ドロップのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドロップ
 > (レビュー・クチコミ)

ドロップ

[ドロップ]
Drop
2008年【日】 上映時間:122分
平均点:5.03 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-20)
ドラマ青春もの小説の映画化漫画の映画化
新規登録(2009-03-19)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督品川ヒロシ
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト成宮寛貴(男優)信濃川ヒロシ
水嶋ヒロ(男優)井口達也
本仮屋ユイカ(女優)みゆき
上地雄輔(男優)木村ヒデオ(ヒデ)
中越典子(女優)信濃川ユカ
波岡一喜(男優)森木隆
SUGURU(男優)住田清彦
宮川大輔(男優)小野
遠藤憲一(男優)達也の親父
藤本敏史(男優)体育教師
村上知子(女優)ファミレスの店員
河本準一(男優)宅配便
哀川翔(男優)刑事
坂井真紀(女優)教師
益岡徹(男優)医師
品川祐(男優)床屋の店員
住谷正樹(男優)加藤宏二郎
綾部祐二(男優)安城豊(ルパン)
若月徹(男優)山崎秀樹(ワン公)
坂本雅仁(男優)石川照美(テル)
増田修一朗(男優)赤城亨
原作品川ヒロシ「ドロップ」( リトルモア刊)
脚本品川ヒロシ
音楽沢田完
製作角川映画(「ドロップ」製作委員会)
吉本興業(「ドロップ」製作委員会)
配給角川映画
美術磯田典宏
照明松隈信一
あらすじ
不良に憧れて私立中学から公立中学に転校したヒロシの恋と喧嘩の日々をコミカルに描いた青春ヤンキームービー。原作は品川庄司の品川祐の同名小説。コミック化に続いての映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.不良モノと思って期待せずに観たけど意外と面白かった。
退廃的な部分は目を瞑るとして、コメディとして面白かった。
中盤からは妙な友情感だったり、ちょっと泣けたりとか。
何気に最後まで楽しんでしまいました。

なお、原作は1mmも知りません。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-07-21 23:31:07)
32.《ネタバレ》 中学生には見えなかったなぁ。
あたまの中身は小学生みたいでしたけど。
仲間内の会話なんかはくだらなくて面白かったです。
赤城と加藤との『勝負しろ!』『上等だ』の応酬は良かったですね、なんだかほっこりしました。
それにしても意外とって言ったら申し訳ありませんが品川さんの監督っぷり、良かったんじゃないですか。
WOWOWの監督企画で三作連続でやるらしいですけど、ほかの作品も楽しみになりました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-05-21 07:06:59)
31.《ネタバレ》 今まで自分が見て来た映画人生の中で、ダントツのワーストに入る駄作中の駄作。
過去のマンガ、映画、ドラマ、小説さまざまなヤンキー作品のよくあるシーンをごちゃまぜにして、薄めたような映画。笑いなし哲学なし感動なし。
お笑い芸人が監督なら、笑かす部分だけは他の映画監督と違いを見せて欲しかった。
ヤンキーを美化したいだけの作品。
ビバ!ロック!さん [地上波(邦画)] 0点(2015-01-07 02:26:44)
30.《ネタバレ》 不良映画(言い方古い?)、ヤンキー映画か?は数あれど・・・
『人間は簡単に死なねぇ~よ』って金属バットで殴るのには物凄い違和感があった・・・

分別つかない青少年には観せたくない(R指定にした方が・・・とも)。
集団で道具持って襲撃しに行くシーンなんかは、何たら連合の人違い殺人なんかを連想してしまった私です。

漢なら素手で喧嘩しようよ・・・(素手でも当たり所悪けりゃ死んじゃうよ?)。
素手じゃないなら、ピコピコハンマーかハリセンくらいで丁度良い感じに思えた。

でもテンポ良く飽きさせないのでマンガだと思えば(てか思って下さい、青少年諸君)面白い。

終盤のベタな展開も単純な私はホロリとしたし、多々あるボケ突っ込みシーンも嫌ではなくクスッときた。
この辺は、お笑い出身の一辺が見えたし初監督にしては上手く纏まっている作品だと思う。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 6点(2014-03-30 02:42:15)
29.漫画は未読だけど映画はそれほど楽しめなかった。
シンプルなヤンキー映画でベタな展開のために意外性はない。
初監督作品にしてはまとまってはいるけど、少し古い感じもして物足りなかった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 3点(2013-08-29 22:50:38)
28.以前、宇多丸師匠が酷評していて、勝手に糞映画認定していたこの作品。好き嫌いはいけないと、意を決して鑑賞してみました。
思ったほど悪くない。むしろテンポも良くて面白いよ、この作品。「簡単に人は死なねェ」と嘯いてバットで敵をボコボコに叩きつける水島ヒロ。それに対して、「いや、死ぬって!」と宇多丸は批判していたけど、これは映画の演出だし、ヤクザ映画と同じで、別に凶器を使って喧嘩するヤンキー映画が悪いとか、卑怯とも思わない。

ただし、ヤンキーの彼女が黒髪の清純派!これだけは許せない。品川ヒロシの趣向が反映されてるんだろうけど、お前らにはケバい感じのギャルがお似合いだろ、と。
それと、中学生の役に20代半ばになった成宮さんや水島君を起用するのもなんだか、バトルロワイアルの山本太郎並の違和感でした(これも品川の趣向なんだろうけど)。
こまごまさん [DVD(邦画)] 7点(2013-03-23 22:58:38)
27.漫画のコマがそのまま実写に移っていく始まり方からして楽しい。
初監督作品だが、決して自己満足になっておらず、何よりもまず観客を楽しませようという姿勢が見て取れることに好感が持てる。
アクションシーンのキレも良いし、お笑いの要素もふんだんに散りばめられていて、気楽に楽しめる娯楽作品になっている。

何の期待もしないで観たせいか「やるじゃん!おしゃべりクソ野郎!!」と、自分的に絶賛(笑)
poppoさん [地上波(邦画)] 7点(2011-08-02 13:57:12)
26.《ネタバレ》 漫画と組み合わせて、それでもって、「不良になりたいから公立へ行く」。
最初は、ありえない!と思って見ていて、まあほとんどがケンカのシーンが多かったけど、自分的にはあのノリツッコミは面白かった。
中学生にしちゃ老けてるが、実際の不良も老けていた気がするから、いいんじゃない?
「人間そんなに簡単に死なねえよ」と言っていたが、最後にヒデさんが死んでしまう事で死ぬものは死ぬんだよって。
昔ならこういう暴力映画は嫌いだったのだが、リアルじゃないところでの話でなら、楽しめるようになった。クローズのおかげかな?
まあ、なんていうか男同士拳を交わさないと、成立しない友情もあるんかなと。
結構期待して見たけれど、面白かったが、ヒデさんが死ぬ必要はなかったと思うのでマイナス1点。

べるぜさん [DVD(邦画)] 6点(2011-05-04 22:46:06)
25.思ってたより普通の映画だった。アクションシーンはそれなりに見ごたえはあるが内容が薄く、映画の匂いがまるでなかった。 あと中学生の設定はムリがあると思う。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 5点(2011-04-30 14:55:14)
24.《ネタバレ》 高校生かと思って観ていたら中学生だと知ってビックリ!でも役者がいい演技してるんで全く気にならなかった。喧嘩して友達になっていく過程がとても自然で好感が持てる。笑いもさりげなくて良い。ただどうしてもヒデの死だけは違和感を感じてしまう。おそらく狙いは「人は簡単には死なない」というセリフに対して、いやいや実は人は簡単に死んじゃうんだよ、という教訓なのだろう。しかしもしこの映画をプロの鳶職人が観たらどう思うだろう。おそらく「鳶職をなめるな!」と言うに違いない。たとえ本人に心の油断があったとしても、現場監督がそれを簡単に見過ごすなんてありえないだろう。いくら漫画的な内容とはいえ、こういった人の生き死にが関わるような仕事の描写は、もっとちゃんと描くべきだ。あとラストで主人公がカッコつけて町を出て行くシーンもありきたりでヒネリがない。一番の親友が見送りに来てなくて後でおいしく登場、な~んても~鉄板すぎ。カメラアングル、照明、編集、どれをとっても平均値で、唯一個性を感じたのはセリフ位かな。そう考えると品川ヒロシは映画作家ではなく、職業監督なんだな。だから観ていてみょ~な安心感があるのかもしれない。なので点数は平均点の5点プラス1点で6点です。
Dream kerokeroさん [地上波(邦画)] 6点(2011-04-26 01:50:53)
23.《ネタバレ》 設定は中三。そりゃ流石に無理でしょ。中学生に見えないし。演技が上手い大人に逃げるより、演技が上手い中学生を使いましょうよ。喧嘩のシーンでは、金属バットや鉄パイプでフルスイング。でも死んじゃうのは喧嘩と関係無い兄ちゃん。う~ん、友達が喧嘩で死ぬ方がストーリー的に良かったのではないか。
真尋さん [地上波(邦画)] 6点(2011-04-23 19:24:24)
22.《ネタバレ》 ケンカばかりの映画ですが、その中にテーマはなく薄っぺらな感じです。強いて言えば友情でしょうか?ビーバップハイスクールみたいな??同じようなケンカか全面に出ている映画と比較すると『パッチギ!』はもちろん『クローズZERO』にも遠く及ばない。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 4点(2011-04-23 09:27:59)
21.《ネタバレ》 これは漫画だと割り切って観ること。最初に漫画のコマから始まるのだから、それはこの映画を鑑賞する上での最低限のルールでしょう。もちろん、現実世界では金属バットで頭をフルスイングすれば、人は死にます。だけど、漫画にそんな突っ込みは野暮というもの。自分は単純に楽しめました(最後に上地が死ぬ必要はなかったと思うけど)。俳優や芸人が映画監督をやった場合、独りよがりの作品になることが多いが(松本某とか北野某とか)、品川監督は「お客に観てもらう」ことをきちんと意識している。初監督作品としては及第点。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 6点(2011-04-06 18:16:04)(良:1票)
20.ちょっとびっくり。意外にもなんていうと失礼かもしんないけど、ちゃんとした映画だった。何よりもカメラが全く揺れない。すごく落ち着いている。アクションシーンさえも。この手のものによくある「やられたらやりかえす」を見事に笑いへと転化した怒涛の「お返し」合戦がまた素晴らしい。笑いへと転化していること自体もいいし、テンポもいいし、それゆえの休戦に入るシーンのギャップもいい。それでいてこの時この一瞬における喧嘩というものが端的に表されている。憎いから喧嘩するんじゃなくて、ただ喧嘩をする。そこに意味はない。ああ懐かしや。これが青春よ。健全なる若者の健全なる行動なり。しかし本職・お笑い芸人としての真髄でもある劇中頻繁に出てくるボケとツッコミがいちいち段取りくさいってのはどういうことよ。ダメじゃん。
R&Aさん [DVD(邦画)] 6点(2011-03-30 14:04:38)
19.《ネタバレ》 クライマックスの大乱闘シーンが湘南の風を流しっぱなしっていうのは、
最初は良かったけど、あれだけずっと流しっぱなし、スローシーンだと流石に手抜き?って思ってしまった。
まぁ、素人初監督だし、OKか。
世界観については、ろくでなしBLUESとかビーバップとかクローズとかリアルタイムに読んでた世代なので、あんまり違和感は感じず。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 5点(2011-03-29 00:04:56)
18.《ネタバレ》 「人間はそう簡単にはしなねぇ」が名セリフの本作ですが・・・あんだけやれば死ぬよ。金属バットで全力フルスイングを何十発もすれば、簡単に人間は死んじゃいます。そもそも、あいつらいっかい喧嘩起こすごとに刑務所行き確定なはずなのに、のうのうとシャバ生活しているのが疑問ですね。あれこれ突っ込むとキリがないですが、漫画をそのまま映画にした娯楽作品と割り切れば、楽しめる要素も多いです。キャラはいきいきしていて、芸人の使い方もすごく上手。色物のレイザーラモンHGなんかも違和感なくてバッチリ。ただ、みゆきが絡む恋愛関連や木村ヒデオの唐突な死等は、ちょっと詰め込みすぎで活かせていない。特に木村の死からは間延びしていて、ほんと映画版では省略しても良かったかと。原作は見読なので、その辺は解らないが娯楽作品としては楽しめるレベルです。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 7点(2011-03-27 21:09:59)
17.過去の話題作と思い観てみるがなんとも言えない作品。
爆走暴力集団を現代風にアレンジしているつもりだとは思うが
その対象はいったいどの世代の誰に伝えたいのか、逆に誰にも合っていないとしか
思えない。 喧嘩や暴力は悲壮感がつきものだがこれはあまりにも現実離れしすぎ
暴力を美化しているとさえ思え嫌悪感さえ思える。
 ところどころの掛け合いのセリフも陳腐で残念。
なんといっても詰め込みすぎ。 出会いから仲間へ抗争から恋愛、焦燥から死と別れ
あほらしすぎ。
 でも4点は次回作に期待。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 4点(2011-03-26 21:09:47)
16.《ネタバレ》 2011.1.13鑑賞。初監督ながら、なかなかの出来栄え。開始10分くらいは引き込まれることもなく、不良集団の掛け合いもすべってるとしか言いようがない。しかし、小気味よい編集と、ゲスト出演者の演技に救われるかたちで盛り上がっていき、掛け合いがツボにハマるハマる。アクションシーケンスも実に工夫されており、毎回飽きずに観ることができた。姉の彼氏の死はやり過ぎで冷めてしまうが、次回作が楽しみな監督の一人であることは間違いない。
かんちゃんズッポシさん [DVD(邦画)] 7点(2011-01-16 18:54:07)
15.不良映画ってのはキャラに愛着わかすことできないと、勝手にやって勝手に死ねよって思うんだわ。
どちて坊やさん [DVD(邦画)] 0点(2011-01-01 15:47:06)
14.想像していたよりおもしろかったです。お笑いの部分ではきちんと笑えたし、ストーリーとしても決して新しくはないかもしれないけれど、悪いとは思いません。喧嘩、暴力シーンがちょっとくどいけれど、これはこれでアリかなと思いました。
なこちんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-12-21 06:42:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 5.03点
026.06%
100.00%
213.03%
339.09%
4515.15%
5515.15%
6927.27%
7824.24%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review6人
2 ストーリー評価 2.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 2.16点 Review6人
4 音楽評価 1.50点 Review6人
5 感泣評価 0.85点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS