Menu
 >
 >
 > 俳優 亀岡拓次

俳優 亀岡拓次

The Actor
2015年【日】 上映時間:123分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
コメディロマンス小説の映画化
[ハイユウカメオカタクジ]
新規登録(2016-01-12)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-10-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(2016-01-30
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督横浜聡子
キャスト安田顕(男優)亀岡拓次
麻生久美子(女優)室田安曇
新井浩文(男優)山之上
染谷将太(男優)横田
浅香航大(男優)貝塚トオル
杉田かおる(女優)スナックキャロットのママ
工藤夕貴(女優)藤井
三田佳子(女優)松村夏子
山崎努(男優)古藤
大森立嗣(男優)
不破万作(男優)
平田薫(女優)
鈴木晋介(男優)
日向丈(男優)
宇野祥平(男優)宇野泰平
脚本横浜聡子
音楽大友良英
配給日活
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 観てきました、亀岡拓次の酒場放浪記(笑)。作風としてはシュールな人情劇、といったところでしょうか。適度にシュールでコテコテの人情劇でもない。横浜聡子監督のこの演出は新感覚であり、過去の作品も観てみたくなった。居酒屋ムロタでの麻生久美子とのやり取りが面白い。しかし、とぼけた会話の中にも、お互いが相手を探り、値踏みしている様子が見て取れる。結局、女は最後まで心の奥底は表情には出さなかったし、男は恋に恋する自分を演じていた。"芝居"以上に芝居らしい居酒屋の場面、実はこの映画は"俳優亀岡拓次"と亀岡拓次の境界線はほとんどありません。きっと人生なんて、"自分"という人間を演じ続けるお芝居のようなものなのだ。
タケノコさん [映画館(邦画)] 7点(2016-02-04 17:17:49)(良:1票)
1.《ネタバレ》 視線を案内・誘導するフォーカスではなく、虚実のドラマの演出に沿ったファジーさを残し、空間を獲得するフォーカスは意図的なものだろう。
手前で安田顕らが会話する奥で山崎努の黄色いダウンが何やらうごめいている図の面白さは、前景を邪魔しない後景のソフトフォーカスの選択センスによる。
カブを飛ばす安田と背景のスクリーンバックのシュールな味わい。山形の地下道がふと照明が変化した瞬間に異空間に変貌する様。
居酒屋のカウンターでの、安田と麻生久美子が交わす対話と間が絶妙だ。

原作ものだが、如何にも横浜聡子らしい奔放なセンスとユーモアを満喫させてくれる。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 8点(2016-02-01 23:47:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS