ヘブンズ・プリズナーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘブンズ・プリズナー
 > (レビュー・クチコミ)

ヘブンズ・プリズナー

[ヘブンズプリズナー]
Heaven's Prisoners
1996年【米】 上映時間:131分
平均点:5.10 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
サスペンス犯罪ものミステリー刑事ものハードボイルド小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・ジョアノー
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストアレック・ボールドウィン(男優)デイヴ・ロビショー
ケリー・リンチ(女優)アニー・ロビショー
メアリー・スチュアート・マスターソン(女優)ロビン
エリック・ロバーツ(男優)ババ・ロック
ヴォンディ・カーティス=ホール(男優)マイノス・P・ドウトリーブス
テリー・ハッチャー(女優)クローデット・ロック
ジョー・ヴィテレッリ(男優)ディーディ・ジアカーノ
ポール・ギルフォイル[1949年生](男優)刑事
山寺宏一デイヴ・ロビショー(日本語吹き替え版【VHS】)
佐々木優子アニー・ロビショー(日本語吹き替え版【VHS】)
佐藤しのぶ【声優】ロビン(日本語吹き替え版【VHS】)
江原正士ババ・ロック(日本語吹き替え版【VHS】)
稲葉実マイノス・P・ドウトリーブス(日本語吹き替え版【VHS】)
山像かおりクローデット(日本語吹き替え版【VHS】)/ロビン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
水野龍司(日本語吹き替え版【VHS】)
くまいもとこ(日本語吹き替え版【VHS】)
梅津秀行(日本語吹き替え版【VHS】)
菅原正志(日本語吹き替え版【VHS】)
大川透(日本語吹き替え版【VHS】)
荒川太郎(日本語吹き替え版【VHS】)
伊藤和晃(日本語吹き替え版【VHS】)
滝沢ロコ(日本語吹き替え版【VHS】)
園部啓一(日本語吹き替え版【VHS】)
坂口賢一(日本語吹き替え版【VHS】)
小山力也デイヴ・ロビショー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
深見梨加アニー・ロビショー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大塚芳忠ババ・ロック(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
廣田行生マイノス・P・ドウトリーブス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
日野由利加クローデット・ロック(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
稲垣隆史ディーディ・ジアカーノ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
牛山茂(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
楠見尚己(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
中田和宏(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
星野充昭(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
後藤哲夫(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本スコット・フランク〔脚本〕
ハーレイ・ペイトン
音楽ジョージ・フェントン
撮影ハリス・サヴィデス
製作レスリー・グリーフ
アルバート・S・ラディ
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮アレック・ボールドウィン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮ドリーム・クエスト・イメージズ(視覚効果)
衣装オード・ブロンソン・ハワード
編集ウィリアム・スタインカンプ
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.アレックが雨の中、片手を口の横にあてて「アニー!!」と叫ぶところはいかにもという感じでしらけて笑えてしまってあとはぜんぜん集中できなかったです。ほんと、この手の映画が何本あるのかどなたか統計取っていたら教えていただきたいくらいです。二度目は見ないなー。ということで4点でした。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-09-05 11:50:05)
9.《ネタバレ》 ハードボイルド系の男って、けっこう演歌的にうじうじしているものなのかも知れない。なんか影が必要なのだ。この場合もとアル中であり、話半ばで妻を殺される。過去を引きずる影がじめじめと出来上がる。冒頭はなかなか良かった。教会の懺悔のあとカメラがえんえんと河を下り、海上の舟に近づいていくの。おそらく南部のけだるさと暑苦しさが味わいになってるのだろうが、アメリカ人でない私にはよく分からん。見せ場としては一応途中で悪い奴を街中追い掛けるのがあるけど、この手の作品は静けさをうまく出すことのほうが見せどころだから、一つ間違うとこのようにダラダラしてしまうんだ。「てめえが生きてるのは、俺の機嫌がいいからだぜ」なんてセリフがかっこよく、いつか使ってみたいものだが、なかなかそういうセリフにふさわしい状況が訪れてくれない。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-08-30 12:01:32)(笑:1票)
8.昔観た記憶がうっすらあったけど、もう一度観賞。
でも、その記憶も既に薄れつつある。あんま印象に残らない映画って事かな。
☆きなこ☆さん [地上波(吹替)] 5点(2008-02-29 22:04:47)
7.《ネタバレ》 救われた子供のことは、結局どうでもよくなったんですね?気分良かったのは、悪党の女を顔面パンチするところだけ。途中で目的がすりかわっちゃうのは、どうかと思います(爆)
civiさん [地上波(吹替)] 3点(2005-09-09 20:14:03)
6.誰が何のために誰と戦っているのか?そしてどうなった?っていう根幹の部分でこの作品は弱いですね。そもそも女の子を救うことが目的だったはずなのに途中からそれはどうでも良くなったのね。よくある話でした。もっとひねって欲しかったな。
たかちゃんさん 3点(2004-12-29 18:05:08)(良:1票)
5.サスペンス要素もなんとなく緩い。
PADさん 5点(2004-10-08 17:23:07)
4.ごくオーソドックスな刑事系サスペンスで、頭を休めながら見るには適しています。
Oliasさん 4点(2004-03-27 04:18:28)
3.アレックが顔だけ役者じゃないことを実感。なかなかドキドキもあって面白かった。私もメアリー・スチュアート・マスターソンが見たかったのだけど、・・・ケバい化粧の彼女はちょっとね・・・でもやっぱり可愛い。
桃子さん 7点(2003-10-29 18:59:44)
2.奥さんを殺された怒りがふつふつと込み上げてくる映画だが,こんなストーリーの映画ってはいて捨てる程あるのでは?ボールドウィン強いね。だれが黒幕かっていうのもなんとなく分かってしまうので,サスペンスとしても弱い!でも,これぐらいの点数はあげちゃう。
蝉丸さん 6点(2003-08-04 15:40:30)
1.メアリースチュアートマスターソンが好きという理由で見たんだけどかなりおもしろかった。もう一回見たい!
あいこぽんさん 8点(2002-11-10 17:06:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 5.10点
000.00%
100.00%
200.00%
3220.00%
4220.00%
5220.00%
6220.00%
7110.00%
8110.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS