ザ・ウォール(2017)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ウォール(2017)
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ウォール(2017)

[ザウォール]
The Wall
2017年【米】 上映時間:90分
平均点:5.50 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-01)
アクションサスペンス戦争もの
新規登録(2017-09-17)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダグ・リーマン
キャストアーロン・テイラー=ジョンソン(男優)アイザック
ジョン・シナ(男優)マチューズ
撮影ローマン・ヴァシャノフ
製作アマゾン・スタジオ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.20分で終わる話を90分に引き延ばした。
最初から最後までずっと同じことやってて飽きてくる。
ほぼ3人しか出てこないので予算をかけずに映画が撮れる、って
アイデアから先に生まれた映画だったのだろうか…
虎王さん [ビデオ(字幕)] 4点(2018-06-27 14:29:09)
7.《ネタバレ》 この映画、劇場で予告だけを観たときには「あぁ限定された状況での2人のスナイパー同士の戦いを描いた戦争映画なんだな」と思ってました。
言うなれば、スナイパー版眼下の敵みたいな映画なんだろうな、と思ったわけです。

ところが映画を観始めて15分をすぎたあたりでどうやら違う事に気がついたわけです。
「これ、よくあるソリッドシチュエーションスリラー映画じゃん!」

予告にあった壁を撃たれて走る緊迫のシーンとか、この映画でほとんど唯一の動きがあるシーンだったりするし、本当にただ壁のこっち側で身動きできなくなった狙撃兵が謎の敵とただただ無線で話すだけ…という映画になっています。

そう、この映画、パっと見は戦争映画に見えるものの、その実態はよくあるソリッドシチュエーションスリラー映画そのもので、実際途中からそれに気づいて観ていた私にはオチも全く想定内というかこれしかないというベタなオチですし、まぁまぁよくできた映画です。
なにより、おおかたのソリッドシチュエーショーション系映画は、低予算をごまかすためのアイデア勝負で状況を限定しているものが多いわけですが、この映画はそれなりに金がかかった映画ですし監督もちゃんとした人なので、この手の映画によくあるチープさも感じません。

この映画の悲劇は、私みたいに「戦争映画の一種」だと思って見始めるだろう人が多い事でそういう人が予想と全く違う映画の内容に酷評をする事です。
たとえば「オチがよくない」とか「後味が悪い」とか「何も起きない」という評価は、この映画をアクション映画戦争映画だととらえての評価であって(そしてそう思って観てる人がそういう評価をするのは当然だと思うのですが)、しかしこれソリッドシチュエーションスリラー映画ですから、これは「当然こうなるベタなオチ」だし「絶望的な状況の中での主人公のわずかな動きを楽しむ映画」なわけで、ジャンルを変えた視点で観ればまぁまぁの映画だと評価される映画だと思います。

最初から「ソリッドシチュエーションスリラー映画だよ!」と言ってくれてれば(あるいは途中からそういう映画だと気づいて観方を変えてくれる観客ばかりであれば)もっと高評価される映画だと思うのですが、日本ではいまだにスリリングな戦争映画だよ!くらいの勢いで宣伝されてますから、今後も悲劇は続くのではないでしょうか。
(実際、アメリカのこの映画の評論家評を観ると佳作レベルのまぁまぁの評価を得ているようですし…まぁ向こうでどう宣伝されて公開されたのかはわかりませんが)

でも逆に最初からソリッドシチュエーションスリラーだと宣伝しちゃうと、今度はそれほどの驚きもなければグロさとかそういう事にも欠けた外連味のない映画で、ソウやcubeの域には届かない映画ですから、そっちが好きな映画ファンからもそこまでいい映画とは言われなさそうです。

個人的には戦争映画とソリッドシチュエーションスリラーのいいとこどりが出来ている映画だと思うんですが、しかしそれは逆に言えば中途半端だと言う事も言えるわけで、結局のところ多くの観客に対してあまり高評価される事は期待できないのかもしれません。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-04-12 11:54:35)
6.もう的確なレビューが出てるので、特に言うことはないのですが、
やはり後味悪いですな。

このラストはアフターベトナム・ニューシネマの平成版、アフターイラク・ニューシネマっといった感があります。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-06 21:11:20)
5.《ネタバレ》 代わり映えしないシーンが延々と続く。しかも特に何も起こらない。代わりに、どうでもいい会話の連続。
見ていて退屈で仕方なかった。
劇中のほとんどを占める「敵との会話」の内容は面白くもないし、また、全然重要ではない。敵スナイパーがアメリカに憎しみを持ってるとか、主人公が過去に過ちを犯していたとか色々な話が出てくるが、それがその後の展開に何か関係してくるかと言うと、何にもないのである。つまり作中のあの会話部分を全く無音にしてもこの映画は成立するのだ。作った奴はまともではない。
最後に、ヘリが2台も落とされるのも違和感。どうもパイロットが狙撃されたようだが、現場からそこそこの距離を飛び去ったヘリのパイロットをどうやったら狙撃できるのか?角度的にも距離的にも無理があるだろう。
見えない謎の敵と、砂漠で一騎討ち。設定は面白いのに、それが全く活かせていない。ドラマなし、意外性なし、映像的見せ場なし。非常にしょうもない映画。
ぽやっちさん [インターネット(字幕)] 3点(2018-03-26 06:37:32)
4.《ネタバレ》 物語に絡むのは3人 1人は声だけ。出演する役者はほぼ2人。惹きつけられるのは死んだと思った仲間が相手に反撃する所だけでした。あとはダラダラとした会話が続きます。飽きますね・・
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 4点(2018-03-24 19:52:22)
3.《ネタバレ》 他国の戦争にやたらと首を突っ込みたがるアメリカへの、ある種の警鐘みたいなものなんでしょうね。ただの教師だった男が、ペンを銃に持ち替えせざるえなかったほど、アメリカ軍の攻撃も容赦なかったということでしょう。それにしてもいい根性してますね、この監督さん。いろんな意味で。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 6点(2018-01-28 18:58:01)(良:1票)
2.《ネタバレ》 〇くどい場面もあるが、90分間の戦場サスペンスを堪能できる。
TOSHIさん [映画館(字幕)] 7点(2017-11-25 18:31:29)
1.イラク戦争を舞台にしたアメリカ兵とイラクスナイパーのサスペンス作品ですが、本編の内容が余りに
心理的サスペンス過ぎてイライラするシーンが多々見られました。
戦闘シーンは殆んどないですが暇なときに鑑賞してください。
SATさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-11-02 22:45:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3112.50%
4225.00%
500.00%
6225.00%
7337.50%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS