Menu
 >
 >
 > パーティで女の子に話しかけるには

パーティで女の子に話しかけるには

How to Talk to Girls at Parties
2017年【米・英】 上映時間:102分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
SFラブストーリーコメディ音楽ものロマンス漫画の映画化
[パーティデオンナノコニハナシカケルニハ]
新規登録(2017-12-05)【皐月Goro】さん
公開開始日(2017-12-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・キャメロン・ミッチェル
キャストエル・ファニング(女優)ザン
ニコール・キッドマン(女優)ボディシーア
原作ニール・ゲイマン
脚本ジョン・キャメロン・ミッチェル
撮影フランク・G・デマルコ
製作ジョン・キャメロン・ミッチェル
製作総指揮ニール・ゲイマン
衣装サンディ・パウエル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.もっと若い頃にこの映画が公開されていたなら、人生の何かしらを変えられてしまったかもしれない。
この作品は、そういう類いの映画だ。

勿論、年齢に関係なく、“ボーイ・ミーツ・ガール”の新たな傑作として溢れるエモーションを堪能できる映画だと思う。
ただ、この映画世界の中で、儚くも美しい短い時間を過ごす登場人物たちと歳感覚が近ければ近いほど、そのエモーションは殊更に特別なものとなり、燦然と記憶に刻まれるのではないかと思えてならない。

僕自身は、決して音楽そのものに明るくなく、当然ながら「パンク」なんて概念にも傾倒があるわけではないけれど、それでもこの映画の中の若者たちが、その“表現方法”を通じて自らのアイデンティティを確立させようとする思いはよく理解できる。
そして、性別も、種族も、環境も、常識も、文化も、死生観すらも超えて、心から愛した人と奇跡的な「共鳴」を果たしたことによるほとばしる「恍惚」が、スクリーンから溢れ出んばかりの“光”と“音”で脳に直接突き刺さる。
それはまさに、「映画」というありとあらゆる表現が入り混じった「不完全な性行為」による“オーガズム”の瞬間だった。

あらゆる意味で、“変わった映画”であることは間違いない。極めて倒錯的だし、不完全で歪だ。
しかし、それは、まだ「何者」でもない少年と少女の純粋な混濁を描き出す上で、真っ当な映画の在り方だったと思う。
そういった「言葉」のみでは到底表しきれない彼らの姿を映し出したジョン・キャメロン・ミッチェル監督の才気に感服する。

そして、主人公の二人を演じたエル・ファニング、アレックス・シャープの若い俳優たちが本当に素晴らしい。
若い二人が出会い、瞬間的に恋に落ち、束の間の逢瀬に戯れる。
その様は、エル・ファニング演じるザンの台詞の通り、美しくもカラフルでもないけれど、あまりにも愛おしい。

脇を固めるニコール・キッドマンがかつてないエキセントリックなキャラクターで存在感を放ちサイコーすぎる件など、随所で様々な味わいと快感に満ちた作品でもある。
繰り返しになるが、今この映画を“大人”になる前に観ることができ、その「快感」を初体験できる若者たちがとても羨ましい。

というわけで、今年アラフォーに突入したばかりの36歳には、映し出される世界観が美しく眩い程に、ある意味つらい映画だった。
何と言っても、エル・ファニングが文字通りに“宇宙レベル”で可愛くてつらい。
宇宙広しと言えども、キスの最中にゲロを吐かれて許せちゃうのは、エル・ファニングくらいではなかろうか。と、思う。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 8点(2017-12-13 08:01:23)(良:1票) 《更新》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS