判決前夜/ビフォア・アンド・アフターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 判決前夜/ビフォア・アンド・アフター
 > (レビュー・クチコミ)

判決前夜/ビフォア・アンド・アフター

[ハンケツゼンヤビフォーアンドアフター]
Before and After
1996年【米】 上映時間:107分
平均点:5.36 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーベット・シュローダー
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストメリル・ストリープ(女優)
リーアム・ニーソン(男優)
エドワード・ファーロング(男優)
アルフレッド・モリーナ(男優)
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)
ジョン・ハード(男優)
ウェズリー・アディ(男優)
アン・マグナソン(女優)
ポール・ジアマッティ(男優)(ノンクレジット)
一柳みる(日本語吹き替え版)
佐古正人(日本語吹き替え版)
西村知道(日本語吹き替え版)
寺島幹夫(日本語吹き替え版)
野島昭生(日本語吹き替え版)
竹口安芸子(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
脚本テッド・タリー
音楽ハワード・ショア
撮影ルチアーノ・トヴォリ
製作バーベット・シュローダー
ジョナサン・グリックマン(製作補)
製作総指揮ロジャー・バーンバウム
ジョー・ロス
配給ブエナビスタ
美術スチュアート・ワーツェル(プロダクション・デザイン)
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装アン・ロス〔衣装〕
編集リー・パーシー
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.これは別に事件前と事件後で家族がどう変わったかよりも、「身内が殺人を犯してしまったとき、どうすべきか」を問うている映画だと思った。タイトルに引きずられない方がいいと思う。
カタログさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-11-30 10:34:41)
10.不幸な事件がきっかけで家族がお互いにかけがえのない存在であることに気付く。そんな話だと思います。演技派の俳優さんが集まり、なかなか緊迫して観れました。ただ、何か意味有り気に沈黙していた息子があっさりと陳腐な事件を簡単にしゃべるところや両親のヒステリーのような行動にちょっと現実味がなく、いまいち感情移入できませんでした。
ぽじっこさん 5点(2004-12-05 21:43:12)
9.なんだかな~‥。あまりにもなんか簡単に映画作りすぎちゃう??話しも淡々と事件始まって、淡々と終わっていくし‥。小星の心も淡々とリセットされました。
小星さん 4点(2004-06-28 12:28:04)
8.やるせない…。一つの不幸な事件が次々と不幸を生んでいく。気持ちは解るけど、お父さんの行動は結局みんなを苦しめていくだけだし。殺人罪に問われなかったのだけが救いで、見終わった後も何か重たいものが引きずったまま。・・・それにしても、ファーロングはセリフのない演技が上手い。言葉が邪魔にさえ思えてくる。
桃子さん 7点(2004-01-09 17:55:49)
7.レンタルビデオの「新作情報」で,けっこう面白そうに紹介されていたので借りてみたが,今となっては結末を思い出せない(・・;) 父親の焦燥感は痛いほど伝わってきたんだけど。
ロウルさん 6点(2003-11-08 21:14:31)
6.《ネタバレ》 家族の在り方というものを考えさせられました。息子を想うあまりに自分の思い込みから証拠を隠滅する父親。息子は無実だと信じ続ける母親。そして、息子が真実を話した後、父は真実を隠し、嘘の証言をするように息子に言うが、母は真実を言うべきだと主張。それがきっかけで、家族の絆はだんだんと壊れていく・・・。
ジョン・コナーさん 9点(2003-10-19 02:24:49)
5.豪華俳優陣に惹かれてみたけど印象うすい映画。
みんみんさん 3点(2003-04-28 23:00:18)
4.どのシーンも印象に残らない
ナガタロックⅢさん 4点(2002-06-05 22:53:01)
3.題名や映画の始めの語り口から事件の(裁判)前とその後の違いを描く映画やなーとわかるのだがはっきり言ってよくわからない映画だった。事件前の家族描写がいまいちわからないしその後の変化(妹はなんか知らんけどいきる希望がわいたとか言ってるけど・・・)もよくわからん。見た目では普通の家族なのだけれど心の中では傷を負っているというラストシーンは内容は別にして余韻の残るものがある。
K造さん 4点(2002-05-14 22:38:26)
2.なんか、淡々としている部分も多くて、途中で飽きてしまった。せっかくのエディの演技もこの映画では、あまり発揮できてないような気がします。
つきさん 5点(2001-12-15 17:22:05)
1.内容がパッとしない。裁判が一般的(?)な米国で裁判映画は珍しくはないけど、この映画は裁判のシーンも薄い。最後まで何が言いたいのかよくわからず、ラストでようやく家族の絆が題材だったのかな?と思える程度だった。悪くもないが、決して良くもない映画。
みちさん 5点(2001-09-10 09:12:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.36点
000.00%
100.00%
200.00%
319.09%
4327.27%
5327.27%
619.09%
7218.18%
800.00%
919.09%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS