KIDS/キッズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > KIDS/キッズ
 > (レビュー・クチコミ)

KIDS/キッズ

[キッズ]
Kids
1995年【米】 上映時間:92分
平均点:5.72 / 10(Review 39人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-07-20)
ドラマ青春もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-07-14)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラリー・クラーク〔監督・1943年生〕
キャストクロエ・セヴィニー(女優)ジェニー
ロザリオ・ドーソン(女優)ルビー
ハーモニー・コリン(男優)(ノンクレジット)
レオ・フィッツパトリック(男優)テリー
原作ラリー・クラーク〔監督・1943年生〕(原案)
脚本ハーモニー・コリン
音楽ジョン・デイヴィス[音楽]
挿入曲ジョン・コルトレーン"Traneing In"
ダニエル・ジョンストン"Casper the Friendly Ghost"
撮影エリック・アラン・エドワーズ
製作キャシー・コンラッド(共同製作)
クリスティーン・ヴェイコン(共同製作)
ミラマックス
製作総指揮ガス・ヴァン・サント
配給松竹富士
美術ケヴィン・トンプソン[美術](プロダクション・デザイン)
字幕翻訳林完治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.ドラッグとSEXに耽るティーンの生態。
その中で起きたエイズ騒動。
あまり身近な感じがせず、ストーリーもひねりや新鮮味に欠ける。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 4点(2013-01-17 21:58:57)
38.すべて字体が異なるタイトル。個性の主張なのか、それぞれの孤立なのか。現代の「甘い生活」は10代なんだな。現実から浮遊して、でもそれを現実につなぐのが、実にプライベートなものである“病い”ってところに現代の特徴があるんだろう。感染を止める聖女たらんとして町をゆくが、彼女がさらなる感染へと道を開いてしまう。ひと月の物語をドキュメンタリータッチで綴っていき、もっぱら表情が雄弁だった。仲間うちで、常に観客であろうと様子を探りつつ浮かべるやや強ばりかけた笑い顔。排除されるのが怖く、付かず離れずの位置をキープする。人種問題ってのがなかったのは意図的なのか現実なのか、現代では民族よりもさらに小グループへの所属感のほうが強いのかもしれない。とにかく頭で作ったんじゃないリアリティがあった。全体が狭いほうへ狭いほうへと向かい、そして眠りに閉じていく。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-07-19 12:03:05)
37.少年期の性への強い欲望がたっぷりと映像でつづられている。誰か一人の主役がいるわけではなく、映像に映っている少年少女全員が主人公である。性に目覚める年頃の少年たちをドキュメンタリーのようにリアルに映し続けている。大人たちの知らないところで子供たちがどんどん経験していってる様が衝撃だった。
kanekoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-11-29 14:38:05)
36.ラリークラークはあまりプロの俳優を使わないので有名。そこらへんのスケードボーダーを拾って来ては出演させる。で、これは見終わった後ため息ぐらいしか出ない。
Vanillaさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-11-25 00:03:46)
35.《ネタバレ》 これがリアルだとしても、日本人の子供はこれでエイズの怖さがどうとか思わないと思います。俺が田舎もんなだけかもしれないけど。もしこの映画見てエイズが怖いと思っても、好き同士の若者がチャンスあったらしちゃいますよ。こんな大都会じゃなくて、どこにでもいそうな普通な町の普通のカップルが愛のあるセックスをしたらエイズだったくらいのほうが救いがなくて危機感煽ると思うんだけどな。
アンダルシアさん [ビデオ(字幕)] 3点(2006-01-31 21:39:52)
34.この作品は私にとって同世代の問題なのでとても他人事には思えなかった。一見、大げさに描かれているように見えますが、実際こういう出来事は今でも起こっていると思います。いろんな意味でリアルすぎて衝撃受けました。ちょっと重い内容かもしれないけど、同世代の子たちに見てもらいたいな。
アンナさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-07-06 12:04:33)
33.いや~なんて言うか、、、映画自体好きでは無かったし面白いとも思わなかったけど、少年時代を日本の片田舎で過ごせて良かったなあと思わせてくれたかな。
諸星わたるさん 3点(2004-03-18 06:27:03)
32.アメリカの青少年は乱れすぎです!あと猫ちゃんを蹴ってはいけません!!
たまさん 6点(2004-03-02 23:04:25)
31.やたらタバコや酒を嗜みたくなる作品。音楽が良かったかな。
膝小僧さん 5点(2004-02-28 00:12:51)
30.ずれてるね!
kさん 5点(2004-01-26 12:39:12)
29.若い子たちに蔓延している無気力や負のオーラに毒される作品。10代の慢性的な病理を感じる。刹那主義だとか、無責任さだとか。ああ…社会の綻びだなぁ、と。「こんなん1部の奴らだけだよ」とも感じるけれど、10代の子は一見どんな健全な子でも、絶対的に危うい。この作品はそれを増幅させて凝縮したような感じ。そしておそらくテーマ性なんて何もなく、現実をただ無感情に見せ付けているだけの記録映画。画面の中の子供たちはその行動を以って飄々と語る。「こんなことテーマにすらならないよ」。
ひのとさん 7点(2004-01-22 19:59:51)
28.《ネタバレ》 学生時代、渋谷シネアミューズで見ました。あんまり記憶に無いですが、プールでチ○コをベチベチ言わしているシーンだけが頭に焼き付いてます(ぉぃ。
こじ老さん 5点(2004-01-12 13:51:18)(笑:1票)
27.正直見なくて良かった
ピニョンさん 2点(2003-11-18 05:37:15)
26.かなりリアルに若者たちをえがきたかったんだろうけど、これをみたキッズたちはリアルで日常茶飯事と思うのかってとこがポイントになるのでは。「こんなんありえないよー」とかいってる姿が目に浮かぶ気がするけど。これを観た時私もキッズな年齢だった、でもどっか別世界の話みたいだった。エイズの知識もなんとなくしかなかったし、むしろ女の子5,6人でキャーキャー言いながら軽ーく観たのをすごく覚えてる。今もう1度観てみたい気持ち。
らいぜんさん 5点(2003-11-07 17:56:45)
25.ラリー・クラークってほんっとに若者のセックス・ドラッグとか好きですよねぇ・・・。この人問題提起してるとかじゃなくてただ単に好きなんじゃないかなぁ?と思いました。
クロエさん 7点(2003-11-04 01:30:31)
24.たぶん問題提起してるわけじゃないし、エイズがどうとか、メッセージとかそういう深刻な映画じゃないと思う。そうじゃなくてまさに「こんな感じ」っていう映画。それ以上の姿勢を作らず「マジかよ?」で終わる放ったらかし感が僕は好きです。これを書いた脚本家は19歳ですからね。きっと彼は世の多くのインチキな人間描写に真面目にムカついてるんでしょう。超真面目にムカついてるんでしょう。
アランチャさん 8点(2003-10-18 01:47:13)
23.こういうの大好き
のりまきさん 9点(2003-09-30 22:10:31)
22.可も無し不可も無しで、本来なら自分にとっては若者のエイズの話というくらいしか印象に残らないタイプの映画です。だけど一緒に見に行った友人が天然だったので、途中途中で画面に向かって「なんで遊び人だってわからないの!」「エイズになっちゃう!」と叫び続けていたのを、まわりを気にしながらたしなめていたので、とても印象に残ってしまいました。
omutさん 5点(2003-08-11 23:08:29)
21.おしゃれっすね!!テーマ重い割に軽く見れました。
mjuさん 10点(2003-08-04 18:00:33)
20.主人公のテリーよりもその友達のキャスパーの方が魅力的で、キャスパーの腰パン&裾のロールアップを真似した覚えがあります。冒頭の場面、テリーがやってる部屋にビースティーボーイズのレコードが置いてあり、それがあまりにもこの映画にマッチしていたので、KIDSといえばビースティー!って感じです。NYの子供たちってませてるなぁと思った。
mjuさん 8点(2003-07-17 16:00:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 5.72点
000.00%
100.00%
225.13%
3512.82%
4615.38%
5512.82%
6820.51%
7410.26%
8410.26%
937.69%
1025.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS