やくざ戦争 日本の首領のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヤ行
 > やくざ戦争 日本の首領
 > (レビュー・クチコミ)

やくざ戦争 日本の首領

[ヤクザセンソウニホンノドン]
1977年【日】 上映時間:132分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1977-01-22)
ドラマシリーズものヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2008-09-01)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2021-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中島貞夫
キャスト佐分利信(男優)佐倉一誠
鶴田浩二(男優)辰巳周平
成田三樹夫(男優)片岡誠治
菅原文太(男優)岩見栄三
松方弘樹(男優)松枝四郎
千葉真一(男優)迫田常吉
渡瀬恒彦(男優)野溝武司
金子信雄(男優)田口彰治
梅宮辰夫(男優)福島四課長
地井武男(男優)川端四課係長
小林稔侍(男優)宗方敏之
高橋悦史(男優)一宮恭夫
田中邦衛(男優)後藤刑事
尾藤イサオ(男優)日暮美智夫
福本清三(男優)黒江準
高橋昌也〔男優・1930年生〕(男優)阿部直行
西村晃(男優)島原嘉兵衛
原聖四郎(男優)森本社長
片桐竜次(男優)武志
志賀勝(男優)内田頼三
疋田泰盛(男優)医師
今井健二(男優)文源昌
神田隆(男優)小野伴水
中村錦司(男優)大松
林彰太郎(男優)兼田三次
大木悟郎(男優)前田
国一太郎(男優)南善次
曽根晴美(男優)入間利明
小田部通麿(男優)白川義雄
有川正治(男優)前川勇
野口貴史(男優)宮野浦一夫
成瀬正(男優)木村利夫
品川隆二(男優)増井常夫
北村英三(男優)野崎藤男
高並功(男優)谷本正夫
木谷邦臣(男優)益田留蔵
阿波地大輔(男優)小林功
岩尾正隆(男優)矢野
秋山勝俊(男優)
奈辺悟(男優)和田徹夫
小池朝雄(男優)三浦克之助
内田朝雄(男優)大山喜久夫
宮城幸生(男優)土田
唐沢民賢(男優)畠中
志摩靖彦(男優)鈴木社長
待田京介(男優)三鷹厚司
波多野博(男優)新聞記者
蓑和田良太(男優)新聞記者
鈴木康弘(男優)植木隆太郎
広瀬義宣(男優)運転手
笹木俊志(男優)関野健太郎
橘麻紀(女優)北村ユカ
矢吹二朗(男優)張田軍大
火野正平(男優)竹田芳夫
市原悦子(女優)辰巳キヨ
東恵美子(女優)佐倉雪江
二宮さよ子(女優)佐倉登志子
織本順吉(男優)梅原権之助
佐伯秀男(男優)和知社長
森山周一郎ナレーター
原作飯干晃一
脚本高田宏治
音楽黛敏郎
伊部晴美
製作岡田茂〔企画〕
企画俊藤浩滋
日下部五朗
松平乗道
配給東映
美術井川徳道
編集堀池幸三
録音中山茂二
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 「家庭ではお人よしのパパが、会社のためとなると犯罪同然の行為を平気でやって他を押しのけようとする」「人間は組織の中に組み込まれると怖いほど凶暴になれるものですね」と嘆く高橋悦史が、ラストでファミリーのために凶暴化する。娘婿という微妙な立場だが、彼の行動は組織のためではなく家族のためなのか?この中途半端なポジションと彼の心情・行動にとても興味が沸く。
結局ヤクザも組織人であり、使い捨てなのは会社員と一緒。たとえ組織のために凶暴になっても役に立たなければクビになる千葉真一。「わしはもうあほらしくてやってられんわ」はリストラされたサラリーマンの悲哀そのもの。佐分利信を守るために苦渋の選択で解散を決意する鶴田浩二だが、最後は家族愛?に負けて殺される。任侠映画を見慣れていると、現代ヤクザの武闘派TOPが鶴田浩二というのはどうも違和感あったのですが、こういう理不尽な結末を迎える悲哀ある男を演じるのであれば納得の配役で彼にしかできないでしょう。
どこまで史実なのかわかりませんし、ちょっと駆け足でストーリーをおいにくい所はありますが、40~50年前の日本は政財界ヤクザの癒着がここまでだったのかと思うと、隔世の感があります。ヤクザも形を変えつつ生き残っているとはいえ、社会から締め出されて行き場を失っている事の問題もあるのかと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-05-26 12:42:13)
4.《ネタバレ》 いくらかなりと実在のモデルに基づいているとは言え、実録モノ風のドギツイ抗争映画ではなくって(そういう要素もあるけど)、かつての任侠の時代から経済ヤクザの時代への移り変わりの中で、取り残されていく昔気質の男の悲哀のようなものが描かれたフィクションです。その男を鶴田浩二が演じているというのも、因縁めいているといいますか。前半はあまり物も言わず静かに佇んでおり、後半、組長代行として活動を開始しますが、もはや彼の時代ではなくなっていて。ひらがなしか書けない鉄砲玉の千葉チャンは組長に見捨てられ、病弱ながら仁義を背負った鶴田浩二にもまた残酷な運命が待ち受け、高橋悦史演じる娘婿の医者に代表されるような、インテリヤクザの時代が予告されて映画が終わります。組長役の佐分利信、声がかすれ気味で凄みに欠ける部分があるのが少し残念ですが、それでも、仁義を重んじる昔気質の面、家庭における父としての面、計算高いドライな面、これらを併せ持った存在感あふれる人物像になっています。そしてまた何と言っても、これでもかと出てくる出てくる個性的な脇役の数々。ヤクザ映画博覧会みたいな楽しさもありますね。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-11-09 10:44:06)
3.ひどい..暇つぶしにもならない、駄作...
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-09-13 18:52:39)
2.《ネタバレ》 日本版ゴッドファーザーという触れ込みだったが、というよりは華麗なる一族のやくざ版。こわーい東映の面々に囲まれてもそれをも圧倒する佐分利信の存在感がすごい。実話を巧みに取り入れながらテンポ良く進む脚本もすばらしい。成田三樹夫の小市民ぶり、渡瀬恒彦の暴れっぷり、やりたい放題の千葉真一、あっさり殺される志賀勝や今井健二と脇役(ミッキー出番が多くてほとんど隠れ準主役だけど)の活躍も見ごたえ充分。それにしても華麗なる一族もそうだけど、佐分利信がこの手の役をやるとほんと善悪を超越してしまう。部下をことごとく切り捨てるなどやってること結構ひどい(これがゴッドファーザーとの一番の違い)んだけどそうは感じないし。結局今回は関東進出できずにおしまい。次作以降のラスボスを考えたら今回が最大のチャンスだったかもしれない。ちなみに今回は味方の若頭が鶴田浩二で敵のラスボスが菅原文太。2作めは若頭松方弘樹でラスボスは三船敏郎。3作めは味方の若頭が遠藤辰郎(実働は菅原文太)でラスボスが三船敏郎と片岡千恵蔵(!!)。だんだん敵方が強力になってる・・。
陽炎さん [DVD(邦画)] 8点(2008-11-09 01:47:55)
1.《ネタバレ》 予想以上に面白かった。

しかし、それにしても鶴田浩二の疲れきった感じの演技には、かなり驚いた。
最晩年の作品なのかと、疑ってしまったほどだ。
この頃から既に体調が悪かったのか?それとも、単なる疲れ演技か?
真相は知らないが、とにかく鶴田浩二の疲れきった演技が、負のオーラをメラメラと発していた。

お目当てミッキーこと成田三樹夫は、本作でもかっこよすぎた!
あのドスのきいた声に、カツラ(!)っぽいカチっときめた髪型と、ストライプ柄のヤクザスーツ。
そして何より、本作での飄々としたオトボケキャラが何とも良い。
相手方のヤクザ衆からデカイ声で凄まれても、「おぉー、びっくりした」。これにはゲラゲラ笑ってしまった。
又、相手方のヤクザから暴力をふるわれ、「ア、イテテイテ」。これもツボにはまった。
ああいう人をくった様なオトボケヤクザを演じさせたら、成田三樹夫は最強であるし、その魅力も倍増する。
単なるコワモテのヤクザ俳優でなく、こういった人間的愛嬌もにじませる成田三樹夫は、ほんと愛すべきヤクザ俳優である。

ところで、本作での最大の見所は、鶴田浩二がラストで息をひきとるシーンだ。
苦しみにもがきながらも、紙とペンを握り締め、組の解散状を書こうとする。
これはまさしく「鬼気迫る演技」で、息をのんで見入ってしまった。
鶴田浩二の魂のこもった演技を観ることができたという意味でも、本作を観て良かったと思う。

その他の出演陣も豪華で、個性も強い俳優ばかりが出演している。
それぞれが持ち味を発揮しており、全体的に見応えのあるヤクザ映画だ。
成田三樹夫を目当てで本作を鑑賞したものの、作品自体も非常に面白く、掘り出し物で得をした気分である。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 8点(2008-09-02 20:43:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
1120.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7240.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS