雨あがるのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 雨あがる
 > (レビュー・クチコミ)

雨あがる

[アメアガル]
After The Rain
2000年【日】 上映時間:91分
平均点:6.10 / 10(Review 107人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-01-22)
ドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-08-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小泉堯史
助監督野上照代(監督補)
キャスト寺尾聰(男優)三沢伊兵衛
宮崎美子(女優)たよ
三船史郎(男優)永井和泉守重明
仲代達矢(男優)辻月丹
吉岡秀隆(男優)榊原権之丞
檀ふみ(女優)奥方
井川比佐志(男優)家老
原田美枝子(女優)おきん
松村達雄(男優)説教節爺
大寶智子(女優)おとし
奥村公延(男優)遍路の老人
頭師孝雄(男優)鋳掛け屋
山口馬木也(男優)野田又四朗
森塚敏(男優)犬山半太夫
鈴木美恵(女優)宿屋の女中
児玉謙次(男優)野呂惣左衛門
加藤隆之(男優)内藤隼人
森山祐子(女優)腰元
下川辰平(男優)宿屋の亭主
出演黒澤明(スチール写真【ノンクレジット】)
原作山本周五郎「雨あがる」
脚本黒澤明
音楽佐藤勝
撮影上田正治
斎藤孝雄(撮影協力)
相馬大輔(撮影助手)
製作アスミック・エース(製作プロダクション/「雨あがる」製作委員会)
角川書店(「雨あがる」製作委員会)
テレビ東京(「雨あがる」製作委員会)
椎名保(製作委員会)
宮川鑛一(製作委員会)
IMAGICA(「雨あがる」製作委員会)
博報堂(「雨あがる」製作委員会)
プロデューサー黒澤久雄
原正人
配給アスミック・エース
東宝
美術村木与四郎
黒澤明(題字)
衣装黒澤和子(衣装デザイン)
編集伊藤伸行(編集助手)
録音紅谷愃一
照明佐野武治
その他黒澤明(献辞)
IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
107.優しい気持ちになれる作品だった。
最後の殿様と奥さんがよかったです。
へまちさん [DVD(邦画)] 6点(2017-11-04 20:19:59)
106.《ネタバレ》 黒澤監督脚本映画。
人のいい浪人が御前試合に出て勝利するも逆恨みされてしまうといった話。
こういうシンプルでいい話はたまに観ると面白いけどテレビで十分かなー。
Dry-manさん [DVD(邦画)] 5点(2015-02-14 02:28:19)
105.あまり共感できるシーンがなかったです。印象の薄い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-09-07 20:03:33)
104.《ネタバレ》 ○短い上映時間の中にもそれなりに展開があってそれなりに楽しめるのだが、主人公以外のキャラがなぁ。○宮崎美子のキャラもいまいちだし、三船史郎と吉岡秀隆に関しては演技力に疑問を感じる。○ロケーションを生かした撮影は素晴らしかった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-07-01 05:43:28)
103.黒澤最後期作品としてなんとなくは知っていたこのタイトル、正しくは企画段階までのぼっていたところ彼が没したため脚本のみが残されたという位置づけだった。黒澤「脚本のみ」作品としては木下惠介監督による「肖像」以来。彼が撮ったらこうなったんではないか…と努力を重ねている感がにじみ出ていたが、時代を問わぬ日本という国の良さを綺麗にその映像と音でまとめてくれていた。木立の間からの鳥や虫の声が心地よく響く。

彼の存命中にキャスティングはどの程度固まっていたのだろうか、wikipediaからはその部分は読み取れないがなかなかの高密度。典型的な殺陣だけにあらず、長尺の剣術鍛錬シーンを見事に演じていたのは寺尾聡。彼の魅力はその柔らかな声とともに思う存分引き出されていたように思う。そしてまぁ、宮崎美子の清々しいこと。この時彼女はいったいいくつだったのだろうと詮索してみると不惑を回っており、そしてその横で出番が少ないながらも輝きを放っていた原田美枝子も彼女と同い年だったときて、その事実に驚愕させらる。個人的には涼子先生と純とのからみが観たかったところではあるが(笑) 

ただ三船史郎は声だけが大きかった印象が…。

 「なにをしたかではなく、なんのためにしたか。」

是非原作も手にしてみたい。
keiさん [DVD(邦画)] 6点(2014-05-10 09:23:53)
102.殿の三船氏は存在感があって、馬で駆けていくところなんかかっこいいですね。藤沢びいきなのでラストはもうひとほっこりしたかったところです。嫌いではないが。。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-02-10 13:14:34)
101.始まりからして地味な映画。盛り上がりがちょっとは無くもないが、物語は淡々と進んでいく。
結局今の自分には時代劇は合わないと分かった気がした。
最後の方の雨の上がった緑の風景はキレイで和む。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-02-08 19:41:20)
100.いい短編を読んだなという印象。
michellさん [地上波(邦画)] 6点(2014-02-07 09:57:31)
99.この終わりかたは物足りない。雨あがりな気分にはなれなかった。このお話って「結局、何も起こらなかった」ってやつですよね。
真尋さん [地上波(邦画)] 5点(2012-02-10 13:17:14)
98.ところどころ荒さというか、欠点のある映画なのですが、実にほのぼのとした良い映画です。私は大好きですね。寺尾聰のキャラが愚直な主人公にぴったりです。殺陣もなかなか見事でした。黒澤明へのリスペクトが十分に感じられる佳作です。
ジャッカルの目さん [DVD(邦画)] 8点(2012-02-08 23:18:45)
97.《ネタバレ》 今回レビューを書くのにあたり2回目の鑑賞。やはり清々しく観ることができました。寺尾さん宮崎さんは凛と爽やかに、三船さんは初見のときは『棒』な感じがしましたが2回目の時は朴訥とした印象に変わってました。
かたき討ちでも勧善懲悪でもない、いち浪人の仕官話っていうんじゃ宣伝なんかも難しそうだし、いろいろと盛り込みたくなるところですが、なかなかどうしてこれぐらいさっぱりとでも見せられるものだと感心しました。
何をみせたいのか、それがはっきりしている映画はやはり筋が通っていて気持ちのいいものですね。
ろにまささん [地上波(邦画)] 7点(2012-02-07 08:42:42)
96.先入観なく観れたので非常に楽しめました。欲を言えば、是非黒澤監督に作ってもらいたかったですね。
アフロさん [地上波(邦画)] 7点(2012-01-12 19:58:03)
95.《ネタバレ》 増水で足止めを食らっている間、しかも川辺の安宿を中心とする狭い世界という設定上の限定はなかなか魅力的なのですが、脚本上の日本語の誤用、「この時代にはそんな言い回しはせんだろ」という表現の数々、説明台詞の多々(これは生前の黒澤作品にもあったが)によってズタズタになってしまいました。誰か脚本の校正はしなかったの?何を表現するのかという方針も与えられず、ただ台詞を読まされただけの役者が可哀想でした。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-01-01 15:24:05)
94.脚本は黒澤明だし、キャストからスタッフまで黒沢劇場という感が強い。さすがに主役は三船俊郎ではなく寺尾聰だが、三船の息子史郎まで出ている。これでは監督もさぞやりにくかっただろう。
映画は黒沢映画らしいコミカル調で、おもしろいと言えばおもしろい。しかしどうしても作りすぎ、作為的感が強い。その中で剣の達人ながら人情家の主人公を演じる寺尾聰が光る。ミュージシャンに転向かと思っていたら、さすが宇野重吉の息子である。
宮崎美子はさておき、原田美枝子にはもう少し活躍してほしかった。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 5点(2011-05-20 19:21:11)
93.妻の終盤の「デクノボウ」は言い過ぎ。規律を重んじる所では当然と言えば当然であり、事情を知らない相手に向かってイキナリ言うべき台詞ではなく、かなり違和感がある。また目的のためには手段を選ばず的なものを擁護するのもちょっと違うような。
ラストの「不器用なアナタが好きよ」は、まあお決まりではあるが、
悪くは無いんだが、どうもこの2人が夫婦とは思えんというか、しっくりこないんだよね。現実社会で不器用で野心も無く出世できないというか行く先々でクビになる旦那に向かって、そう思える妻ってのも中々居ないだろうし、生き方も変えられず、そんな事の繰り返しで、旦那も本当に妻を大事に思ってるのか?っていう疑問もわくが。ちょっと不可解な夫婦ではあるな。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-09-21 02:14:35)
92.これは公開当時、映画館で観ました。それ以来、一度も観てない。内容もかなり度忘れしてしまっている。ただ黒沢明監督の晩年の作品に感じられた説教臭さが抜け、良い意味で如何にも日本映画的、しかし、悪く言えばあまりにも黒沢組ばかり集め、時代劇にさほど興味も無いような人にまでただ黒沢明という名前だけで観客を惹きつけようという嫌らしさが感じられてならない。タイトル通りの雨上がりの後の晴々とした雰囲気は感じることが出来た。それにしても昨今の日本映画関係者はどうして、黒沢明監督の雰囲気ばかり追いかけるのか?と言いたい。黒沢映画の真似せずにもっとオリジナルとしての映画作りというものを大事にして頂きたい。良い映画だとは思うけど、色んな意味で引っ掛ってしまいこれよりは高い点数は付けられません。
青観さん [映画館(邦画)] 6点(2009-08-30 20:24:54)
91.でくの坊って台詞が良いですね。血がプシューは懐かしいですね。
東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 6点(2009-08-11 15:52:23)
90.いやあ、大変さわやか過ぎですねぇ。お城のお侍さんたちの公務員そっくりの言動も、ああ大変だよなぁ、と笑えてきます。主人公の奥さんの腹のくくり具合と気っぷの良さも爽快です。覚悟さえできれば、人間はどうにでも生きていけるんだな、としみじみと思わせてくれる佳作です。
きのう来た人さん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-22 05:37:20)
89.この夫婦こそが理想の日本人夫婦。などと思われる人も多いのかもしれないが、私の場合はこの人の良さがどうもわざとらしく思えて仕方がなかった。いい子ぶりっ子。傍から見てもいい人にしか見えないのに、遠慮しがちな振る舞いがわざとらしく、正直うっとうしい。黒澤明の遺稿と聞いてこのわざとらしさに合点。まるで舞台劇なのだ。黒澤明が監督してたらおそらくもっともっと舞台劇風になってこのわざとらしさがかえって活きてくるのだと思う。でも小泉監督の優しく繊細なタッチは黒澤脚本を活かしきっていない。脚本を小泉監督の思うままに改変したほうが良かったように思う。それほどに画面からは黒澤監督には到底出せないであろう優しさが溢れていた。雨上がりの空気の美しさに気付ける人生は素晴らしい。という人生賛歌の映画。
R&Aさん [DVD(邦画)] 6点(2009-03-18 14:16:23)
88.まあ結局何も起こらなかったなという感じ。全く盛り上がらない。よくわからなかった。
デフォルトモードさん [地上波(邦画)] 5点(2009-01-23 20:33:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 107人
平均点数 6.10点
000.00%
121.87%
210.93%
354.67%
476.54%
52119.63%
62523.36%
72422.43%
81614.95%
954.67%
1010.93%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 5.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.42点 Review7人
4 音楽評価 7.00点 Review6人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS