Menu
 >
 >
 > 愛のむきだし

愛のむきだし

LOVE EXPOSURE
2008年【日】 上映時間:237分
平均点: / 10(Review 80人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー青春もの実話もの
[アイノムキダシ]
新規登録(2009-03-13)【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-11-05)【8bit】さん
公開開始日(2009-01-31
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
演出坂口拓(アクションデザイン)
キャスト西島隆弘(男優)角田ユウ
満島ひかり(女優)ヨーコ
渡部篤郎(男優)角田テツ
安藤サクラ(女優)コイケ
渡辺真起子(女優)サオリ
清水優(男優)
尾上寛之(男優)
板尾創路(男優)
中村麻美(女優)
岩松了(男優)
深水元基(男優)
吹越満(男優)
堀部圭亮(男優)
松岡茉優(女優)
綾野剛(男優)
広澤草(女優)
宮林大輔(男優)
山中アラタ(男優)
山内菜々(女優)
永岡佑(男優)
須田邦裕(男優)
落合モトキ(男優)
裵ジョンミョン(男優)
古屋兎丸(男優)
原作園子温(原案)
脚本園子温
撮影谷川創平
プロデューサー横濱豊行(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給ファントム・フィルム
特殊メイク西村喜廣
美術西村喜廣(特殊造型)
編集伊藤潤一
照明金子康博
あらすじ
幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。母の遺言で理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。 しかしテツが奔放な女サオリと出会ってから生活が一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツは聖職者であることから罪悪感に襲われ、ユウに「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗撮という罪作りに没頭していくユウ。 そんな彼はある日、罰ゲームで女装している最中に、ついに理想の女性ヨーコと巡り合う・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
60.4時間という長さを感じさせません。特にDVD前編のテンポの良さ。宗教、レズ、盗撮、、それぞれ抱えてるテーマは屈折してるし深すぎるんだけど、ラストはもっとも単純で純粋な愛の形で終わったところがこの映画の素晴らしさだと思う。主人公を西島が演じることで変態主人公になりかねないユウをコケティッシュで純粋で見る人を置いてけぼりにしないキャラへと完成させたと思う。彼をキャスティングした監督、大正解です。
はちまろさん [DVD(邦画)] 10点(2013-02-27 21:57:53)
59.《ネタバレ》 「ヒミズ」を観た時にも感じたが、園監督は「人が人を救済する」という演出が好きなんだなあと率直に思った。「ヒミズ」では、自暴自棄になった主人公をヒロインが救済しようとするし、この作品ではインチキ宗教団体に洗脳されたヨーコをユウが救い、終盤ではヨーコがサソリ(ユウ)を救おうとする。人が人を見捨てずに救おうとすること。それこそが園監督の考える「愛」であり「希望」なのではないだろうか。そう考えると、過激な演出に注目が集まりがちな園監督だが、意外と優しい人なのかもしれないと思った。
mickeyさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-09 20:20:17)
58.《ネタバレ》 渡部扮する神父を誘惑する女は、どうみても男が惹かれるような容姿ではない。初っ端から神父がものすごいマニアに見えてドン引きする。これって絶対ミスキャストだろうと思ったが、演出上の狙いなのか。作品全体にコントみたいなシーンが散りばめられているのを見るとそう思えてくる。

満島ひかりはフォルダー5にいたときは全然記憶に残らないほど目立たなかった。ところが、この作品での存在感はたいしたもので、こんなに変わるものかと感心するほど。かわいい若手女優はたくさんいるかもしれないが、かわいくてカッコいい人はなかなかいない。この映画の満島ひかりの輝きには目を奪われる。他のキャストも概ね良かったが、安藤サクラが印象的に残った。独特の空気を持ったおもしろい女優だ。

サイケでポップで危ない映画。わけのわからないパワーと軽快なテンポで飽きさせない。むきだしの愛を表現するのに、カルト教団からの救出は格好の設定だった。ギャグタッチでありながらもラストは感動的。途中つじつまの合わないことや意味不明なところもあるが、力技でねじ伏せられた感じ。ただ、もう少し整理すれば短く出来たはずで、退屈はしなかったけど4時間は長い。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 8点(2013-01-22 21:54:48)

57.《ネタバレ》 ハッキリ言って私は純愛映画が嫌いです。「運命で結ばれた二人」とか言っちゃってても雪山で遭難でもすると、そういうカップルほど最終的に食料奪い合ったりするんじゃないの?と思っています。というか普通の純愛映画はそこのリアルを隠すために、難病だったり突然の事故だったりで片方を永遠の存在にすることで成立している作品が非常に多い。しかしこの愛のむきだしの純愛は突き抜けるところまで突き抜けている。まさに"むきだしの愛"を見せつけられる4時間。この主人公の純愛度合いは半端じゃありません。彼がヒロインの洋子と前述の様に雪山に遭難したとしたら食料から着衣まで全部彼女に与えるだろうと断言できる!もしかしたらニッコリ微笑んで自分の肉を相手に食わせるくらいするかもしれない。正直そのくらい、彼の愛は狂っています。異常です。でもそのむきだしの愛が成就する瞬間、ラストに彼が勃起するシーンで私は爆笑しながら号泣してました。こんな映画体験は生まれてこのかた初めてです。主人公は変態かもしれない、異常者かもしれない、また映画としては歪かもしれない、それでも私は彼が好きだしこの映画が好きだ。これ程の純愛にはもう出会えないとすら思える。
民朗さん [DVD(邦画)] 10点(2012-10-28 21:02:40)
56.《ネタバレ》 いやあ、困った映画だ……。
というのが、鑑賞直後の率直な感想。“何”を重要視するかで、褒めちぎることも出来るし、どこまでも蔑むことも出来る。そういう映画だった。

タイトルが示す通り、「愛」そのもののあまりに無防備な“むきだし”の様を延々4時間見せ続ける。
それだけで、一言「凄い」と言えばその通りで、他のあらゆる映画とも似通わない“天上天下唯我独尊”的映画だと言っていい。そのオリジナリティと絶大なエネルギーは、もちろん賞賛に値すると思う。

しかし、観賞後しばらく時間が経過して、個人的には拭いされない「違和感」が先行していることに気付いた。
人間の本質的な雑多さと下世話な様に満ち溢れた映画であることは間違いない。
過剰な“エログロ”描写が、鑑賞者の好き嫌いを大別することも明らかだろう。
ただ自分が感じた「違和感」は、そういう部分のことではなかった。

端的に言えば、「宗教観」だと思う。
難しく微妙な宗教描写にも、この映画は堂々と土足で踏み込んでいく。僕は無信仰なので、それらの描写もこの映画のエネルギッシュな娯楽要素として受け入れることはできた。
しかし、よくよく考えれば、この映画の宗教描写はあまりに乱暴過ぎるのではないかと思った。

主人公は、明らかに怪しい新興宗教に陥っていくヒロインに対して、「あの新興宗教でなければ、他のどの宗教を信じてもいい」というようなことを言う。
無信仰な者の台詞であれば、べつに違和感はない。しかし、主人公が生まれた時から敬虔なクリスチャンの家庭で育った人間であることを踏まえると、ちょっとあり得ない台詞なんじゃないかと思う。

そして、この映画では、信仰の深い人間が徹底的に危うく脆い者として描かれる。
「宗教」がテーマの核心に存在しているが、この映画はどこかで、信仰を軽蔑しているように見えて仕方がなかった。

そういう“立ち位置”を今作に感じてしまうと、みっちりとエグい描写が羅列する程に、致命的な軽薄さが垣間見えてしまった。

ただし、このあまりに特異な映画世界に息づく演技者たちはすべて素晴らしい。
特に物語的な主人公と言っていい“3人”が凄い。
西島隆弘、満島ひかり、そして安藤サクラ、この若い3人の俳優が凄まじい存在感を全編に渡り放ち続けていた。

さて、結局面白かったのか、面白くなかったのかどっちなのだろう。
ああ、困った……。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 6点(2012-09-19 23:11:55)
55.《ネタバレ》 主役は3人。ユウ(西島)、ヨーコ(満島)、コイケ(安藤)です。満島ばかりが注目されていますが、安藤がじつに素晴らしい。彼女は悪役です。しかし父親から虐待を受け続け、ある日父親のペニスを切り落とし、学校では不健全性的行為を行う生徒を刺しまくって、返り血で真っ赤になり、あげくのはてに「壊れちまえ」とつぶやきながら日本刀で自分の腹を刺して爆死するという病んだ現代日本においては、どこにでもいそうなリアル女の子です。それでも存在感は満島を超えていた。もし、私が懺悔することがあるとするならば、彼女に好意を持ったことでしょう。冒頭の乱闘するヨーコは良かった。この女は男を憎むことによって輝きを増す。しかしである。なぜか後半から腑抜けのように弱くなってしまう。ユウごときに拉致されるなよ。しかもこの拉致によってヨーコは逆洗脳されてしまうのだ。それともう1人の主人公ユウ。お前の変態行為(盗撮)は、父のための偽りの変態行為だ。本当の変態たちに大変失礼だ。オタクじゃないのにオタクを演じる芸能人と同様に商業的パフォーマンスに見える。それにこの男は私の知る限り、3人は殺っている。しかし精神異常者で無罪。精神病院へ。ラストでヨーコのおかげで正気を取り戻す。感動どころか、正常者に戻ったのなら死刑になれよ、と私は怒りのあまり叫んでいた。お前の「原罪」は盗撮じゃなく人殺しだと気が付くべきだ。しかも勃起は愛なのか?じゃあ健全な我々は、妻以外の女性たちに勃起したらそれも愛か?むしろ妻より勃起してしまったらどうする気だ?違う、だから違うのだ。愛とは共感なのだ。けっして性欲ではない。だからコイケのユウに対する「共感」は紛れもなく愛だと私は思っている。それが罪の共感であっても。しかし親から愛情を受けずに育ったコイケの愛情表現はゆがんでいた。愛をむきだしにできる人間はむしろ健全だ。しかし愛をむきだしにできないからこそ、トラウマを抱えた我々は犯罪者のように苦しむのだ。ユウの父親が言う。「今日の罪はなんだ?」お前は自分の罪に逆切れしただけだ。だから「罪人は俺だけじゃなくて善人顔のお前もそうだろ?」と自分の息子に詰問したのだ。コメディは不要だ。盗撮シーンで一時間以上も使っておいて何が4時間の超大作だ。ちなみに盗撮は変態じゃなく犯罪です。今日も私の地元では学校の先生が盗撮で逮捕されました。
花守湖さん [DVD(邦画)] 2点(2012-09-09 21:10:14)(良:1票)
54.真実をもとにした話なのに全然リアリティがない。キャラのインパクトはすごいんだけどそれでつっぱしってしまったのでそれ以外がよく見えない映画でした。いらないエログロもなんだかなぁ。
とまさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-07-22 17:21:53)
53.《ネタバレ》 ドラマ「それでも生きて行く」と映画「悪人」で満島ひかりにやられて、どうやら「愛のむきだし」という凄いのが
あるらしいと知り、完全に満島目当てで鑑賞。今より少し初々しい彼女にくぎづけ。でも見終わって私の心を支配したのは、コイケだった。何をしでかすか分からない邪悪な表情にわくわくだ。凄い女優が出て来た。そういえば、安藤サクラ、「それでも生きてゆく」にもいやな女で出ていた。ユウ役の西島は爽やかすぎて、変態には見えないが、それがぎりぎりこの映画を踏みとどまらせているのかな?相変わらず血しぶきだらけの園子温監督だが、紙一重のセンスを感じる。たぶんまた観たくなる作品だと思う。一人で。
ブタノケ2さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2012-05-05 17:03:04)(良:1票)
52.《ネタバレ》 園子温監督作品ってことで、夜、部屋でひとり鑑賞。
もちろんヘッドフォン装備です。
これでエログロシーンが出てきても家族に迷惑かかりません。
予感的中『勃起』なんてフレーズでまくり。
フフフン、想定の範囲内だぜって思ってたら予想外の上映時間。。。
(ってうそです上下巻なので想定の範囲内でした)
4時間のヘッドフォン(安物)鑑賞はそこそこの疲労感。
むきだしの愛をヘッドフォンで受け止めるのはチトしんどい。
こーゆーのが大丈夫な人とカラカラ笑いながら楽しめたらいいのになぁ。
ろにまささん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-18 02:53:53)
51.《ネタバレ》 約4時間に及ぶ長編ではあるが、飽きずに見ることはできた。くだらないとも思える部分、グロい部分、エロい部分・・・とあるわけだが、この独特な演出は許容範囲であり、こういう内容だったからこそ見ることができたと思う。この作品で、なんといっても素晴らしかったのは、満島ひかりだろう。彼女がすごく魅力的で、とても良かった。可愛いとかエロいとか思うだけではなく、迫真の演技ももちろん素晴らしく、彼女の存在がこの映画を持たしていたと思う。そして、もう一人、コイケ(安藤サクラ)だ。憎たらしいキャラであり、イライラさせてくれる。だが、それだけにヒールとして素晴らしかったということだろう。全体的にはシリアスな展開で、苦しくもなるが、最後に訪れる崩壊からの再生は、そこまでのプロセスが激しかっただけに爽快だ。
スワローマンさん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-13 17:51:57)
50.一日目にDVDの上巻、2日目に下巻の途中まで、三日目に残りの最終チャプターをみました。一気に見れちゃうのかと思ったけど、最後までみるのに結構苦戦した。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2012-02-16 12:38:39)
49.《ネタバレ》 スゴイ… まさにむきだしな愛  長く苦しいトンネルを抜けた そこにあったものは  まさに「愛」 それもまさにむきだしな「愛」   我々観る側に まるで挑戦するかのような 確信的な4時間という長さ  ある意味制作側の  この壁を乗り越えられた者のみに与えるかのような  ある種の喜びを 今かみしめています   イヤホント素晴らしい!  良い映画に出会えマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-02-04 23:21:37)
48.《ネタバレ》 まったく先が読めない展開のストーリー、確信犯的なVシネマチックなB級テイスト、そして忘れたころになって突然出現するメイン・タイトル、いやはやとんでもない映画を観てしまったみたいです。「聖母マリア」「盗撮」「ボッキ」、この三つのキーワードを使って映画を撮るなんてほとんど暴挙と言えるんだけど、破綻しそうなストーリーが最後には感動させてしまう園子音のオリジナリティは、TV局と広告代理店が企画した駄作のオンパレードだったゼロ年代の邦画界にあっては奇跡の様な偉業に違いありません。満島ひかりが“コリント人への手紙”の一節をシャウトするシーンは、この先永く語り継がれることでしょう。そして安藤サクラ、まさに彼女こそ“女でんでん”だ!
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2012-01-31 01:35:22)
47.盗撮だ股間だ勃起だとしょーもないキーワードが飛び交うばか映画、と言ってしまうには4時間もの長きにわたってみんな結構必死に愛を捜し惑う姿にそこそこ真摯さも漂う不思議な作品。なにやら確固とした信念らしき情熱がこの作品を貫いていて、くだらん、と一蹴するのはためらわれる。大人の男どもがど変態とダメ人間しか出てこないのに比べて、若手俳優たちの眩しいこと。闘う構えも清清しい暴力聖母の満島ひかりに、盗撮行為すらあっさりぽん酢テイストに変換した西島隆弘。性悪そうな顔立ちを、ことさら醜くゆがめて迫る安藤サクラ。見応えありすぎ。「オレは変態だけどきちんと生きている」ユウの絶叫に、お、おお、そうか、と思わずつりこまれてしまうのだった。うーん、怪作。
tottokoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-01-10 02:13:18)(良:1票)
46.これは、宗教だエロだ暴力だって興味を引きやすい題材をごった煮にして、終盤にきて愛だ愛だってうるさく叫んでいる漫画。このエネルギーを普通の方向に注ぎ込めばそれなりに評価できるものができそうだけど、そこらへんは確信犯だろうから否定まではしません。満島ひかりと安藤サクラが毎度の事いい味出していて4時間もっているようなものですが、しかしそれはただ個人が良いだけの事。私にはこの作品を持ちあげるだけの要素を見つける事ができませんでした。
ヴァルディアさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-12-16 18:18:04)
45.長かったけど、普通に観れました。特段面白い訳じゃないのに、この作品の持つパワーが、4時間近く僕の目を釘づけにした。途中「?」な展開もあるけど、そこは何となく察しろという事なんでしょう。決して名作じゃないけど、印象強い作品だった。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 6点(2011-11-10 01:43:08)
44.ここでの評価は高いようですが、私にはこの映画がわからん・・・。
4時間も無駄に・・・。
登場する女性がもれなくブスなのは狙いなんですよね。
虎王さん [DVD(邦画)] 4点(2011-10-28 01:28:25)
43.こんなふざけたバカ映画で人を感動させようというのはどうかと思うけど、ラストは感涙してしまったので仕方ない。
正直、序盤3時間くらいは0点付けようかと思ってたほどだけど、拉致以降1時間で一気に巻き返した。
ラスト10分はまさに感動のラストスパート。
勃起で感動という時点で、ちょっと僕も洗脳されてしまってるのかも知れないけど、ふたりのむきだしの愛にやられてしまったようだ。
もとやさん [DVD(邦画)] 9点(2011-10-21 14:23:18)
42.本作については、「満島ひかり」。女優誕生の瞬間を見届けた4時間だったと思う。
なたねさん [DVD(邦画)] 9点(2011-09-23 14:10:55)(良:1票)
41.《ネタバレ》 『お腹すいてない?』→ 「すいてないよ」 
『なに見てんの?』→ 「わ、渡部篤郎の ‥ 」 (あっ、とっさに出て来た渡部篤郎が。でもそれってとっさに答えたにしてはナイスやん) でも、
『渡部篤郎の? 』→ 「そう 渡部篤郎の ‥。」 (えっなに?なぜに渡部篤郎程度でそんなに食いつくの?) 
『渡部篤郎が主演なの?』→ 「そう やと思うよ ‥‥ 」 (って、実はそんなことないけども。いちいちパンチラ少年のお話なんて言いたくないし、言えせんし。) 
『渡部篤郎のどんなドラマなの?』→ 「 って、もういいやん もうどんなでも ! 」 って。(ちょっとイラッとしてしまった優しくない自分に猛反省。) 
そもそも、フリーな時間をもらって部屋に籠もること4時間中。出来ればその4時間ほったらかしにしておいてほしいもんだったんですが、なぜだか嫁が度々様子を見に来る。
それもいちいちバツの悪いとこばっかでやってくる (ユウくんがパンチラ狙ってカメラ片手に大活躍中のとこだとか)
(板尾創路がコイケにSなシーンとか) (堀部圭亮がヨーコの両手首を押さえつけてレイプまがいのとこだとか) 
ちょっと部屋に入ってくるタイミング悪すぎやない?おまえ。 
ちょうどそんなシーンに限って部屋にやってくるのはやめてくれたまえんかね おまえ。
たまたまの変態シーンを目撃されてしまって〝変態映画見ようっちゃん〟なんて勘違いされてしまっちゃかなわんですがな もうさ。 ってな具合にさ、、ちょっと集中力を無くしてしまった。やっぱこの手の作品ちゅうのは嫁さんがお出かけしてる合間に見ることお勧め賜う ご注意を。
3737さん [DVD(邦画)] 8点(2011-09-11 23:00:41)(良:1票) (笑:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 7.17点
000.00%
111.25%
211.25%
322.50%
4810.00%
545.00%
61012.50%
71417.50%
81721.25%
91113.75%
101215.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review5人
2 ストーリー評価 6.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 6.50点 Review6人
5 感泣評価 5.75点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS