Menu
 >
 >
 > アウトロー(2012)

アウトロー(2012)

Jack Reacher
2012年【米】 上映時間:130分
平均点: / 10(Review 75人) (点数分布表示)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの刑事もの小説の映画化
[アウトロー]
新規登録(2013-01-17)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2016-10-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2013-02-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストファー・マッカリー
キャストトム・クルーズ(男優)ジャック・リーチャー
ロザムンド・パイク(女優)ヘレン
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ロディン
デヴィッド・オイェロウォ(男優)エマーソン
ヴェルナー・ヘルツォーク(男優)ゼック
ジェイ・コートニー(男優)チャーリー
ジョシュ・ヘルマン(男優)ジェブ
ロバート・デュヴァル(男優)キャッシュ
森川智之ジャック・リーチャー(日本語吹き替え版)
林真里花ヘレン(日本語吹き替え版)
大塚周夫ゼック(日本語吹き替え版)
川久保潔キャッシュ(日本語吹き替え版)
長克巳(日本語吹き替え版)
脚本クリストファー・マッカリー
音楽ジョー・クレイマー
撮影キャレブ・デシャネル
製作トム・クルーズ
ゲイリー・レヴィンソン
ケヴィン・J・メシック
ポーラ・ワグナー
パラマウント・ピクチャーズ
配給パラマウント・ジャパン
美術ジェームズ・D・ビゼル(プロダクション・デザイン)
スタントジョーイ・ボックス
ケイシー・オニール
あらすじ
静かな街並みに突如響き渡る銃声、そして凶弾に倒れる人々。遺留品から元米軍スナイパーが逮捕される。スピード解決と思われた事件だったが、黙秘を続ける容疑者は、「ジャック・リーチャーを呼べ」という謎の言葉を残した後、護送中に他の囚人によるリンチに遭い意識不明の重体に。果たして「ジャック・リーチャー」とは何者か?そして、事件の真相は? 英国人推理小説家リー・チャイルドによる全米ベストセラー小説、ジャック・リーチャーシリーズ第9弾、「アウトロー」(原題「One Shot」)をトム・クルーズ制作・主演で完全映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

75.《ネタバレ》 最後の敵地に乗り込むシーンから急激にトーンダウン。ありきたりな映画のありきたりなアクションシーンを並べられても。それまでの展開が割と緊張感をもって進んでいただけに残念。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-11-15 08:08:09)《新規》
74.《ネタバレ》 5.5点
色々と勿体ないかなと思った作品

最初に犯人バラしちゃうんじゃなくて、せっかく犯人像としても悪くないんだからやっぱり違うかったんだパターンで
裏切り刑事さんも最後の最後にお前か!くらいに
サスペンス色を強くしたほうがおもしろかったのでは
いまいちな点はいくつか
・ボスの素性(結局わかったのは指のないおじいちゃんということだけであっさり死んじゃいました。)
・↑がわからないせいで刑事が裏切った理由もさっぱり
・わざわざ銃を捨てての殴り合い
・明らかに警察に追われている人を匿う一般人達
・バスタブでのコント

セガールの映画と被ります。
トムクルーズも好きなので甘めの点数です。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-09-18 00:03:12)
73.《ネタバレ》 予備知識ゼロで見たが、ストーリーとしては面白かった。
ビデオにとってみたので最初に巻き戻して「あれ、殺したやつはやっぱ違うひとだよな」と確認。何人も殺したのは無差別殺人という艤装、という動機はそれでもショッキングだった。原作の良さもあり6点。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 6点(2017-09-17 15:54:33)
72.まぁ、悪くはない程度。
シリアスな映画のはずなのに、風呂場のシーンのようなギャグは余計。
西部劇とか、ダーティーハリーのような邦題で損をしていると思う。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-13 20:44:54)
71.《ネタバレ》 つかみはOKと言った感じで面白くなりそうな雰囲気でしたが、ところどころ現実味のないシーンがあって(銃弾が飛び交う中駆けまわったり、銃を持ってるのに素手で喧嘩始めたり)、結局良作なアクション映画になれずにB級のポップコーン映画といった感じでした。それでもそれなりに楽しめたので、まぁ良かったと思います。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-08-12 19:55:48)
70.2016.10/26 DVD鑑賞。久し振りのDVD鑑賞。タイトル名はジャック・リーチャーの方が良い。続編を期待する。オープニングのシーンは後半にも影響する大事な場面。痺れる!!
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 7点(2017-02-02 18:31:44)
69.《ネタバレ》 全体としては良くまとまっているのですが、所々に失笑してしまうのです。
風呂場の刺客はドリフのコントのようだし、敵のアジトで何故銃を捨てて素手で戦う?ボス簡単に撃たれすぎじゃない?射撃場のおじさん少しは命中させてよ・・等々 でも悪くはないですよ
映画を単純に見る男さん [地上波(字幕)] 6点(2016-12-01 17:17:16)
68.アクションかと思ったらサスペンスだった。
これは邦題で損してるんじゃないかな。予告から、もっとドンパチが派手で現代版ダーティーハリーっぽい感じかと思ってた。どうもピンときませんでした。
Skycrawlerさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-10-30 03:15:16)
67.《ネタバレ》 とにかく主役のジャック・リーチャーの空気読めてねー感がハンパない映画でして、例えば、容疑者にされてしまうとゆう罠にかかった男が刑事にいきなり「ジャック・リーチャーとゆう男を呼んでくれ」とだけメッセージを伝え、刑事と地方検事が頭を抱えるくだり。ジャック・リーチャーとゆう男は確かに存在するのだが、彼は全くもって謎の男でどこにいるかも検討がつかないと二人が重々しく語った1秒後に、「こんちは、おれジャック・リーチャー」って感じで突然ジャック・リーチャー登場→空気よめてねーーー!弁護士のヒロインとジャック・リーチャーが事件の真相を真剣に模索してるくだりも、重々しく被害者の背景を語る弁護士のヒロイン、でも気が付きゃジャック・リーチャーは上半身裸でシャツを洗濯してる→空気よめねてねーーー!で、思わず「服着てよ」と訴えるヒロイン、ジャック・リーチャーはシャツを洗濯しながら一言「シャツ1枚しか持ってないんだ」→シャツもってねーーーー!ジャック・リーチャーが敵の刺客に背後から殴られバスタブで昏睡状態になり、刺客2人がバールと金属バットで殺しにかかるくだりでは、バールと金属バットがバスルームの中の色んなものにあたってドッタンバッタンし、全然ジャック・リーチャーに致命傷を与えられず、あげく仲間に当たって仲間が倒れる→敵も空気よめてねーーーー!いよいよラスボスと対峙した時においては、ジャック・リーチャー「お前は誰だ?」ラスボス「俺はゼックだ」ヒロイン「ゼックは囚人って意味よ」ジャック・リーチャー「囚人なんて名前はない、本当の名前を言え」ラスボス「俺はゼック・チェロヴィエクだ」ジャック・リーチャー「チェロヴィエクは人間って意味だ、お前の名は囚人人間なのか」ラスボス「そうだ」全員「・・・・(沈黙)」→なにそれ、微妙な空気がながれてるーーーー!このラスボス、俺めちゃくちゃ不気味だろ?怖いだろ?オーラを結構出していて、ジャック・リーチャーを前にしても落ち着いて、お前は俺を倒せまいとゆう持論を自信満々に不気味な笑みで語るのだが→語り終わった直後にジャック・リーチャーに頭撃たれて即死→やっぱジャック・リーチャー、空気よめてねーーー!この映画がせっかく不気味なラスボス設定とか色々面白そうな背景を俺たち観客にサービスしてくれそうだったのに、全無視でちゃっちゃと映画終わらせやがって。なんだよー。イライラするからって、敵に何度も電話するなよなー。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-10-07 02:37:15)
66.ストーリーは目新しいのもはないかな。展開も案外こじんまりとしてるし、黒幕は誰だかわからないし。でも弁護士役のヘレンがいい雰囲気でした。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-21 18:34:18)
65.《ネタバレ》 ハードボイルドな主人公。最後の闘いは雨の中で銃を捨てて素手で格闘。一昔前のアクション映画みたい。スティーブン・セガール主演の方がよかったかも。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-21 01:08:43)
64.《ネタバレ》 冒頭の犯行シーンから、元軍人スナイパーの逮捕、そして意味不明の「ジャック・リーチャー」を呼べ……と、導入からのサスペンス演出には見事に引き込まれた。
原作未読だが、最初から犯人を明かしながら、その企てを女性弁護士と主人公が協力しながら解き明かしていく王道のサスペンスに、無敵ともいえる主人公の素手でのアクションが加わり独自の世界観を確立している。
トム・クルーズもイーサン・ハントとは違うキャラクターづくりに成功しており、役者としての幅の広さをまた一つ披露した作品になった。
そしてヒロイン役の女性弁護士、特徴的な顔立ちでどこかで見た顔……と思っていたら「ゴーンガール」の妻役だったことを思い出したが、芯が強く、知的で魅力的なキャラクターを演じている。
捜査当局に内通者がいる展開も、最後まで上手にミスリードしたところは原作の秀逸さにもよるのだろう。
ありがちなラブシーンも排除し、ジャック・リーチャーというキャラクター一本で押し通す硬派な作りだが、掘り出し物の上質なサスペンスアクションに仕上がっている。
ただ一点、ありふれた邦題は興行的には損をしたと思う。今年続編が公開されるが、毛色の違うキャラクターで複数のシリーズをこなすトム・クルーズははやり稀代の千両役者なのだろう。
田吾作さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-07-27 11:23:38)
63.《ネタバレ》 導入部はなかなか魅力的な謎が提示されるのですが、ネタばらしは早すぎだし、そこから後はすべて定石通りだしで、上がったテンションもしぼんでしまいました。それとも、あえてちょっと懐かしめの古典的な作りを狙ったのでしょうか。ただ、キャスティングが適切だったかどうかは別として、ここへ来てさらに新シリーズに挑もうとするトム・クルーズの貪欲な姿勢は、賞賛されるべきかも。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-06-30 03:24:33)
62.超人でも凡人でもないニューヒーローを誕生させよう、という意図がひしひしと伝わってきました。いろいろ演じてきたトム・クルーズだからこそ、その〝マーケティング〟は正鵠を射ていたように思います。サスペンスとしても、いろいろ要素があっておおいに堪能させてもらいました。
強いてケチをつけるなら、主人公の素性がよくわからない。根っからの正義漢なのか、退役軍人専門の「必殺仕事人」なのか、それとも誰かに雇われた「職業」なのか。こういう謎を残したままにしておくことも、一興なのでしょう。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-03-20 00:16:31)
61.《ネタバレ》 サスペンスとしては上々の題材だったので、そこに特化してもらいたかったなぁ。で、刑事はなぜ裏切った?黒幕の背景は?いろいろ説明してよトム・クルーズ。
ラグさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-03-02 22:03:02)
60.《ネタバレ》 『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネーション』がよかったので、同じ監督&トム・クルーズ作品ということで鑑賞。これは、掘り出し物。好みは分かれると思うけど、最初の銃撃シーンからサスペンスの持たせ方がうまい。派手さはないけど構成がしっかりしてて目が離せない。あと、主人公リーチャーのキャラがいい。車乗れない(っていっても免許がないから、という理由はちょっと笑える)、武器も持ってない、クレジット・カードも使えない。で、バスで移動っていうのが、何だか笑える。序盤の弁護士ヘレンとのやりとりもちょいコメディ入ってる。律儀にチンピラやら弁護士に車を借りてやっと移動手段ができたり、武器がないから射撃場の親父(ロバート・デュバル!)を呼び出したりとか、真面目にやってるのにどこか笑えてしまう。その意味では、トムの現実離れした「スター」感がうまくハマってるのかも。よく見てみると、なんでチンピラの仲間に簡単に頭、殴られちゃうのか(痛そうだからわざとではなさそうだし)とか、凄腕の敵のはずなのにラストの銃撃ではなぜ1発も当たらないのかとか、詰めの甘さはあるけど、シリアスなのにちょいクスッとくる新しいハードボイルドものとして、楽しめる1作だと思います。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-22 11:08:54)
59.地味だけど、クール。
そんな感じで行きたいなら最後まで突き通してくれたらいいのに。。。

いや、何が気に入らないって、
ラストの銃を捨てての殴り合い。
あそこで完全に冷めてしまいました。

今時あんな演出あるんですね。
そういうのは、ケイシーライバックに任せておけば十分ですよ。
はりねずみさん [DVD(吹替)] 5点(2015-12-19 20:18:48)
58.アクションサスペンスとしてはまあまあなんだけど黒人刑事がなぜ裏切ったかなど小説を読んだ人にしかわからないようなもやもやで終わらせるのはいただけませんな。興行は成功してないみたいだし続編もないんだろう?
UFC196.さん [地上波(字幕)] 6点(2015-08-09 00:06:20)
57.ミステリー色もあり期待させる序盤だが、その後は淡々とありがちなストーリーが進んでいく。
トム・クルーズの活躍を安心して観られる映画か。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-10-25 10:32:20)
56.《ネタバレ》 結構良かった。まずキャスティングが最高。ヒロイン役のロザムンド・パイク、どっかで見たことがあるけど思い出せない。悪の親玉、どっかで見たけどやっぱり思い出せない。最後のほうしかロバート・デュヴァルを使わないとか、、とにかくキャスティングは最高でした。

ストーリー的にもMIシリーズより好感持てました。本作は地味だという意見も多いですがMIシリーズが派手過ぎるだけで、こちらのほうが大人向けの渋い塩梅だと思いました。地味なのに全体的に観客が思った方向へ結末をもっていってくれる安心感。酒場のケンカシーンは久しぶりにワクワクしました。妙なスローシーンや中途半端な決めポーズとか無くてホッとしましたよ、渋いぜトム。

他の方が指摘している通り、ラストの素手の対決は要らなかったですね。アレ無ければもう1点くらい点数アップしたのに。そして、サスペンスとしても結構良い出来でしたが、素晴らしいというほどでもなかったです。刑事さんが悪に加担した理由も判らなかったですしね。総じて悪くないけど名作とは言えない微妙なラインでした。もっと知名度が上がって欲しい作品ではあります!
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-10-10 10:19:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 6.29点
000.00%
100.00%
200.00%
311.33%
434.00%
51621.33%
62432.00%
71925.33%
8912.00%
922.67%
1011.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.87点 Review8人
2 ストーリー評価 7.20点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review10人
4 音楽評価 5.62点 Review8人
5 感泣評価 3.71点 Review7人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS