殺したのは誰だのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 殺したのは誰だ
 > (レビュー・クチコミ)

殺したのは誰だ

[コロシタノハダレダ]
1957年【日】 上映時間:91分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
サスペンスモノクロ映画犯罪もの
新規登録(2009-08-31)【なんのかんの】さん
タイトル情報更新(2009-12-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中平康
助監督松尾昭典
キャスト菅井一郎(男優)栄吉
小林旭(男優)次郎
西村晃(男優)中川
殿山泰司(男優)フランク
山根寿子(女優)由利江
渡辺美佐子(女優)克子
浜村純(男優)ダンロップ
武藤章生(男優)吉田
梅野泰靖(男優)富本
高野由美(女優)房江
清水将夫(男優)紳士
高野誠二郎(男優)
青木富夫(男優)
脚本新藤兼人
音楽伊福部昭
撮影姫田真左久
配給日活
美術松山崇
編集辻井正則
録音沼倉範夫
その他斎藤耕一(スチール)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.長廻しやクレーンショットと共に、深い奥行きで捉えられた四谷・銀座界隈のロケーションが生きている。

通行人を危うく轢きそうな勢いでストップする自動車のアクション、小林旭らの乗った自動車の後部座席から進行方向を捉えたヌーヴェル・ヴァーグ風ショットの瑞々しさも眼を瞠る。

菅井一郎と山根寿子が川端でかき氷を食べるシーンの背後に落ちる木漏れ日の繊細な揺れ。
そして渡辺美佐子を後部座席に乗せ菅井が運転する車のフロントガラスを雨滴が打ち始めるショットの何とも形容し難い叙情が素晴らしい。(そこに静かに流れてくる伊福部昭の音楽)

屋内シーンでも背景の窓外には街路の往来が映し出され、屋内の暗がりには屋外から入ってくる反射光や雨垂れの影などが常に揺れている。

いずれもキャメラマン姫田真佐久による、作為を感じさせない作為による光の見事さだ。

反逆光気味のいわゆる「レンブラント・ライティング」が創り出す人物の陰影の厚みもドラマの悲劇性に合致している。

また、居酒屋に住まう蠅、鼠、蜘蛛のインパクトや、ビリヤード場に出前を届けに来た少女が掛け金の札束を思わず覗きこんでしまうさりげないリアクションなど、わずかな登場シーンながら印象的な身振りを見せる端役の配置も豊かだ。
ユーカラさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-02-20 22:24:43)
1.“玉突き事故”って言葉があるくらいで、車とビリヤードはイメージの世界では接近している。この映画、保険金詐欺の話なんだけど、車の事故とビリヤードが実際に重ねられるところがミソ。どっちも金を賭けてのぶつけっこ。ロータリーへぶつけようとして逸れるところ、あるいはぐるっとまわってもう一度迫るあたりは、完全にビリヤードと対比されている。中央に据えたカメラの回転にあわせて幾多の車が走っていくのなんかも、ビリヤード的。車が夢や憧れだった時代、犯罪と遊びがどっちも日常からの解放を夢として差し出してくれた時代だ。当時のちょっとシャレた“イカす”感じが伝わってくる。この監督作品は銀座界隈をよく記録しておいてくれてるのが嬉しく、アタマには並木座が映った。小林旭が若々しい青年だったが、デビューしたてのころだな。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2009-09-01 11:56:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS