Menu
 >
 >
 > スーパー!

スーパー!

Super
2010年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
アクションドラマコメディ
[スーパー]
新規登録(2011-06-27)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2011-09-27)【8bit】さん
公開開始日(2011-07-30
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ガン
キャストレイン・ウィルソン(男優)フランク / クリムゾンボルト
エレン・ペイジ(女優)リビー / ボルティ
リヴ・タイラー(女優)サラ
ケヴィン・ベーコン(男優)ドラッグディーラー ジャック
マイケル・ルーカー(男優)エイブ
リンダ・カーデリニ(女優)ペットショップの店員
ネイサン・フィリオン(男優)ホーリー・アベンジャー
グレッグ・ヘンリー(男優)刑事
ジェームズ・ガン(男優)デーモンズウィル
ロブ・ゾンビ
脚本ジェームズ・ガン
音楽タイラー・ベイツ
撮影スティーヴ・ゲイナー
製作テッド・ホープ
製作総指揮レイン・ウィルソン
配給ファインフィルムズ
特殊メイクトッド・マスターズ
美術ウィリアム・A・エリオット〔美術〕(プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》 笑って見ていると、その笑い顔がそのままひきつるほど引いてしまうヒーロー物。ヒーロー物?サイコ物と言ってもいいかもしんない。脳みそに直接、神の指先がチョンと触れるビジョンによってクリムゾンボルトとゆうヒーローになった男の必殺技がスパナで相手の頭をかち割ること。血がドクドク出て、悪魔の毒々モンスター的と言いましょうか、完全にトロマムービーの系譜を受け継いでおります。だからヒーローものにありがちなカタルシスは一切ありません。警察が訪ねてくれば、刑務所でカマを掘られる妄想を観客にもしっかり見せてくれるほどのダメヒーローです。バットマンにロビンがいるように、彼にもボルティとゆう相棒ができます。これがまた、彼以上にいかれたやつで、それをエレン・ペイジが嬉々として演じております。グダグダで暴力的で、変身するのも車でモゾモゾ着替えて、パンツ姿のお尻を子供に見られるほどカッチョ悪く、最後まで惨めなヒーローですが、最後はなぜかジーンときました。なんででしょう?
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2016-10-18 18:02:51)
40.《ネタバレ》 「割り込みは悪だ!麻薬売買も悪だ!児童虐待も悪だ! 私欲の為に人を苦しめるな!遠い昔に定められた不変の掟だ!」この言葉に強く打たれました。割り込みのように悪いことだけを罰を下せない、納得いかないけど見過ごしてしまうことは人生の節々にあると思います。ベーコンも割り込みぐらいで半殺しにしやがって!といいますが、クリムゾン・ボルトは悩みながらも「それでも悪だ!」と泣き叫びます。納得のいかないこと我慢してしまうこと、言いたいけど言えない感情を爆発させてくれる最高の名シーンだと思います。
HARD PUSHさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-09-18 20:55:12)
39.本当になにもない普通の冴えないおっさんがヒーローの真似をする、まさに、リアルなヒーローもの。いや、ヒーローに憧れて真似すると、現実はこんなもんだよということを分からせてくれる映画。なので、殴ればドバドバ血が出るし、撃たれれば相当いたいし、漫画みたいにはいかないんだよということを伝えるためか、かなりグロ映像が出てきますので、そういう系が苦手な人はちょっと観れないかもしれませんが、この映画は、キックアスとは全く別ものの本当に特殊能力もなく、強くもなく、助けてくれる人もいなくという、もしも自分がヒーローになったらをリアルに再現してくれている面白い映画です。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-02-10 15:23:16)
38.《ネタバレ》 麻薬の売人に妻を寝取られた男が幻覚に導かれ即席ヒーローとなる、というお話。ゼブラーマンやキック・アス系統の本物のヒーローとして目覚めていく逆転ストーリーかと思いきや、男は精神的な病を抱えていて、どんどんダークな方に転がり落ちていくというお話でした。特にボルティという狂った相方が押しかけてきてからは加速度的に危険度が増していきます。相方の勢いに流されるように銃器や爆弾などを揃え、とうとう売人の元へ殴り込みます。ところが相方はあっさりと撃ち殺されます。それも頭を吹き飛ばされるというショッキングなもの。相方に死によってタガが外れた主人公は売人一派を惨殺。最後、救ったはずの妻も主人公の元を去り、主人公に残されたものは思い出とうさぎのみという寂しいものでした。どこにも救いのない重い話。終始主人公の顔に喜びが見えなかったのが印象的でした。
kirieさん [DVD(吹替)] 7点(2015-01-23 22:00:30)
37.《ネタバレ》 キック・アスのパクリ?二番煎じ?とか思って見てたら酷い目にあった。
この作品をコメディに分類するのは詐欺だわ。
ブラックコメディのつもりなのかも知れないけど、呑気に笑ってられない深刻過ぎる展開にちょっと引いた。
正確にはスプラッターバイオレンスに分類すべきで、そういうのが苦手な人には危険な作品。
僕もちょっと苦手なので、いくつかのシーンは直視できなかった。
とにかくエレン・ペイジが可愛いのに、糞ピッチな設定で、やたらエロいのには参った。
僕には妻が居ないので速攻で惚れたけど、その分だけクライマックスの衝撃も大きくて、ちょっとトラウマになりそう。
作品のクオリティとか、個人的な好みで言うと、キック・アスに軍配を上げたくなるけど、これはこれで衝撃的な問題作だと思う。
これを見た後だと、キック・アスはリアルな作品じゃなくて、ファンタジーだったんだなって思ってしまう。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2015-01-23 16:40:33)(良:1票)
36.《ネタバレ》 おもしろかった。現実と虚構(妄想)の線引の曖昧さを突き詰めると、こうなるのかーと興味深かった。
reitengoさん [DVD(吹替)] 8点(2014-10-19 22:06:04)
35.題名とパッケージから、ヒットガールの流れかな?と勝手に想像してディスクを取り寄せましたが、あまりのリアルマジ路線にドン引きした感じでした。この感覚には全くついてゆけません。高評価の方も多いですが、どこが良かったのか一切理解できない映画でした。(コレほど酷評するのは珍しいくらいです)
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 0点(2014-09-22 11:54:57)
34.コメディとしては度がきつすぎ.スパナで殴った時点で取り返しのつかない映画となっていたが,それ以降の異様さが,この映画の存在価値なのか?
マー君さん [DVD(吹替)] 4点(2013-08-11 00:09:31)
33.《ネタバレ》 オープニングもアニメだしかわいいアクションコメディだと思っていたら
触手や打ち抜かれて砕けた顔とかグロい画像が結構あってびっくり。
結末もなにか奇跡が起こったりするわけでもなく、現実的でびっくり。
でもこんな切り口の映画もあっていいかもと思いました。
ケヴィンは冷酷で情の薄い麻薬ディーラーな悪ケヴィンが見られます。
ベーコンエッグバーガーさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-21 18:57:55)
32.《ネタバレ》 オープニングのイラストムービーがかわいくていいです、あと音楽も。触手のシーンは直視できなかったです、、神のお告げ的なインパクトはあったけど。あと、エレンペイジがかわいい!コスプレ姿がなおかわいい!!主人公の最後には切なくなりました。。。
はちまろさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-11 21:35:26)

31.《ネタバレ》 『タクシードライバー』のトラヴィスがスーパーヒーローに憧れていたらフランクの様になっていたのでしょう。正直、世直しとして街で悪漢を懲らしめるフランクの姿から真っ先に感じるのは正義としてのカッコ良さよりも狂気です。更に後半、ボルティとしてリビーが登場してからは加速度的にその傾向が強くなっていく。
スーパーヒーロー物に求められる爽快感は薄いですが、人間の正義と狂気の狭間の危うさを描いた良作だと思います。しかし個人的には『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の様にビッチを捨てて新たな一歩を主人公が踏み出していく作品の方が好みではあります。だって、やっぱりサラは女性としてはアレなトコがあり過ぎますからね。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-09 18:59:46)
30.《ネタバレ》 何と悲しいエンディングだ・・・
主人公に取って、あれが本当の救いなのだろうか???
甘々の考えになってしまうが、せめてラストシーンで主人公の隣にウサギだけでは無く、ペットショップの女性店員(途中でほんの少し登場する)が座っていたら、もう少しは明るく観賞を終えられたのだが・・・
ぶっ飛んだエレン・ペイジ、無駄にテンコ盛りの残虐シーン等、観る者を選ぶ怪作。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-25 16:49:55)
29.《ネタバレ》 期待も予備知識もなしで観たら、実は大当たりだったという感じです。監督は誰じゃ、おお、『スリザー』を撮った才人J・ガンじゃないですか。なるほど、『スリザー』つながりでM・ルーカーとG・ヘンリーが顔を見せているわけですね。冴えない中年マスクヒーローのR・ウィルソンは『JUNO/ジュノ』でE・ペイジに妊娠を告げる薬局の店員だったし、ハリウッドという所は意外と人間関係が狭いんですね(笑) 『キック・アス』と良く似たプロットですが、コメディながら本作の方が人間性の闇に迫っていて奥が深いと言えます。何と言ってもE・ペイジの壮絶な怪演とびっくりさせられる最期、これはもう必見です。そしてまるで『バタフライ・エフェクト』みたいにとっても切ないエンディング、ちょっとホロリとさせられました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-03-18 23:42:47)
28.《ネタバレ》 「キック・アス」と同じ年に似たような映画が公開されていたのか。しかし「キック・アス」よりもさらに現実に近くなっていて、ヒット・ガール的存在に頼ることは出来ない。とにかくリアルな痛みを描き出しているため、こちらとしては困惑しきり。これを見てスッキリしたり、ワクワクしたり…という訳にはいかない。多大な犠牲を払った結果の微妙な結末こそ、この映画が言いたい事なのだろう。ヒーローがいたとしたら、それはむしろ選ばれざる者なのかもしれないなー。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-02 13:00:52)
27.《ネタバレ》 試みとしては面白いと思うのだけど、やはりどうしても既視感が強い。正義のヒーローが現実の世界にいたらというテーマは、古くは藤子不二夫の漫画『ウルトラスーパーデラックスマン』でも描かれていたし、最近では『ウォッチメン』もそうだ。でも、あくまで最後まで駄目男として描かれる主人公と頭のイカれたヒロインという組み合わせは、辛うじて新しい。グロテスクな暴力とCGの使い方もなかなか。余談だけど、アメリカにも触手系アダルトアニメってあるんですね(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-08 21:05:02)
26.タイトルと紹介写真にすっかり騙された一人です。そうです、キックアス的な軽快な物を想像してましたよ。たぶん統合失調症であろう主人公が妻の為に正義のヒーローになる話。これを観ると普段観ているアクションの、瞬時に殺傷する爆弾や飛び道具などの優れた武器やカッコいい撮影方によって、集団殺人を軽快に観る事に慣れていたんだなぁと思った。今作の妙に生々しい殺人方は善悪の前に人間が行う暴力について考えさせられた。ブッ翔んだエレン・ペイジが唯一明るいポイントだが・・・。でも観て良かったと思えた作品。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 6点(2012-09-17 17:18:03)
25.《ネタバレ》  難しい映画ですよね。決して暴力礼賛ではないと思うんですが、ラストの自分が元妻を救ったおかげで四人の子供たちに人生が与えられたって考えには一分の理があるわけだし。
 こんな醜い暴力に頼らなければ、弱いものは踏みにじられるしかない現在のアメリカ社会への批判と見ればいいのかな。
 ただ、女優が二人とも好みなんで、見てて飽きはしなかったです。(その分リビーの最後は衝撃でしたが。彼女はハードキャンディといい、この作品といい「玉」とかかわりが深い女優さんですねw)
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-13 09:59:19)
24.《ネタバレ》 最初は「キック・アス」のおっさん版かと思ったのですが、この映画はヒーローが現実にいたらどうなるかをよりリアルに描いている気がします。ヒーロー映画にある爽快なアクションシーンも痛々しく描写し、神の啓示を受けて正義に目覚める主人公もただの変人にしか見えません。特にヒーローオタクに扮するエレン・ペケジのイカレ具合がすごい。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-09 12:17:58)
23.《ネタバレ》 リアルヒーロー。気持ちのまま実行してみましたってかんじのヒーロー。列に並んでいるところに割込んだ人を殴打なんてやりすぎだけど、心の中ではそのくらいのこと思っているものですもの。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 6点(2012-05-06 00:52:06)
22.《ネタバレ》 深く考えさせられる内容であることは間違いないのだが、鑑賞後の後味が悪く、安易に人に勧められない映画である。妻を薬の売人に寝取られた冴えない主人公が、神の啓示によりヒーロー「クリムゾン・ボルト」となり巷の悪に罰を与え、妻も取り戻そうと一念発起する...のだが、弱っちくて返り討ちにあうこと多々。そこで凶器による不意打ち一撃離脱方式に変更。一応彼の考える悪いことをした人しか襲わないのだが、その描写が姑息でえげつなく、嫌悪感バリバリ。また、途中から押しかけ女房的に相棒となる「ボルティ」の言動がヤバく(悪い意味)、エロくて傍若無人で観ていて引きまくる。ヒーローものは悪を罰する際に幾ばくかの爽快感が生まれるが、この映画のヒーローたちの行動には爽快感や格好良さがない。ただ、そこに現実感が湧き上がる。ヒーローが一般的な正義(法律・マナー)に反した人を殴ったり殺したりすれば、ヒーローも正義に反してしまう。数多のヒーローたちの存在の矛盾を皮肉り、ヒーローとサイドキックとの性的関係を揶揄した内容は趣味で及第点。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2012-04-28 21:25:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 6.66点
024.88%
112.44%
200.00%
300.00%
412.44%
512.44%
6921.95%
71434.15%
8614.63%
9717.07%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 2.66点 Review3人
4 音楽評価 0.50点 Review2人
5 感泣評価 0.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS