Menu
 >
 >
 > クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

2018年【日】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションコメディカンフーアニメシリーズもの動物ものグルメものTVの映画化漫画の映画化
[クレヨンシンチャンバクモリカンフーボーイズラーメンタイラン]
新規登録(2018-01-03)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-04-20)【イニシャルK】さん
公開開始日(2018-04-13
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督高橋渉(監督)
演出高橋渉(監督)
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
森川智之ひろし
こおろぎさとみひまわり
潘めぐみ玉蘭
一龍斎貞友マサオくん
真柴摩利風間くん/シロ
林玉緒ネネちゃん
佐藤智恵ボーちゃん
ももいろクローバーZくろぐろクローバーZ
百田夏菜子
佐々木彩夏
玉井詩織
高城れに
関根勤師匠
水島裕ぷにぷにの精
置鮎龍太郎ヌン
真殿光昭チャック
廣田行生ドン・パンパン
大本眞基子ミッチー
阪口大助ヨシりん
鈴木れい子となりのおばさん
七緒はるひよしなが先生
富沢美智恵まつざか先生
三石琴乃上尾先生
伊倉一恵ふかづめ竜子
むたあきこふきでものマリー
桜井敏治四郎
原作臼井儀人
脚本うえのきみこ
音楽荒川敏行
大谷幸
作詞中田ヤスタカ「キミに100パーセント」
ももいろクローバーZ「ブラックパンダラーメン賛歌」
作曲中田ヤスタカ「キミに100パーセント」
ももいろクローバーZ「ブラックパンダラーメン賛歌」
編曲中田ヤスタカ「キミに100パーセント」
ももいろクローバーZ「ブラックパンダラーメン賛歌」
主題歌ももいろクローバーZ「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」
きゃりーぱみゅぱみゅ「キミに100パーセント」
挿入曲ももいろクローバーZ「ブラックパンダラーメン賛歌」
撮影梅田俊之(撮影監督)
製作シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ
双葉社
配給東宝
作画高橋渉(監督)(絵コンテ)
橋本昌和(絵コンテ)
原勝徳(作画監督)
末吉裕一郎(作画監督/キャラクターデザイン)
美術石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 クレしん映画を劇場で観るのは『ロボとーちゃん』以来。基本的に好きなシリーズではありますが、欠かさず鑑賞するファンやマニアではありません。そのような立場での感想です。総体的な感想は「凄くちゃんとしてる!」。ぷにぷに拳の設定、見応えあるカンフーアクション、往年のジャッキー・チェン映画を下敷きとした起承転結ある筋立て。全くもって高クオリティで、大人も普通に楽しめます。まさにこれが劇場版クレしんの長所ではあるのですが、もっと無茶苦茶やってもいい気もしました。オチこそ誰向けかわからないナンセンスギャグで締めてくれましたが、とてもバランス感覚の良い、ある意味真面目な映画との印象です。であるが故に、メッセージがいささか説教臭く感じてしまったのだと思います。きちんとつくって苦情なんて酷い話ですが、クレしん映画の持つ自由さは、それだけ価値が高いと考えます。エンドクレジットを観るまで関根勤さんに気付かず。お見事な声優ぶりでした。モノノフは、エンドロールを観るためだけに劇場へ足をお運びください。
目隠シストさん [映画館(邦画)] 8点(2018-04-20 12:54:20)★《新規》★
1.《ネタバレ》 しんちゃん映画は感動と笑い、今回もいつものしんちゃん映画らしい馬鹿馬鹿しさで笑わせてくれる。相変わらずマイペースを崩さないしんちゃん、しんちゃんのあのぶりぶり〜ぶりぶり〜と得意の尻を使って笑わせ、マサオ君が落ち込んでると、元気付けようとして見せたりとする仲間意識、マサオ君が春日部防衛隊から抜けると言っても、例え春日部防衛隊から抜けても変わらず友達だと伝える姿にこのクレヨンしんちゃんというアニメの素晴らしさが見ることができる。カンフーをモチーフに笑わせながら友達の素晴らしさを見せてくれるしんちゃん映画が私は大好きです。世の中、暗いことが多いけどしんちゃんを見ているとそんなことは全て忘れさせてくれるし、元気になれる。だから毎回毎回、しんちゃん映画は映画館で見ると決めて今回も観に行ってきた。そして勿論、来年以降も映画館で見るつもりだ。ぷにぷに拳とかいう拳により、誰もがぷにぷにした顔になるあの顔、幸せそうな人達の顔付き、それこそしんちゃんらしさで満ち溢れている。子供向けアニメだからとか、下品だからとか言う理由で大人から、それも母親達から嫌われ、見せたくないアニメナンバーワンらしいがそれこそ間違いだ。
しんちゃん映画には家族、友情、そういう大切さを笑わせながら見せて教える力がある。ロクに見もせずに良くないと決め付けないでほしい。ものは試しにオトナ帝国の逆襲かアッパレ戦国大合戦の2つぐらいは見てから決めてくれと言いたい。
青観さん [映画館(邦画)] 8点(2018-04-15 19:25:50)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
82100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS