Menu
 >
 >
 > セントラル・ステーション

セントラル・ステーション

Central Station[米]
(Central do Brasil)
1998年【ブラジル・仏】 上映時間:111分
平均点: / 10(Review 75人) (点数分布表示)
ロードムービー
[セントラルステーション]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-09-01)【+】さん
公開開始日(1999-01-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォルター・サレス
キャストフェルナンダ・モンテネグロ(女優)ドーラ
脚本ウォルター・サレス
音楽アントニオ・ピント
製作アーサー・コーン
制作NHK(制作支援)
配給日本ヘラルド
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.《ネタバレ》 この映画の熱量の高さにすっかりあてられてしまった。ブラジル社会へのカルチャーショックといってもいい。21世紀、この情報化社会になっても映像で迫る”極端さ””すべての物事の濃さ”には一日本人としてただ圧倒されるのみ。駅にあふれる人人人、万引きしただけで射殺され、駅に子どもが一人寝ていても誰も顧みない。代筆屋が商売になる識字率の低さ、臓器売買の闇。まず舞台となるこの社会が容赦ないのですっかり肝を潰された。なんとゆるくないことか。
ドーラは、皆ひどいオバサンだと言うけれど、たぶんかの国では「普通の」平均的な大人なのだと思う。社会そのものがサバイバルな状況では、山といる孤児一人ひとりにかまっていたらキリが無いのだ。
男の子が良い。私が少年にめっぽう弱いということを差し引いても。ジョズエはサバイバル社会の子らしくめそめそはしないけど、そこは子ども、若い頃のジュリエット・ビノシュに似たキレイな顔を時々ふっと曇らせる。ドーラとけんかし、だけど頼りにもし、彼女がへこんだら逆に励ます。ああ泣ける。
まったく予想もつかなかった終盤の展開は素晴らしかった。奇跡的に見つかった暖かな血のつながりと、ドーラ曰く「飲んだくれ」父親のおぼろげな実像。ああ良いラストだった。もうドーラは他人の手紙を投函せずにしておいたりはしないだろう。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2017-01-22 18:18:51)(良:1票)
74.ドーラとジョズエがあまり好きになれないから、当然ストーリーにも感動できず。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-06-16 00:31:53)
73.《ネタバレ》 これは結局、父親探しというのは手段にすぎず、いい加減に生きてきたおばさんが改心するお話なんでしょうか? しかしそれにしても、このおばさんには終始魅力が感じられず。いい加減に生きるようになった背景の描き方も雑。その背景に説得力がないから、最後に改心する行為にも説得力が感じられません。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-02-02 18:21:18)
72.時代背景がよく分かりませんが、製作年と同じならブラジルのあまりの途上国振りが意外でした。中味の方はなかなかいい映画だと思いますが、ドーラとジョズエのキャラに作り物感を感じてしまいました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-27 23:42:23)
71.いいんだけど、少し雑なところもあって残念。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-20 01:51:40)
70.《ネタバレ》 代筆業のドーラは手紙を出さずに捨ててしまうし、母を事故で亡くした少年を売り飛ばすし、とんでもないおばさん。
ロードムービーとしてはありがちな話ではあるが、ドーラのキャラがいい。
少年が万引きしたのを説教しながら、自分はさらに盗みを重ねる。
せっかく口紅を塗ったのに、トラックの運ちゃんに逃げられる。
ドーラと少年は擬似親子の関係だが、親が子によって成長している。
ごうつくババアだったドーラが愛おしくなってくる。

旅行くブラジルの自然が美しい。
それと対比的にブラジル社会の暗部が垣間見える。
パンを盗んだ者を容赦なく撃ち殺す。
低い識字率。子供の臓器売買。
そんな社会の中にもある普遍的な情愛が心に響く。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 8点(2014-05-14 20:09:21)(良:1票)
69.《ネタバレ》 ダイナミック感は無いものの、いわゆるロードムービーの割にはじっくりと観られる良い映画。
最初はドーラの性格は全く好きになれないが、最後に「人生をやり直したい」というような本音の手紙を書いていることから、自分のことをよく分かってはいるんだろうな、と思う。

人生はその流れからなかなか引き戻れない。ジョズエはこれからだが、その他の人物は今の枠内で生きている、ということを淡々と表現していると感じた。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-01-11 23:58:04)
68.主人公のおばさんの成長物語…?この主人公がきつくて、慣れるまで苦痛だった。だんだんといい人に近づいていくが、それでも根本的にいやな人だと思うので。少年は勘が良すぎだろうと何度もつっこみたくなった。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-10-09 00:11:32)
67.少年と初老の女性との交流を描いたロードムービー。
ストーリーそのものより、ヒロインのキャラが非常に個性的でいい。
いかにも独身のオバさんといった感じで粗野でひねくれ者、
もう世間など一切信用していないといった彼女が、ふと見せる人間臭い一面。
少年との旅の中でヒロインが徐々に変わっていく過程は、下手な感動実話より面白い。
お涙頂戴ではないラストもグッド。映像や演出などは可もなく不可もなくだけど、
お薦めの佳作。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-09-23 21:33:29)
66.カメラがいい仕事してたな~ 凝った撮り方をする。そこに1点加算。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-02-22 19:35:44)
65.とてもいい映画だった。特に最後のバスのシーンよかった。その時の婦人の満足化な表情が心あたためられた。都会の混沌した生活から抜け出し、ブラジルの荒野が心をあらって綺麗になっていくようだ。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 9点(2011-02-20 08:05:09)
64.《ネタバレ》 うざい程の大群衆をしつこいくらい延々と撮り続ける前半、バスやトラックで大平原の一本道をひたすら走り続ける中盤、広大な住宅街の一角に落ち着く終盤。その視覚面への繊細な配慮が、ドラマの順を追った構築を際立たせている。最初にドーラのダメっぷりを存分に描いているのも終盤に生きてくるし、手紙以外にもハンカチや口紅やワンピースなど、小道具の使い方も味がある。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-02-18 23:54:52)(良:1票)
63.一緒に旅していくうちに心の交流が生まれるというありきたりの話ですが、ブラジルという馴染みのない発展途上国を舞台に展開していて見ごたえがあった。ドーラとジョズエの距離感がよく、最後に絆ができたところで別れるというところは少し悲しかった。
MSさん [ビデオ(字幕)] 10点(2010-02-11 10:33:43)
62.《ネタバレ》 人の手紙破いたり、子供を売り飛ばそうとしたときはこのババア、鬼畜にもほどが
あるぞ!と思いましたが、この人間のできていないドーラさんの予測不能な行動やセリフが面白いです。ストーリー自体はベタで、旅を続けるにしたがい、憎たらしかったドーラさんは、やっぱり次第に子供にほだされていき、表情も優しくなります。
しかしながら、その過程に無理がなく、鑑賞している僕も同時にこの二人を好きになっていました。
見慣れないブラジルの景色もあわさって、最後には心地よく、静かな感動を得られました。良作。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-11-26 14:35:08)(良:1票)
61.《ネタバレ》 前半で、薄情なせちがらい世を一人で生き抜いてきたドーラをしっかり描いているから、後半も甘さに溶けてしまわない。他人の街、他人の言葉を預かる代書屋、言葉なんて他人にまでちゃんと届かなくってもいいと思うまで、うんざりと他人に満ちている。かっぱらいもあれば臓器密売業者もいる。優しいお姉さんみたいのが罵り声をあげる。そういった混濁からしだいにブラジルの風景によって浄化されていき、カトリックの祭りのロウソクの波もあったなあ、この変化がロードムービーの味わい。ラスト、夜明けにドーラが旅立つ。兄弟の間で寝ていた少年が気配を察しても大声で叫ばないところ、普通の声でつぶやくようにドーラと言うところが泣ける。彼女自身の手紙、祭りのときの写真、泣ける泣ける。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2008-10-25 12:12:29)(良:1票)
60.ラジオを盗んだだけで射殺される国。ストリートチルドレンと人身売買。ブラジルの抱える社会問題がさらけ出される。この作品のいいところはこれらの諸問題を前面に出さずに、また語らずに、それでもしっかりと見せるところにある。都会から田舎へと移動するロードムービーはさらにブラジルの様々な顔を見せてゆく。代筆という仕事はブラジルの教育問題をもさらけ出しているが、同時に様々な顔を見せるブラジル中を繋ぐ重要な役割をこの女性が握っていることをわからせてゆく。そして田舎での代筆で、無条件に神に感謝する言葉、愛する人を想う言葉に「信じる」ことの素晴らしさを発見する。代筆、都会と田舎、子供、旅、それらは物語を感動的に盛り上げる一方でブラジルの現状というものを映し出す重要な駒ともなっている。いろいろな意味でよく出来た話。惜しむらくはユーモア。このおばさんと子供がなかなか魅力的なデコボココンビなのだが、このコンビならもっと楽しいシーンがあっても良かったように思う。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-09-30 12:57:46)
59.《ネタバレ》 とあるブラジルのドキュメンタリー映画を見たときの衝撃が大きすぎて、この映画を観ても特に驚くことは無かった。ブラジル人の国民性、文化、政治状況などがわかっていた方がもっと登場人物に感情移入できると思う。ドーラが人の手紙を平気で捨てる事も、万引きする事も、「まぁブラジルだから」と思ってやりすごせるレベルだった。悪いことには変わりないし、ドーラの人間性を疑うが、ブラジルに住んでいればこういうことをする人間はわんさといるだろうと思った。そうやって冷静に映画を観ていたからだろうか、終盤のドーラの変わり様には純粋に感動した。暫し訪れるジョズエとドーラの平和な時間の、スナップ写真集の様な部分がとても心に残っている。最後のドーラの手紙の文章、ジョズエの顔、写真、全てに泣かされて映画が終わる。やられた・・・。
ウィマさん [DVD(字幕)] 9点(2008-01-06 19:10:51)
58.《ネタバレ》  ほんの10年前に製作された映画なのに、文化の違いのせいもあるのかとてもギャップを覚えました。電車が着くなり窓から乗車する若者、万引きをすると撃ち殺されるのが当然な治安、そんな文化圏にいるにも関わらず万引きを行うドーラとジョズエ。
 正直この映画で人間に惹かれることはありませんでした。でも人間の代わりにとても惹かれたのは、代筆屋の仕事のほうでした。文字が書けないために代筆屋に依頼し、手紙の文字を自分の口から出る言葉で綴っていく人々のその姿が、素直にジーンときました。
そもそも識字率がとても高い日本では代筆業なんてものは仕事にもならないでしょう。それどころか今の日本では携帯電話も普及し、口から出す言葉どころか個性も何もないデジタル文字が飛び交っています。しかしそんな環境にいる自分だったからこそ、そんな手紙の綴り方が印象的でした。それだけに、お金だけを取り、書いた手紙を投函しないどころか勝手に開けるようなドーラの行為に憤りすら覚えました。相手にメッセージをなかなか伝えられないような人達だからこそ、それぞれに思いメッセージがこもっているはずなのに・・・。
代筆屋。こんな時代だからこそいて欲しい時もあるかもしれませんね。その時はもちろん、きちんと投函してくれる人で(笑)
TANTOさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2007-12-23 02:23:26)
57.ハリウッド映画にはない魅力があふれるヒューマンドラマ。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 4点(2007-07-23 18:57:42)
56.ドーラとジョズエってどこかで聞いたことあるような。
ポルトガル語ってだけで評価高いけど、実は結構退屈だった。
Michael.Kさん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-19 03:43:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 7.05点
000.00%
100.00%
200.00%
345.33%
468.00%
568.00%
61114.67%
71520.00%
81418.67%
91013.33%
10912.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 6.00点 Review2人

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
主演女優賞フェルナンダ・モンテネグロ候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS