Menu
 >
 >
 > 冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

Cold Fish
2010年【日】 上映時間:146分
平均点: / 10(Review 94人) (点数分布表示)
ホラーサスペンス犯罪ものエロティックバイオレンス
[ツメタイネッタイギョ]
新規登録(2011-02-04)【ヒナタカ】さん
タイトル情報更新(2014-08-18)【ぐうたらパパ】さん
公開開始日(2011-01-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
演出坂口拓(アクションデザイン)
キャスト吹越満(男優)社本信行
でんでん(男優)村田幸雄
黒沢あすか(女優)村田愛子
神楽坂恵(女優)社本妙子
梶原ひかり(女優)社本美津子
渡辺哲(男優)筒井高康
諏訪太朗(男優)吉田
三浦誠己(男優)吉田の弟
芦川誠(男優)
中泉英雄(男優)
阿部亮平[1980年生](男優)
坂田雅彦(男優)川尻進
古藤ロレナ(女優)
裵ジョンミョン(男優)オオクボヒロシ
脚本園子温
撮影木村信也
製作日活
配給日活
美術西村喜廣(特殊造形)
編集伊藤潤一
照明尾下栄治
その他日活(宣伝)
あらすじ
社本信行は、娘の万引きをかばってくれた村田幸雄から、あるビジネスを持ちかけられる。が、それは地獄への入り口だった・・。実際にあった事件をもとに、生きることの痛みを説いた、園子温監督の猛毒ムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
94.《ネタバレ》  てっきり主人公が「連続殺人の主犯」だと思っていたのですが、さにあらず「傍観者」「共犯者」という立場の人であった事に驚かされました。

 で、そんな彼も次々に人を殺していくようになる終盤の展開は圧巻だったのですが……何故でしょう? 同監督作の「愛のむきだし」や「地獄でなぜ悪い」程の衝撃は無かったように思えましたね。
 単純に、自分がこの手の衝撃に慣れてしまったというのが大きいのかも知れませんが
(実録犯罪物路線かと思ったけど、結局は何時もの園子温映画になるのか……)
 と、達観するような思いで画面を眺めていた気がします。

 勿論、そんな「何時もの園子温映画」は好きなんですけど、本作に関しては最後まで実録風に纏めて欲しかったという気持ちが強いですね。
 監督さんも「主人公が疑似的な父親である村田を刺す場面」で終わらせても良かったかも知れないとインタビューで語っておられるみたいで、自分としてもそちらの方が自然な仕上がりになったんじゃないかと思えました。

 序盤「冷凍食品をレンジで温めるだけの妻」「食事中でも平気で携帯電話を使い、途中で抜け出す娘」「妻の喫煙を見て見ぬ振りをする主人公」などの印象的なシーンによって、家庭が崩壊している事を端的に示してみせる手腕は、お見事。
 でんでん演じる村田も存在感があって良かったし、吹越満演じる社本の善良さと臆病さが入り交じった感じも秀逸でしたね。
 先程の発言に反するような形となりますが、終盤の主人公の変貌っぷりというか、眼鏡を捨てられてからの吹っ切れっぷりは痛快なものがあり、こういう姿を恰好良く演じられる辺りには、役者さんの凄みを感じます。
 監督さんも何だかんだで終盤の展開をカットせず採用したのは、主演俳優の熱演に「これを切り捨てるのは惜しい」と思われたから、なのかも知れませんね。

 ラストシーンに関しては、父親の死体を蹴り続ける娘の感情が「本心から父親の死を喜んでいる」「実は内心では死を悲しんでおり、起き上がって欲しいと願っている」「その両方」と、大まかに三通りに分けて解釈出来るようになっており、これに関しては(上手いなぁ)という思いと(ズルいなぁ)という思いとが混在。
 元々この手の「観客に判断を委ねる」ような結末って好みではない事が多いのですが、本作に関しては主人公の自殺で幕を下ろす形でもある為、どうしても「逃げた」という印象が強かったりしたんですよね。
 「人生ってのは痛い」と主人公が説教するのは結構だけど、その後に自殺されたんじゃあ「人生は痛い。だから死にます」という敗北にしか思えない訳で、そんな後ろ向きな終わり方されても困るよ……というのが正直な感想。
 最後に「丸く、青い地球」を映し出して終わるというのも「地球は単なる岩だ」という劇中の台詞に照らし合わせると、現実逃避の象徴であるように思えてしまいます。

 とかく園子温監督の作品はパワーがある為、それが自分好みの方向に進んでくれた時は凄まじい傑作になるのですが、好みから外れてしまうと、何ともコメントに困る品が出来上がる……そんな事を再確認させてくれた一品でした。
ゆきさん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-06 17:10:31)
93.でんでんの演技は滑舌が悪くてよいとは思えなかった。神楽坂恵は大根役者だし。そんな中、吹越満は中々の演技をしていたと思う(まわりがどうしようもなかっただけかもしれないが)。抑圧されていた男が怒りだすきっかけは妻の不貞。正義もプライドも無いと、残るのは愛憎しかないんだろうな。ここからの爆発と解放は見応えはあったが、総じておバカ映画だし、表現方法ももうちょっとどうにかなったのではないのかと。でも、「人間ってバカだよね。」ってのは伝わってきて、訴えてくるモノはあった。
東京50km圏道路地図さん [インターネット(邦画)] 6点(2017-04-01 02:12:07)
92.でんでんのインパクトに7点。なんであっさり村田に取り込まれちゃうの?という疑問はあるけど、そこら辺がうまい人っているんだろうね。
nojiさん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-05 23:39:56)
91.劇中しきりに日時が提示されるのが、「実話を元にしてます」というドキュメンタリっぽさを出そうとしたのかと最初は思われたのだけど、どうやらそうではなくって(いやもしかしたらそれもあるのかも知れないけれど)、むしろ、(プラネタリウムのシーンとの対比として)この地球なり宇宙なりの歴史に比べりゃ、この凄惨な事件も、一瞬の出来事に過ぎないし、でんでん演じる大言壮語(有言実行?)の規格外オヤジもちっぽけな存在に過ぎない、ましてや究極の小市民のようなこの主人公なんて・・・ということを表しているように思えてきました。まあ、人間、行き詰った時には、ふと宇宙の大きさを考えたりするもんですし。
かつて、愛犬家ばかり(でも無いだろうけど)が次々に失踪する奇怪な事件が、さらに奇怪な事には連続して発生し、大きな騒ぎとなったものでした。本作は埼玉の事件の方を元にしたらしい。
当時、逮捕前の被疑者がマスコミに登場していたこともあり、犯人・村田の役は難しいものがあっただろう、と思います。ひたすら異常一辺倒ならともかく、時には磊落に、また必要があれば卑屈にもなって見せる、というさまざまな表情の持ち主。実際、熱演だと思います。ただ、「熱演」だけでは、ちょっと足りない部分もあるように思えて。村田が主人公の前で突然本性をむき出しにする場面など、いくつかのターニングポイントがあったはず、そしてそれを「熱演」によって演じ分けようとしたはず、だけど、映画の雰囲気まではうまく切り替わらない。刺激的な場面がいくら挿入されても、いまいちピリッとした刺激にならない(浴室の中での死体の解体シーンそのものよりも、外にいる主人公に浴室内から声を掛けられる事の恐怖を描いた点、これは印象的でしたが)。で、作品の流れがやや平板に感じられてしまう。そんな中で「オッ」と思ったシーンは、ラスト近くで、陽光を背に浴室に立つ黒沢あすかの姿、これはさすがに映画の印象を一変させるものでしたが・・・このシーンから先の展開、もう、ムチャクチャだしなあ。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 6点(2016-10-24 13:36:22)
90.《ネタバレ》 これだけ「えぐい」映画が邦画で存在していた事に驚きました。悪のエネルギーが迸っており、観ているだけでワクワクしてしまったのは、久しぶりでした。
唯、あの屍体処理法は、疲れるだけで、非能率的でした。灰だけではなく細切した物を、河に撒くのも証拠が残る可能性もあると思われました。
熱帯魚センターの女の子達の存在価値が、ぼやけており、本当はハーレム状態であったことは想像に固くありません。その辺の工夫がなされていれば、
点数は上がったと思います
亜酒藍さん [DVD(邦画)] 6点(2016-05-09 18:13:30)
89.観ていてグロくて顔をしかめるよりも、すべてを超越して何か苦笑いしてしまう。そんなでんでんの存在感です。B級っぽい映画の終わらせ方は映画にケリをつけたという事で良しとしましょう。全体の世界観からもおさまりはいい。神楽坂恵の何ともいえないエロさに1票。
ラグさん [DVD(邦画)] 7点(2015-07-11 01:28:13)
88.なんでもかんでもエログロにすればいいってもんじゃないでしょ。
ストーリーの中身もないし恐くないしラストもまさにB級の終わり方だし、全部中途半端。
まだゾンビ映画みたほうが面白い。
一番ありえないのは主人公の最後のプッツンはなんだ?スーパーサイヤ的に激変したがなんなんだ?
人は短時間で急にあんな変わるもんじゃないぞ。マゾがサドになるようにね。
「埼玉愛犬家連続殺人事件」がモデルだそうだがwikiで閲覧したほうがよっぽどゾっとする。
濤声さん [DVD(邦画)] 2点(2015-07-06 12:23:28)
87.これは分類がホラーになってるので、ホラー映画かな。実際の事件をベースにしているということなので、興味本位で観ましたが、ちゃんと架空の映画でした。役者陣は、みなさん、おっしゃるとおり、すごい迫力です。ほんまもんに見えます。実際のサイコパスもでんでんみたいなもんかもしれません。平気で人を殺し、死体でちゃらけて、異常なんだけど、まともそーなこともちゃんという(いや、これは映画だから監督が言いたいことをしゃべらせてるのかもしれませんが)。誰にも共感はできません。主人公もどっかおかしいのに気づくと、恐怖感は途中で麻痺してしまいました。ただ長い映画ですが、正直、退屈はしませんでした。迫力負けしちゃいましたので。映画を見終わったあとには、すごい脱力感。今の平和な日常に感謝。やっぱホラー映画かな。<追記>その後、もとになった本「共犯者」を読みました。実際にあった愛犬家殺人事件の共犯者が書いた実際にあったことを書いたノンフィクションです。いやー、この映画、実際の事件の再現度がかなり高い。この映画のまんまでした。特にでんでんの役はセリフも含め、本当にこんな感じだったんですね。共犯者はこの映画ではもちろん吹越満演じる主役のキャラに相当しますが、そちらも結構、キャラ的には事実に近い感じがします。もちろん、最初にでんでんに出会うとこや、家族構成、後半はこの映画のフィクションですが、事件そのものに遭遇している箇所は事実と同じ感じでした。「透明のボディー」ってフレーズは、普通の感覚では出てこないのに、実際の犯人が映画のように使ってるなんて、やっぱ現実って怖いわ。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 7点(2015-05-15 15:22:44)
86.《ネタバレ》 本当のワルほど、見た目や物腰はワルっぽくはなく、むしろ一般人より腰は低く丁寧である。それによって相手のガードを下げさせるのが、犯罪の第一歩だからである。なので、導入部のでんでんの演技は大正解。ただし、途中からはやたら怒鳴ったり怒ったりするシーンばかりになってしまって、せっかくの設定が生かされていない。●妙子がどうみても描写不足、というか、途中から脚本上ほったらかしにされている。突然の侵入者である村田に対して、その受け取りが(いいように引きずり込まれている夫との対比という観点からみても)どのように変化しているのかを押さえるべきだった。特に、序盤で村田と寝てしまい夫への秘密を抱えるという心理の綾まで設定しているのであれば、なおさら。せっかくの神楽坂恵のバストがもったいない。●途中からの社本の逆襲はいかにも唐突なのですが、それでも、再度の一家の食事のシーンあたりで、今度は前とは一変して妻と娘を人格支配してしまう社本、という終わり方なら最高でした。愛子に対しては、解体だけ言いつけて後は放置、の方が流れとしてむしろ自然と思いますけど。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2015-03-23 03:18:36)
85.まさに、セックスとバイオレンスという映画で、とにかく凄い映画だった。埼玉愛犬家連続殺人事件の当時、こんな凄い事件とは気づいてなかった。確かに、ちょっとワイドショーで話題になっていた事を思い出したが。面白い映画といっても、interestingのほうである。ただ、相当グロいので人を選ぶ映画だろう。それでも、見終わった後に不思議な満足感と余韻の残る作品だ。いずれにせよでんでんの演技は演技とは思えないほどはまっていてリアルな感じがする名演だ。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-03-02 13:29:42)
84.《ネタバレ》 熱帯魚店を営む平凡な男が殺人狂の夫婦に付け込まれ
連続殺人の片棒を担がされる実話をモデルにした話。
これで低予算じゃなければもっと評価できたいい作品。
安っぽいエログロはいらなかったです。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 6点(2015-02-14 02:30:27)
83.すごいエネルギー。
冷静に見ることができないほどインパクトのあるでんでん。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-27 00:08:36)
82.《ネタバレ》 いわゆる「埼玉愛犬家連続殺人事件」をヒントに作られた映画との事だが、全く関係なくて特に意味のない映画だった。でんでんの畳み掛ける口調に注目が行きがちだが、黒沢あすかは普段はドSでも強い男が好きみたいで、強い口調で命令すると死体損壊など素直に従うところが、私は可愛いと思いました。
DAIMETALさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-12 09:38:37)
81.《ネタバレ》 グロいシーンに目を背けると、でんでんとオッパイが残ります。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 6点(2014-07-27 18:02:51)
80.でんでんさんのギャップが凄い。突然豹変するシーンは衝撃を受けました。黒沢あすかさんもいい感じにギャップを見せつけています。あそこからもっと見たかったなーってういう所はあるんですが、主人公からしたら我慢できなかったんでしょうね。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 6点(2014-07-12 01:20:23)
79.《ネタバレ》 「でんでん」の映画です。それだけに彼が去った後、若干のパワーダウンは否めないが、それを差し引いても十二分に楽しめる怪作。
Junkerさん [DVD(邦画)] 9点(2014-06-25 17:04:35)
78.《ネタバレ》 ここまで細かく死体を処理する度胸があれば何も怖く無い、オレ最強!という村田の言葉には、なにか説得力もある。実際に自分で手を汚してそこまでやる。だいぶ違うけど、殺生した牛や豚、魚はまるごと残さず調理して全部食べてあげなさい、みたいな。サイコキラーのイメージとはちょっと違い、妙な動物的エネルギーにあふれている。ただ、ベースになった「埼玉愛犬家連続殺人事件」は犬のブリーダーということで強烈な生なましさを感じたけれど、熱帯魚屋では死体バラバラにしそうにないけどなあ。でんでんの演技、なんか滑舌の悪さと明るさが絶妙にこわい。 スプラッタとか好みは別として、突き抜けた映画です。
ETNAさん [DVD(邦画)] 7点(2014-06-13 12:42:33)
77.《ネタバレ》 ヒトの心の欲望を描いた良作。血や暴力に負けないいやらしさが気持ちいい。

ミツコちゃんが真面目ないい子にしか見えない。この子がもう少しいやらしければさらに1点上積みだったなと。
JFさん [DVD(邦画)] 7点(2014-06-11 18:31:32)
76.《ネタバレ》 「愛のむきだし」が結構面白かったので、評判のいいこれも見てみる気になりました。

まず、埼玉愛犬家連続殺人事件を元にしてるということだけど、犬じゃなくて熱帯魚にした理由がわかりません。
犬より扱いやすいし予算もかからなかったから?タイトル活きてない気がするし。

でも、評判通り役者は良かったです。
特にでんでんは、ハマリ役。実際こんなに一見人が好さそうで押しも強ければ、ついつい言うなりになっちゃいそうな気もします。

妻愛子役の黒沢あすかも、体張った演技が演技と思えないくらいの凄さ。
エロいし、冷静な時とイっちゃった時のギャップもうまいし。
最後のほうで、キレた社本の命令に嬉しそうに「うん!」て言って従う姿なんて、無邪気で可愛いくらい。
血だらけで死体を解体してるっていうのに。

社本役の吹越満については、上手いんだけど、どうしても村田に引き込まれて言いなりになっていく気の弱さが感じられなくて、そこが残念でした。
全然弱そうに見えないので、最初に殺人を目撃してから助手にされていくのに説得力がなくて、いや、あなたなら、そこ言いなりにならないんじゃない?て思えてしまう。
あくまでも私のイメージですが。

娘との関係も、もう少し描いてもらわないとラストシーンのセリフがわかりにくかったです。
娘が母親の死後すぐに後妻を迎えた父親をどの程度憎んでるのか、愛情はあるのかがわかりにくいので、「やっと死んだかクソ親父」というバカ笑が、本心なのか、笑いながら本当は泣いてるのかわからないまま。
社本の「生きるってのは痛いんだよ」も唐突な言葉でした。

まぁ、人には全然勧めないけど、見て損はしなかった作品です。
死体解体シーンも思ったほどグロく思えなかった。というか、細かく切り刻んだ肉片だと、血だらけでも魚をバラしたような感覚で見れました。
以前、目の前で見たマグロの解体ショーの衝撃で、ちょっとその辺の感覚が麻痺したからかもしれません。
さすがに生首が出てくると気持ち悪いし、最後上半身だけまだ解体されてない村田によりそう愛子のショットは、こういう映画に慣れてない人にはトラウマレベルかもしれませんね。

この映画から得た教訓。
良く知らない人についていくな。ずかずか踏み込まれるな。
最初が肝心。悪人は善人の顔をして弱みに付け込む。
nanapinoさん [DVD(邦画)] 6点(2014-06-08 00:11:02)
75.なんだかスゴイものを観てしまった。

妙なことに本監督の作品としては「希望の国」が最初なのである。その作品の評の中に「期待していた毒が足りなかった、残念。」といったような斬り捨て方をしたものが散見され、その真意はどのあたりにあるのだろうと若干気にはなっていたが、時系列的逆に同監督作品をたどり始めた自分は「ははぁ…」と今更になって伝わってきた次第。

次はもっとわかりやすいタイトル、「自殺サークル」の鑑賞かな(笑)

もともとホラー系は進んで手には取らない派ではあるものの気になるんだからしょうがない。
keiさん [DVD(邦画)] 6点(2014-05-27 11:25:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 94人
平均点数 6.70点
011.06%
100.00%
244.26%
322.13%
466.38%
51010.64%
61313.83%
72223.40%
81718.09%
91617.02%
1033.19%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review6人
2 ストーリー評価 6.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.87点 Review8人
4 音楽評価 6.14点 Review7人
5 感泣評価 4.00点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS