ルーザーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルーザーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ルーザーズ

[ルーザーズ]
The Losers
2010年【米】 上映時間:103分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
アクションサスペンス犯罪もの漫画の映画化
新規登録(2011-11-15)【よしのぶ】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストゾーイ・サルダナ(女優)
ジェフリー・ディーン・モーガン(男優)
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)
イドリス・エルバ(男優)
ジェイソン・パトリック(男優)
ガンナー・ライト(男優)
脚本ピーター・バーグ
ジェームズ・ヴァンダービルト
音楽ジョン・オットマン
編曲ジョン・オットマン
製作ジョエル・シルヴァー
アキヴァ・ゴールズマン
製作総指揮スティーヴ・リチャーズ
スチュアート・M・ベッサー
アンドリュー・ローナ
美術アーロン・オズボーン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
衣装マガリー・ギダッシ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》  それぞれが何かのスペシャリストで、あんまり負け犬っぽさは無かったですね。むしろプロフェッショナル軍団という感じ。
 コメディアクションなのかと思っていたのですが、意外に真面目なサスペンスアクション。
 オープニングのヘリ撃墜までのエピソードは、ルーザーズに感情移入させるのに十分なインパクトでした。
 マックスという悪役のいかれ具合は好き。でもなぜCIAの幹部らしきマックスが、核兵器だの戦争だのを望んでいるのか、大事な部分の説明が一切ない。
 また、ロークの裏切りは無かったほうが、よりスカッとできたんじゃないかという気もします。
 原作があるので仕方ないのかもしれませんが、こーゆー裏切りって、表面では忠義を尽くしている人間が裏切るから面白いんじゃないでしょうか。いかにもなロークが裏切ったって、そこに物語的な面白さは生まれない気がします。
 マックスが野放しのまま終劇っていうのも、ちょっともやもやしますね。
 できれば、もう裏切りとかしちめんどくさいことはやめて、チーム全員でマックス一味を一網打尽にして大団円で終わってほしかったものです。それともマンガ原作みたいなので、続編を意識してこのような煮え切らない結末にしたのでしょうか。
 いいかげん、続編を意識した映画製作はやめてほしいですね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2021-06-20 19:37:43)★《新規》★
4.《ネタバレ》 クリス・エヴァンスが敵に追い詰められて絶対絶命、というところで、彼は手を拳銃の格好にして相手に突きつける。一体なにかやってんの、バカじゃないの、という場面ですが、実際に彼は相手を撃ち倒しちゃう。何型どうなってるんだ、と思ったら、実際に撃ったのは遠くにいる仲間のスナイパー、というワケ。
この場面については、例えばマジックのタネ明かしを聞かされて、何てつまらんトリックなんだと怒るか、それともその程度のトリックが見せ方一つでイリュージョンとなることに驚くか。前者のヒトならこのシーンは楽しめないし、後者のヒトなら多いに楽しめることでしょう。
そういう、遊び心、一種のはぐらかし。ピーター・バーグ(本作は脚本で参加)が評価されてる割に人気が出ない(?)理由も、そんなところにあるのかも。
本作も、いかにも続編がありそうな終わり方ですが、今のところ、続編が作られたという話は聞かれず。
ただし、終盤のCGの出来は、いささか残念でした。
鱗歌さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-06-06 12:38:24)(良:1票)
3.時折、魅せるアクションをしてくれるがそれ以外は凡庸です。
真尋さん [DVD(字幕)] 5点(2014-02-03 03:19:02)
2.《ネタバレ》 アクションコメディの割に込み入った内容、おまけに説明が駆け足なもんで、何度も話を見失いそうになりました。32話からなるアメコミ原作を100分程度に圧縮した作品であるため脚本にムリが生じた結果なのでしょうが、原作の再現にこだわって一本の映画として破綻寸前にまで追い込まれるくらいなら、映画用に適度な改変を加えるべきだったと思います。謎の美女アイーシャの正体が判明する場面や、ルーザーズの一人が裏切る場面なども事前のフリのマズさからサプライズになっておらず、ストーリーテリングという点においてこの脚本は失敗しています。ルーザーズ達のコミカルなやりとりも作り手が意図したほど楽しくはなく、悪い意味でピーター・バーグ(『ハンコック』『バトルシップ』)らしい脚本だと言えます。。。
一方で、見せ場が素晴らしいのが本作の救い。製作費2,500万ドルというハリウッド映画としては小規模な作品なのですが、アクションのノウハウを知り尽くしたジョエル・シルヴァーが背後に控えているおかげで大作並みの満足度が得られます。ゾーイ・サルダナやクリス・エヴァンスなど俳優陣のハマり具合も完璧、久々に見かけたジェイソン・パトリックも楽しげに悪役を演じており、見てくれはよく出来ています。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-05 23:16:29)(良:1票)
1.スパナチュの父ちゃん主演。
ラスボスなんでふっ飛ばさんのん?2011/02/18
幸志さん [インターネット(字幕)] 5点(2011-12-18 00:03:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5240.00%
6120.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS