Menu
 >
 >
 > トロン:レガシー

トロン:レガシー

TRON: Legacy
2010年【米】 上映時間:125分
平均点: / 10(Review 82人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの3D映画
[トロンレガシー]
新規登録(2010-06-14)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-12-25)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2010-12-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・コシンスキー[監督]
助監督ブルース・フランクリン(第1助監督)
キャストギャレット・ヘドランド(男優)サム・フリン
ジェフ・ブリッジス(男優)ケヴィン・フリン/クルー2.0
オリヴィア・ワイルド〔女優・1984年生〕(女優)クオラ
ブルース・ボックスライトナー(男優)アラン・ブラッドリー/トロン
ジェームズ・フレイン(男優)クルー2.0の部下 ジャービス
マイケル・シーン(男優)キャスター
ジェフリー・ノードリング(男優)エンコム社 リチャード・マッキー
スティーヴン・リズバーガー(男優)シャディックス
ジャック・マクギー(男優)
キリアン・マーフィ(男優)エンコム社ソフト開発部 エドワード・デリンジャー(ノンクレジット)
平川大輔サム・フリン(日本語吹き替え版)
磯部勉ケヴィン・フリン/クルー2.0(日本語吹き替え版)
大塚芳忠アラン・ブラッドリー/トロン(日本語吹き替え版)
小松由佳クオラ(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子サイレン・ジェム(日本語吹き替え版)
咲野俊介ジャービス(日本語吹き替え版)
桐本琢也キャスター(日本語吹き替え版)
土田大エンコム社ソフト開発部 エドワード・デリンジャー(日本語吹き替え版)
手塚秀彰警備兵A(日本語吹き替え版)
川田紳司紫プログラム(日本語吹き替え版)
森田順平警備隊長(日本語吹き替え版)
天田益男警備員#1(日本語吹き替え版)
出演ダフト・パンク「エンド・オブ・ライン・クラブ」のDJ
原作スティーヴン・リズバーガー(キャラクター創造)
音楽ダフト・パンク
挿入曲ジャーニー"Separate Ways (Worlds Apart)"
ユーリズミックス"Sweet Dreams Are Made of This"
撮影クラウディオ・ミランダ
製作ショーン・ベイリー
スティーヴン・リズバーガー
ジェフリー・シルヴァー〔製作〕
ブルース・フランクリン(製作補)
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ドナルド・カシュナー
カイル・クーパー(タイトルシーン)
制作東北新社(日本語版制作)
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
特殊メイクビル・テレツァキス
辻一弘
特撮カイル・クーパー(視覚効果エグゼクティヴ・プロデューサー)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
デニス・ベラルディ(視覚効果プロデューサー)
美術ケヴィン・イシオカ(美術スーパーバイザー)
衣装マイケル・ウィルキンソン
録音クリストファー・ボーイズ
日本語翻訳佐藤恵子
スタントエド・アンダース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.予告を観たときからずっと気になっていて、やっと去年の年末に観ることができました。
今更ながら3D初体験だったのですが、正直そこまで飛び出てる感はありませんでした。
で、皆さん書いていらっしゃるように、ストーリーも、ものすごく面白いというわけでもないんですが、世界観が私的にはよかったです。(細かい設定には色々と突っ込む所はあるとおもいますが・・・)なんというか、かっこイイと思いました。それにその世界観にダフトパンクの音楽がすごく合っていてよかったです。
ストーリーの細かいところが気になってしまう人にはあまりオススメできない映画ですが、
ただ映像を楽しむ映画としてはオススメできると思います。
cazoooooさん [映画館(字幕)] 7点(2011-01-14 14:22:27)(良:1票)
41.《ネタバレ》 お正月に観ました。前作は未視聴。「アリス・イン~」の暗くて観辛い映像に比べてかなり観易くなっていました。この映像を体感するためだけにお金を払う価値はあると思います。さて、内容ですが、言ってしまえば極めて退屈。先の読める意外性の無いストーリー。子供向けですね。しかし!そんなものはディスク・バトルのかっこよさ、バイクバトルのかっこよさで帳消しです!トロンの最期が凄くかっこよかった!!唯一この映画で鳥肌が立ったシーンです。しかしながら、見せ場の少ない中盤は本当に退屈。それと、飛行機のバトルはすこしかっこ悪かったかな…。最後はきっちりディスクバトルで〆てほしかった。
bolodyさん [映画館(字幕)] 6点(2011-01-13 23:42:06)
40.楽しいアトラクションに乗った感じです。映像もイケてたと思います。
未来のハードディスクは、フリスビーごっこにも使えるというのはびっくりでした。
いいのか?あんなに投げまくって??
あげどんさん [映画館(吹替)] 7点(2011-01-11 12:45:48)(笑:1票)
39.《ネタバレ》 
3DIMAXで鑑賞

いかにもディズニーのホリデーシーズン向けの内容といったところ。映像の凄さには圧倒されるが、ストーリーは誰もが予想出来る当たり障りのない内容。ただまぁ、この時期に公開されるディズニー映画にストーリーの良し悪しを求めるのは野暮ってもんです。頭空っぽにして映像を楽しみましょう。 
 IMAXのオーディオシステムの良さにはただただ驚愕。ダフトパンクの音楽と共に席が振動しまくる。まるで、アトラクションに乗ってるかのよう。ゼヒIMAXでの鑑賞をお勧めします。

以下ネタバレ&大人の視点

序盤から中盤に掛けての盛り上がり方はいいが、アリーナでの一悶着以降の失速感が残念。アリーナでのレースバトルには釘付けにされたが、後半にかけての何でも有りな展開は少々やり過ぎかとおもった。しかもラストなんで女が現実化するんだよ•••。映像と音響は抜群に良かったので、まぁ許せるけど。
 
Apoc3さん [映画館(字幕)] 6点(2011-01-10 23:46:08)
38.《ネタバレ》 いや~面白かった(満足)
旧作もDVDで観て気に入ってから劇場に行きました。
月日が経っていても、味付けが同じようでとても良かったです。

一番の見どころはナショナル(古っ)か東芝のわっかの蛍光灯が行ったり来たりするバトルシーンでしょうか?
バイクが縦横無尽に駆け回る戦いも楽しかったです。
もう一度観たい。

惜しいのは理知的な製作者がコジンマリと作ったことでしょうか?
お父さんの隠れ家とか、もっと斬新に見せる事が出来たと思う。
たとえば、ストーリーそっちのけで映像的にえっと驚かされたり、効果音に感心したり・・。
そういうハチャメチャに突っ走った所があったらば、私は間違いなく追っかけになっています。
オタク心をもっとときめかせて欲しかった(笑)
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 8点(2011-01-10 20:14:15)
37.《ネタバレ》 予告編のかっこ良さにやられ、川崎のIMAXシアターまで遠出して鑑賞。映画のワンシーン、ワンシーンはかっこ良いのだけど、ストーリー的に退屈で引き込まれるものがなかった。キャラの名前や用語、世界観や設定にもついていけず、???がつきまくりだった。前作を鑑賞すべきだったのか…残念。
キッドさん [映画館(字幕)] 5点(2011-01-10 14:02:52)
36.《ネタバレ》 CG映像の先駆けたる前作は、現在の映像と比較するまでも無いが当時の私には「映像革命」以外の何物でも無かった。
 私は主人公がライトサイクルにトランスフォームするシーン(だけ)観たさに映画館に一日中居たりした、時間だけは有ったのだ。 翻って本作。私は「トロン」という作品に難しい親子関係など全く期待してしない。 望んでいたのは、「次の新しい革命も我々が起こす」と言わんばかりの最初から最後まで頭痛がする程に怒涛の如く展開される最新CG+3D映像のオンパレード。 だが、残念ながら実際は想像していたよりも遥かに地味な内容、CG+3Dも期待以下で有った。 恐らく製作陣は前作と同様、主人公がゲームの世界で能天気に一喜一憂する展開では余りにも薄っぺらい内容になってしまうと判断したのだろう。 それが正解か否か? 世間が本作に求めているものからすると、「否」だと私は思う。 私はCG映像はLOTRシリーズとアバターで一つの頂点を迎えたと思っている。 では今後求められているものは何か? やはり、最先端の映像を使い切り、且つ観客を唸らせるだけの優れた「脚本」なのでは無いだろうか?
 映像だけで観客を喜ばせる事は既に限界が見え始めている・・・ と私は思う。
たくわんさん [映画館(字幕)] 5点(2011-01-10 13:12:30)(良:2票)
35.映画は「見世物」と考えるなら、こういうものもあるのはいいかもしれない。
しかし、ストーリーは陳腐というかヒドイもんだし、美術面でも「あぁ、特撮コスプレか」という感じだしなぁ。見世物なら見世物で、もっと新鮮な驚きを追求してほしかった。
せいさん [映画館(吹替)] 4点(2011-01-10 03:21:06)
34.《ネタバレ》 昨年の10月頃から劇場で予告編が流れ始めたほどの超大作だったが、そのときも特に驚かなかった。ひたすら画面が暗いし、登場人物たちのスーツはどこか特撮ヒーローもののスーツに似ているし、目新しい映像表現も無かったからだ。実際に観てみると、まず冒頭に2Dで撮影したシーンもある旨の注意書き。事実、デジタル世界に入り込むまではほぼ3D撮影じゃなかったと思う。肝心の3Dで描くデジタル世界だが、最初のディスクバトルでイヤな予感がし始めた。この映画はハズレなんじゃないかと。敵は無駄にトーマスフレアーなどの技をするだけで、目を見張るシーンは特になく、背景も暗いので、3Dの醍醐味ともいえるスケール感が感じられないのだ。確かに、スーツや後ろに流れる乗り物の光は「AKIRA」のように美しく、背景との対比で鮮やかなのだが、イマイチ入り込めない。ストーリーも気持ちが乗らない。観に行ったのが金曜だったので、これなら夜の街に浮かぶネオンサインに吸い込まれていった方がまだマシだったと独りごちてしまった。
かんちゃんズッポシさん [映画館(字幕)] 2点(2011-01-07 22:51:20)
33.こういうレビューは良くないかもしれないけど、「六本木ソルジャー」さんとまったく感想が同じです。2つ下のレビューをご覧ください。本当に仰るとおりです。そして、奇しくも点数も同じ。初めて体験したIMAXにはちょっぴり感動したけど、それは映画の実力じゃないしねえ。
あ!ダフトパンク出てた!でもこれも別に加点要素ではない。音楽だけじゃ映画は救えない。
枕流さん [映画館(字幕)] 5点(2011-01-05 23:41:37)
32.《ネタバレ》 前作は見ていません。バトルはとても楽しいです。ただストーリー展開が釈然としない。ストーリー説明に入ると、退屈になる。雰囲気はとてもかっこ良かったので、そこで救われている。
VNTSさん [映画館(字幕)] 6点(2011-01-04 23:26:45)
31.《ネタバレ》 体調面の影響かもしれないが、何故かあまり映画にノレれなかった。
きちんとオリジナルを鑑賞してから観たので、「ここはオリジナルをリスペクトしているな」「オリジナルのアレがここまで描けるようになったのか」といったように、他の人よりも楽しめたはずなのだが…。
オリジナルを観てから本作を観ると、確かにこの28年間の映像技術に関する革新について感慨深いものを得られる。
ゲーム部分を中心として、映像は確かに凄い。
誰も観たことのない仮想空間をよくぞここまでクリエイトすることができたとも興奮することができる。
しかし、ストーリー面に関しては、オリジナル同様に「なにがやりたいの?」という感想しか出てこない。
数日前に見たにも関わらず、ストーリーに関してはほとんど思い出せない。
意味不明のトロン、何のために裏切ったのか分からないズース、アイソーの生き残りとはいったい何だったのか分からないクオラ、コマンドを実行しただけのクルー、瞑想している父親、常にはしゃいでいるだけの息子、ゲーセンでたたずむアラン、それぞれの役割があまり生きていない。
『映像は素晴らしいけど、ストーリーがダメだね』という批判を恐れたためか、必死に“親子愛”というテーマを振りかざしているが、それがかえって空回りしているようにしか思えなかった。
子どものことなど何も考えていない自己中心的のフリをしていた親が最後に子どもにきちんとした愛情を見せるといった“確執”と“融和”のような落差が必要ではないか。
何故か、この世界においては、愛も勇気も強さも弱さも安堵感も、痛みさえも何も感じることが出来なかった。
心に訴えるものがなければ、感動することなど出来るはずがない。

また、映像は確かに素晴らしいが、コンピューター内の仮想空間にしてはどことなく“常識的”過ぎるような気もする。
この世界とは関係のない世界ではなくて、この世界の延長線にあるような世界とも捉えることができる。
創造力については褒めることもできるが、あの程度のものがクルーが目指した完璧な世界といえるのか。
オリジナルとの整合性を重視したのかもしれないが、これでは「スター・ウォーズ」レベルではないか。
オリジナル同様に、映像だけが凄くて、中身が伴わなかったところや、「トロン」というタイトルの割には、オリジナル同様にトロンが目立たないところだけを継承しなくても良かったのに。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 5点(2011-01-04 22:59:11)(良:2票)

30.《ネタバレ》 リメイクにしては手堅く頑張った方と思います。あれだけ前作からのサービスを詰め込めば、過去作のファンへの受けはいいでしょう。惜しいのはストーリーが相変わらず一本調子でひねりが無いことでしょうか。折角リメイクしたんだから、もっといろいろ弄ればいいのに。あと最後のオチはこういう仮想空間物ではタブーだと思っていたんですが……、いいんですかね?ああ、今思うとアバターも同じオチだった。
民朗さん [映画館(字幕)] 7点(2011-01-03 23:27:37)
29.《ネタバレ》 ゲーム音楽ってPSG音源やFM音源で鳴らしてた時代の方が印象に残ったじゃないですか。CD-ROM以降の、どんな音でも鳴らせますって状態になってしまうと、かえって他のジャンルに埋もれて名曲が生まれなくなっちゃった。この映画にも同じ理屈が言えて。この映画のビジュアルは前作から圧倒的な進化を遂げていながら、退屈。そこら辺にゴロゴロしてるゲームを含むCG作品との差異は感じられず。前作にあったインパクトは皆無なのですよね。物語なんてものは、前作からしてあの程度ですから、最初から期待なんてしちゃいませんが。肝心なのは、いかに独自進化したデジタルワールドを見せて貰えるか、だったのですけれどねぇ。完全を求めて不完全なものを排除していった世界で、なんで最近のCG技術まんまな、リアル指向の世界が構築されていっちゃうの? あくまで創造主のリアル指向が矛盾として反映されていたとでも言うのでしょうか。やたら無駄の多いプログラムばかりな世界。シンメトリーを基調とした幾何学模様のポリゴンむき出しな、それこそ無駄のないCG世界が遠く遠くまで広がっていたとしたら、どんなにか素晴らしかった事か。太陽の美しさを語るのに、この世界の輝きはどうにもハンパじゃないですかえ? ラストの太陽はそんなにキレイに輝いてましたかね? もっとフェティッシュな、それこそ今の技術ならアッチの世界はフルCGって状態でも良かったんじゃないかなぁ。リアル方向にブラッシュアップするなんて、当たり前過ぎてつまんない。あと、余談ですが、音デカけりゃ料金他より余分に取っても構わないってモンじゃないでしょ、IMAX。明るさは一部のREAL Dに負けてるし。3D前売り券から更に600円プラスって。
あにやんさん [映画館(吹替)] 4点(2011-01-03 21:47:28)(良:1票) (笑:1票)
28.《「トロン:レガシー」に見る3D映画》 
CGと3Dという「トロン」にとって最高の素材が整ったであろう今、続編を作る意義はわかる。しかし、これを全く聞いたこともないジョセフ・コシンスキーとかいう新人監督に撮らせたことは疑問だ。また脚本の2人はテレビドラマの「ロスト」などの脚本を手掛けているようだが、何故その2人なのかも疑問だ。展開と情感を会話とフラッシュバックに任せるのはいいが、それが全く駄目という下手糞さは退屈な時間で、無駄に映画を間延びさせる。現実世界を2D、ゲーム内を3Dと使い分けるというのは3D映画として正しい姿勢だと思うが、この3D感の無さ、使い分けの駄目さは何だろう。めっちゃ3D!って感じにしなければ、この使い分けの効果など無効になる。ただこういった使いわけ故に3Dのみ上映にした勇気は買うが、まぁ失敗だな。
3D映画に求めるものというのは、大概の場合が飛び出して来る何かだ。本編上映前の「パイレーツなんチャラ」の予告編では扉を突き抜けてくる剣が見事に飛び出して来た感があった。確かにそれもいいが、3Dってそれだけじゃない。「アバター」の冒頭近くの宇宙船か何かの中のシーンで、手前、浮遊する人物、奥、という奥行き感が半端なくてこれは立体映像だと思えた。今回実写3Dを観て改めて思うのは、やはり立体感を出すのに、ボケ過ぎは駄目だということ。2Dの映画におけるボケとピントがきている箇所というのは、立体感や奥行き、そしてそこを見せたいという作り手の意図だ。そういった作り手の意図を、3Dでは飛び出ている部分と奥の部分で表現出来る。その時に奥がボケているというのは3Dにおいては意味がないというか、立体感を損なう要素になる気がする。本作にはそういった奥行きを活かした部分は皆無と言って過言ではない。個人的には飛び出してきそうな何かでなく、そういった奥行きとしてどういう表現になるのかに期待しているんだが、もしかしたら3D映画の見方としては的外れかもしれない。
そして現時点で実写3D映画はCGありきであって、早く奥行きを駆使した実写のみの3D映画が観たいが、まぁ無理だな。
詰るところ本作を観て改めて思うのは、実写の3D映画に今後も期待などしても無駄だと。だからこそ「トイ・ストーリー3」と併映された本作同様に2D・3Dを織り交ぜた短編「デイ&ナイト」は観ておくべきだったと後悔している。
すぺるまさん [映画館(字幕)] 3点(2011-01-03 18:13:32)
27.映画の内容は褒められたものではありません。このストーリーで普通の映像だったら、きっと嘆いていたことでしょう。しかし、この映画の目玉は3D映像です。この映像を見るために映画館へ足を運んだと思えば、決して損したとは思いません。これまでの3D映画は、人物の位置は前後に見えましたが、人物自体は紙に書いたようでした。でも、この映画は違います。3Dをあまり強調せず、自然に見せているので、映像に違和感があまりありません。技術の進歩はすごいな、と改めて感心しました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 5点(2011-01-02 16:19:47)
26.《ネタバレ》 映像は奇麗なんだろうけど、青とオレンジのLED光の中、淡々とストーリーが進むのでとってもとっても眠くなってしまいました。
宣伝ほどには飛び出さない3D。想像を超えないストーリー。
昔のトロンもテレビでやっていたときにチラ見した程度で覚えていないので、感慨深さも無く、宣伝を見て自分の中で期待していたほどの迫力を感じませんでした。
かずろうさん [映画館(字幕)] 5点(2010-12-31 17:08:24)
25.《ネタバレ》 不思議の国のアリス男の子バージョンって感じ。慌てたウサギは出て来ないが、
バイク、美女、適当に暴れたら勝っちゃった的なバトル、
困ってる父をオレが助けたんだぜ、しかも人類も救っちゃったかな?みたいな分かり易い達成感。
最近の「マトリックス」「アバター」などでは、肉体を残して精神のみが電気信号?になって、
デジ世界や分身へ注入される形だった。その辺は一応リアルとファンタジーの
バランスを取ってる設定。「未来の技術なら、それもアリかも」と思わせる絶妙なサジ加減。
でも、この作品はアリスと一緒。気が付いたら吸い込まれて「あれ~ここどこ?」な展開。
まあ「少年向け映画」と割り切れば、それでも良いのかも知れないが、
出来れば、その辺の工夫・設定は怠らないで欲しい。
後半、命がけで現世に戻ったら実父が現れて「お前を大人にする為に作った修行の場だったんだよ」
みたいなオチかと思ってた。それなら都合よくバイクが現れたり、美女の手ほどきがあったり、
不在だった父との和解やら、どうのこうの…、その他もろもろの都合良さが、
実は全て「父の仕業・作られたシナリオ」となり、別の意味でリアルに写るかと。
でも、違った。カワイイ姉ちゃんが実体化。マジで?。軍隊来ないで良かったね…と?。
う~む。
じょるるさん [映画館(字幕)] 4点(2010-12-29 23:55:01)
24.《ネタバレ》 まずストーリーがあまりにもひどいです。
特にコンピューターの世界に入った直後の展開が唐突過ぎて、何が起きているのかわからず見るのが辛くなってきます。
映像的にも3Dを活かした場面は皆無で、IMAXで見たにも関わらず大したことありませんでした。映画が始まる前の3Dカウントダウンの方が凄かった。
本来なら1点の内容ですが、ダフトパンクの音楽でプラス1点。
アシュさん [映画館(字幕)] 2点(2010-12-29 20:18:00)
23.《ネタバレ》 ここ数年ではもっとも大きな期待を寄せての鑑賞であっただけに、この見せ場の少なさは残念。少なさというかバランスというか、めちゃイカすシーン「動」のシーンがあるなかで、何も無い「静」のシーンも長い。はっきり言ってストーリーなんぞどうでもよく、世界観と映像を見せつけてくれるだけで良いのだ。惜しい。コンピュータの世界に入り込んだ後のハイテンション過ぎる展開が良かっただけに、見せ場の散りばめ方の下手さが大変残念な作品でした。とっても惜しい。
HIRABAYASHIさん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-26 16:45:51)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 82人
平均点数 5.21点
000.00%
122.44%
233.66%
367.32%
41417.07%
52530.49%
61417.07%
71214.63%
833.66%
922.44%
1011.22%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.44点 Review9人
2 ストーリー評価 3.53点 Review15人
3 鑑賞後の後味 4.57点 Review14人
4 音楽評価 6.16点 Review12人
5 感泣評価 3.87点 Review8人

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
音響賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS