでしょうか。
登場人物にいわゆる「悪人」が一人もいないってすごくいいですよね。
みーーんないい人。本当にいい人。
あんな家族・親戚がいるとわかれば彼女じゃなくても嘘ついちゃいます。
ラスト、プロポーズで券売所に家族・親戚一同引き連れて来る場面、
普通ならあり得ませんがこの映画なら涙が出るほど素敵です。
またクリスマス時期に見て温かい心になろう~~っと(o^-^o) ♪
MKさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-09-21 17:32:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 127人
平均点数 7.23点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
443.15%
51511.81%
62015.75%
72721.26%
84031.50%
9129.45%
1097.09%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.11点 Review9人
2 ストーリー評価 7.30点 Review10人
3 鑑賞後の後味 8.58点 Review12人
4 音楽評価 6.66点 Review6人
5 感泣評価 5.80点 Review5人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1995年 53回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)サンドラ・ブロック候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS