Menu
 >
 >
 > スターシップ・トゥルーパーズ3

スターシップ・トゥルーパーズ3

Starship Troopers 3: Marauder
2008年【米】 上映時間:105分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
アクションホラーサスペンスSFコメディアドベンチャー戦争ものシリーズもの小説の映画化モンスター映画
[スターシップトゥルーパーズスリー]
新規登録(2008-07-24)【ぽーち”GMN”ありしあ】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-07-19
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ニューマイヤー
キャストキャスパー・ヴァン・ディーン(男優)ジョニー・リコ大佐
ボリス・コジョー(男優)ディックス・ハウザー将軍
アマンダ・ドノホー(女優)エノロ・フィド提督
ジョリーン・ブラロック(女優)ローラ・ベック
マーネット・パターソン(女優)
キャサリン・オクセンバーグ(女優)技術者 その2(ノンクレジット)
田中実ジョニー・リコ大佐(日本語吹き替え版)
沢海陽子(日本語吹き替え版)
楠大典ディックス・ハウザー将軍(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版)
小林沙苗(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
原作ロバート・A・ハインライン「宇宙の戦士」(ノンクレジット)
脚本エドワード・ニューマイヤー
音楽クラウス・バデルト
撮影ロレンツォ・セナトーレ
製作総指揮スティーヴン・ケンパー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
編集マイケル・ジョン・ベイトマン
あらすじ
1作目から11年。戦況が泥沼化する中、ロク・サン基地で指揮を執るでリコは、総指令官アキーノの訪問を受けた。アキーノと一行の中には戦友のボリス、ローラの姿も。2人と旧交を温めるリコだが、そんな時バグスが基地へ侵入。必死に抵抗を試みるもロク・サン基地は壊滅してしまう。しかもリコは反逆罪に問われ、絞首刑に処されることになってしまい……。 やっとパワードスーツ「マローダ」が登場。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 1も2もあれだから期待せずに見たが、やはり期待を裏切らない出来だった・・・
このシリーズを見て、いつも思うのはバグ相手の戦略が間違っているだろう。
バグ相手に機動歩兵を逐次投入するなんて、低脳としか考えられない。
前方の戦力豊富な敵と後方の低脳な味方を相手にしなけりゃならない前線指揮官は大変だと思うぞ。ニコ大佐に同情するよ。
最後に神を信じるようになるローラもアホだな。助かったのは、ニコ達人間の力だろうに・・・ 神に祈ったところで何の役にも立たないことがわからないらしいなw
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 3点(2009-03-20 11:57:23)
20.「2」があったから、がっかり感少なく見られたけど、そうじゃなかったら、かなり不満だったかも・・・。ストーリーも無茶苦茶だしね。まあ、まあまあでした。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-05 20:46:04)
19.全体的なクオリティーは1よりは劣りますが、2よりは上な感じで、ちょこっとよくできたB級映画なテイストでした。戦争への皮肉がききすぎで、ちょっとうるさいよーな気もしますが、最近、B級モンスター映画や古いモンスター映画を観まくってるモンスターオタク思考の自分には、これくらいでも、それなりに満足です。80年代あたりのちょっと小規模な戦争映画を観てる気分にさせてくれる冒頭から始まり、途中は80年代あたりのモンスター映画、で、クライマックスはようやく登場のマローダー、ラストはヘンテコな歌でしめてくれます。次回作があるなら、そりゃもうマローダー全開の映画じゃなきゃ、俺はイヤ。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-21 02:48:56)
18.《ネタバレ》 1を映画館で観賞し、リコ様の大活躍がかなり楽しめた。2では別映画になっていて絶望し、3でリコが戻るというので淡い期待を抱き、ワクワクしながら観賞。しかし、見事に期待は砕け散った・・・。冒頭のシーンでおおっ!これだよ!これ!!と思ったが、よ~く見るとなにか映像がチープ。しかもなによりストーリーが最悪。新バグが出たにも関わらず、全然ストーリーに生かしていないし、期待のマローダーも最後にちょい出ただけで、戦闘シーンもなんかちゃっちい。やっぱり1のようなアホっぽさと、人とバグが入り乱れて戦うのが良いんだよなぁ。こんな映画、爆弾バグで吹っ飛んじまえい!!
とむさん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-01 00:26:13)
17.《ネタバレ》 ヴァーホーベンの名があったので、淡い期待をしながら観ました。なんとも残念な内容です。でも本当に最後の最後にキリスト教至上主義へ驀進していくところなどは、ブッシュ政権下の米国を揶揄していて「らしさ」を感じました。
leoさん [DVD(字幕)] 4点(2009-01-25 16:10:15)
16.《ネタバレ》 ノリノリな映画ですね~。2作目は軌道が外れていたけど、本作で元に戻っています。1作目の登場人物が再登場したのは嬉しい設定です。チープな演出も好きだし、馬鹿っぽい所も好きです。ロボットのような兵器が登場したり、星を破壊できる爆弾が開発されていたりして、面白いです。もっともっと飛躍して、どうしようもない戦争をし続けて欲しいです。
VNTSさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-06 00:24:10)
15.《ネタバレ》 前作の2があれだったもんで期待はしてなかったんですが、期待しないで正解でした。

でも前作よりは良いのかな?一応、製作にバーホーベンが関わっているので。

今回の目玉であるマローダーですが、終盤にチャチャっと活躍するだけなので、これ目当てで観る方は気をつけてください。きっとガッカリします。
見所も、序盤のロクサン襲撃シーンとマローダーくらい。あとは正直退屈でしたね。

てか、ソフトバ○クのCMのお兄さんにそっくりなメガネの長官が、あまりにも弱くて言葉を失いました。どうやってあの地位まで上りつめたのか疑問です。笑
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 3点(2009-01-05 17:40:46)(笑:1票)
14.《ネタバレ》 全体としてまとまりが良くてストーリーに無駄がないところがさすが監督が原作脚本家だけのことはある。総司令官が歌手やったり、反戦争で公開処刑されたりと、ここそこに登場する連邦放送ネタがちょっと今回はしつこすぎた感じがあったかも。総司令官グッズ売ってたり、寄付しろとかロゴ出てたり、実は1作目のパロディのつもりなのか?初登場の爆弾バグがしょぼ過ぎで花火みたいなのに歩兵が身を挺して防いでるのがなんだかねえ。マローダーの活躍シーンも取って付けた感じでやはり予算の限界があったのかしら・・・と、突っ込みどころが満載なんですが実は見終わった後にはほんのりと満足感が。やはりテーマ音楽やジョニーリコ役を変えなかったこと、1作目で登場したブレインバグとの絡みなどもうまく話の展開に使われてたりと1作目のファンへのサービスがいっぱいあったからかな。色々気になる点は多いがこの満足感に7点を献上します。
おすしさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-02 02:44:26)
13.僕には「2」みたいなTVドラマじゃなく、きちんとした予算(「1」の数分の一だけど・・・)がつけられ、「1」の登場人物たちも登場し、マローダも登場するだけで満足でした。「1」にはかなわないけれども!!
今回のテーマは宗教だと思います。無宗教だった連邦政府が増加するキリスト教徒を利用するかたちで宗教を認めたのは、なんかローマ帝国っぽいです。「4」が作られるなら中世ヨーロッパのように恐ろしい社会になっていそうです。てっ、今でもそうか(笑)
とりあえずマローダで昆虫軍団を蹴散らしていくのがもっと見たいので「4」を作ってください!! ヴァーホーベン監督で!
のび太さん [DVD(吹替)] 7点(2008-12-17 10:51:27)
12.スターシップトゥルーパーズ1の凄かったところは、全体的にパカっぽいノリなのに映画としてのクオリティーがすごく高かったところ。そしてこのスターシップトゥルーパーズ3の方は、バカっぽいというよりはバカで、なおかつクオリティが低い。つまりそれってダメ映画じゃねーか。
54dayoさん [DVD(吹替)] 4点(2008-12-15 20:45:27)
11.《ネタバレ》 1は映画界に歴史を刻んだような大傑作なのでそれと比較するのはナンセンスだと思うので2と比較しますが、正直2の方が断然おもしろいです。制作費は3倍らしいですがどこにそんな費用を費やしたのって感じです。パワードスーツもこんなのだったらない方が良かったです。ただ、バーホーベンらしさが少し感じられたのでそこは評価します。
トニー・モンタスキューさん [映画館(字幕)] 2点(2008-12-09 08:00:40)
10.《ネタバレ》 パワードスーツは読者の頭の中でこそ、カッコ良く活躍する事が出来る。 原作を愛読し約30年の自分は本作を鑑賞してその思いを強くした。 あんなのはパワードスーツじゃ無いです。
たくわんさん [DVD(字幕)] 3点(2008-12-05 14:58:20)
9.《ネタバレ》 どうしても1作目との比較になってしまいます。脚本が駄目~。いったい主人公が誰なのか?焦点がボケボケ~。キャスパーがハウザー将軍役のボリス・コドジョーと並ぶと、めっちゃ背が低く見えておかしかった。
お金をもっとかけたら良い映画になってただろうとは感じられない映画でした。
hikoさん [DVD(吹替)] 4点(2008-12-04 15:50:49)
8.《ネタバレ》 バーホベン監督の1作目のインパクトが大きすぎて、「2」苦汁を飲まされましたが、(というもののB級映画好きにはたまらないと思いますが。。)なんと今作ではあのリコ復活というじゃないの。リコ万歳!&ついに登場のマローダーに焦点を絞って鑑賞!期待しすぎたせいか、リコは1作目であったのカリスマ性も消え、ごく普通のダイコン役者へ成り下がってましたよ。ショボーン。。あきらかに低予算なのは分かるけど、作り手の度量が伝わってきた作品だと思います。でも、自分が思い描いていたトゥルーパーズではなかった。残念・・。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 3点(2008-09-29 23:37:34)
7.映画館を出た後、あの唄がしばらく耳に残りました、でもそれだけ。パーホーベン監督で完結編を。
ハチロクさん [映画館(字幕)] 3点(2008-08-24 16:26:14)
6.この残念な気持ちをどこにぶつければよいのか?
センブリーヌさん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-01 00:07:00)(笑:1票)
5.★本家バーホーベンの第1作のテイストをできるだけ再現しようという努力は感じられます。★ただ本家の切れっぷりと比べると、やっぱり迫力不足。★日本語HPの、「総製作費・CGシークエンス・バグズ・・・すべてが、前作の3倍!」というキャプションには笑った。前作は前前作の何分の1だったっけ(笑)★あとクライマックスのマローダー登場シーンも。それと意味なく裸体を見せるのも。連邦軍総司令官がアイドル歌手ってのも。マクロスかよ。★そうやって、随所にばかばかしさを見せるものの、やっぱりなんか真面目に風刺してるって感じがしちゃうんですよね。そしてやっぱ予算が足りないなと思うと、ストーリーや演出の、見なくてもいいアラが見えてしまう。★もったいないなあ、もう一度、本家バーホーベン監督で、予算を湯水のように遣ってぜひとも続編を!戦争いつまでも続きそうだし・・・
wagasiさん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-29 23:56:19)(良:1票)

4.《ネタバレ》 2で大コケして、反省したのか、変人ポール・バーホーベン(褒め言葉です)が製作総指揮として戻って来た第3作。
相変わらず、地球連邦軍のCM?は馬鹿馬鹿しくて笑えました。
しかし豪く予算を削られたのかは知りませんが、新種として登場したスコーピオン・バグは一瞬しか出番はないし、カミカゼ特攻バグの火薬シーンは明らかに火薬不足だろ!って言いたくなる迫力の無さでガッカリでした。
でも最後にベックともう一人の女が神様に祈ってると、マローダーが降りてくるシーンは下らなすぎて爆笑でした。
一般人には余りオススメ出来ませんが、一応7点としておきます。
民朗さん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-28 11:45:15)
3.1よりCGが劣ってても、戦闘シーンが迫力不足でも、大好きです。まぁ映画館を出た時の俺の気分は『死に日和』ならぬ『残念日和』だったけどね。あの歌はけっこう好きかも。
真尋さん [映画館(字幕)] 10点(2008-07-26 19:46:23)
2.《ネタバレ》 監督は1作目のポール・バーホーベンではなく、エド・ニューマイヤー。1作目と2作目で脚本を手がけた人物で、本作が初監督作品となる。
バーホーベンの魅力は、その悪ふざけにあった。エロ、グロ、皮肉、批判が同じ重さを持っていた。しかし本作では、まじめに風刺をしてしまったところに、ニューマイヤーの勘違いがある。
スターシップ・トゥルーパーズのテーマは、その混沌にある。物語が軍国主義を笑う一方、主人公のリコには戦わなくてはならない理由があった。こうした2つの主張を、甲乙付けずにそのままぶつけたところに1作目の凄さはあった。エロ、グロ、皮肉、批判が同じ重さであるが故に、主張にリアルな重さを感じることができた。
だが本作は、手垢のついた主義主張が何度もリピートされ、いかにも説教くさい。せっかくの見せ場のアクションシーンが、妙な登場人物の乱入で邪魔されたりもする。
1作目の主人公リコの復活はファンにとって嬉しい限りだ。パワード・スーツにも心躍らせることだろう。ニューマイヤーには、そういったファンの気持ちを、もっともっと汲み取って欲しかった。
DONGさん [映画館(字幕)] 5点(2008-07-25 20:14:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 4.68点
012.44%
100.00%
212.44%
31024.39%
41126.83%
5717.07%
612.44%
7717.07%
824.88%
900.00%
1012.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.40点 Review5人
2 ストーリー評価 4.40点 Review10人
3 鑑賞後の後味 5.14点 Review7人
4 音楽評価 5.42点 Review7人
5 感泣評価 2.50点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS