ミート・ザ・ペアレンツのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミート・ザ・ペアレンツ
 > (レビュー・クチコミ)

ミート・ザ・ペアレンツ

[ミートザペアレンツ]
Meet the Parents
2000年【米】 上映時間:108分
平均点:5.55 / 10(Review 139人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-03-31)
ドラマコメディシリーズものリメイクロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェイ・ローチ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ジャック・バーンズ
ベン・スティラー(男優)ゲイロード・グレッグ・フォッカー
テリー・ポロ(女優)パメラ・バーンズ
ブライス・ダナー(女優)ディナ・バーンズ
オーウェン・ウィルソン(男優)ケビン・ローリー
ジェームズ・レブホーン(男優)ラリー・バンクス
トーマス・マッカーシー(男優)ボブ・バンクス
スペンサー・ブレスリン(男優)少年
ジョン・エイブラハムズ〔男優〕(男優)
ラッセル・ホーンズビー(男優)Late Night Courier
樋浦勉ジャック・バーンズ(日本語吹き替え版)
平田広明ゲイロード・グレッグ・フォッカー(日本語吹き替え版)
佐々木優子パメラ・バーンズ(日本語吹き替え版)
野沢雅子ディナ・バーンズ(日本語吹き替え版)
草尾毅デニー・バーンズ(日本語吹き替え版)
佐々木敏ラリー・バンクス(日本語吹き替え版)
音楽ランディ・ニューマン
編曲ドン・デイヴィス[音楽・1957年生]
ランディ・ニューマン
撮影ピーター・ジェームズ[撮影]
製作ジェイ・ローチ
ロバート・デ・ニーロ
ジェーン・ローゼンタール
ユニバーサル・ピクチャーズ
ドリームワークス
配給UIP
衣装ダニエル・オーランディ
編集グレッグ・ヘイデン
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
病院勤務の看護師グレッグは、小学校教師のパムと深く愛し合い、プロポーズを心に決めている。グレッグは、パムの妹の結婚式に招かれ、パムの実家で両親に紹介されることに。しかし、誤解が誤解を生み、パムの父ジャックとの会話はちぐはく、やることなすことうまくいかない。家族ぐるみのつきあいで、リッチな医者一族のパムの元婚約者まで登場し、グレッグはどこか軽んじられる。グレッグがMCATで良い成績をとったが看護師を目指したと言っても聞き流される…。デ・ニーロが娘の父役を好演するコメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
139.《ネタバレ》 デ・ニーロが主演および製作のもうこれは鉄板としか言いようがないシチュエーション・コメディ。前年の『アナライズ・ミー』が受けたのでこの路線で行こうとの思惑が見え見えなんですが、デ・ニーロがやるんだから面白くないはずはありません。結果的には三作まで撮られる人気シリーズになるんだから、狙いは的確だったと思います。日本人じゃあまりピンときませんけど、脚本はアメリカ人にはかなり際どいネタがてんこ盛りです。だいたいWASPが多いCIA関係者の娘がユダヤ系と結婚するというプロットからして刺激的。おまけにその男のファミリー・ネームが“フォッカー”というから念が入ってます。このベン・スティラーの本名までが奇抜で、続編でも “名前ネタ”として使われるわけですからよく練られた脚本でしょう。男性としてはどうしてもベン・スティラー視線で観てしまいますからどうしようもないんですが、こんな義父だったら悪夢いがいの何者でもありません。まあ恋人のテリー・ポロもよく考えるとかなり嫌な女で、親父さんに似ていると言えます。後半になるにつれてベン・スティラーが巻き込まれるあまりに不条理なトラブルは観ていてしんどくなるほどですが、あのかなり強引なハッピーエンドへの持ち込み方はいかがなものでしょうか。こうなることはそりゃ判っていましたが、ちょっと強引すぎでしょ(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-15 21:43:48)
138.《ネタバレ》 ○どうしてもベン・スティラー目線で観てしまう。彼にとって理不尽な要素があまりにも多いためほとんど笑えず。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2016-09-03 13:18:35)
137.男の看護師に対する偏見という社会的問題を指摘している映画でもあると思う。
Y-300さん [DVD(字幕)] 6点(2016-05-18 08:57:54)
136.《ネタバレ》 字幕で観ちゃったので、細かいニュアンスがどーだったのかな?
娘の婚約者(プロポーズ前)としてやって来たベン・スティラーに対しての、
ロバート・デ・ニーロの受け入れ度というのは?
聞く耳があるのかないのか?
ま、すれ違いコメディーなんだから、ヒドイ目に遭うのは当然(笑)として、その辺りの娘親としての心情が知りたかったなぁ。
この辺のニュアンスは吹替えの方がすんなり楽しめたかもしれません。
ハッピーエンドで終わらず、もういっちょカマして終わったのはコメディー映画の矜持を感じましたね。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-02-13 23:03:15)
135.結構面白い映画でした。感情移入せずに気楽に楽しめました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-07 20:33:38)
134.デニーロが!!面白かった!
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-08-16 09:43:48)
133.ちょっとやりすぎ感はあるけれど、ラストに向けての直接対決にはほろっとさせられました。
小原一馬さん [DVD(字幕)] 6点(2014-01-17 13:52:52)
132.リメイクだとは知りませんでした。おもしろシリーズの第1弾、気軽に楽しめる1本。義父にタジタジになって、会話がかみ合わな合わない!それがおかしい。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-01-14 15:49:16)
131.ベン・ステイラーのコメディはやり過ぎ感が苦手で、あんまり合わないんだけどこれはなかなか面白かった。デニーロのうそ笑い顔が妙に怖くおかしくて、ベンに同情票も入ろうというもんです。頑張れー。だけど彼女の親戚たちってインテリ揃いの、やな連中じゃないかい?結婚してもうまくいくのかなあなどと外野としては考えちゃった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-06 01:07:35)
130.《ネタバレ》 あらすじは予想通りなんですが、親族の誤解・悪意(人の名前を嗤うとか)&主人公の悪循環ぶりがひどすぎ(第三者を巻き込むトラブル多)て不愉快に。最後のステイラーとデニーロの本音でぶつかり合うシーンが良かった。これがなければ低得点を付けるところでした。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 6点(2013-05-13 00:03:22)
129.《ネタバレ》 ベン・スティラーとロバート・デ・ニーロのコメディ演技のアンサンブルがすごい作品。個人的に何をやっても裏目に出てしまうフォッカー君にかなり感情移入して観てしまいました。最後のプロポーズに至るまでの強引な展開には少し突っ込みたくはなりますが、それ以外は確実にギャグで笑わせてくれ、且つその中に人物描写も加えているという上質なコメディだったと思います。ただ笑いの内容は上質では無く、結構下品よりなのでファミリーで観る場合にはお気を付けを。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2012-03-03 22:31:27)
128.男性なら間違いなく緊張するシチュエーションを、コミカルに描いたコメディー作品。
頑固な父親役をデニーロが好演。シナリオの出来のほうは今ひとつで、
笑えるシーンもあるんだけど、主人公をわざと陥れようとする小ネタが多すぎて、逆に白ける。
コメディーなので仕方ない部分はあるのだが、自然な流れで笑わせるシーンも欲しかったかな。
多少ドタバタ感があり、馬鹿馬鹿しくはあるけど、気楽に楽しめる作品ではある。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-22 19:47:36)
127.《ネタバレ》 個人的にはデ・ニーロとスティラーのやり取りがかなりツボに入って、笑える部分が多かった。恋人の父親に気にいってもらおうと必死で、グレッグは嘘をつきまくっていた。そんな風になってしまう気持ちはわからんでもないけれど、やはり嘘は良くないからね(悪循環になっていたし)。やっぱ正直が一番いいと思わされた。デ・ニーロのキャラが他作品とは異なるので、それが面白くって、それもツボだった。なんやかんやあっても、最後にはちゃんとハッピーエンドに上手いこと持っていく辺りが、ハリウッド映画らしくって良かった。そして、続編も見たくなる本作でもあった。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 8点(2011-05-29 11:21:32)
126.観ている間、全く感情は動かず。これ笑えるのかな?恋人の親に会いに行くという普遍的な設定で最後まで観ることができる。
nojiさん [地上波(字幕)] 4点(2009-11-17 23:04:47)
125.「ミッドナイト・ラン」での幸せな経験を忘れられなかったデニーロが、ふたたびコミカルな傑作に。(あれの後に見るとちょっとうれしいかも、娘をかわいがるお父さんなので) いつになく真面目なベン・スティラーと難物パパのスリリングな関係にハラハラしながらも、笑いがコミあげる。 アンサンブル・コメディとして細部までよくできてると思います。
レインさん [DVD(字幕)] 7点(2009-07-27 00:16:21)
124.コメディーとして結構楽しめました。ロバートデニーロとベンスティラーの二人のかけあいが見事でした。
mhiroさん [ビデオ(吹替)] 5点(2009-04-05 14:48:38)
123.《ネタバレ》 弟と二人で観てしんみり「もっと早く観たかったね・・・」ここに出てくるデニーロパパはうちの親父そっくり。今じゃ丸くなったけどさ。
成田とうこさん [ビデオ(字幕)] 9点(2008-05-23 19:02:17)
122.大笑いはないもののテンポ良くすすみあっという間に終わった。今まで見たコメディ恋愛物のなかでも秀逸な作品でした。アナライズシリーズもよかったが今回のデニーロも良かった。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 7点(2008-04-06 10:03:12)
121.馬鹿馬鹿しくていいですね。ちょっと品がなさすぎですが…。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 5点(2007-12-06 18:09:07)
120.このデ・ニーロ好きじゃないけど、作品はまぁまぁ。
ジダンさん [映画館(字幕)] 5点(2007-10-26 18:55:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 139人
平均点数 5.55点
010.72%
132.16%
253.60%
3117.91%
41913.67%
52215.83%
63122.30%
72417.27%
82115.11%
921.44%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review5人
4 音楽評価 6.00点 Review4人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2000年 73回
オリジナル主題歌ランディ・ニューマン候補(ノミネート)”A Fool In Love”

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS