Menu
 >
 >
 > バガー・ヴァンスの伝説

バガー・ヴァンスの伝説

The Legend Of Bagger Vance
2000年【米】 上映時間:125分
平均点: / 10(Review 79人) (点数分布表示)
ドラマスポーツもの小説の映画化
[バガーヴァンズノデンセツ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(2001-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・レッドフォード
キャストウィル・スミス(男優)バガー・ヴァンス
マット・デイモン(男優)ジュナ
シャーリーズ・セロン(女優)アデール
ブルース・マッギル(男優)
レイン・スミス〔男優〕(男優)
マイケル・オニール(男優)
トーマス・ジェイ・ライアン〔1962年生〕(男優)スペック
ジャック・レモン(男優)ハーディ(ノンクレジット)
ピーター・ゲレッティ(男優)
ジョエル・グレッチ(男優)
小山力也バガー・ヴァンス(日本語吹き替え版)
三木眞一郎ジュナ(日本語吹き替え版)
井上喜久子アデール(日本語吹き替え版)
西村知道(日本語吹き替え版)
稲垣隆史(日本語吹き替え版)
横島亘(日本語吹き替え版)
茂呂田かおる(日本語吹き替え版)
原作スティーヴン・プレスフィールド
脚本ジェレミー・レヴェン
音楽レイチェル・ポートマン
編曲レイチェル・ポートマン
撮影ミヒャエル・バルハウス
製作ロバート・レッドフォード
ジェイク・エバーツ
マイケル・ノジック[製作]
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
カレン・テンコフ
配給20世紀フォックス
美術スチュアート・クレイグ[美術](プロダクション・デザイン)
アンジェロ・P・グレアム
衣装ジュディアナ・マコフスキー
録音ゲイリー・ライドストロム
ゲイリー・サマーズ
イーサン・バン・ダーリン
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

79.《ネタバレ》  とにかくもう、終盤における「真実の申告」の件が素晴らしい。

 ボールは動いていないと訴えるキャディーの少年に対し「動いたよ」と告げて、自らペナルティーを背負う主人公ジュナの姿が、実に恰好良かったですね。
 ゴルフは最高のスポーツだと笑顔で語った少年にも、自分自身に対しても、嘘なんて吐きたくないという毅然とした態度に、惚れ惚れさせられました。
 優勝を争うライバル達も、そんな申告に喜んだりはせず「きっと君の勘違いだよ」と言い出して、堂々たる決着を望むものだから、もうたまらない。
 戦っている三人が三人とも誠実で魅力的な人物である為、観ているこちらとしても、非常に爽やかな気分になれるんですよね。
 「動いていない」と言えば、周りはそれを受け入れてくれる、誰も自分を嘘吐きと責めたりしないと承知の上で、それでもフェアプレーの精神に則り、真実を告げる主人公。
 その姿を、ごく静かに、淡々と「ゴルファーであれば当然の事」とばかりに描いているこのシーン、本当に大好きです。

 プレッシャーに耐え切れず、一度は逃げ出そうとしたジュナが「街の為に頑張ってくれ」と人々に声援を送られ、出場する事を決意するシーンも良かったし、ギャラリーが街中の車を集めてライトでゴルフ場を照らし、夜のラウンドを可能にしてくれる展開も、凄く好みでしたね。
 ゴルフの試合に熱狂する街の人々が、本当に楽しそうで、ちょっとしたお祭り感覚なのも伝わって来たりして(こういうの、良いなぁ……)と、しみじみ感じたりしました。

 決着のロングパットに関しても、それまでの伏線、音楽、演技、カメラワークなど、完璧と言って良い出来栄え。
 カップインした瞬間に無音となり、浜辺のバガー・ヴァンスの背中を映し出すシーンで、初めて歓声が聞こえてきて、そこで祝福のステップを見せる演出なんかも、非常に御洒落だったと思います。

 で、そんな本作の不満点はというと……実は、タイトルにもなっているバガー・ヴァンスというキャラクター自体には、そんなに魅力を感じなかったりしたのですよね。
 ちょっと物言いが説教臭いというか、どこか宗教めいた匂いも漂っていたりして、どちらかといえば苦手なタイプでした。
 実際、この映画のメインは明らかにジュナとハーディーの二人なのでしょうし「挫折した天才ゴルファーが、キャディーの少年との交流によって再生する話」というだけでも良かったんじゃないかなぁ……なんて、つい考えちゃいましたね。

 それでも、冒頭で述べたシーンに関しては、あらゆるゴルフ作品の中でも一番好きだったりするし「全ては死に際の老人が見た走馬燈」と思わせておいて、やっぱり死なないでゴルフを続けるという惚けたオチも、妙に憎めなくて好き。

 時々「面白い」という気持ちよりも「好き」という気持ちの方が強い映画に出会う事があるのですが、どうやら本作もまた、そんな一本みたいです。
ゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2017-03-30 21:15:53)
78.《ネタバレ》  題材はゴルフ。主人公が負け越してからの快進撃パターンですので、それなりに面白い仕上がりです。ワンショット、ワンショットの前の程よい緊張感が何とも言えません。
 ただ今作は、戦争から戻ってきた主人公のジュナが、再びゴルフを始めて立ち直るのがひとつの見所。ジュナに5ドルで雇ってくれと言う謎のキャディ、バガーヴァンスが、どうジュナを助けていくのか、それがもう一つの見所。・・のはずなんですが、これがどちらもドラマとして弱い。物足りない。なぜなら、理論的な内容ではなく、哲学的な内容のほうが成功の鍵を握ってしまっているからです。つまりは、精神的な不安さえ取り除けば勝てるといった試合内容が延々と続き、説得力に欠けちゃうわけです。
 正直、同じゴルフを題材にした作品なら、『グレイテスト・ゲーム』のほうが圧倒的に面白いです。
 また、最初は繊細な人物のように登場したジュナが、実は割と短絡的で、調子が良くなれば傲慢になったりと、手放しで応援するには人物としての魅力に欠けるのが痛い。映画なんですから、さわやかスポーツドラマなんですから、思い切って聖人君子にしちゃって良かったんじゃないかな。
 演出の面でも、ジュナがスーパーショットを撃つ『自分の場』だとか『自分のスイング』だとか、そういった所謂『集中モード』に入ったのがわかる演出以外はいたって普通。スポーツ系ドラマでしか味わえない高揚感みたいなものにやや欠けます。ですので、『ジュナの勢いは止まらなかった』とちょいちょい入るナレーションにより、『ああ、まだ調子良いんだ。』と認識するわけです。『EVEN』になったスコアを見て、『ああ、追いついたんだ』と現状を理解するだけにとどまるのが何とも残念。だから肝心なところで盛り上がり切れません。
 これでは、ストーリーをなぞって、雰囲気を楽しむだけの作品と言えなくも無い。
 各キャラクターの行動に一貫性がないため、個性がブレてしまっているのも問題。
 中途半端な印象の強い映画でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-16 12:26:59)(良:1票)
77.《ネタバレ》 シーンのひとつひとつが一枚の絵画とでもいうのかな。瑞々しい木々や澄み渡る青空、試合を見守る人々など、レッドフォードは本質的に美しいものを愛でているのでしょう。その感性を映像にした作品なのだと思います。確かにバガー・ヴァンスの正体や、出現の理由の説明はなかったが、全ての答えをシナリオ任せにするのでなく、たまには観客一人一人の想像に委ねてもいいかも知れない。それは観客の数だけバガー・ヴァンス像が存在しているといえるから。
りゅうちゃくんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-04-06 03:47:13)
76.すごく長い2時間。展開に意外性が一切ない!
なのにストーリーひとつひとつへの掘り下げもない!

バガー・ヴァンスさんが便利な神様、言うなれば『ドラえもん』。

救いはバガー・ヴァンスさんのありがたいお言葉で、自己啓発されます。
あと、マット・デイモンが逃げ出す時に地域住民が取り囲むシーンがなんかキュンとしました。責任感のある人なんスね。なので戦場へも先頭切って出兵したんでしょうかねー。
撮影、音楽、美術設定等裏方さんが優れてる典型作品。原作はすごくおもろそう。

スランプ気味、もしくは入院中のスポーツ選手へオススメ。
reitengoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-12-11 19:20:49)
75.《ネタバレ》 競技としてのスポーツはメンタル面が結果に影響することは事実だと思うが、何かを背負っているからといって結果が良くなるような描写は出来すぎの欺瞞だと常々思っている。その辺りに多少は気を遣って「プレー(遊び)するだけ」なんて台詞もあったけど、やはり特に何も言っていないストーリー。レッドフォードの映画らしく、爽やかさが素通りして行くような作品でした。ちなみに、キャディがあんな謎かけみたいなことを言ったらスコアは落ちるぞ。少なくとも私は絶対にOBかスリーパットする。そんなキャディに金は払いたくない。結局、伝説とはなんだ?
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-04-25 19:51:22)(良:1票)
74.堕ちた英雄の再生物語。ゴルフは滅多に見ないし、やりもしないけど、美しい景色の中での静かな戦いはゴルフならではの良さだと思う。ライバル二人(ジョーンズ、ヘーゲン)もなかなかカッコよく描かれているなと思ったら、実在の人物でしたか…。しかもゴルフ史に残る名選手なんですね。そういう予備知識があれば、さらに楽しめたかもしれない。一方、やや違和感を感じた点もある。ジュナはかつて町の英雄だった人物、その割りに彼のゴルフは「ブランク」では説明がつかないほど青臭く感じた。バガー・ヴァンスはアドバイスではなく教育を行っている。相対的にジョーンズ、ヘーゲンの力まで疑う破目に…。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-03-25 00:30:46)
73.シャーリーズ・セロンの演技が嫌で減点。ストーリーはよかった。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-03-06 12:12:59)
72.レッドフォードはたまにコケますよね。伝説って…。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 3点(2008-11-19 22:23:21)
71.バガー・ヴァンスの存在が今ひとつ理解不能。
☆きなこ☆さん [地上波(字幕)] 4点(2008-02-29 22:19:08)
70.《ネタバレ》 鑑賞中は、こりゃ実話を基にしたってパターンの大駄作だなと思っていたのですが、その後調べた限りでは実在の人物を何人か登場させているものの主人公自体は創作のよう(調べ不足かも)。
まあ、実話だろうが、創作であろうが、こんないい加減な文芸作品はない。

戦場での体験で絶望なり、価値観の変化があって堕落していった主人公というのは例え説明不足であろうと情報として与えられているのでその胸中を想像は出来る。
負けん気を刺激したり、周囲の期待に触れて試合に臨む流れというのもまあいいとしても、試合でアドバイスをされただけで変化し、優勝しちゃうなんて・・・。
変化の内容が全くないのでテーマ性も何ひとつ示せないままに終わる。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 0点(2007-12-22 20:19:11)(良:1票)
69.映像がきれいです。
可もなく不可もなくというところ。
りえりえさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-01 21:18:38)
68.バガーさんの正体が謎のままで終わってしまうのは残念といえば残念だが、
それもまたいいのではないかと思うのです。

メインのゴルフの試合も面白かった。

ヘルメスさん [DVD(吹替)] 8点(2007-07-25 20:08:35)
67.すごく綺麗な映像です。
内容は、バガー・ヴァンスが何者だったのかわからずじまいで消化不良気味です。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-11 23:45:56)
66.出だしから試合が始まるまでは面白かったが、試合が始まってからがつまらない。マット・デイモン扮する男がそんなに凄かったゴルファーに見えないのが相当痛い。酒場に居たときに比べて、試合が始まってからはとても性格がひ弱に見えるのもその一因。
MARK25さん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-03 19:36:53)
65.人間が立ち直っていく話は好きなので、別に悪くはないんだがそれまでといえばそれまでの作品。スミスが何でキャディーをやりたがったのかとか、デイモンが何で戦争後に変わってしまったのかっていうところを描いてほしかった。最大の疑問はなぜ試合途中にスミスがいなくなったのか。彼は何だったんだろう?
さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-06-20 12:20:30)
64.《ネタバレ》 レモンが見たことがバガーという謎の黒人キャディの伝説というお話。

実は主役かとも思える落ちぶれた栄光のゴルファーがディモンで、

その彼女が亡き父の残したゴルフ場の娘セロン。

さすがにセロンはこういう時代の役はきれいです。


前半がかなりたいくつなんですが一応時代の筋を読んでおくということで。




相変わらず真面目な作りだなぁと思いながら観ていくと、

暗闇で練習をするマットのところへスミスがトランクを持ちスーツに帽子で現れる。

5ドルでキャディをさせてくれというのです。

当初の予定はブラッド・ピットとモーガン・フリーマンだったのです。

私もソレがいいとは思ったのですがスミスで正解。

モーガンだと暗闇からの登場は怖いです(笑)

マットについてキャディをしながら哲学じみたうんちくを語るのですが、

これもうまくても固いモーガンではなくひょうひょうとしたスミスだからよい。

この演技は私は最後には(うまいよなぁ~)と感心したくらいですから。

押し付けがましいうんちくをいい続けるのにうるさくないんです。

独特のキャラを見抜いた制作陣に感心。

「チャンス」を思い出したのもそこなんです。

人生をやり直させるきっかけとなった謎のキャディ。

林の中での問いかけはちょっとしんみりとほのぼのしました。

たぶん私が想像するには彼は、

守護神という見方もできますがマットの過去なのではないでしょうか。


なんて優しい映画なんだとしみじみ思ったのですが、

真面目で優等生な監督の色がそのままマットにも反映されたかのような、

ゴルフのきれいさを強調するかのようなルール。

これがきっかけでキャディ・スミスはもう役割は終わったと笑顔で去るのです。

もちろんよい話なんですがゴルフの清廉なんだというルールがちょっと・・

紳士のきれいなスポーツなんだと見てくれみたいな演出が合わなかった。

最後の意識の戻ったレモンの現在のシーンに帰ったときは、

やはりいい映画かも・・とまたなごやかになっちゃうんです。

見えない謎のキャディとプレイしているんですよね。



勝負ではなくプレイすること。

私は今でもその場所を探している・・

相変わらず哲学的できれいな世界です。

惚れ惚れしますよ(苦笑)



アルメイダさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-28 14:57:20)
63.なぜバガーがキャディーをかってでたのかなぜあのとき去ったのか何者なのか一切
説明なし。そこが気になりましたがゴルフシーンの緊張感はかなりよい。恋愛の部分はちととってつけた感が否めないが。ただ全体的に詩的なセリフや空気感がステキ。
とまさん [地上波(字幕)] 7点(2006-02-17 22:20:07)
62.《ネタバレ》 途中で「まさかこの試合を延々と最後までやって、それでおしまいってんじゃないだろうな」と思ってたら、本当にそうだったとは・・・。結局、コースを回っているのをカメラが延々と追いかけているだけであって、これほど図柄的に面白くないスポーツものというのも珍しいです。それと肝心のバガー・ヴァンスという人が、どうみても適当にその場の思いつきを喋っているだけであって、これのどこが「伝説」なんでしょうか(ウィル・スミスに合っていないことはもちろんです)。点数は色彩と風景の美しさに対して。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-29 03:32:18)
61.ゴルフが好きだが、予備知識なく鑑賞。スタートから青空の中、緑の芝のなか、のんびりと老人がセルフプレーをしている。その途、心蔵発作。休んでいる間の回想で始まる。あとで老人はジャック・レモン、監督レッドフォードと知る。さもありなん。暖かく、和める、素晴らしい作品。2大ゴルファー役、およびセロン最高。
ご自由さんさん [地上波(字幕)] 8点(2006-01-27 18:40:02)
60.ゴルフのことは分からないけどこんな風に自然と一体になってみたい。ストーリーが盛り上がりに欠けたまま終わってしまったのが惜しいが面白かった。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(字幕)] 6点(2005-11-13 21:25:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 6.20点
022.53%
100.00%
211.27%
322.53%
4911.39%
51113.92%
61924.05%
71417.72%
81417.72%
933.80%
1045.06%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.25点 Review4人
2 ストーリー評価 5.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.60点 Review5人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 0.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS