クライモリ デッド・パーティのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クライモリ デッド・パーティ
 > (レビュー・クチコミ)

クライモリ デッド・パーティ

[クライモリデッドパーティ]
Wrong Turn 5: Bloodlines
2012年【米】 上映時間:91分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(2012-12-25)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2020-09-27)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デクラン・オブライエン 
キャストダグ・ブラッドレイ(男優)
原作アラン・B・マッケルロイ(キャラクター創造)
脚本デクラン・オブライエン 
撮影エミール・トプゾフ
製作フィリップ・J・ロス
ジェフリー・ビーチ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 ショック描写はともかく、せっかく追加した殺人鬼が終始捕まってるだけなのはどうなのか(演技はなんかそこそこ良いので、調べたら有名なホラー俳優(ピンヘッド)だった)。女保安官の演技もまずまず良い。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 5点(2019-11-30 01:19:08)
4.《ネタバレ》  前作同様、これ以上ないくらいのバッドエンドで後味は極めて悪い。後味の悪さでいったらシリーズ中最高かもしれないです。ラストなんかは、『ファニーゲーム』を連想させるオチ。でもそれが良いんです。この作品はスプラッタ愛、ホラー愛に満ちています。言い換えれば悪趣味ということです。
 スプラッタ描写ばかりに目がいきがちですが、キャラに個性があり、ストーリー運びが上手いので大変見応えがあります。前作同様、今作でも『何とかなりそう』な展開のさせ方がうまいです。
 最初から手も足も出ない相手であれば逃げの一手です。でもなまじ対等に戦える相手だし、逃げようと思えば逃げられそうな状況なので、『油断』『慢心』が生まれます。そこに付け入るやり方がうまいんです。それぞれが迎えるバッドエンド。でも、もっとうまくやれたんじゃないかというもどかしさ。いや、そう思わせるのがうまいのかな。
 フェスで街の人間がほとんど出払っているというシチュエーション作りもうまいです。
 フェスが終わるか、フェスの警護についている警察仲間が戻ってくるだけでいい。連絡が取れるだけでも良い。でもそうはさせないストーリー展開。反撃も、助けを呼ぶのも、後一歩というところですべて失敗に終わります。本当にもどかしい。
 奨学金や麻薬の罪の心配。卒業後の進路。みんな明日以降のことで頭がいっぱいな前半が効いています。訪れない未来。報われない結末。この絶望感は、不条理ホラームービーとしてなかなかです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-07 13:53:37)
3.《ネタバレ》 森のトロールのような異形者が人間を殺しまくる人気ホラーシリーズ。
よくもこんなエゲツナイこと思いつくなという感じです。
思いつく限りのエゲツナイことのオンパレードで、
非道さを徹底しているところはホラーとして評価できます。
クライモリシリーズにしては異形達は人間に支配されているという頼りなさで、
最初、異形者達は滑稽でコメディーに見えました。
"クライモリ"なのに森でもないので”クライモリ―町で大活躍”といった感じです。
若者たちは薬とかやってるけど恋愛には一生懸命、そんなリア充たちの惨死映画。
残酷だけどスカッとするグロの連続はスプラッタホラーとして楽しいものでした。
町中が停電し異形者達の徘徊するシーンはサバイバルホラーテイストが感じられます。
観賞後の後味は深刻過ぎないダウナーさがちょうどいい感じです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 6点(2015-01-26 22:18:22)(良:1票)
2.グロ描写がイケてる。グロ耐性の無い方は要注意です。フェスだからって、町に人が居なさすぎが引っ掛かったけど、まぁその辺はクライモリシリーズだし、深く考えず楽しみましょう。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2013-01-17 06:34:34)(良:1票)
1.《ネタバレ》 いつの間にか「マウンテンマン祭り」なんかで地元?が盛り上がっているという設定がまず笑える。警察署に立て籠もり戦うところなんて、『要塞警察』を思わせ最高なのに、登場人物がたいした抵抗もなくただ殺られるばかりなので、どうも演出が単調で爽快感もない(『クライモリ/デッドエンド』の時のランボー親父みたいな人が欲しいところ)。グロシーンは今回も結構頑張っており、女の子の腹をかっさばいて自分の内臓を口に押し込むところなんて、思わず「オェッ!」となります(笑)今後もシリーズが続けられるかどうか分かりませんが、個人的には、2>1>4>5>3の順で好き。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 4点(2012-12-25 11:07:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS