優駿 ORACIONのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 優駿 ORACION
 > (レビュー・クチコミ)

優駿 ORACION

[ユウシュンオラシオン]
1988年【日】 上映時間:128分
平均点:5.20 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー青春もの動物もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-07-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督杉田成道
助監督佐々部清
キャスト斉藤由貴(女優)和具久美子
緒形直人(男優)渡海博正
吉岡秀隆(男優)田野誠
石橋凌(男優)多田時雄
林美智子(女優)渡海タエ
吉行和子(女優)和具美穂
下條正巳(男優)誠の主治医
加賀まりこ(女優)田野京子
石坂浩二(男優)吉永達也
平幹二朗(男優)増原耕左右
田中邦衛(男優)砂田重兵衛
三木のり平(男優)横田
緒形拳(男優)渡海千造
仲代達矢(男優)和具平八郎
原作宮本輝「優駿」
脚本池端俊策
音楽三枝成章
編曲武部聡志「ORACION -祈り-」
主題歌斉藤由貴イメージソング「ORACION -祈り-」
撮影斎藤孝雄
原一民
製作日枝久
フジテレビ
企画村上光一
配給東宝
美術村木与四郎
衣装千代田圭介
編集浦岡敬一
照明望月英樹
動物オラシオン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.2012.05/22 鑑賞。感動溢れる作品と期待も何にも無し。豪華俳優陣にしてはダラダラ感一杯。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-05-22 20:44:10)
19.《ネタバレ》 もっと躍動感と爽快感あふれるような雰囲気を勝手に頭の中で作りあげていたので、ほとんどのシーンが予想外に地味で陰鬱な感じだったのにびっくり、そしてがっかり。それ以前にまずいのは、主役の斉藤由貴の役柄について、立ち位置も方向性もはっきりしないこと。単にまわりで騒いでいるだけにしか見えないし、馬というものに対する何の感情も感じられない。周辺人物の処理も雑。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-05-09 00:46:56)
18.《ネタバレ》 ずっと観たかったんですが、なかなかお目にかかる事が出来なかった作品。オラシオン。22年の歳月を経過してようやく観れたという感動の思いも束の間だったか まあ こんなもんだろなってのが正直な感想。出演陣に至っては、斉藤由貴と緒方直人とオラシオンという情報しか知らなかったのでアレなんですが、緒形親子が揃って出演、しかも親子役。ほんでもって北の国からニセ親子の参戦。(田中邦衛と吉岡秀隆) ならば、なんで蛍だけ中途半端にいないんだ? あ~ん?!ってのが正直な感想。なんかちょっとチグハグだ。そして、まあ、なんとなく予測は出来ていたが、その予測どおりに次々と人が死に、馬が死に、ついでにまた人が死に。 ヤだね こんな展開、飽き飽きだ。そんなこんなで、別に悲しいシーンの多さにご立腹という訳ではないんだが、 誠クン死んだというのに、その後は、あまり話に絡んでこないのはなぜなんだ? もひとつ言わせてもらえば、オラシオンのダービー出走に関してさんざん脚部不安を心配してたのに、ぶっちぎりで帰って来たオラシオンの脚元を誰も心配している様子がなかったっていうのはどうゆうことなんだ? 結局は勝敗云々だけに拘っていたように見えた緒形君と斉藤君。もっとすぐにでもオラシオンに駆け寄ってってあげなよ。鼻づら撫でてあげなよ。脚元心配してあげなさいよってさ、その辺りに人間様のご都合主義が伺えて単に哀しくなったさ。いただけない。少なくとも、自分としては 部外者でありながらも、まずはオラシオンの脚は大丈夫なのかと心配だったさ。 あと、いただけないといえば、レース映像なんですが、例の出遅れ:空馬追走のシーンなんですが、なんでゼッケンくらい上手く編集処理やらなかったのでしょうか あれってホント、メリーナイスのままですやんか ドン引きだがね ええ加減なお仕事してますな~って感じでしたね。大減点確定。それに痛々しくってかわいそうだったサクラスターオーをいちいち映しなさんなってば。関係者の気持ちも察してあげなさいってば。そんないたらぬ点にも大減点大減点。総じて【優駿 ORACION 】に感動シーンなんて求めてはイケナイ。そんなシーンは一切存在しない。こんなもんなら走れマキバオーのほうがよっぽど感動できます。ホントだってば。アニメに負けてますよってんだ。(≧σ≦)... 
3737さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2011-01-04 22:53:26)
17.まあ、こんなんだろうなぁ・・・と思ってた通りの感じだった。「シービスケット」はどうなんでしょうね?競馬はもっと泥臭いものであってほしいと思う俺には爽やか過ぎたかな?
ディーゼルさん 4点(2004-01-02 00:43:03)
16.メリーナイスって母父シャトーゲイに父コリムスキー、ダビスタオタクも配合しないような血統。栗毛に四白流星でハデな馬でした。有馬は菊、JCでお世話になったザッツザプレンティから逝きます。・・・すっかり本命やられましたが保険でチャラでした。
亜流派 十五郎さん 2点(2003-12-23 14:47:54)
15.まあまあ面白かった。・・競馬はもっと面白いドラマできると思うなー・・おれは89年かな?忘れもしない、清里特別。馬場はドロドロの道悪。13頭立て11番人気だったと思うギンジロウから流して買って・・・倍率316倍。儲けたなー・・あ、これはドラマじゃなくて、自慢話だ(笑)
ウメキチさん 4点(2003-11-30 17:54:33)
14.なんでよりによってメリーナイスなんかを追いかけたのかがわからないのですが、フジテレビならではの映画って事でしょうね(苦笑)。あのメリーナイスが落馬した有馬記念は大荒れだったし、骨折したサクラスターオーもいるので、可哀想だったね。映画のストーリーは、いかにも泣かせましょうという意図が見え見えで、これでは逆に感動できない感じです。原作の方が綺麗なイメージがあっていいね。
オオカミさん 5点(2003-11-30 16:29:34)(良:1票)
13.うーん、私は映画→原作の順だったので、「原作と違って……」にはなりませんでしたが、映画自体が「うーん」でした。確かに競馬をちょっと知っているから、実際と比べてしまってという点も大きいですが……。この際、原作はさておくべきでしょうが、「原作→映画でなくてよかった」と、やっぱり思ってしまったことは事実です。印象深いのは“主役級”の根本康弘騎手と、ラストの検量室で「おめでとう」と声をかける加藤和宏騎手。それと主題歌は映画のイメージに合っていると思いましたね。
まつもとしんやさん 4点(2003-11-24 17:05:35)
12.これはすごいよ。競馬良く知ってる人と、知らない人とではかなり印象違うよね。内容はまあベタな感動ものなんだけど、競馬知ってる人が見ると突っ込むとこばっかり目に付いちゃう。ピュアな気持ちで観て、ピュアに感動してね。根本の怪演に1ポイント。それと、落馬のシーンをスローでよく見ると、ゼッケンに「メリーナイス」って読めるよ。87年の有馬記念かな。
ぽんぽんさん 7点(2003-06-09 23:19:37)(良:1票)
11.>SHOOTさん エクリプスじゃなくてゴドルフィン・アラビアンね。 ちなみにゴドルフィン・アラビアンから派生したマッチェム系でかろうじて残っているのはマンノウォー系ぐらいで他はほとんど衰退してしまっています。 もう少し勉強してから書き込んでね。 まあ作品自体が面白くないと言う点では同意
SSさん 5点(2003-03-05 05:07:38)
10.競馬知ってるものから見たら、失笑の連続。見るべきものは仲代達也の演技だけ。原作が良いだけに残念です。
いかりや800さん 5点(2003-02-22 02:41:37)
9.「オラシオンはあの伝説の名馬エクリプスの血を引いてるのよ!」全世界のサラブレッドの約9割がそうです。おんま達に3点献上。
C-14219さん 3点(2002-07-11 01:44:58)
8.原作が大好きなのでかなりがっくり。私は原作の多田の役どころが渋くて好きだったのですが、映画では全然魅力なし。とにかく人間で見れたものが何もなかったので馬で目の保養をしておりました。
ななさん 5点(2002-02-21 22:48:36)
7.当時人気の斎藤由貴が主演だったためか、毛嫌いする人も多いんですが、内容はそうではないと思っています。当時ビデオで見て、またDVDで見たんですが、私にとっては緒形直人の映画に見えます。オラシオンに賭けたような夢は、馬産地の人がみんな持っているだろうなぁー。牡馬が生まれたら、ダービーを夢見るんだろうなぁー。そんな牧場の人達の想いを込めた映画だと思います。(でも実は斎藤由貴ファン..^^;)
fragileさん 7点(2001-12-11 23:35:08)
6.私もあんな大自然の中で、走ったり遊んだりしてみたい。オラシオンたちが自然と一体化するように走っていたところと、オープニングが特に好きで印象に残った。あと、誠がとてもかわいそうだったです。
オラシオンさん 8点(2001-09-29 14:33:00)
5.この映画は原作のいいところが全く活かされてなかった。まあ、それだけ原作が良すぎて映画では表現力がたりんかったと言うことであろう。時間も短いし。
アグネスタキオンさん 5点(2001-09-17 17:49:26)
4.由貴ちゃんが初々しくてマル
久美子さん 10点(2001-09-11 17:30:21)
3.うーん、宮本輝の本は面白かったんだけどねぇ。映画にしたら”やっちゃった”って感じだね。競馬のシーンのが一番映画の中では出来が良かったですね。
奥州亭三景さん 6点(2001-08-10 18:45:26)
2.斉藤由貴主演が光ってました。
HIKKIさん 8点(2001-06-06 12:19:52)
1.批評家の間では、結構評価高かったみたいだけど・・・う~ん、もうだるだるで。斉藤由貴主演ってだけで観たんですが、相手役がコネコネの緒形直人君や、北の国から友情出演オンパレードで抵抗を感じました。この年は外国映画が不作だったこともあり、邦画が上位を独占した珍しい年でした。個人的には‘88年作では「敦煌」の方が良かったです。
イマジンさん 5点(2001-04-18 12:12:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.20点
000.00%
100.00%
215.00%
3315.00%
4315.00%
5735.00%
615.00%
7210.00%
8210.00%
900.00%
1015.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS