Menu
 >
 >
 > RED/レッド

RED/レッド

RED
2010年【米】 上映時間:111分
平均点: / 10(Review 75人) (点数分布表示)
アクションコメディシリーズもの犯罪もの漫画の映画化
[レッド]
新規登録(2010-10-26)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-01-29)【たろさ】さん
公開開始日(2011-01-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロベルト・シュヴェンケ
助監督ゲイリー・カポ(第二班監督)
キャストブルース・ウィリス(男優)フランク・モーゼズ
モーガン・フリーマン(男優)ジョー・マシスン
ジョン・マルコヴィッチ(男優)マーヴィン・ボッグス
ヘレン・ミレン(女優)ヴィクトリア
メアリー=ルイーズ・パーカー(女優)サラ・ロス
カール・アーバン(男優)ウィリアム・クーパー
レベッカ・ピジョン(女優)シンシア・ウィルクス
アーネスト・ボーグナイン(男優)ヘンリー
ジェームズ・レマー(男優)ガブリエル・シンガー
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)イヴァン・シモノフ
トーマス・ミッチェル(男優・1892年生の方と違う人)(男優)
リチャード・ドレイファス(男優)アレクサンダー・ダニング
ジョナサン・ウォーカー(男優)
ジュリアン・マクマホン(男優)ロバート・スタントン
磯部勉(日本語吹き替え版)
坂口芳貞(日本語吹き替え版)
樋浦勉(日本語吹き替え版)
沢田敏子(日本語吹き替え版)
山像かおり(日本語吹き替え版)
川島得愛(日本語吹き替え版)
石田太郎(日本語吹き替え版)
勝生真沙子(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版)
秋元羊介(日本語吹き替え版)
志村知幸(日本語吹き替え版)
音楽クリストフ・ベック
作詞スティーヴン・タイラー"Back in the Saddle"
挿入曲エアロスミス"Back in the Saddle"
撮影フロリアン・バルハウス
ゲイリー・カポ(第二班撮影監督)
製作マーク・ヴァーラディアン
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
特撮ドリュー・ロングランド(特殊効果)
衣装スーザン・ライアル
編集トム・ノーブル
録音マイケル・ミンクラー
ゲイリー・A・ヘッカー
スタントアリソン・リード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.《ネタバレ》 真犯人が小粒でちょっとガッカリ、と思ったがR・ドレイファスだったのか! 最後まで気がつかなかった。内容は予想通りの軽いタッチでそれなりに楽しめた。ご都合主義のストーリーならば、M・フリーマンも生き返らせれば良かったのに。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-07-16 04:01:10)
34.ヘレンミレンに助演女優賞を!(笑)「オーシャン」シリーズのように皆さん楽しみながらやってるようです。マルコビッチが馬鹿のようで決めるとこは決めて、モーガンフリーマンはあれれ?って感じです。ブルースウィリスのお相手役はどこかレイア姫似の感じのよい女性でした。たまにこういう映画もイイです。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-17 23:29:18)
33.《ネタバレ》 相変わらずいつも同じ顔のブルース・ウィリスが大活躍。 彼の立ち居振る舞いもここまで徹底されるとワンパターンを通り越し一種の様式美にさえ思えてくる。 出演者が皆楽しそうに演技しているのも良く、気楽に鑑賞するには持って来いの佳作。 個人的にはもっとヘレン・ミレンの活躍が観たかった。
たくわんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-05-30 13:53:55)(良:1票)
32.じっちゃん、ばっちゃんが大活躍しており、気軽に楽しめるのが良いね。ブルース・ウィリスをじっちゃんと言うのはちと無理があるかもしれないが・・・
ただ、元凄腕エージェントとはいえ、若い者相手に力業だけで切り抜けるのは無理があるんじゃないか。そこは、知恵を使ったきり抜け方があれば、さらに面白くなったかもしれない。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-29 12:42:07)
31.《ネタバレ》 ヘレン・ミレンがとてもかっこ良かった。彼女の登場でストーリーが膨らんで面白くなっている。Karl Urbanも自分の持ち味を活かしつつ最後はびしっと決めてくれた。安心してみることができつつも,次はどんな手でやってくれるのかとワクワクしながら見ることができる。モーガン・フリーマンの役は肝臓がんで余命いくばくということなのであそこであっさり死ぬのがよし。そういう風にしないと,スパイの非情さが出てこないので…。
蝉丸さん [DVD(字幕)] 8点(2011-05-23 18:32:53)
30.《ネタバレ》 ロケットランチャーとかお年寄りのぶっ飛び具合とか「ロドリゲスっぽいな~、もっとハチャメチャな感じになるかな~?」と思いながら観ていたが最後まで極々オーソドックスなまま終わってしまって何か勿体無い感じの映画でした。「 邦画でこういうのやったらどんな配役がいいかな~?」と考えるのは楽しいかな。
よりさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2011-05-21 23:56:01)
29.主人公が強いと、安心して見られますね。
あまりあれこれ考えなくていいので、疲れた時に軽く見たい映画。
チェブ大王さん [映画館(字幕)] 6点(2011-05-15 04:06:22)
28.質素な居住空間の中、6時起床、7時朝食、12時昼食の定時行動を示すショットを反復した上で、翌日早朝の異変を旋回のショットと時計のショットとで仄めかす。
ここで示されるブルース・ウィリスの鋭敏な時間感覚の設定は、カール・アーバンとの電話の逆探知シーンやCIA本部の脱出シーンでの伏線ともなる。

フライパンで炒られ暴発寸前の銃弾や、蜂の巣となる家屋から悠然と歩み出てくる主人公の図が、波乱の幕開けの演出として効果的だ。

ハイテク対ローテク、理論対経験則、理性対直感といった頭脳戦の要素は薄く、CIA本部の包囲網脱出のアイデアなどを始め、『レオン』や『ミッション・インポッシブル』の二番煎じで意外性がなく物足りないが、強引な力技も悪くはない。

特に3人のREDがそれぞれ見得を切る射撃シーンの貫禄がいい。
旋回する車を降り立ち、躊躇無くカール・アーバンの車に弾丸を撃ち込んでいくブルース・ウィリス。
炎上する貨物を背景に仁王立ちで暗殺者と対峙するジョン・マルコビッチ。
そして、白いドレスを纏い瞬きひとつせずにマシンガンを撃ち込むヘレン・ミレン。
銃撃の反動にも姿勢を崩すことない、その立ち姿が凛々しい。

廃車にカモフラージュした隠れ家といったアイデアなども奇抜で楽しい。

ユーカラさん [映画館(字幕)] 6点(2011-04-30 16:01:42)
27.《ネタバレ》 前半は凄くスピード感があったのに、後半がションボリで。脚本の詰めが甘くて、少し勿体無い感じ。モーガン・フリーマンをラストで元気に登場させるとかしてくれないとダメダメ。
山椒の実さん [映画館(字幕)] 5点(2011-03-21 10:58:04)

26.可もなく不可もなく。いや少しだけ不可に傾いている気もします。大御所シニアがやんちゃをしている様は、面白いと言われれば面白いですが、それだけしか面白味が無いとも言えてしまうと思います。
民朗さん [DVD(吹替)] 5点(2011-03-14 00:02:55)
25.《ネタバレ》 おじちゃんおばちゃんの活躍を気軽に楽しむことができましたが、ブルース・ウィリスにまだ現役感が残っていることが中途半端に思えます。体力勝負で若者に勝ってしまってはいけないのでは。まじめなアクション映画として見ちゃうとストーリーもアクションも物足りません。
ぷろぐれめたるさん [映画館(字幕)] 5点(2011-02-27 11:04:01)
24.ことごとく痛快。プロフェッショナルな身のこなしと破格の強さは『ナイト&デイ』のトム・クルーズを超えてもはやマンガ。しかし年の功。ブルース・ウィリスはかつてのマッチョさを剥ぎ取り強さの裏側に余裕と優しさを獲得している。ゆっくりと歩きしなやかに敵を倒す。家をぶっこわす見事な蜂の巣銃撃の痛快さ。それを余裕でかわす痛快さ。しかもその後次から次へと登場するステキなおじいちゃんおばあちゃんが皆すべてこの余裕を纏った超人プレイを見せてくれるのだからもうたまらん。それぞれの再会シーンがまた面白く、中でもヘレン・ミレンの家の外で銃を構えるマルコビッチには笑った。さらにこの映画を面白くしている立役者で忘れちゃいけないのが、ただ一人超人ではない普通のおばさん、メアリー=ルイズ・パーカーだ。彼女のコメディエンヌぶり、そしてどこか華のない顔立ちがどんどんと輝いてゆく様が楽しい。惜しむらくは仲間に死人が出たことか。
R&Aさん [映画館(字幕)] 7点(2011-02-22 15:38:58)(良:2票)
23.《ネタバレ》 真剣なアクションを期待すると大外ししますが、あくまでコメディアクションであることを念頭に置き観る分には充分です。おじちゃんたちが強すぎるのも相手がへたれすぎるのも特に気になりません。爽快ならば良いのです。後はおじちゃんたちが力技で勝ち進んでいくのではなく、経験値ならではの技で相手を倒し“みたか若造!”的なシーンがあるともっとよかったかなぁ。それと、冒頭に彼らの若いころの活躍シーンがあるともっとのめりこめましたかね・・・考えてみるともっと面白くできる要素は結構でてくるのでこのくらいの点。
ふじもさん [映画館(字幕)] 6点(2011-02-17 18:54:45)
22.頭をカラッポにして見るにはもってこいの映画です。後半はかなり定石通りの展開だなあと思いましたが、テンポよく見れたから、それはそれでよいのダ。ブルース・ウィリスは若いとき以上にセクスィ~だし、その他の男性陣も好きな俳優ばかりだし、ヘレン・ミレンがゴージャスでカッコよかったから、続編ができたら、きっと見に行くと思うわ~。
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 8点(2011-02-17 00:28:40)
21.《ネタバレ》 最近、こうした物凄く気楽に観られる映画って少なくなった気がします。変に複雑な構成なんぞしなくとも、十分に楽しめるっていうのは、こういう映画なんじゃないかな?
まぁ、アクションやエフェクトに不自然な部分は沢山あるけど、アメコミだからOK!もうちょっとモーガン・フリーマンには活躍して欲しかったけどね。
奥州亭三景さん [映画館(字幕)] 6点(2011-02-15 12:41:40)
20.国際線機内ビデオで鑑賞。高額ギャラでオファーが少なくなったベテラン俳優達と鮮度が過ぎた姉ちゃん女優が開き直って出演した悪ノリ映画。少し胸やけ。
mimiさん [ビデオ(吹替)] 6点(2011-02-15 09:52:36)
19.アクション・コメディをこんな豪華な顔ぶれで見られるとは、うれしい限りです。しかも、誰もが自分の持ち味を発揮しています。特にメアリー=ルイーズ・パーカーがあんなに芸達者だとは思いませんでした。今までこのようなタイプの映画に出たことがないと語っていましたが、もっと早く出ていれば、新たな可能性が広がっていたかも知れません。コメディ似合ってました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2011-02-12 22:04:27)
18.《ネタバレ》 一番印象に残ったのは… マルコヴィッチ、きったねー! オイシすぎだろw ▼ KGBオヤヂ! アンタもオイしいなぁ! ▼ ってか、銀幕にてアーネスト・ボーグナインのご尊顔(ブルドッグ・フェイス)を拝めるだけでも有り難いw ▼ B級アクションが好きな御仁には、是非、観て欲しい。予告編であれだけ贅沢にアクションを見せておきながら、アレはほぼ前半までのものですから。つまり、中盤以降にもまだまだアクション・シーン満載! ▼ …と、ここまで褒めておきながら8点をあげられない理由はたったひとつ。最後の最後のアクションが、けっこう呆気ない。それまで血の滴る分厚いビフテキ何枚も食わせておいて、最後の最後はチンジャオロースー一切れかよ???って感じ。最後の最後に、もう5分だけでもいいからアクションを延長して見せてくれたならば、迷うことなく8点を献上できたんですがねえ…
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 7点(2011-02-12 01:47:32)
17.暇つぶしにはもってこいの映画でした。
アフロさん [映画館(字幕)] 6点(2011-02-09 16:10:37)
16.《ネタバレ》 最近スパイもの多いねえ…ちょっと食傷気味ですが、ヘレン・ミレンのマシンガンはちょっと笑った。ストーリーが甘っちょろいぶん、役者の軽妙な芸が楽しめる映画。役者5人とマシンガンに1点ずつ献上します。
ケルタさん [映画館(字幕)] 6点(2011-02-07 16:26:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 6.05点
000.00%
100.00%
211.33%
300.00%
456.67%
51722.67%
62432.00%
72229.33%
856.67%
911.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review6人
2 ストーリー評価 5.75点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.30点 Review10人
4 音楽評価 5.00点 Review8人
5 感泣評価 3.00点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS