Menu
 >
 >
 > ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版

ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版

ZOMBIE: DAWN OF THE DEAD
1978年【米・伊】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 138人) (点数分布表示)
ホラーSFシリーズものゾンビ映画
[ゾンビダリオアルジェントカンシュウバン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・A・ロメロ
ダリオ・アルジェント(監修)
キャストケン・フォーレ(男優)ピーター
デヴィッド・エムゲ(男優)スティーブン
スコット・H・ライニガー(男優)ロジャー
ゲイラン・ロス(女優)フランシーン
トム・サヴィーニ(男優)ライダー(ヘルス・エンジェルス)
タソ・N・スタヴラキス(男優)ライダー(ヘルス・エンジェルス)
ジョージ・A・ロメロ(男優)TVディレクター(ノンクレジット)
内海賢二ピーター(日本語吹き替え版【DVD/テレビ東京】)
森田順平スティーブン(日本語吹き替え版【DVD】)
石丸博也ロジャー(日本語吹き替え版【DVD/テレビ東京】)
林真里花フランシーン(日本語吹き替え版【DVD】)
星野充昭(日本語吹き替え版【DVD】)
津嘉山正種スティーブン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
池田勝(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
筈見純(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
渡部猛(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
安西正弘(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
屋良有作(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ジョージ・A・ロメロ
音楽ゴブリン
クラウディオ・シモネッティ
ダリオ・アルジェント(追加音楽)
撮影マイケル・ゴーニック
製作ジョージ・A・ロメロ
リチャード・P・ルビンスタイン(アメリカ)
クラウディオ・アルジェント(共同製作[イタリア])
配給日本ヘラルド
ギャガ・コミュニケーションズ(リバイバル)
特殊メイクトム・サヴィーニ
編集ジョージ・A・ロメロ
スタントタソ・N・スタヴラキス
あらすじ
20世紀末、死者が蘇る事件が相次いで起こり、全米はパニックに陥っていた。人民連合に見切りをつけたSWAT隊員のピーター(ケン・フォーリー)ら4人は、ヘリコプターに乗ってテレビ局を脱出、ショッピングセンターに腰を据えるが・・・。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に継ぐゾンビ三部作の2作目。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
138.《ネタバレ》 これはゾンビを描写した映画ではなく、人間の習性を描写している映画であること。
ユーモアあり、人間考察に極めて優れた映画で、この監督には恐れ入った。
人とは何か、ゾンピとは何か、その違いは何かを如実に映像化している。スゴイ映画。その創造性において、卓越している。

食欲しかないゾンビに対し、乱入してきたチンピラの物欲に浸る様の下品なこと。ゾンビの方が上品に見える。
人間も他の種族の肉を食らう生物。ゾンビとの違いは?物欲?性欲?・・理性?理性とは何?
人間同士は紀元前から殺し合いをしているが、ゾンビは共食いをしない分、人間より優秀か・・

現在、混雑したショッピングモールで買いまわりしている人間と、この映画で徘徊しているゾンビの違いが
次第に判らなくなっていく。最後に、やはり人間は生きたいとの欲望でヘリに乗るところも秀逸。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-29 12:15:00)
137.ゾンビの知能指数がこんなに低いことを
この映画をみて初めて知った。
でもそれだけ。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2016-01-25 22:40:59)
136.1978年制作。ジョージ・A・ロメロ監督による、あらゆるホラー映画の原点。

タイトルの通り、本当にホラー映画苦手なのですが、今もなお多くの映画ファンから絶大な支持を得ている作品には違いないので、評価を通して敬意を示したいと思います。
ぶっちちさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-11-29 12:59:26)
135.アルジェント版は初見だと思う。違いは分からんけどゾンビ最高。印象に残ったゾンビさんは丸眼鏡のお坊さんゾンビ。この人、何故か肩からタンバリンをぶら下げてた。
真尋さん [DVD(字幕)] 10点(2015-01-02 06:42:03)
134.この映画を最初に観た衝撃ときたら・・。暴走族が入ってきてテンヤワンヤするシーンだけが好きじゃないので、-1点。あのシーン以外は10点です。
たぬき野郎さん [DVD(吹替)] 9点(2014-08-22 23:23:24)
133.《ネタバレ》 ジョージ・A・ロメロとダリオ・アルジェントによるゾンビ映画の金字塔。
冒頭はスタジオにおけるTV番組の収録風景からはじまる。
何故死体が蘇りゾンビが現れたのか・・・理由は解らない。
得たいの知れない恐怖との戦い、まるでガンシューティングゲームのように次から次へとゾンビを撃って撃って撃ちまくる。スリルの連続でまったく退屈しなかった。
特にロジャーとピーターの警官コンビの無敵ぶりは気持ちが良い。抜群のコンビネーションで危機を切り抜けていく。
ゾンビの動きはトロいが、人海戦術には気を付けろ。頭を狙え。跳弾でゾンビを仕留める戦法はお見事。
デパートにおけるゾンビ狩り。コレは収録作業楽しかっただろうねー。俳優陣も超ノリノリ。そーれ轢き逃げアタックだ!
だが、キリの無い戦いで徐々にロジャーは正気じゃなくなってくる。調子に乗りすぎて魔がさしてしまう。
その代わりロジャーたちに助けられたフランとスティーヴンは成長していく。
「ファ●キンサノバビッチ!!」
負傷したロジャーも台車に乗り込んで移動砲台に。ロジャーを乗せて~(ドナドナ)
ゾンビを一掃して得た一時の平和。救援が来るのを信じてひたすら待つ。
「F1」のクラッシュは予兆か。ロジャーぇ・・・。
そして待ち受ける人vs人の死闘。世紀末ヒャッハー軍団との戦闘はゾンビをも引き込みカオスの坩堝。
男たちは生き残るために引き金を引く。覚悟を決めた男たち、散っていく男たち、そしてある男は“生きる勇気”を選ぶ!!あの瞬間には震えたもんよ。
残り少ない燃料・・・それでも最後まで諦めず暁の空を飛んでいく。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-15 16:09:10)
132.《ネタバレ》 めちゃくちゃ怖い映画だと思って観ると肩透かしかも。なんか個人的にはシュールなブラックコメディだと思います。音楽の使い方といい、ゾンビの方々の演技といいなんかユーモラス。主人公たちがゾンビ対策で色々作業してる時も楽しそうだし。個人的にはマーケット内で平穏に過ごしてるシーンが好き。このシーンがこの平穏がどうやってぶっ壊れるのかなって想像しちゃって一番怖く感じました。そしていつの間にかゾンビが可愛く見えてきた自分(笑)。終盤にチンピラどもに酷い目に合わされてる時はなんかゾンビ可哀想‥ってなったし、その後何人か返り討ちにして食い殺した時は謎のカタルシスを感じました笑。
セラーズさん [インターネット(字幕)] 9点(2013-12-31 11:37:14)
131.《ネタバレ》 ダリオ・アルジェントとジョージ・A・ロメロというホラー界の2大巨匠がタッグを組んだ作品にして、泣く子も黙る世紀のマスターピース。映画史上の最重要作品のひとつであり、100年経っても見続けられるタイプの映画だと思います。。。
前作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の時点では曖昧だったゾンビの設定を明確化し、以降に製作されるすべてのゾンビ映画の基礎をこれ一本で確立してしまったという大きな功績を残した作品なのですが、そのレベルで終わっていないことがこの映画の本当に凄いところ。ホラー映画と言えば、主題となるモンスターや現象をどれだけ恐ろしく描くかという点に心血が注がれるものなのですが、驚いたことに、本作はそのベクトルで作られていないのです。ゾンビは弱く、ある程度の注意を払っていればその脅威から逃れることができるし、運と知恵次第では安全な居住スペースの確保も可能。文明崩壊の恐怖と同時に、文明に縛られず奔放に生きられる世界の居心地の良さをも描いている点が、非常に先進的だと言えます。さらに、主人公達が築き上げた均衡を破壊しに来るのはゾンビではなく人間だというオチの付け方も秀逸であり、生者と死者の対比とも相まって、「人間とは何か?」という哲学的なレベルにまでテーマを敷衍させています。ここまで多くのテーマを盛り込みながら、娯楽作としての面白さもきちんとキープできている映画は非常に稀であり、ロメロの構成力には舌を巻きます。。。
問題点を挙げるならば、登場人物が一様に魅力を欠いていたことでしょうか。美男美女はまったく出てこないし、特にかっこいい見せ場もない。いかにも70年代らしい映画作りなのですが、これが映画に地味さをもたらしています。また、尺の関係からか、登場人物達が過去に何をやってきた人間なのかについても触れられておらず、このことが観客との間の共感の接点を狭める結果をもたらしています。キャラの弱さについてはロメロも自覚的だったようで、本作の続編では、ローズ大尉やカウフマンといった強烈なキャラを配置するようになりました。。。
また、本アルジェント版については全体の描写が軽めになっており、さらには頻繁な音楽の使用も映画全体の雰囲気に悪影響を与えています。出来の悪い映画ならともかく、そもそもよく出来た映画に監督以外が手を加えちゃいけないなぁという好例となっています。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-01 04:15:07)
130.《ネタバレ》 「ディレクターズカット完全版」と、この「ダリオ・アルジェント監修版」の違いの意義が良く分からない。カットできるところをカットして音楽を変えています。観易くしたかったのでしょうか? あまり必然を感じません。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-14 01:44:03)
129."ゾンビ"という言葉を世界中に知らしめただけでも、すごいよね。
状況設定が判り易くて、登場キャラたちの行動も自然でよかった。
実際にあそこにいたら、同じようになるかも。あまり怖くないところもいい。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-08-16 12:53:19)
128.テレビ東京「昼のロードショー」枠での鑑賞レビュー。いわゆる「ゾンビ/テレビ東京ディレクターズカット不完全版」。ガキの頃、これをいち早く観た友達から、自慢げに劇場パンフレットを見せられただけで、その晩は真っ青なゾンビ顔が頭から離れず眠れませんでした(←昔っからヘタレ)結局は大人になってから観たわけですが・・・なんなんだろうこれは、きっとこういう展開なんだろうな~って、考えてた通りの内容だったんですが・・・、テレビ画面を通しても伝わってくる「荒廃した世紀末的絶望感」がハンパなかったです。それだけに、この枠で頻繁に挿入されるコマーシャルでの「○●の~テレビショッピング~♪」っていう、楽天的且つ朗らかなナレーションとのギャップがこれまた凄かった(笑)ゾンビさん(←一応敬称)たちは、基本スローモーな水平直線移動しかお出来にならないので、俺が全盛期で走りこんでた時代なら、もしかしたら最後まで生き残れるかも・・・などと、ゾンビさんたちをあまりに見くびった事をつい考えてしまい。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 6点(2010-12-26 12:42:10)
127.《ネタバレ》 あーショッピングセンターに住みてー。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-16 12:55:22)
126.ゾンビはこのバージョンが初見。
テンポはいいけど編集が雑、音楽もやたら流しすぎな気がしました。
しかしやはりゾンビ映画の原点というだけあってストーリーには引き込まれたし、グロ描写もなかなかでした。
eurekaさん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-07 20:51:58)
125.話の種に、一度は観ておいても良い映画ですが、それだけです。
ダルコダヒルコさん [ビデオ(吹替)] 4点(2010-05-03 22:11:08)
124.とにかく当時観たときは、なんてスタイリッシュなホラーだ!って思ったものでした。絶望的なストーリーも斬新だったし。
HAMEOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-02-09 16:07:36)
123.《ネタバレ》 残酷描写とかは製作した時代が時代なんでそんな過激じゃないけど、発想が超インモラル!!!
下手な前衛パンク映画より(まぁそんな映画ほとんど観たことないけど)パンキッシュ。
ゾンビとはいえ老若男女なんのためらいもなくパンパン撃つし。
ヒッピー達は言うに及ばず、ショッピングモール占拠した主人公たちまでもどっか狂ってる。。。
また安っぽい変なシンセサイザーの音楽が狂気を加速させる。
これが空前絶後のヒットって・・・このころのアメリカは一体どうなってたんや???
そっと・・・チタラダさん [DVD(字幕)] 8点(2009-07-30 22:42:30)
122.申し訳ない、おれはディレクターズカット派だ。テンポがよすぎて軽い仕上がりになってるからかな。
センブリーヌさん [DVD(字幕)] 6点(2009-06-29 03:20:02)
121.楽しそうに作っている感じが伝わってきました。またみたいです。
kagrikさん [インターネット(字幕)] 9点(2008-12-19 21:52:58)
120.ゾンビと言えば、やっぱりこれですかねー。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-06-02 12:56:23)
119.《ネタバレ》 初めて見た時はひたすら怖かった。二度目に見たときは妙に悲しかった。でこの前見たときは可笑しくて仕方がない(ヘリコプターは反則でしょ)、1本の映画にこんな多々な感情を覚えるのは珍しい。後の文化に凄いインパクトを与えたホラー映画の金字塔であるばかりか、映画そのものも消費文化へのアイロニー(物に囲まれ不自由のないはずなのに、「物を活用することのわからない」者達が蠢いている現実)を見せていて印象に残る。
Nbu2さん [映画館(字幕)] 9点(2008-04-13 20:14:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 138人
平均点数 7.97点
000.00%
100.00%
221.45%
321.45%
421.45%
596.52%
61410.14%
72115.22%
82518.12%
92417.39%
103928.26%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.70点 Review10人
2 ストーリー評価 8.54点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.09点 Review11人
4 音楽評価 8.90点 Review11人
5 感泣評価 6.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS