Menu
 >
 >
 > ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル

Ghost in the Shell
2017年【米】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 18人) (点数分布表示)
アクションSF刑事もの漫画の映画化ネットもの
[ゴーストインザシェル]
新規登録(2017-02-20)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-05-03)【くるきまき】さん
公開開始日(2017-04-07
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ルパート・サンダーズ
キャストスカーレット・ヨハンソン(女優)ミラ・キリアン少佐
ビートたけし(男優)荒巻
マイケル・ピット〔男優〕(男優)クゼ(笑い男)
ピルー・アスベック(男優)バトー
チン・ハン〔1969年生〕(男優)トグサ
ジュリエット・ビノシュ(女優)オウレイ博士
ピーター・フェルディナンド(男優)
福島リラ(女優)芸者ロボット
桃井かおり(女優)ハイリ
田中敦子〔声優〕ミラ・キリアン少佐(日本語吹き替え版)
大塚明夫バトー(日本語吹き替え版)
山寺宏一トグサ(日本語吹き替え版)
小山力也クゼ(笑い男)(日本語吹き替え版)
仲野裕イシカワ(日本語吹き替え版)
山像かおりオウレイ博士(日本語吹き替え版)
てらそままさきカッター(日本語吹き替え版)
坂詰貴之リー(日本語吹き替え版)
乃村健次大統領(日本語吹き替え版)
福島リラ芸者ロボット(日本語吹き替え版)
原作士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社)
音楽ローン・バルフェ
川井憲次(テーマ音楽)
製作総指揮石川光久
配給東和ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 評価低いですね笑 原作で難しかったことが比較的分かり易く表現されていて、僕は良いと思ったのですが、逆の評価をされてる方もいらっしゃるようですね。ここは賛否両論あるでしょう。実写化するのは相当難しい類の作品だと思うので、よく頑張った方ではないでしょうか。キャラ映画感はありましたがたけしはかっこよかったです。
なすさん [映画館(字幕)] 8点(2017-05-06 21:34:09)
17.これは、いただけない。
私の理想とするアニメの実写化とはこういう事じゃない。

コンテを書くのが面倒なのか知らないが
人形遣い、笑い男、個別の11人の印象的なシーンを
それぞれ摘んできて、こんな陳腐なストーリーを作るなんて
もう後にはぺんぺん草も生えてないじゃないか。

街並みはブレードランナーと言うよりアキラっぽかった
しかしデカいホログラムにあんなにキモい映像使うかなぁ~

話ではせめて義体化に対するトグサの葛藤ぐらいは描いてほしかったが
あの顔は無いわ、似せようとする気が無いのかな。

本来は謎解きや人類の進化とはなど、哲学要素の詰まった話なのだが
普通のB級アクション映画で終わったのはとても残念無念。
カーヴさん [映画館(字幕)] 5点(2017-04-17 13:55:24)
16.《ネタバレ》 原作未読。映画も過去作は一切観ていない完全なる一見さんです。が、これはダメだ。全く受け入れられなかったです。冒頭の義体とやらが何となくエクス・マキナっぽいのはまだいいとして、その後の展開のブレードランナーとマトリックスの合体っぽいビジュアルには何の感銘も受けなかった。ちょっとロボコップも入ってるけど。おそらく原作はもっとオリジナリティがあると推測されるが、多分監督に想像力が足りないのであろうと思われる。ところで、モトコとヒデオってひょっとして新井素子と吾妻ひでお?
ぴのづかさん [映画館(吹替)] 4点(2017-04-15 22:39:26)(良:1票) (笑:1票)
15.《ネタバレ》 超未来アクション。
アニメも見たことありましたがあまり記憶にないです。
なのであまりアニメとの比較はできませんが実写化としては申し分ないです。
ハリウッドも今後のことを考えてか本気でアニメの実写化を仕掛けてきたんですかね?
映像美で描かれた電脳世界がアニメ版と比べてもほぼ遜色ないと思います。
ただ音楽はアニメ版の方が好きです。
実写ですがシーンによっては3Dアニメとやっていることがあまり変わらない気はします。
見ていると違和感が無くなってきます。僕の頭の中でアニメと実写版の境界が外れてきました。
大きな功績は(局部がないことで実現した)ヌーディズムアクションです。裸にみえる服なんでしょうか?
ブレードランナーの再来とまではいかないかもしれませんが
映像だけを見るとやりたいことはまんまブレードランナーという感じがします。
サイバーパンクな街の雑踏、広告や情報、文化が氾濫した光景はブレードランナーのようです。
もっと薄汚れていてもよかったかもしれませんがそれは好みの話です。広告が溢れたとこが少し東京っぽいと感じました。
青い色味までブレードランナーです。芸者さんなんてまんまでした。
巨人みたいのは何なんですか?広告にしては大きすぎますね。某の巨人ブームがありましたからね。
アメリカ人は芸者、ヤクザが大好きなんですね。そして変な日本語「カクテル 高めろ!」が味わい深いです。
アニメ版の少佐のプラモデルってないんですか?もし今後発売されるなら商品開発が遅れてますね。
ゴシックヘッドさん [映画館(吹替)] 7点(2017-04-15 00:10:48)
14.《ネタバレ》 ガラス面や水面への反射、ダイブのアクションなどメタファーのイメージが充実している、といってもそれは押井版の功績だから
こちらには加点出来ない。広角レンズの画角の歪みが特長的な押井流のレイアウトシステムがそもそも実写的感覚を強く志向していたわけで、
背景などは3DCGに近いとはいえリアリズムを意識しながら撮るとなると必然的に押井版のコピーに近い構図とイメージとなってしまうという事だろう。

象徴的イメージである高層階からのダイブや、乱立するホログラム、水飛沫、割れて飛び散るガラス破片などの3D効果も、やはり元の押井版のスタッフが
優れて立体的なレイアウトを達成していたということである。

射殺されるジュリエット・ビノシュを映し出す、割れるガラス。雨の中で刺客に止めの銃弾を撃ち込む北野武のハードボイルドスタイル。
押井版では夕刻だった潜水シーンの、ナイトシーンへの変更。
そうした本作独特の細部は『ブレードランナー』風味とも相まって、フィルム・ノワールの趣をより強く印象づける。

『アヴァロン』のヒロインも草薙素子のイメージに近いと言われたが、それよりも断然華があるスカーレット・ヨハンソンのヒロインの凛々しさもいい。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 6点(2017-04-13 23:02:35)
13.《ネタバレ》  スカーレット・ヨハンソンがキレイに撮れている映画で、その点では良かったと思います。

 でも、映画は『よいこのこうかくきどうたい』みたいな判りやすさで、そういうシンプルな映画が果たして『攻殻機動隊』として正しいあり方なのかどうか。押井守のビジュアルはリスペクトしていても、その精神に対してはどれだけリスペクトできているのかいなぁ?と、少々疑問に思ってしまいます。
 世界の全てを親切に説明してくれて、明確にテーマも語られるので(そしてそれはこれまでの『攻殻機動隊』とはズレていて、古めかしさすら感じるテーマで)、想像や思考を巡らす余地はありません。ラストまで快適に運んでくれる『攻殻機動隊』、その時点で矛盾してしまっているような気がして仕方ありません。ハリウッド製だから仕方ないと諦めるべき事なのでしょうかねぇ。

 そこそこなバジェットのワリに安っぽい映像に見えるのは、CGが主に背景を描く事にばかり使われていて、ライブと背景とがしっかり融合したアクション場面自体は乏しいからでしょうか。未来の世界の中に存在しているって感覚は薄かった気がして、でもこの題材ならばそここそは大切だったんじゃないかと。1995年当時のアニメの再現では、2017年の画にはならないですよね。1982年の『ブレードランナー』でも1995年の『GOHST IN THE SHELL』でもない、2017年なりのSFの画の構築が全然足らない気がしました。
あにやんさん [映画館(字幕)] 5点(2017-04-13 21:31:16)
12.《ネタバレ》 評価低いですねえ。原作やアニメを基準にしたらそうなるのかもですが、
自分は、リセットして、新作として鑑賞しました。 タチコマは必要ではないし。
少佐のアクションがイマイチですが、ステイサムじゃないしロボコップよりは人間らしい。
荒巻課長が、単独でも敵と撃ち合うのは、この映画の味付けとして認めても良いのでは?
なにしろ、愚連隊のボスなんだし。原作から変更しても気になりませんねえ。
桃井かおりの登場がビックリでしたが、日本人・草薙素子を取り戻す展開で納得。
結果、開発名目で非道な人体実験を繰り返していた黒幕と、その実験体の戦いという
昔からよくあるベタなストーリーになっていましたが、その潔さも好感です。
あのジェイソン・ボーンシリーズも、その類だし。
押井版の捻った脚本よりは、一般受けするでしょう。それでも元が取れるかは不明?
セリフの多いトグサに日本人希望でしたが、英語圏の日本の若手が不作なので諦めです。
芸者ロボが美しくないとの意見、確かに違和感でした。あれにお酌されても・・??
荒巻だけ日本語で話すのは、翻訳ソフトが常時走っていると理解可能。そこはどうでもいい。
クゼが、元カレだった事は、お話がシンプルになったので良しとします。
結構変更あった割りには、押井版のオマージュ満載で目尻が下がりました。
結果として、攻殻機動隊のビギニング作品としての仕上がりですので、売れれば次回作も
可能性ありますが、興行は苦戦中だとか・・今はディズニー他のアニメが売れてるから・・。
ラストの音楽は川井憲次氏のあのテーマが採用されて、嬉しい限り。
お馴染みの声優さん達の吹き替え版も是非見たいなと思います。そして次回作にも期待。
グルコサミンSさん [映画館(字幕)] 8点(2017-04-13 20:34:12)
11.昔「JM」という映画があってだな・・・だからサイバーパンクもの×ビートたけしはやっちゃ駄目だとあれほど・・・。
この映画もちょっと難解で一般受けしなさそう。と思ったらアメリカではもう赤字確定らしい・・・ああーやっちゃったかぁ。
なんか全体的にB級臭が・・・。
街並みは完全にブレランっぽいし、あんなでっかい人間のホログラムとか常時出てたらなんか怖い・・・。
あと、たけし途中からアウトレイジ化してる!なんだ馬鹿やろうとか言い出しそう。
って感じでかなりハチャメチャな内容だったなぁ。
因果さん [映画館(字幕)] 4点(2017-04-12 00:19:25)
10.《ネタバレ》 7点ですが、押井守版を見てない人が見たら多分5点以下かなぁと。

基本的に押井守版見てる人にしかお勧めできない。
脚本が荒いのよね。
なんでこの場面に少佐が移動してるの?とか、そういう細かい説明が不足しすぎてて。
攻殻は基本的に情報量が多すぎて、細かい説明が画面の中になされてなくて、画面外で読んだり見てる方がつなぎ合わせなければならないのは原作漫画も各種アニメも同じなんですが、本映画はそういう「情報量が多すぎるがための省略」ではなく、「次の場面への展開の間の説明が不足している」だけなんですよね。
だから見てる人はあんま釈然とはしないだろうね。
あとで書く押井守版にオリジナル要素を入れたのはいいんだけど、無理やり展開を繋げるためのつなぎ目が雑すぎた。初見の人はなんで指名手配状態の少佐がのんきに海潜ってたのかわかんないでしょ。脚本的に無理があるよありゃw

でも、攻殻機動隊愛が過剰じゃねぇ?ってぐらいてんこ盛りだったのはよかった。
押井守版のネタ満載、犬まで(イノセンスのあの押井守が大好きな犬種も)きちっと出てきて。
ゲイシャロボットにダイブする際の科学者?エンジニア?も、あーいたいた、このタバコ吸いまくってる人!ってなったしね。
アライズの少佐を連想させる赤い服等、押井守版だけでなくいろんな要素も盛り込んでる。
残念ながら押井守版ベースなので、フチコマやタチコマが出てこない。
あと少佐とバトー以外の9課の他のメンツの活躍シーンが少なすぎるのはしょうがないか。そこは押井守版もそうだしな。

街中のデザインはなんか洗練されてなくて、ごちゃごちゃしすぎててダメだったなぁ。
へんなゲイシャ風のCGを街中に浮かべまくってればそれっぽく見えるでしょ?って魂胆丸出しで。
そこはほんと残念。

アクション多めでそれぞれ悪くなかったが、攻殻機動隊にもあった水場での格闘は、それに至るまでの追いかけっこがあってこそって俺は思ってたんだけど、そこがすごい省略されてて残念。水をぶっかけて敵の光学迷彩を壊すとか、そういう細かいやり取りがよかったんだけどね。
あと清掃員が意識をハッキングされて戦うあの展開なら「偽の娘の記憶」を植え付ける必要性もなかったよね。
あの記憶はあくまで清掃員はテロリストをサポートするために動機づけを起こすための記憶操作であって、意識を乗っ取ったわけじゃないしね。
意識を乗っ取られたのであれば、記憶改ざんの話しな無くてもいいしなー。そこを突っ込むのは野暮なものなのかな?

んで、最後に、荒巻が荒巻じゃないw
ひたすら北野武だなー。北野武に銃をぶっ放させたかったのはわかるが・・・最後のキメシーンで「ナンダコノヤロウ!」と叫んだり、「コマネチ!」ってやらないかひやひやしてましたよ。

全般的に原作・押井守版未見の人にとっては、「イーオンフラックス」や「ウルトラヴァイオレット」的な出来栄えだったんだろうね~
みーちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2017-04-10 11:48:24)(良:1票)
9.《ネタバレ》 原作漫画もアニメも見たことがない私にとっては申し訳ないけど
「お金をかけたB級映画」。
「攻殻機動隊」の名前は知っていますが、海外でうけている日本漫画という印象しかなく、映画をみてもその印象が拭えなかった。

とにかく映像から設定まで「超」古臭い

個人的には「再現」することがオマージュやリスペクトにはならないと思う、
原作者だって当時の自分の漫画みて「古くせー」と思ってるに違いない、それが時代の流れで私たちが求める価値観だと思う。

ホンダのバイクは良かったよ。
かのっささん [映画館(字幕)] 5点(2017-04-09 15:19:31)(良:2票)
8.《ネタバレ》 少佐の名前が素子じゃないなんて……ヨハンソンは綺麗だけど別人になっちゃってるんじゃないの大丈夫なのこれ攻殻になってるの……バトーがまばたきできるなんて……。押井守版は何十回も見ているくらい好きなので心配でしたが、気になって劇場へ。そしたら心配してたことは伏線で、改変は多々あるもののちゃんと攻殻じゃないですか! 謡が流れるじゃないですか! とおかみえみじゃないですか! 原作やアニメ映画への敬意を感じます。特に押井版はそのまま実写にしたかのような場面が多くていいですねえ。あえて不満をあげるなら、バトーには素子へ上着を掛けて欲しかったし(この義体はあまり裸体がリアルな造形ではないとはいえ……あ、これは残念な人も多いかも)、義体は重くして潜水するならフローターつけて欲しかったかな。
桐生史さん [映画館(字幕)] 7点(2017-04-09 01:24:13)
7.《ネタバレ》 予告を観てヤバいなとしか思えなかったんですがビジュアルや世界観を含め想像より良く作り込まれてますね。押井版の美味しい場面を忠実に再現しつつ哲学的な面を抑えエンタメに振ったオリジナル作品になっています。ただ、一般向けな作りになっているので、そういうメッセージ性を期待して行くとネットにダイブしないという真逆な落ちにもなっているのでガッカリするかもしれませんね。本国アメリカじゃ昨年のアカデミー賞の人種差別問題からの流れで主人公の白人化(ホワイトウォッシング)とやらで叩かれててましたけど、その理由づけも出来てるとは思いますので文句がある方はとりあえず観てみてはどうでしょうか。まぁ電脳の要素薄いなとか使い方が変だなとか、たけしのセリフが聞き取れないし電脳なら後でアフレコでいいんじゃ?とか所々突っ込みたいシーンはありましたがコレはコレで悪くはなかったです。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 6点(2017-04-09 01:08:32)
6.《ネタバレ》 『ブレードランナー』のビジュアルが、映画のみならず、コミック、アニメに与えた影響は大きいものだとつくづく思わされました。
この作品はアクションシーンのレイアウトやカット割りにフェティッシュな手触りがあり、なかなか楽しめました。
予告編では気になった少佐の太めのプロポーションですが、逆に生っぽく見えてアリかなと。
原作を読んだことがなく、アニメも劇場版の1作目、2作目を当時見たくらいで、ファンというほどの者ではないせいかもしれませんが。
でも多脚戦車との死闘と、その決着は「燃え」ました!
そして、記憶を取り戻し戦いを終えた後のひと言が『ロボコップ』(もちバーホーベンの方)を、想起させてくれて再び『燃え』!
こんさん99さん [映画館(字幕)] 8点(2017-04-08 19:13:14)
5.《ネタバレ》 ●良かった点・・・原作を知らなくても、あ~そういうことか~、とそれなりに理解できたとこ。

         B級テイストの割にCGは頑張っていたとこ。

         なかでも多脚戦車はなかなかの迫力!てか一番の見所!てかここくらいか・・・(^_^;)

●良くなかった点・・・どうしてもあの不朽の名作「ブレード・ランナー」を思い出してしまう近未来の街並み。既視感が半端ない!
           もっとオリジナリティを出して欲しかった。

           悪役であるカッターなる人物の詳細と、何を持って彼の犯した行為が刑に値するに至ったのかが釈然としない。
           少佐の記憶が戻ったから?でもそれをどう証明するんだ?簡単に記憶を書き換えられるのに。

           見せ方が一本調子。おまけに無表情の少佐を終始拝見しているから、単調に拍車が掛かる。

           たけしの台詞がぼそぼそして聞き取りにくい。字幕を!日本語字幕を!(笑)

●総評・・・もともとB級映画を観るという心構えで鑑賞したので、驚くほどガッカリはしなかったです。そこそこは楽しめました。
      ただあまり印象に残る台詞やシーンがなかったのが残念だった、かな。



           
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 4点(2017-04-08 19:05:41)
4.《ネタバレ》 街並みもゲイシャロボもデザインが素晴らしかった。たけしが日本語なのは大正解、渋カッコよかった。桃井かおりの和製イングリッシュは最高だった。バトーもトグサもカッコよかった。スカージョは想像以上に寸胴だった…。
当時はエポックメイキングな作品で学術的にも大変意義深かったからこそ評価されたと思うのですが、今更実写化する意味は見出せません。しかしながらどんなに原作に忠実に作っても大ヒットとはいかない作品を、ここまでまとめ上げた監督の押井イズムには天晴れ!を送りたい完成度ですよ。最後の30分(スパイダータンクで合ってましたっけ?)には燃えました。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 5点(2017-04-08 18:48:41)
3.《ネタバレ》 吹替がアニメと一緒という情報に俄然見に行く気になりました。
そして吹替にして正解でした。声のおかげで実写でもアニメキャラが想像できる。たぶん声がなかったら誰が誰だかわからなくなってた気がします。
しかしそんな中で一番かっこよかったのは、声がそのままの“ビート”タケシ・キタノ。
他の方も書いていましたけれど、吹替でも字幕が出てたから、日本語演技だったと思います。
一番の不満点はタチコマちゃんがいないこと。多脚戦車はでてくるけれどタチコマじゃありません。
アニメで一番好きだったクゼさんがちゃんと力也さんの声でイケメンで少佐と縁がある設定で、そこだけは評価できました。
いろいろがんばってはいるけれど、少佐の動きが義体を表しているのか、走る姿などが鈍くさくいただけませんでした。
あれだけアクションがあるのに、途中中だるみで眠くなってしまったのはなんでだろうか。
cow1456さん [映画館(吹替)] 6点(2017-04-08 10:45:28)
2.《ネタバレ》 公開初日に吹替版にて。

予告を見て、ダメだこりゃと思ったが、似せようとして失敗した作品ではなく…よく頑張って作った感は伝わってきた。

だが、マンガ原作をソリッドに再構築した押井アニメが先に存在している以上、そのままでは驚きがない。
ドラマに共感させる為に世界観もコンパクト化されており、後半はもうサイバーパンクとは言えなくなってしまう。
原作が持っている未来考察の多様性や、押井アニメには残されていた哲学性・カルトな魅力を削り、
解りやすく底の浅い自分探しに帰結させたのは如何なものか…

邦画とは比較にならない大予算を投じたにも関わらず、
映画の顔である光学迷彩で主人公が消失するシーンに驚きがなく、多脚戦車のVFXもレトロに見え、全体に小粒な感じが否めない。
この規模でハリウッド映画になった意義が大きいと思うだけに、もっと、目新しいビジュアルを連発して欲しかった…

吹替に関しては、それで観て正解だと思った。ただ、大木民夫氏の不在だけが残念。
荒巻役=ビートたけし本人の声そのままというのは正当ではあるが・・他が全員アニメのオリジナル声優では、どうしても浮いてしまう。
吹替版でも字幕が出るので、字幕版でも荒巻はたけしが日本語で話してるんでしょう。桃井かおりは吹替えでしたが…

Blu-ray用に追加録音して、完全なアニメキャストの吹替バージョンを特典にしては如何でしょう。
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 6点(2017-04-07 21:52:20)
1.《ネタバレ》 ​監督さんよ!押井守好きすぎだろ!
ミラ・キリアン少佐?誰!?何!?コイツがバトー?!目あるよ!!
コイツも例の如く実写化でダメなパターンか…と思いきなや、なんとこれらは伏線であり、映画オリジナルの設定かと思わせておいて徐々に原作の色を出していくというニクい演出に。なぜスカーレット・ヨハンソンなのかもふたを開ければ腑に落ちるアレンジだ。
そしてストーリーは世界観と雰囲気を崩さないよう上手に押井色からエンタメ色を強くし、少佐の過去を掘り出す内容に。自己の実存の話というよりかはわかりやすく記憶探しに近い印象ですね。敵役もわかりやすく、人形使いから同じ境遇のサイボーグだったり巨大資本の悪社長という設定の変更もなかなかわかりやすく良いのではないでしょうか。
それでいて押井版の各シーンの再現や小ネタをとにかくぶち込んでいくスタイルもたまりません、あのカットもこのカットもまんま押井守じゃないですか!しかも上手く実写化出来ているから凄いです。ビルの間から見える空にヘリが飛ぶシーンなど、もうそのまんますぎてたまりませんね。予告であった水上バトルや、少佐が海に潜るシーン(なぜか自力で浮上出来る)、怒涛の戦車シーン、他にもイノセンスに出てきた目が擬体の博士や顔がパカーンな芸者ロボットなど色んなところから持ってしていますね。あと犬。バセットハウンド。
しかも「続きも作れまっせ!」という姿勢も最近の映画らしくていいですね。しかもエンドロールは川井憲次!
まぁ小言を言えばギラギラしすぎな街並みが若干目に痛いのと、トグサがマテバを使ってないくらいで実写化ものとしては上手く万人ウケなアレンジを加え、押井守への愛が溢れる作品になっていると思います。
いや〜良かった良かった。
えすえふさん [映画館(吹替)] 6点(2017-04-07 17:41:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.94点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4316.67%
5422.22%
6527.78%
7316.67%
8316.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS