君に届けのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 君に届け
 > (レビュー・クチコミ)

君に届け

[キミニトドケ]
2010年【日】 上映時間:128分
平均点:6.39 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-09-25)
ドラマラブストーリー青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2010-09-29)【アンドレ・タカシ】さん
タイトル情報更新(2020-08-15)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊澤尚人
助監督橋本光二郎
キャスト多部未華子(女優)黒沼爽子
三浦春馬(男優)風早翔太
蓮佛美沙子(女優)吉田千鶴
金井勇太(男優)城ノ内宗一
富田靖子(女優)黒沼陽子(特別出演)
ARATA(男優)新井一市
勝村政信(男優)黒沼喜多夫
桐谷美玲(女優)胡桃沢梅
夏菜(女優)矢野あかね
上原実矩(女優)黒沼爽子(少女期)
東亜優(女優)
近野成美(女優)
吉谷彩子(女優)
脚本熊澤尚人
音楽安川午朗
製作島谷能成
石川光久
東宝(映画「君に届け」製作委員会)
集英社(映画「君に届け」製作委員会)
日活(映画「君に届け」製作委員会)
Production I.G(映画「君に届け」製作委員会)
日本テレビ(映画「君に届け」製作委員会/製作幹事)
読売テレビ(映画「君に届け」製作委員会)
企画日本テレビ(企画製作)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
美術鈴村高正(装飾)
衣装宮本まさ江
編集高橋信之〔編集〕
録音滝沢修〔録音〕
照明舘野秀樹
その他鈴木光司(スペシャルサンクス)
高橋洋〔脚本・監督〕(スペシャルサンクス)
中田秀夫(スペシャルサンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.楽しく鑑賞できました。疲れてるときにも良いかも。
紫電さん [DVD(邦画)] 9点(2021-03-12 07:50:18)
35.《ネタバレ》 10年以上ぶりに10点をつけます。

その純粋すぎる透き通った話に心を打たれた。
多部ちゃんの純粋さ、家族を思う気持ち、友達を大切に思う気持ち。
なんという透明感のある真っすぐな人なんだ。

残念ながら今年、自らの命を絶ってしまった三浦さんがお相手なのだけれど、三浦さんも多部ちゃんに負けず劣らず純粋で爽やかでカッコいい。
男の私でも惚れてしまう様な透明感、優しさ。
これはおそらく三浦さんご自身の人間性が、この映画に投影されたからこそ、ここまで魅力的に映ったに違いない。

ラストシーン、自分の想いが相手に届いた時の感動、久しぶりに涙が止まらなかった。
心が洗われた。
映画を見てきて良かったと思える作品だった。
これからも映画を死ぬまで見続けたい、そう思わせてくれる作品だった。

この作品に出会えて幸運でした。
その反面、三浦春馬という稀有な俳優を失ったという寂しい、なんともやるせない気持ちなりました。
あらためてご冥福をお祈り申し上げます。

最後に多部ちゃんの両親が食事をするシーン。
このシーンを見て、愛する人と結婚できた幸せ、そして愛する人をもっと大切にしていきたいと、心から思いました。
この映画に感謝!
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 10点(2020-08-14 01:00:52)(良:1票)
34.純粋に面白かった。ちょっと長いが。
三浦くんは本当に爽やかで出来ている感じで、ほんと好感が持てる。
ヤンキー蓮佛ハマってたなあ。
そして無敵の富田靖子。
若者よ、頑張れ。
背中を押してやりたくなる映画。
roadster316さん [インターネット(邦画)] 7点(2019-12-30 19:15:53)
33.《ネタバレ》 あきれるほどベタで臭い青春映画。
でも、それを照れずにやりきっているので、知らず知らず乗せられて楽しんでしまった。
クラスからハブられた女子に、ヤンキー女子の親友ができ、憧れの男子に告白され――
こんな乙女の夢を描いた少女マンガの世界に乗せられるのも、いささかこっ恥ずかしいのだけれど。

三浦春馬のスーパー爽やか笑顔の王子様キャラが、笑えるくらいに決まっている。
少女の理想を体現したかのよう。
このキラキラ感は、いかにも別マに掲載されたコミックが原作という感じ。
惜しいのは、貞子のキャラに多部未華子はかわいすぎる。
かわいさと共にもっと不気味さも出せる女優なら、さらに面白かったのに。
飛鳥さん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-29 23:49:49)
32.アニメは視聴済。原作は少しだけ読み。の状態で鑑賞したため、アニメとの比較というレビューになりがちな点ご容赦下さい。
まずマイナス点としては『爽子のスカート短すぎ』『黒髪でない(映像効果もあってか、茶髪にも見える)』の2点。貞子には見えません。
このため、クラスメイトから「異質で不気味な怖い子に見られている」という設定に説得力が無くなっています。
パッツン髪もアニメほど極端ではなく、多部さんも特殊メイクをしているわけでは無く、2頭身コケシ顔も出現しませんから、極端に大人しいだけの「中の上くらいにカワイイ子」に見えてしまう。
各々の役者さんは頑張っていると思うのですが衣装設定で相当損してますね。
話を2時間程度に収めるのにもやや無理があったようで原作の各エピソードが消化不足のまま進んでいってしまっている感じです。
pattioさん [地上波(邦画)] 5点(2015-03-28 19:13:54)
31.いやー得した気分です。たまたまTVをつけていたらこの映画をやっていて、30代後半のオヤジがみる映画ではないかな…と思いながらボーっとみていたら、気が付いたらもうラストでした。最近映画を観ていて、集中する事があまりなかったんです。中だるみというか…でもこの映画は違いました。終わらないでくれ、ずっと見ていたいと思いました。多分、純粋というものにリアルであまり触れていないんですね。嫌なしがらみ、人間関係ばっかり。だから主人公の純粋さ、まっすぐさに感動する。ただの恋愛ものではなく、女子同士の友情にも感動できる。わきを固める役者も良かったです。以前ドラマ同窓生で初めて知った三人。ARATAさん、白雪姫殺人事件の蓮佛美沙子さん、そして朝ドラの夏菜さん。本当皆さんいい味出しています。本当、久々いい映画をみせてもらいました。ちょっと心が洗われました。
N.Y.L.Lさん [ビデオ(邦画)] 9点(2015-03-28 00:03:20)(良:1票)
30.原作未読。入学式の日に道に迷う三浦春馬。学校の近くなのに多部未華子しかいない運命的なシチュエーションに萌えました。お話自体は単純明快で懐かしい青春に浸れました。観終わってみると多部未華子以外の女の子を観賞する映画だったなと思った。
真尋さん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-27 23:28:36)
29.可もなく不可もなくとはこのことか。と。多部未華子、やっぱ可愛くないよね。原作には準じてるのなら良いが…(ファンの方はごめんなさい)
なこちんさん [DVD(邦画)] 5点(2014-02-14 00:51:14)
28.健気に頑張るサワコは応援したくなったが、ネガティブすぎてちょっとイライラ。もうね、じれったいんだよ。言いたいことあるならはっきり言えばいいのに!と思ってしまった。三浦春馬も存在感があまりない。また、学校を舞台にしながら、登場人物が限られた人ばかりでなんか画面に人が少ないなぁという印象。先生もスカジャン着たチンピラみたいなのしか出てこないし…教師が生徒に3秒以上目を合わせたら云々を本気でやっちゃ駄目だろう。そこに凄く違和感を感じた。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 2点(2013-10-15 23:39:41)
27.《ネタバレ》 いや、青春映画を侮るなかれ。面白かった。身内に多部未華子ちゃんみたいな女性がいるので、ヤキモキして観ていたが、ハッピーエンドで嬉しかった。早速、このDVDを中古で購入し、身内に渡してやろうと思う鈍感な俺だった。黙って見守れという方が無理なんだよなぁ・・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-09 22:07:28)
26.《ネタバレ》  主人公と友人二人の出会い、友情に泣いた。下の方が述べてる屋上のシーンもだが、気が弱くて弱くて人の顔すらまっすぐに見れない主人公が頑張る女子トイレのシーンも泣けた。それから、せっかく初めてできた友達から相手のためを思って離れようとするところも。
 正直3人とも、自分の好みとは全くかけ離れた女優さんばかり。(多部さんはそれほどでもないんだけど、蓮佛さん一度も魅力を感じたことないし、夏菜さんにいたっては、ドラマの印象があまりに悪かったうえ、そのドラマのファンとの行き違いで2chにアンチスレを立ち上げてるくらいでw)
 ところが、映画に没頭していれば、女優ではなく映画の登場人物として3人ともとても素敵に感じて自分でも驚いた。
 自分の映画の見方ってもしかしたら、いい映画を随分見逃してるかもしれない。
 ただ、恋愛パートは三浦春馬があまりにいい人間すぎてちょっと平凡かな。
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-05-13 14:31:09)
25.《ネタバレ》 屋上で3人が抱き合うシーンに泣いてしまいました。じれったい、ほんとにじれったい、淡い青春の甘酸っぱさを感じる作品。サワコの両親の配役も良い。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 7点(2013-03-10 22:51:46)
24.個人的にはハマった。けど薦められるかと言えば人を選ぶ作品。少女漫画原作であるため、心が女子で胸キュン純愛が好きな人にはたまらんでしょう。あのジレったさがもう!これだね!
movie海馬さん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-15 02:58:06)
23.主演の男女がイマイチかな。爽子のスカートが短すぎて普通というか頭の悪そうな女子高生になってるし、一方で風早のズボンの裾が長くてだらしなく、こちらも頭の悪そうな男子高生になってるし。この制服の着こなしはナントカならなかったのだろうか?作品を台無しにしているよ。さらには脇役が総じてよかったので主演の男女が埋没した感はある。特に胡桃ちゃんは完璧だわ。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-12 07:36:24)
22.マンガの実写化となると、大抵僕の嫌いなタイプの映画になることは間違いないらしい。マンガは性質上いろんなものが象徴化され、極端に描かれる。それはいいんだけど、その極端なマンガのキャラ設定や演出なんかをそのまま実写映画でやられても不自然だし、リアリティに欠ける。原作に忠実でなくちゃとか、そんなもんだと言われればそれまでだが、それでは一本の映画作品としてあまりに芸がないと思うんだよね。マンガの中でさえ臭く感じるセリフを実写で延々と聞かされたら堪ったもんじゃないですよ。とまあ色々思うことはあるけれど、主人公・ヒロインのまっすぐな純情っぷりを見せつけられ、普段しょうもないことしか考えてない自分が馬鹿に思えたのは確か。久しく汚れていた心を浄化してくれるような、そんな映画でしょう。
プライドだらけさん [地上波(邦画)] 4点(2012-01-14 23:55:41)
21.これは「キャリー」の恋愛版だな。嫌な奴があまり出てこない純粋な映画です。
nojiさん [地上波(邦画)] 5点(2011-12-11 16:39:15)
20.全体的に端折り気味になってしまっているのがマイナス点。これは2時間の映画にしようとすると仕方がないことなのかもしれないが・・・。ただ、要所要所では思わず涙が出てしまった。こう言う青春ものには弱いので、余計にポロリとくる部分が多かったのかも。多部ちゃんの演技は悪くはなかったが、個人的にはビジュアル面にやや微妙感があった。登場人物の中では千鶴と先生が良かったと思う。
スワローマンさん [DVD(邦画)] 6点(2011-12-08 14:26:34)
19.終始ウジウジ、見ていて辛かった。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 3点(2011-11-11 13:29:26)
18.《ネタバレ》 良かったです。
限りなく8点に近い7点って感じ。
っていうのは、もうちょっと良く出来るはずのプロットというか設定なので、
ちょっと厳し目に付けてみました。
主人公の多部さんの嵌りっぷりも、近年の漫画原作の実写映画化の中でも指折りだと思います。
甘酸っぱい恋愛模様あり、女の友情あり、で、少女漫画でも一工夫凝らせば、
だるい恋愛物もちゃんと観られるんだよね。
一見、イジメられていたり、何考えてんだかわかんない人って居るんだけど、
結局、人ってあんま変わんないよね。好きなものは好きなんだよ、みんな結局。
実際、気持ち悪いと思ってるあの人が、あんま自分と変わらない価値観を持ってたり、繊細だったりするわけです。
傷つけて良い人間なんて一人も居ないし、自分が傷つけられて良い理由なんて一個もない。
その辺、掘り下げると、この作品の良さも消えちゃうかもしれないから、
良かったんだけど、絶賛は出来なかった。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 7点(2011-11-06 20:23:49)(良:1票)
17.しかし熊澤監督はこういう青春恋愛もの作らせたらいい仕事するなぁ~
アフロさん [地上波(邦画)] 7点(2011-11-06 02:51:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 6.39点
000.00%
112.78%
212.78%
312.78%
425.56%
5513.89%
6616.67%
71130.56%
8411.11%
9411.11%
1012.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review4人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS