しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
 > (レビュー・クチコミ)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

[シアワセノエノグアイヲエガクヒトモードルイス]
Maudie
2016年【カナダ・アイルランド】 上映時間:116分
平均点:8.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-03-03)
ドラマ実話ものロマンス
新規登録(2017-12-25)【皐月Goro】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストサリー・ホーキンス(女優)モード
イーサン・ホーク(男優)エベレット
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 わたしたちって、履き古した一足の古い靴下みたいね――。カナダの田舎町で親戚の家に暮らす中年女性モードは、幼いころからリウマチを患い手足が若干不自由なため、ずっと親族の間でたらい回しされていた。そんな自身の境遇を少しでも変えたい彼女は、町の雑貨店に貼られていた広告を見て一大決心をする。「住み込みで働ける家政婦、急募」。訪れた先は、町外れで長年独り暮らしをしているエベレットという男の古びた一軒家だった。粗野で偏屈、何かというと物にあたる彼に戸惑いつつも、行く先のなかったモードはそこで働き始める。給料はろくに支払われず、寝る場所もエベレットと同じ部屋で雑魚寝、何かあれば自分は犬以下だと絶えずなじられるような過酷な生活の中でのモードの唯一の慰めは、ただ絵を描くことだった。家の壁や窓、ポストカードや木の板に彼女の絵筆と想像力は、自由で素朴な生き物たちの姿を描き出す。すると彼女の絵は評判を呼ぶようになり、やがてテレビの取材まで訪れることに。数年後、夫婦となった二人の元にニクソン大統領から彼女の絵を買いたいとの知らせが…。障害を持つ孤独な女性と孤児院育ちの偏屈な男、社会のはみ出し者同士のそんな一組の夫婦のとある愛の形を実話を元にして描いた大人のラブ・ストーリー。主演を務めるのは最近アカデミー賞に何度かノミネートされた実力派俳優のサリー・ホーキンス、相手役は人気俳優イーサン・ホーク。とにかくこの二人の熟達の演技の掛け合いが素晴らしい!!社会のどこにも居場所のなかった二人が偶然一緒に暮らすようになり、やがて夫婦となって、最後はお互いの存在をかけがえのないものとして認めあうまでをとても自然に情感を込めて演じていて、観ていてもう切なくて堪らなかったですね~。のどかな田舎の風景をバックに、手押し車に乗せられた妻をほんの少し笑顔を見せながら押していく夫など、夫婦の深い愛情が伝わってきて涙が出そうになりました。今にも潰れそうな二人のお家のあちこちに描かれたモードの絵も、二人の生活にほのぼのとした輝きを与えてくれている。そりゃみんな彼女の絵を買いたくなりますわ~。内容的にはあまりにも王道過ぎて若干物足りなく感じる部分もありますが、社会の片隅に人知れず咲いた一輪の花のような、そんな味わい深いラブストーリーの秀作でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2019-05-14 22:19:45)★《更新》★
3.《ネタバレ》 カナダの海辺の風景だろうか。
水平線をバックに、荷車を押す夫と、それに足をぶらつかせながら楽しそうに乗る妻。
何度か描かれるシーンが、本当に美しい。
いらないと言っていた網戸を妻のために黙って取り付ける夫。
あなたと暮らすことが私の幸せだと言う妻。
イーサン・ホークとサリー・ホーキンスの演技は素晴らしかった。
本当にいい映画だった。
roadster316さん [DVD(字幕)] 10点(2019-01-16 22:55:52)
2.好き合って夫婦になったわけではないのに、なぜが夫婦であることがしっくりくるのです。映画の中では、夫は絵に関心を示していませんが、実は1番のファンだったのかもしれません。そうでなければ、壁に絵を描かせるわけないですから。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2018-04-13 22:38:51)
1.《ネタバレ》 突然「旬」な女優になってしまったサリー・ホーキンスよりも、演技派のイーサン・ホークの渋さを楽しむべく鑑賞。
主演二人の確かな演技を堪能出来るのは勿論、不器用な二人の慣れ初めや、徐々に関係を深めていく日常の描写を優しく丁寧に描く監督の視線が暖かい。
欲にまみれた自分の生活・人となりを見直そうかと思える作品。
たくわんさん [映画館(字幕)] 8点(2018-03-06 12:37:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7250.00%
8125.00%
900.00%
10125.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS