Menu
 >
 >
 > バーニング・オーシャン

バーニング・オーシャン

Deepwater Horizon
2016年【米】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 3人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスパニックもの実話もの
[バーニングオーシャン]
新規登録(2017-03-05)【にゃお♪】さん
公開開始日(2017-04-21
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・バーグ
キャストマーク・ウォールバーグ(男優)
カート・ラッセル(男優)
ジョン・マルコヴィッチ(男優)
ケイト・ハドソン(女優)
配給KADOKAWA
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 不満だらけ。
まず、事故の状況が全然わからない。ただドカーン、ボワーン、ウギャアと火焔の中で人の悲鳴が続くだけの映像。
もっと船の構造、位置関係を描かないと、どこで何が起きていて、なぜそこは無事なのか?どれくらい切迫しているのか?その人物はどれくらいヤバい状態なのか?が一切わからない。
セメントテストとか圧力テストとか、事故に至る過程も全くわからない。

おそらく描こうにも裁判とかの絡みで描けないとか、事実なだけに制約がたくさんあるのだろう。
監督もやる気なかったんだろうな。これ。
劇場公開すると決めた日本の映画会社の選定ミスともいえる。せいぜいツタヤのDVDでいいんじゃなかったのかな。
小鮒さん [映画館(字幕)] 3点(2017-04-28 13:01:17)《新規》
2.《ネタバレ》 ドラマが希薄で、実話ものという以上に感動のない残念な仕上がり。パニック映画に欠かせない自己犠牲の見せ場は主要でないキャストが唐突に担っており、主人公は活躍の場面がない。爆発や救助シーンも、十分な伏線が張られておらず、緊張のないまま淡々と進んでいく。採掘を急ぐ上層部と現場との板挟みに合う、現場監督のカート・ラッセルを主人公に据えた方が、映画としての魅力は高くなったであろう。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 5点(2017-04-24 14:23:20)《新規》
1.《ネタバレ》 実際の事故なので、映像や脚本の現実性はあり。
家族愛が描かれて「おっ?」と思いきや、後半は、油田施設が燃えてる映像がひたすら続く。
ヒューマンドラマがあると思いきや、主人公の同僚達についての描写が不足しているため、肩入れできない。
「安全よりも、利益と保身を優先してはいけない」という教訓は伝わってきたが、全体的にどこに焦点を当てているのか非常にわかりにくい構成だった。
カジノ愛さん [映画館(字幕)] 3点(2017-04-22 19:52:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 3.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3266.67%
400.00%
5133.33%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS