吼えろ鉄拳のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 吼えろ鉄拳
 > (レビュー・クチコミ)

吼えろ鉄拳

[ホエロテッケン]
1981年【日】 上映時間:95分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1981-08-08)
アクションコメディ
新規登録(2013-08-15)【ぐうたらパパ】さん
タイトル情報更新(2018-01-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木則文
演出千葉真一(闘技監督)
キャスト真田広之(男優)響譲次/日野原透
千葉真一(男優)太刀川俊介
志穂美悦子(女優)日野原千尋
成田三樹夫(男優)日野原一輝
石橋雅史(男優)響鉄心
黒崎輝(男優)テツ
南利明(男優)ボギー
田中浩(男優)熊沢青厳
中村錦司(男優)王文元
遠藤太津朗(男優)楊玄徳
岡島艶子(女優)梅子
林彰太郎(男優)五十嵐覚
岩尾正隆(男優)権藤
笹木俊志(男優)ウイリー張
福本清三(男優)崔斗憲
安岡力也(男優)白月狼
木谷邦臣(男優)六匹の竜
喜多川務(男優)シャドー甲賀
森永奈緒美(女優)
脚本鈴木則文
志村正浩
音楽羽田健太郎
作詞森雪之丞「青春の嵐(ハリケーン)」
作曲森雪之丞「青春の嵐(ハリケーン)」
主題歌真田広之「青春の嵐(ハリケーン)」
企画日下部五朗
本田達男
配給東映
編集市田勇
録音荒川輝彦
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.真田サンがここでも体張ってます、命賭けてます。ビル登ったり、爆薬の中を走り回ったり、二階建てバスの上でアクションしたり。中でも圧巻は、あ、何と東尋坊に頭から飛び込んじゃってます。良い子も悪い子もマネしないように。レイダースよろしく、おサルさんを連れてるな、と思ってたら、やっぱりレイダースのように馬から車に飛び乗ってみせる、ココも勿論、真田サン自らスタントをこなす(ン?レイダースって同じ81年の作品、当時まだ日本では公開されてませんね? レイダースのパクリではなくって、偶然にも似てしまっただけなのか?)。さて、真田サンの熱演に応えるように、キャストも豪華(と言ってよいのか?)。冒頭のクレジットで、アブドーラ・ザ・ブッチャーと成田三樹夫の名前が並んでるの見るだけで、壮観ですな。悪役の道を極めた二人がここに集結。いや、ブッチャーはここでは悪役ではなく、真田サンとじゃれあっているだけですが。オネーチャンたちに“スパルタカス~”なんぞと呼ばれて(←役名のようです)大張り切り、たどたどし過ぎる日本語で見得を切り(多分、「結構毛だらけ猫灰だらけ」と言ったんだと思うのですが)、巨体でプールに飛び込んで上がる水しぶきは、もうそれだけでスペクタクルシーン。さてそれでは悪役側の布陣はと言いますと、安岡力也が睨みをきかせたかと思えば、サイレントサムライ福本清三氏も謎の刺客として殺陣を披露。さらにはグレート小鹿会長も登場、あ、小鹿さん先日ベルトを獲ったそうで、おめでとうございます(すみません、何のベルトか知りませんけども、えへへ。しかし未だ現役。さすがです)。まあそれなりにキワモノ系の映画なもんで、明け方に一人でこっそり観てたら、こういう時に限ってウチの子供は早起きしてくる(笑)。しかし、激しいアクションとコミカルなシーンの連続、早朝から親子で大いに楽しみました(自転車のくだりがもう可笑しくって……)。こういう映画こそ、愛情を持って「バカ映画」と呼べる作品ですね。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 7点(2014-05-03 21:09:23)
1.初っ端から真田広之が銃弾の嵐を受けるように、登場人物の死も数限りない。
死臭漂う作品でありながら、一方ではコミカルなギャグも満載であるという辺り、
まさに出鱈目である。
が、そうした渾身の荒唐無稽こそが鈴木則文の魅力だ。

延々と続く追走、追走がまるで退屈にならないのは街中に
飛び込んだ大胆なゲリラ的ロケ撮影に漲るパワーと意欲ゆえである。

国内外、豊富な雑踏ロケーションでのアクション撮影には大胆さだけでなく
綿密な準備と段取りが必要なことだろう。

高層ビルの合間を素手とロープで昇り降りし、塀を飛び越え、断崖からジャンプする。
映画は様々な高低の装置を創り出し、垂直のアクションを展開する。

その個々のアイデアから積み上げられた逃走シークエンスであるがゆえに
観る者を飽かさず、俳優達がそのアクションを命懸けでこなすがゆえに
感動的でもある。
真田広之の運動神経、反射神経の素晴らしさ。それらは今現在の彼の活躍を
大いに納得させる。

断崖から落ち、波間に浮かぶ志穂美悦子の亡骸。
彼女を包む鮮血の「本物らしくない」鮮紅色。映画の赤である。

千葉真一の見せ場作りも抜かりない。





ユーカラさん [DVD(邦画)] 7点(2014-04-13 21:46:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
72100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS