Menu
 >
 >
 > ドラキュラ(1992)

ドラキュラ(1992)

Bram Stoker's Dracula
1992年【米】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 87人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスロマンス小説の映画化
[ドラキュラ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-22)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フランシス・フォード・コッポラ
助監督フランク・キャプラ三世(ノンクレジット)
ロマン・コッポラ(第二班監督)
演出ウィリアム・H・バートン(スタント・コーディネーター)
左近允洋(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
キャストゲイリー・オールドマン(男優)ドラキュラ伯爵/ブラム伯爵
ウィノナ・ライダー(女優)ミナ・マーレイ/エリザベータ
アンソニー・ホプキンス(男優)ヴァン・ヘルシング教授
キアヌ・リーヴス(男優)ジョナサン・ハーカー
サディ・フロスト(女優)ルーシー
リチャード・E・グラント(男優)ジャック・セワード医師
ケイリー・エルウィズ(男優)アーサー・ホルムウッド
トム・ウェイツ(男優)レンフィールド弁護士
モニカ・ベルッチ(女優)3人組の女ドラキュラの一人
ビル・キャンベル(男優)クインシー・P・モリス
津嘉山正種ドラキュラ伯爵/ブラム伯爵(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
日野由利加ミナ・マーレイ/エリザベータ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂口芳貞ヴァン・ヘルシング教授(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平田広明ジョナサン・ハーカー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫アーサー・ホルムウッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕クインシー・P・モリス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
牛山茂レンフィールド弁護士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/クインシー・P・モリス(〃【テレビ朝日】
平野文ルーシー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
結城比呂(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐藤正治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠ドラキュラ伯爵/ブラム伯爵(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
弓場沙織ミナ・マーレイ/エリザベータ(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
池田勝ヴァン・ヘルシング教授(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ/テレビ朝日】)
平川大輔ジョナサン・ハーカー(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
真殿光昭アーサー・ホルムウッド(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
中多和宏クインシー・P・モリス(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
岩崎ひろしレンフィールド弁護士(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
藤本譲ホーキンス(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
桐本琢也ジャック・セワード(日本語吹き替え版【DVD新録/ブルーレイ】)
小島幸子ルーシー(日本語吹き替え版【DVD新緑/ブルーレイ】)
磯部勉ドラキュラ伯爵/ブラム伯爵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
松本梨香ミナ・マーレイ/エリザベータ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮本充ジョナサン・ハーカー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生アーサー・ホルムウッド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
若本規夫クインシー・P・モリス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
広瀬正志レンフィールド弁護士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ブラム・ストーカー
脚本ジェームズ・V・ハート
音楽ヴォイチェフ・キラール
作詞戸田奈津子訳詩(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
作曲アニー・レノックス"Love Song for a Vampire"
編曲ヴォイチェフ・キラール
挿入曲アニー・レノックス"Love Song for a Vampire"
撮影ミヒャエル・バルハウス
スティーヴ・ヤコネリ(第二班撮影監督)
デヴィッド・M・ダンラップ(カメラ・オペレーター)
製作フレッド・フックス
チャールズ・マルヴェヒル
ジェームズ・V・ハート(共同製作)
フランシス・フォード・コッポラ
製作総指揮マイケル・アプテッド
配給コロムビア・ピクチャーズ
特殊メイクグレッグ・キャノン
マシュー・W・マングル
ジョエル・ハーロウ(ノンクレジット)
キース・ヴァンダーラーン(ノンクレジット)
特撮ロマン・コッポラ(視覚効果監督)
マイケル・ランティエリ(特殊メカニカル効果スーパーバイザー)
ケヴィン・オニール[特撮](追加視覚効果)
美術トーマス・E・サンダース(プロダクション・デザイン)
ギャレット・ルイス[美術](セット装飾)
衣装石岡瑛子
録音アラン・ハワース(追加音響効果)
トム・C・マッカーシー(音響効果監督)
字幕翻訳戸田奈津子
スタントジミー・オルテガ
ボビー・バス
トーマス・ロサレス・Jr
ジョーイ・ボックス(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
67.今のところ一番原作に近いドラキュラではないでしょうか。終始暗い映像なのは、特殊効果というか、特殊メイクに綻びを感じさせないための一つの手段のように思えます。薄気味悪い雰囲気がよく醸し出されていたし、演出も明確で(画像は分かりづらいが)気持ちよく見れる。特に城に向かって馬車を爆走させるシーンは興奮します。
ドラキュラ公、エリザベータ、ヴァン・ヘルシングといったビックネーム達のエピソードが忠実に語られるのが嬉しい。
おはようジングルさん 7点(2004-08-26 11:52:46)
66.ビデオ屋で「絶対オススメ」とあったから借りてみたんですが、見事に期待ハズレ。出演者は豪華なのにー。
ガッツさん 5点(2004-08-25 21:02:14)
65.ゲイリーオールドマンの演技力には、脱帽する。スリラーと言うより、ロマンチックな恋物語と言ってもいいような話。ドラキュラのせつない過去が出ていて、よかったな。最近のスプラッターとは一味違う秀作です。
ジブラルタの星さん 7点(2004-07-16 16:35:17)
64.まぁ、ウィノナ・ライダーが観たかっただけだから・・・。冒頭の戦争シーン、槍で刺された人が持ち上がる特撮のショボいことといったら。
マックロウさん 4点(2004-06-15 08:40:19)
63.前半は他のドラキュラ物とストーリーや絵も似ており、これぞ正調ドラキュラなんでしょうか。ウィノナ・ライダーのドレス姿やネグリジェ姿が美しく、ネグリジェから透ける体のラインが美しくそれがクライマックスでした。
亜流派 十五郎さん 5点(2004-05-01 18:05:15)
62.モンスターの稚拙さも気にならない訳でもないが、何とも奇妙で切ない物語だったと。自らの血を与えようとし、そして葛藤する伯爵のシーンは、ゾクゾクした。
aksweetさん 8点(2004-04-21 01:08:05)

61. ドラキュラに不死の悲哀だとかセクシーさなんぞを求める人って、その元にあるのはベラ・ルゴシやクリストファー・リーが作り上げたドラキュラ像なんだろうな。でも、原作ファンから言わせてもらうと、アレは全くの亜流。原作のドラキュラは醜く矮小な小男。つまり忌むべきモンスターなんだよ。過去の映画化作品なら『ノスフェラトゥ』が一番近いだろう。
 はっきり言う。コッポラ、アンタ、ホラーの才能無いよ。コレと言い、フランケンシュタインと言い、モンスターの何たるかが分かって無い。味噌汁で顔洗って出直しやがれ! モンスターは恐れられ、忌み嫌われてなんぼだろ。
 この映画は原作に忠実に作った、との触れ込み……。おいおい、なぁにが原作に忠実なもんか。ラストでミナがドラキュラの元に駆け戻るなんて、改悪もいい所。男達は何の為に遠路遥々トランシルヴァニアまで化け物退治に出かけたんだ? それを「ドラキュラ様ぁ~」みたいに駆け戻られちゃ立場無ぇだろが。原作ファンとしては断じて許し難い。『ドラキュラ』というと、みんなドラキュラを主人公にしたがるんだな。でも、原作では本当の主人公は、ヴァン・ヘルシンクであり、ミナを救出に向かった男達なんだよ。原作の『ドラキュラ』は、ミナ・ハーカー奪還&モンスター退治の物語なのだから。
 モンスターってのは、恐怖の象徴。恐れられ、忌み嫌われるから魅力的なのだよ。攫ってきた女に同情されて腕の中で死んでいくドラキュラなど魅力の欠片も無い。ハマー映画見て勉強し直せよ、コッポラ。
TERRAさん [ビデオ(字幕)] 0点(2004-04-19 04:54:06)《更新》
60.キャストは豪華だが昔見た70年代のドラキュラの方がはるかに面白い。女性陣がイマイチである。ドラキュラに襲われそうな雰囲気がない
hrkzhrさん 4点(2004-03-28 02:50:44)
59.《ネタバレ》 ドラキュラ映画は好きです。こんなB級映画にキアヌ、ウィノナ、オールドマン、ホプキンス、ベルッチという豪華キャスト!!ドラキュラのクリーチャーはB級ホラーらしい生々しい姿で雰囲気が出ていました。ただ、ストーリはさほど面白みがある訳ではないです。特に主人公のキアヌの存在感があまりにも薄い。アクションも少ないし、見所はない。ラストはミナに首を落とされますが、そこでプツンとエンディングを迎えてしまい、少々物足りない終わり方となっております。古臭さも感じる作品なので、出演者に興味が無い限りは借りてまで見る必要ないと思いますね。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2004-03-26 00:46:09)
58.ウィノナ・ライダー、サディ・フロスト両女優の体当たり演技に対して男優陣が応えていない。主演のゲイリー・オールドマンのショボさときたらドラキュラというより秋口にさまよう雄の蚊のよう。映像は幻想的で良かった。
スルフィスタさん 5点(2004-03-01 21:49:08)
57.ゲイリー・オールドマンが好きだからある程度は楽しめたけど、
これがゲイリーじゃなかったら多分最後まで観れたもんじゃなかったと思う。
ヒョー$さん 4点(2004-02-28 10:59:52)
56.豪華な俳優達だが、内容ねぇ?
ボバンさん 2点(2004-01-31 03:06:36)
55.ウィノナ・ライダーは可愛かった。なんかちょっとエロちっくなとこが当時は見てて恥ずかしかった。
あかりん☆さん 5点(2004-01-19 09:44:51)
54.こういう切ない恋愛は好きなんですが、キアヌがいっぱいな前半はとてつもなく眠くてあまり記憶にないです…アンソニー・ホプキンスが芝居がかりすぎてうそ臭かったかね、この人とキアヌが出てるしぃと思ってビデオ借りてきたのに、キアヌは全然必要なかったなぁとおもっちゃいました。ゲイリー、変な格好…なにあの髪型…フィフス・エレメントもすごかったけどさ…若返ったあとはかっこいい。うん、かっこいいです。寝るほどつまんない映画のはずなのになぜか、まあ面白い方にいれてもいいかなと思った作品です。
椎花希優さん 5点(2004-01-05 00:39:55)
53.《ネタバレ》 ドラキュラ伯爵の七変化、恋の魔法と呪い、時代を超えた愛など、一人舞台、とくと拝見いたしました。猿になってみたり、ドラクエのボスみたいになってみたり、気体になってみたり、そのストーカーぶりと行動力には驚きました。最後ミーナがドラキュラにとどめをさしたのは、光が差してきたからかなぁ。眠い目をこすりながら見てたのでよく分かりませんでした。最後はドラキュラとアンソニー・ホプキンスがごっちゃになってしまってた。
ブッチ・ハーモンさん 4点(2003-12-24 23:56:59)
52.中学生の頃に友人数人とこの映画を観て、ゲイリー・オールドマンの髪型に「前葉体!前葉体!」と爆笑していた。出る度に「また出た!前葉体出た!ハートおやじ、もういいよ!」と腹がよじれるほど笑った。何があんなにおかしかったのだろう。若いっていいね。前葉体…懐かしいな。そんな名称憶えても生きて行く上で特に何の役にも立たない。
ひのとさん [映画館(字幕)] 5点(2003-12-24 20:26:47)(笑:3票)
51.見たあと、とても切なくなった!ウィノナも可愛いし、モニカが見れたから十分!
アンナさん 7点(2003-12-15 19:43:53)
50.ロケがなくてセットばかり、映像暴走気味な状態に、映画を見ながら何故か大林宣彦監督の「HOUSE」を思い出していた私。なんか映画にちっとも入り込めなくて。ウィノナがあ~んなヘンなおっさんに簡単に魅かれちゃう理由が判らず。説得力あるシークエンスが足らない感じで、だからラストの悲劇もあんまり迫って来なくて。途中、なんだか仮面ライダー出した方がいいんじゃない?って映像になっちゃうのはご愛嬌、かな(後の「ジーパーズ・クリーパーズ」を見ると、ああいうのがコッポラの好みなのかなぁ)。当時、日本初披露だったデジタル音響は何故か安定してなくて結構聴きづらかった記憶があります。
あにやんさん [映画館(字幕)] 5点(2003-12-13 15:38:59)
49.コイツを観た後はムルナウの「吸血鬼ノスフェラトゥ」か、やや落ちるけどハマーフィルムの「吸血鬼ドラキュラ」でも観てフラストレーションを発散させませう。正統ゴシックのホラーを映画化するには何よりジャンルへの愛情・センスが不可欠だ!と逆にコッポラに教えられたような気が。アンタ、ホラーが好きでも何でもないでしょ?? ええ、コッポラさんよ。
へちょちょさん 5点(2003-12-11 16:12:33)
48.ドラキュラはもっと冷え々していて且つ洗練されたゾクっとする男でなくてはならない(思いこみですが)。ゲイリー・オールドマンじゃ田舎くさすぎてイカン。大体なんなのよ、このディズニーランドみたいな映像は!「ポーの一族」でも読んで出直して来なさい!
黒猫クロマティさん 3点(2003-12-11 15:00:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 87人
平均点数 5.75点
011.15%
111.15%
222.30%
389.20%
41112.64%
52225.29%
678.05%
71618.39%
81011.49%
978.05%
1022.30%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review6人
4 音楽評価 6.16点 Review6人
5 感泣評価 5.28点 Review7人

【アカデミー賞 情報】

1992年 65回
音響効果賞トム・C・マッカーシー受賞 
美術賞トーマス・E・サンダース候補(ノミネート) 
美術賞ギャレット・ルイス[美術]候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞石岡瑛子受賞 
特殊メイクアップ賞グレッグ・キャノン受賞 
特殊メイクアップ賞マシュー・W・マングル受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS