Menu
 >
 >
 > グレートウォール(2016)

グレートウォール(2016)

The Great Wall
(長城)
2016年【米・中】 上映時間:103分
平均点: / 10(Review 11人) (点数分布表示)
アクションアドベンチャーファンタジー歴史ものモンスター映画
[グレートウォール]
新規登録(2017-01-23)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-09-07)【グルコサミンS】さん
公開開始日(2017-04-14
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・イーモウ
キャストマット・デイモン(男優)ウィリアム・ガリン
ジン・ティエン(女優)リン・メイ
ウィレム・デフォー(男優)バラード
アンディ・ラウ(男優)ワン軍師
チャン・ハンユー(男優)シャオ将軍
エディ・ポン(男優)ウー隊長
原作エドワード・ズウィック(原案)
マーシャル・ハースコヴィッツ(原案)
脚本トニー・ギルロイ
音楽ラミン・ジャヴァディ
撮影スチュアート・ドライバーグ(撮影監督)
チャオ・シャオティン(撮影監督)
製作トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ピーター・ロア
チャールズ・ローヴェン
製作総指揮E・ベネット・ウォルシュ
配給東宝東和
美術ジョン・マイヤー(プロダクショデザイン)
編集メアリー・ジョー・マーキー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 つまらなさすぎ!
とりあえずこの映画のストーリーを考えた奴を殴りたいレベル。
モンスターが出てくるのは百歩譲って良しとしても、そいつらとの戦いに全く知性が感じられない。
あんな大群で来てるのに、ロープ付けてダイブして槍で戦うとか効率悪すぎだし、ほ~ら言わんこっちゃない、死人出まくり!悠長にヌンチャクで太鼓叩いている場合じゃないわ!
マット・デイモンにしても弓の達人という設定なのにほとんど弓で戦わず観てるだけという、全くやる気のない主人公っぷり。美人の将軍一人がやたら見せ場を持って行ってるが、そんなに強い感じはしない。
あと、モンスターにしてもあんなに獰猛なのに磁石に弱いって、ええ・・・・。
なんかもうねスケールばかりデカくて全然盛り上がりに欠ける内容だった。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 1点(2017-09-07 06:05:12)
10.《ネタバレ》 ん〜〜絵に描いたようなB級!
製作国のアメリカと中国で大コケした本作。確かにツッコミどころ満載というか薄味なんだよなあ。
万里の長城&戦闘部隊はかっこいいのに、敵が人間ではなく怪物というのが一番残念。戦いの終わり方も笑ってしまった。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 4点(2017-08-07 19:04:20)
9.《ネタバレ》 戦いは迫力があり、また色々な戦法が出てきておっとなるけど、それは前半の戦いで、後半は敵がウジャウジャ動いているだけになってしまうのが惜しい。また長城もわりとあっけなく敵の進入を許してしまったり、厳重警戒の時に盛大に葬儀を行なうとか、挙句には未完成の気球?で自滅してしまうなど、とても見ていられない展開でした。オチは予想ついたけど首を傾げますね。笑えるストーリーと美人主人公に+1点。
Banjojoさん [映画館(字幕)] 6点(2017-06-18 23:26:00)
8.アクションシーンのすべてがCGによるものだと思いますが、その出来がすごく良かったので、とても楽しめました。武器なども驚かされるものが多く、ワクワクしました。ただ、ストーリーは出来が良くないので、ツッコミどころ満載です。いなくてもいいようなキャラクターが多いため、全然覚えられませんが、覚えなくても困りません。とにかくアクションシーンだけを楽しめばいいのです。始めから終わりまで、アクション満載なので、とても楽しめました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2017-05-08 17:07:41)
7.《ネタバレ》 3D映画で思わず顔を避けそうになってしまったのはゼメキス『ザ・ウォーク』の綱渡りシーンでバランス棒が画面に向かって落下してくる俯瞰ショットだが、
形態と速度感が似通ったこちらの弓矢もなかなかの飛び出し感覚である。

序盤はさして立体効果のあるショットもなく、短いショットの羅列で見づらいのだが壁の登場から高度と奥行きの画面が活きてくる。

濃霧を使って、いつどこから飛んでくるのかを予測させないところに音響の効果も目一杯駆使してスリリングな3D効果を挙げている。

カラフルな色使いも良。クライマックスの塔内部の空間を照らすステンドグラスが色鮮やかでいい。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 6点(2017-05-02 12:48:48)
6.《ネタバレ》 超美人で超格好いい女将軍が化け物を撃退する映画。
美人が大好きな方にはお勧め。
美人が切れのいいアクションをするのが好きな方にはお勧めじゃなくて命令!観に行きなさいw
あにやんさん ありがとううううううううううううううう。
あなたのレビュー読むまで47RONINみたいなトンデモ映画だと思って全く興味がなかったんですよ。ここに出入りしてて良かったあ。

ああ、自分の熱愛してる女優さんもその身体能力を生かしてこういう仕事をしてくれないかなあ。
そうすれば、照明さんがどうだの、洗濯機がどうだの、実にくだらないことで叩かれても全然平気なのにw
rhforeverさん [映画館(字幕)] 9点(2017-04-25 04:04:48)(笑:1票)
5.《ネタバレ》 序盤から迫力の展開で、もー来るのって感じで楽しかったのですが、あっさり首都進攻を許すなど「グレートウォール」何だからここでくい止めねば。
ボロボロになった兵士たちが無傷の皇帝に勝利の報告を!、な~んてラストなら10点だったかな。
デイモンさんの仲間の離反も要らなかったような?
饕餮のデザインも中国的な模様が入って面白かった、また禁軍の兵士たちのカッコよさ、統制のとれた動きなど中国ならまだこんな映画を撮れるんだなと・・・。
他にも突っ込みどころはありますが、細かい事は気にしなさんな、観て損は無、上映時間も手ごろで良でした。
ハチロクさん [映画館(字幕)] 7点(2017-04-19 17:19:02)
4.《ネタバレ》 チャンイーモウ監督作品と聞き、心ときめかせました。
中国人がトップで作った万里の長城を観たい。
その期待を裏切らない、東洋人の私が観てほれぼれするほど美しかった。
部隊ごとに色分けされた衣装も美しく、統制のとれた整列も大人数で迫力がありました。
オリンピックの開会式を思いだしました。

私は怪獣映画ファンなので戦いにも大満足。
食われちゃうシーンはリアリティがあって動きも良かった。
怪獣が檻の中でバタバタしているところが可愛かった(個人的な感想です)

マッドデイモンさんら白人の方はこの作品の色に上手に染まっていました。
地味だけどお話しはしっかり伝わってきました。
もちろん中国人役のイケメンさん達もカッコ良かった。
イーモウ監督はお話しを語るのが上手ですね。
カメラワークも上手いなと感心。

この作品の主役は人間でもなく怪獣でもなく、題名のとおり「長城」だなと思いました。
勝手な意見ですみません。

世界観が素晴らしい習作。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 8点(2017-04-16 19:47:00)
3.IMAX 3Dにて鑑賞。
アメリカではトンデモ映画扱いされている本作ですが、確かにこれはかなりの珍品でした。北京オリンピックの芸術監督を務めたチャン・イーモウ監督作品なのに中身は大怪獣映画だし、一応は中国の時代劇なのに主演はマット・デイモンだし、1億ドルバジェットの大作とは思えないほどの闇鍋感が漂っているのです。これまでもレジェンダリーフィルムズはチャイルディッシュな感覚溢れる大作を量産してきましたが、企画のバカバカしさを自覚して作られていた従来作品とは明らかに異なる質感が本作にはあり、基本的に物凄くおかしな話なのに監督も出演者も大真面目にやっちゃってる辺りがトホホ感を高めています。
とはいえ、さすがはレジェンダリーだけあって本編開始後まもなく繰り広げられる第一回会戦の出来は素晴らしい完成度でした。機能により色分けされた禁軍が見事な統制を見せる演出はチャン・イーモウの得意分野だけあって安定の仕上がりだし、対する怪獣軍団の手強さも見事に表現されています。敵味方双方の実力がきちんと描写されたアクションは見ていて本当に気持ちがいいものだし、米中合作らしい異常なボリューム感もあって、とにかく盛り上がるのです。これを見るだけでも入場料の元は十分にとれます。
ただし、序盤のこの戦闘こそが作品中最大の見せ場であり、その後はこれを縮小した見せ場が繰り広げられるのみという構成の歪さ、また、何か感動的なことを伝えようとしているのにすべて上滑りしている脚本のマズさなど、映画としての欠陥が至る所に見えてしまっている点は大きなマイナスでした。その他、主人公の成長物語や立場が違う者同士のロマンス、東西の文化比較などいろいろやろうとはしているものの、すべて中途半端に終わっていることも作品の印象を悪くしています。エドワード・ズウィックやトニー・ギルロイといった一流脚本家が雇われたのに、なぜこれほど脚本の出来が悪いのだろうかと首を傾げてしまったほどです。
また、クィーンさえ倒せば何百万の怪獣軍団を一気に潰せるというハリウッドでよくある攻略法もトホホ感を高めています。高度な知能を持ち通信機能までを有しているんだからクィーンは前線に出ていかず、どっか安全な場所で指示を出していろよと思ってしまいました。
ザ・チャンバラさん [3D(字幕)] 6点(2017-04-16 03:08:58)
2.《ネタバレ》 単純明快で面白い!こういうのは映画館で観てこそ意味がある!敵のモンスターの設定が、ここ最近のお決まりである『昆虫の生態』であってもそんなの気にならない。なぜなら、全編を通して次々とカタルシスが押し寄せてきて、あっという間にエンディングを迎えてしまうから。あーだこーだと野暮なことを考えるのがバカらしくなるほど、スカッと気持ちの良い映画でした。久々に童心に返れました。

ハリウッドの大物俳優であるマット・デイモンが作品の世界に驚くほど同化していて、良くも悪くも大物感、オレオレ感を全く感じさせなかった。あ!ウィレム・デフォーおじさんもね。(笑)

万里の長城だけで話が完結しなかった点も良かった。策略や計略的要素もちゃんとあって、単なる猪突猛進攻撃でないからその点も評価したい。

ただモンスターの種類がもうちょっとあれば良かったかな。

リン・メイ司令官役のジン・ティエンさん。いや~めっちゃ綺麗!めっちゃ絵になる!めっちゃ格好良い!めっちゃ惚れた(*´д`*)
Dream kerokeroさん [3D(字幕)] 7点(2017-04-16 00:23:09)(良:1票)
1.《ネタバレ》  中世の中国を舞台にした荒唐無稽な怪獣ファンタジー。『スターシップ・トゥルーパーズ』と『パシフィック・リム』と『ワールド・ウォーZ』と『300』と『ロード・オブ・ザ・リング』と『エイリアン2』を混ぜてチャイナ風味にしたような映画、ツッコミどころは満載。
 黒色火薬を手に入れようとやってきた西洋の面々は、ただ手で運べる程度の量を入手すれば結果オーライなの?とか(製法を知らなきゃ意味ない訳だけれども、ブツさえ手に入れればあの時代でも成分の解析ができたとでも?)、マット・デイモンの人殺しとしての過去の背景がセリフだけで詳細不明なままとか、女王からの通信が途絶えると共に一切無力化する(死んじゃう?)怪物とか、大してドラマも描かれないのにドラマチックにどんどんと散ってゆく人々とか。
 もうレジェンダリーが中国資本傘下になったのでこういう映画ができました、っていうサンプルみたいな映画。

 戦闘シーンも既視感たっぷり、だけれどもアクロバティックな戦い方の数々とか、チャイナなデザインの鎧や盾が大量に並ぶ様にこの作品ならではの魅力を感じられました。引きの画になると途端にCGでござい、って状態でチャチになってしまうものの、CGではなくライブで撮られた隊列の画などは、その物量っぷりに圧倒されました。

 でも、それらを評価したところでせいぜい6点といったところでしょうか。チャン・イーモウ作品としてはあまりに大味スペクタクルな画ですし。

 個人的に最大の評価ポイントはもうただ1つ、美しくてカッコ良いジン・ティエン。予告編のビジュアル時点でワクワクさせて貰ったのですが、本編では期待以上に大きな役柄で画面に映ってる時間も長くて、むしろマット・デイモンは彼女の引立て役でしかないんじゃないかっていう。まるで『真・三國無双』のキャラ、星彩や月英がそのまま実写で動いているような感じで、戦うキレイなお姐さんの姿にほれぼれ。『キングコング:髑髏島の巨神』での飾り物にすらなれていない空気状態とは大違い、っていうか殆ど別人に見える状態なのは、スタッフの皆さんのウデの違いってところかしら?
 キレイでカッコいいお姐さんがアクションしてればそれだけでいいのか?って言われたら、それだけでいいんです、としか答え様が無いです。もう彼女を眺めてるだけで最高の映画。それだけで十分。はい。
あにやんさん [映画館(字幕)] 9点(2017-04-14 22:01:11)(良:1票) (笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.36点
000.00%
119.09%
200.00%
300.00%
419.09%
500.00%
6327.27%
7327.27%
819.09%
9218.18%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS